ELECTORICAL EDITED GENERAL TEXT OF "声光詞譜" by CHARLIE ZHANG 2022 ver.0.02 48

 漳州曲< TOP >洋々流水 SK02_19

SK02_18 平板調(へいばんちやう)

 曲題読み,河副作十郎『清楽曲牌雅譜』(M.10 二 007)に「ピンパンデヤウ」,中国語読みに近く,長崎保存会での呼称もこれに近い。鷲塚『清楽歌譜』(M.14 坤 014)に「ハウパンチヤウ」,「平」は普通語「ping2」で方音にも「ハウ」に近い音はない。おそらくは日本語音読みの「ヘイ」を中国語風に訛らせたつもりなのであろう。明治後期の楽器独習資料においては「へいばんてう」「へいばんちやう」と日本語音読みのフリガナをふっているほうが多いので,一部の清楽家が「ピンパンデヤウ」に類した読みをする以外,一般的には「へいばんちやう」で通っていたと考えられる。
 沖野勝芳は『清楽曲譜』の注で「平板調ハ清楽曲中尤古曲ノ様ニ思ハル此曲ハ歌詞ナク大ニ優美ニシテ合奏スルニハ頗ル妙味アリ。」と言っているが,「清楽曲中尤古曲」に根拠はない。長曲「雷神洞」などで類曲が使われたりしているので,もともとは芝居の序曲のようなものだったと思われる。
 拍点再現譜は加藤先生所蔵の『声光詞譜』(M.11)と,長原梅園『清楽詞譜』(M.17)宮次郎追記,刊本の柚木友月『明清楽譜』(M.31),筆者蔵・写本『声光詞譜』和泉氏蔵版のものから起こした。

 加藤先生所蔵の『声光詞譜』(M.11)は無印が1拍だが,今回は3箇所に2符2拍で4分半8分の表現がある。そのうち3行7・8「尺上」については書き方が不明瞭で,4分半8分なのか3・1拍なのか不明である。
 3箇所をともに4分半8分とした場合は----

  合−合○|合四仩−|合四仩−|−○尺−|
  六−工−|工−尺○|工六尺工|上−四−|
  −○上−|四合仩四|合工-上|四仩合−|
  −○尺工|尺○尺工|合−四仩|合四仩−|
  −○上−|尺−工−|六○工六|工尺上−|
  −○上−|上四合−|−○仩−|合四仩−|
  −○上四|上○-尺|工六-上|四仩合−|
  −○四仩|四合工−|合○四仩|仩四合−|
  −○工−|上−尺−|−○尺−|工六四上|
  上○工六|尺−−−|

  読み解き譜(1A)『声光詞譜』M.11 SK02_18 拍点より。 MIDI Tempo=120

 最初の「尺上」を3・1拍とした場合は次のようになる----

  合−合○|合四仩−|合四仩−|−○尺−|
  六−工−|工−尺○|工六尺工|上−四−|
  −○上−|四合仩四|合工尺−|−上四仩|
  合−−○|尺工尺○|尺工合−|四仩合四|
  仩−−○|上−尺−|工−六○|工六工尺|
  上−−○|上−上四|合−−○|仩−合四|
  仩−−○|上四上○|-尺工六|-上四仩|
  合−−○|四仩四合|工−合○|四仩仩四|
  合−−○|工−上−|尺−−○|尺−工六|
  四上上○|工六尺−|−−  |

  読み解き譜(1B)『声光詞譜』M.11 SK02_18 拍点より。 MIDI



 『清楽詞譜』(M.17)宮次郎追記では読み解き譜(1)の3箇所のうち二箇所の「尺上」の部分が「尺尺上」と分解されている。付点は最初の「尺」2点,次の「尺」1点「上」無印で,これだと考えられる音長関係は2分8分8分だが,その場合はここから拍ズレが生じる。後述の柚木『明清楽譜』は同じ箇所を2・1・1拍としており,これだと3・1拍を分解したのと同じなので問題がない。本書該当箇所の付点も,おそらくは同じ謂であろうと思われる。

  合−合|合四仩−|合四仩−|−○尺−|
  六−工−|工−尺|工六尺工|上−四−|
  −○上−|四合仩四|合工尺−|尺上四仩|
  合−−○|尺工尺|尺工合−|四仩合四|
  仩−−○|上−尺−|工−六|工六工尺|
  上−−○|上−上四|合−−○|仩−合四|
  仩−−○|上四上-尺工六|尺−尺上
  四仩合−|−○四仩|四合工−|合四仩|
  仩四合−|−○工−|上−尺−|−○尺−|
  工六四上|上工六|尺−−−|

  読み解き譜(2)『清楽詞譜』M.17 宮次郎追記 SSM01_028 拍点より。 MIDI


 柚木『明清楽譜』(YNK028)の前譜『清楽詞譜』の系で2箇所の「尺上」が「尺尺上」となっている。そのほか前2譜がともに4分半8分とする7行3・4「上尺」が3・1拍となっている。

  合−合|合四仩−|合四仩−|−○尺−|
  六−工−|工−尺|工六尺工|上−四−|
  −○上−|四合仩四|合工尺−|尺上四仩|
  合−−○|尺工尺|尺工合−|四仩合四|
  仩−−○|上−尺−|工−六|工六工尺|
  上−−○|上−上四|合−−○|仩−合四|
  仩−−○|上四上上−−尺|工六尺−|
  尺上
四仩|合−−○|四仩四合|工−合
  四仩仩四|合−−○|工−上−|尺−−○|
  尺−工六|四上上|工六尺−|−−|

  読み解き譜(3)柚木『明清楽譜』YNK028 拍点より。 MIDI



 筆者蔵・写本『声光詞譜』和泉氏蔵版の基本となっている譜は,2箇所の「尺上」が「尺尺上」に分解されていることから『清楽詞譜』の系と思われるが,『声光詞譜』にあって『清楽詞譜』にはない句点も見えることから,両方の系を参照したものとも思われる。拍点はかなり異質で,音長がそのままの部分と他譜の2倍もしくはそれ以上となっている部分が入り混じっている。「尺尺上」の部分は最初のもの(3行7〜9)が4分4分半8分,2回目(7行7〜9)が4分8分8分と読みとれる。

  合−−−|合−−|合−四−|仩−−−|
  合−四−|仩−−−|−○尺−|−−六−|
  −−工−|−−工−|−−尺−|−工−|
  六−尺−|工−上−|−−四−|−−○上|
  −四合仩|四合工尺|−尺-上四|−仩−合|
  −−○尺|−工−尺|−−○尺|−工−合|
  −−−四|−仩−合|−四−仩|−−−○|
  上−尺−|工−六|工六工尺|上−−○|
  上−上四|合−−○|仩−合四|仩−−○|
  上四上○|-尺工六|尺上四仩|合−−○|
  四仩四合|工−合|四仩仩四|合−−○|
  工−上−|尺−−○|尺−工−|六−四
  上−上−|−工−|六−尺−|−−−−|
  −−−

  読み解き譜(4)写本『声光詞譜』和泉氏蔵版 SKM036_017 拍点より。 MIDI


 沖野勝芳『清楽曲譜』の譜(OKINO_A027)も形式上は『清楽詞譜』の系であるが,4拍長音の多くが実音2拍+休符2拍の形式となっていたり,一部に「上/仩」のオクターブ入替りはあるものの,各符の音長関係は基本的に,3箇所の不均等関係をすべて4分半8分とした場合の 読み解き譜(1A)とほぼ一致する。

  合−合|合四仩−|合四仩−|○○尺−
  ○六工−|工−尺|工六尺工|上−四−|
  ○○仩−|四合仩四|合工尺上|四仩合−|
  ○○尺工|尺尺工|合−四仩|合四仩−|
  ○○上−|尺−工−|六工六|工尺上−|
  −−上−|上四合−|○○仩−|合四仩−|
  ○○四|仩−-尺|工六尺上|四仩合−|
  ○○四仩|四合工−|合四仩|仩四合−|
  ○○工−|上−尺−|○○尺−|工六四上|
  上工六|尺−−○|

  近世譜(1)沖野『清楽曲譜』 OKINO_A027  原縦書。 MIDI

 渓派でもこの曲は,第一基本楽譜である『清風雅譜』(安政7)にはすでに掲載されている。連山派の譜で3箇所ある4分半8分のうち2箇所がないほか,「上/仩」の入替っている箇所がある。(渓派の「平板調」詳細は こちら

  合−合−|合四仩−|合四仩−|−○尺−|
  六−工−|工−尺|工六尺工|上−四−|
  −○仩−|四合仩四|合工-上|四仩合−|
  −○尺工|尺尺工|合−四仩|合四仩−|
  −○上−|尺−工−|六工六|工尺上−|
  −○上−|上四合−|−○仩−|合四仩−|
  −○上四|上−上−|工六尺−|四仩合−|
  −○四仩|四合工−|合四仩|仩四合−|
  −−工−|上−尺−|−○尺−|工六四上|
  上工六|尺−−○|

  【参考】渓派「平板調」『清風雅譜』 SG021。 MIDI

 4分半8分の箇所に関しては,いづれも主音である「上」「尺」2拍を装飾したものとも取れるので,拍数がはみださない限りにおいては大した変化ではない。「上/仩」の入替りについても,隣り合う符がともに低音の「四合」であるため,明笛での演奏には変化はない。変わるのは月琴の演奏のみであり,清楽における月琴の役割が大きくなってからの変更演出であったと思われる。現在分かっている資料から言うと,渓派の譜のほうが出現年代は古いが,実際に演奏し比べてみた感から言うと,「上/仩」が低音の「上」になっており,演奏上の息継ぎの箇所でもある句点の位置の多い連山派の譜のほうが,基音楽器である明笛のほうが優位であった時代の譜と演奏の形式を残しているのではないかと,筆者的には考えている。

 ともあれ,些少の相違はあるものの『声光詞譜』の古い版の拍点と,沖野『清楽曲譜』の版で総拍数・曲調の主幹がほとんど変わらないということから,これらの音長関係が連山派内でもっとも長くポピュラーなものであった可能性が高いと思われる。本稿の主眼は『声光詞譜』を基とした楽曲の復元であるから,標準譜としては読み解き譜(1A)を推すこととする。

 本稿において何度も書かれているように,清楽の付点法は東西どちらの方法でも,1拍以下の音長の符を表現する手段に欠陥があり,各派ともにそれぞれの形式すら統一されていない。また,連山派の付点法ではテンポの緩急が符の音長に反映され,また符音の拍の採りにくい軽快な曲では,往々にして音長関係の正確さが失われてしまう傾向が強い。

 本曲の譜で3箇所の表現が不明瞭な事と,和泉氏蔵版の拍点に見られるように,符がマダラに伸縮する現象は,ともにこれらの弱点の露呈した結果である。
 これらの音長の差異は,各派における標準的な曲調を復元せんとする筆者の主作業においては障害以外のなにものでもないが,付点者がその時に聞いた実際の演奏のテンポや演出をそのまま記録した結果でもあるので,これをより生の音楽に近く再現するうえでは,それなりに価値のある情報であろうと考える。

 符号譜の表現は,曲調の再現においては拍点から再現されるそれよりもはるかに正確さには欠けるが,各符の音色やニュアンスといった細かな演奏上の指示内容を多く含む。今回は音長関係の確認・類証といういつもの解析のほかに,上で見えてきたような演出表現等の確認も心がけてみたい。


 加藤先生所蔵『声光詞譜』(M.11)版には,珍しくほぼ全面に符号が朱で入れられている。棒線がまだ「音間を詰める」という拍点の補助記号としてのみ使われており,音長に関係なく均等な符の組み合わせを表す符号としての意味合いをまだほとんど有していないようだ。まずはこれらを口拍子に変換してみよう。

  ター タ。 タン タン ターン タン タン ターン。 ター ター
  タン タン タ。 タン タン タン タン タン ターン。 タン
  タン タン タン タン タン タン ター タタン タン
  ターン。 タン タン タ。 タン タン ター タン タン タン タン
  ター。 ター ター ター ターン。 タン ターン タン タン
  ターン。 ター タン タン ターン。 ターン タン タン ターン。 タン
  タン タ。 ターン タタン ター ターン タタン タン
  ターン。 タン タン タン タン ター タ。 タン タン タン
  タン タ。 ター ター ターン。 ター タン タン タン タン
  タ。 タン ター ター

 あたりまえの話しではあるが,拍点と符号表現の間にあまり乖離はない。句点位置での音長表現に多少の違和感はあるが,もともと「句点の付いた符はだいたい長音」というようなゆるい前提条件があったようなので,そのもとで考えるなら「タ。」の符が4拍長音であったとしても,曲全体のテンポが比較的早く,また沖野『清楽曲譜』のように4拍を実音2拍+2拍休符とするならなんら問題はない。
 4箇所の不均等音長関係については,3箇所とも2・1拍と同じ「タータ」で表されている。一般的な符号だと,専用の記号が付せられるところであるが,短音のほうが補助線で次の符と結ばれているため,長音のはらい線とそれで,拍点はなくても,この3箇所の音長関係が特別なものであることは分からなくもない。最初の「尺上」がはらい線,後の2つはハネ線と読んだが,3つともはらい線で,後2つはすでに書かれていた拍点を避けるため裾が上っているだけの可能性もある。その場合は3箇所とも音色は変わらない。

 筆者蔵の 同書八木蔵書版の譜(SKY02_18)の符号は,以下のような口拍子として変換できる----

  ター ター。 タタター タタター。 ター ター
  タ タ タ・。タタ・タタター ター。 ター
  タタタタタ タン タ〜タ・タ タ
  ター。 タタター。 タタタ-ン タタ タ
  タター。 ター タ タ タ-ン。 タタ・タタ
  タ-ン。 タ タ タ タ-ン。 ター タタタ-ン。 タ
  タタ。 ター タ・タタ タ〜タ・タ タ
  タ-ン。 タタ タタ ター タ・。ター ターター
  ター・タ。 ター タ ター。 タ・タタ・タタ
  タ・。 タタタ

 途中まではおおむね問題ないが,8行9からの「仩々四」が3符とも長音の示唆されるはらい線となっているあたりがひっかかる。このあたりから終曲までテンポを緩やかにとっていたのかもしれない。
 3箇所の4分半8分のうち,二番目の「上尺」のところだけ符号が異なる。ここは4分半8分ではなく2・1拍あるいは柚木のように3・1拍としていた可能性がある。


 筆者蔵・吉見『明清楽譜』の譜(MG02_18) の符号は次のような口拍子として読み解ける---

  タ-ン タ-ン タタタン タタター。 タ-ン タン
  タン タン ター。 タタタタタン ター タ-ン
  タタ タタタタター タタン タン
  ター。 タタタン。 タタタン タタタ
  タター。 タ-ン タ-ン タ-ン タ-ン。 タタタタ
  ター。 タ-ン タタター。 タ-ン タタター。 タ
  タタン。 ター タタン タン ター タタン タン
  ター。 タタタタ タ-ン タン。 タタタ
  タター。 タ・タ・ター。 タン タタ タン タン
  タン。 タタター

 読み解き譜(1A)の再現をなぞった場合,これにもさしたる問題は生じないが,前2例に比べると全体にはらい線が少なく,短音の符号が多い。おそらくは前2譜より速いテンポの演奏を書き留めたものと推測される。符号の調子が最後までほとんど同じなので,八木蔵版の場合と違って,部分的なテンポの変化はなく,だいたい均一な拍子であったと考えられる。読み解き譜(1A)の再現は Tempo=120 で組まれているが,こちらの場合は130より上,150手前あたりの時に最も口拍子に近くなったと思う。
 4分半8分の3箇所は,いづれも不均等関係を表す記号ではなく,通常のはらい線と棒線の組み合わせになっているが,テンポが速い演奏では3・1拍,4分半8分といった関係が聞き取りにくくなるので,これも基となった演奏がかなり速い拍子であったということの,一証左であろう。

 標準譜と考えられる読み解き譜(1A)との符号譜の読み合わせからは,両者特に表現の逸脱や乖離は見られなかった。ただ,和泉氏蔵版の拍点や八木蔵版の符号から見るに,出だしと終曲部分にはテンポの変化を入れる演出が,ある程度広く行われていたことが伺われる。
 本曲は固定のテンポで演奏すると,ただ勢いだけの単調な曲となるため,筆者自身,教授の場で演奏するときには,同じような箇所に変化を入れるよう指導しているのだが,百年前の清楽家連も同じような事を考えていたに違いない。
 読み解き譜(1A)に推定されるアレンジを加えてみた場合の再現は こちら。

 続いては「伴奏曲」について考えてみよう。清楽における「伴奏」とは異曲の弾き合わせのことで,現在いうところの「伴奏」とは些か意味が異なる。

 沖野勝芳の『清楽曲譜』には「平板串」という伴奏曲が見られ,注に「平板串ハ即チ平板調ヨリ考作シタル曲ニテ平板調ト伴奏趣味アリ。」とある。現在,手持ちの資料中でこの「平板串」の譜の音長の分かるものは,沖野の近世譜(OKINO_A033 )と柚木『月琴楽譜』の拍点譜(YNK073)しかない。まず柚木の「平板串」を拍点から近世譜に組み直してみよう。

  六−六凡|六五仩伬|四合四仩伬|仩四伬伬|
  −𠆾仜伬|仜仜伬仩|仜−伬−|−仩四合|
  四−上仩|五仩六五|仩−伬−|仜𠆾伬−|
  −○伬−|伬仩伬仜|𠆾−上仩|四合四上仩|
  −伬−仩|−伬−仜|−𠆾−−|仜伬−−|
  仩伬仩四|仩四合−|−五上仩|合四仩−|
  −○六五|六五六−|工六尺−|四仩合−|
  −○工六|工六五−|仩−工六|六工尺−|
  伬仩四仩|仩−伬𠆾|𠆾仜伬−|仜伬仜−|
  仩伬工六|尺−−−|

  【参考】 柚木『明清楽譜』 「平板串」 YNK073。 MIDI

 この曲譜の総拍数は152拍,柚木の「平板調」(読み解き譜(3))は158拍なので二曲は合わせることが出来ない。「夏門流水」と「如意串」の項で触れたように,基本的に同一の資料内において主曲と伴奏曲は相互関係にあるはずであり,このように齟齬がある場合は,どちらかの譜に誤りがあるということである。総拍数152は読み解き譜(1A)と同じであり,柚木の「平板調」の譜と読み解き譜(1A)の間で,音長関係に差異があるのは例の不均等音長の3箇所だけである。読み解き譜(1A)を参考に,二箇所の「尺尺上」を4分8分8分,「上尺」3・1拍を4分半8分に修整した場合は6拍少なくなるので,この「平板串」と合わせることが出来るようになる。

合四
𠆾
尺上
𠆾
𠆾合四
𠆾
-尺尺上
𠆾𠆾
合奏再現MIDI

 「如意串」の項目でもあったように,こうして伴奏曲との関係を元に修整された曲調こそが,柚木が「平板調」の譜の拍点で本来表したかったものである可能性が高い。

 『清楽曲譜』の「平板串」は,同書の「平板調」の譜と同じく,4拍長音を2拍実音+2拍休符としている箇所があるだけで,音長関係は上記柚木の例と変らず,総拍数も152,同書の両曲は無加工で合奏可能である。

  六−六凡|六五仩伬|四合四仩伬|仩四伬伬|
  ○𠆾仜伬|仜仜伬仩|仜−伬−|○仩四合|
  四−上仩|五仩六五|仩−伬−|仜𠆾伬−|
  ○○伬−|伬仩伬仜|𠆾−上仩|四合四上仩|
  ○伬−仩|○伬○仜|○𠆾−−|仜伬−−|
  仩伬仩四|仩四合−|○五上仩|合四仩−|
  ○○六五|六五六−|工六尺−|四仩合−|
  ○○工六|工六五−|仩−工六|六工尺−|
  伬仩四仩|仩−伬𠆾|𠆾仜伬−|仜伬仜−|
  仩伬工六|尺−−○|

  【参考】 沖野『清楽曲譜』 「平板串」 OKINO_A033。 MIDI

合四
𠆾
尺上
𠆾
𠆾合四
𠆾
-尺尺上
𠆾𠆾
合奏再現MIDI

 「平板調」の17・8符を「六−」ではなく「○六」と発音位置をズラしているのは沖野の譜のみである。柚木の譜では「平板調」が「六−」,「平板串」が「−𠆾」と発音位置がずれ,オクターブ上下の同じ音階が2符連続するのに対し,沖野の譜では「○六」「○𠆾」とオクターブユニゾンを響かせる形となっている。

 しかしながら,この「平板串」という曲が「平板調の伴奏曲」であるという記述は,実のところ沖野の『清楽曲譜』にしか見られず,また,長崎派や渓派の譜集には,これとはまったく異なる「平板串」という曲が載っている。

  四−合−|四−仩−|尺工上四|上−−○|
  四−乙−|四−合−|尺−−工|合−−○|
  上−尺工|上四上−|−○六−|工六尺−|
  −○尺−|尺工六−|−○五−|五六工−|
  −○尺−|尺工六−|−○五−|五六工−|
  六−工六|工尺上○|尺工上四|上−−○|
  四−合−|四−上○|尺工上四|上−−○|

  【参考】渓派「平板串」『清風柱礎』 SC025。 MIDI

 総拍数112,資料によっては近世譜2行1小節から曲末までが繰返しになっているが,どちらにしても「平板調」とは合わない。また,この曲は『清風雅唱 新韻』(M.24)では,長曲「孟浩然踏雪尋梅」の序曲としても使われており,「平板調」同様,もとはそうした芝居の楽曲の一部であったものとおぼしい。
 沖野と柚木は同じ『音楽雑誌』の同人であるから,互いにおぼえた楽曲やその演奏が共通していても不思議はないが,類証が少ないことから,連山派において,彼ら載せるところの「平板串」が,「平板調」の伴奏曲として一般に認知されていたかどうかについては今のところ確認が出来ない。

 もう一つの伴奏曲である「寒松吟」は,『清楽詞譜』(M.17)以前の資料において「平板調裏」という曲題で,『声光詞譜』の補遺的な楽曲の一つとして同系の刻本などに収録されているので,連山派内においてこれが「平板調」のウラ曲,伴奏曲と考えられていたことはほぼ間違いない。「平板串」と違い,収録件数もそこそこあるが,現在筆者のもつ資料のなかでこれの音長が分かる譜は,『音楽雑誌』55号に載った渡辺岱山の対応譜(平板調表裏合調対照)のみである。

 画像を引用した記事にも書いてあるよう,両曲とも総拍数152,本稿の読み解き譜(1A)と同じであるが,「平板調」の符に一部変異がある。原譜ではウラ拍子からの出だしとなっているが,比較の便のため,ほかと同じオモテ拍子からの近世譜として組み直してみよう。まずは主曲「平板調」の譜----

  合−合−|合四仩−|合四仩−|−○尺−|
  六−工−|工−尺−|工六尺工|上−四−|
  −○上−|四合仩四|合工尺上|四仩合−|
  −○尺工|尺−尺工|合−四仩|合四仩−|
  −○上−|尺−工−|六−工六|工尺上−|
  −○上−|上四合−|−○仩−|合四仩−|
  −○上四|上−上-尺|工六尺上|四仩合−|
  −○四仩|四合工−|合−四仩|仩四合−|
  −○工−|上−尺−|−○尺−|工四上|
  上○工|尺−−−|


 変異箇所の「上」と「尺」は『声光詞譜』の譜ではともに「六」である。4分半8分の「尺上」2箇所が「尺尺上」4分8分8分に分解されていることから,これも基となっているのは『清楽詞譜』系の譜と考えられる。伴奏曲「寒松吟(平板調裏)」はこうなっている----

  合凡合四|仩伬仜仜|伬−仜𠆾|仜伬仩伬|
  伵仩伬伬|合尺尺上|工合四−|合四凡合四
  仩四合−|仩伬伵仩|合−伬𠆾|仜仜仜伬|
  仜−伬仜|仩−仩伬|合−仩−|四合四上|
  尺−仩仩|伬−仜仜|伬仜𠆾仜|𠆾仜伬仩|
  合四仩−|合四仩四|合四上上|尺工上四尺|
  上−仩仩|合四仩−|仜𠆾仜伬|仜仜𠆾−|
  伍伍𠆾伍|仜𠆾伬仜|𠆾−○上|伍𠆾上伍|
  𠆾−仜仜|𠆾−仜𠆾|伬仩伬−|𠆾仜伬仜|
  仩仩伬仜仩|伬−−−|


 2曲を合わせた再現が こちら である。
 すでに触れたように総拍数は152なので,この「寒松吟」が筆者の標準譜とする「平板調」の読み解き譜(1A)と合奏が可能なことは間違いないが,なにせこれしか例がないので,この譜の符字順列や符間の音長関係が妥当か判別する手段がない。少しでも※まずは,筆者蔵・吉見『明清楽譜』の「平板調裏」の符号と比較してみよう。

 『音楽雑誌』の「寒松吟」と,この吉見の「平板調裏」の譜には数符の差異があるが,基本的な符字順列はほとんど同じなので,『音楽雑誌』の譜の音長関係と,吉見の譜の符号を参考に,これを近世譜に組んでみよう。

  合凡合四|仩仩伬仜仜|伬○仜𠆾|伬仜仩伬|
  伵仩伬○|上尺尺上|○合四−|合四凡合四
  仩四合−|仩伬伵仩|合○伬𠆾|仜仜仜伬|
  仜−伬仜|仩○仩伬|合○仩−|四合四上|
  尺○仩仩|伬○仜仜|伬仜𠆾仜|𠆾仜伬仩|
  合四仩−|合四仩四|合四上上|尺工上四尺|
  上○仩−|合四仩−|仜𠆾仜伬|仜仜𠆾−|
  伍伍𠆾伍|仜𠆾伬仜|𠆾−○上|伍𠆾上伍|
  𠆾○仜仜|𠆾○仜𠆾|伬仩伬○|𠆾仜伬仜|
  仩仩伬仜仩|伬−−−|

  推測される再現「平板調裏(寒松吟)」吉見『明清楽譜』 MG03_13。 MIDI

 『音楽雑誌』の譜が「仜伬」とする1行4小節の符が,逆の「伬仜」と入替っているほか,2行2小節で「合尺」が「上尺」に変っている。ほか,いくつか符が減ってはいるが,そこには句点が入るか前符を1拍伸ばす程度で埋まっている。「平板調」の譜は『声光詞譜』のものとまったく同じであるから,この譜もまた『声光詞譜』の「平板調」と合奏できるようになっているはずだ----

仩伬𠆾
合四
-上
𠆾
𠆾𠆾
尺工
-尺-上
𠆾𠆾
𠆾𠆾𠆾𠆾
𠆾𠆾𠆾𠆾
合奏再現MIDI
伬仜

 主曲部分は読み解き譜(1A)である。数箇所,首を傾げたくなるような音の重なりはあるが,最後のほうの辻褄はあっている。これだと「平板串」との合奏のほうが,いくぶんまとまりが良い気はするが,筆者には今のところ,これがせいいっぱいの再現である。ここから先は後学の成果を待ちたい。

 漳州曲< TOP >洋々流水 SK02_19