ELECTORICAL EDITED GENERAL TEXT OF "清風雅譜" by CHARLIE ZHANG 2017 ver.0.03 19

SG020 銀紐糸< TOP >三五七/将軍令 SG022/SG023

SG021 平板調(ヘイバンチョウ)




  読みは浦賀旧家所蔵の『清風雅譜』写本から,楢崎富『清風雅譜月琴独稽古』も「平板(ヘイハン)」とする。河副作十郎『清楽曲牌雅譜』は「ピンパンデヤウ」,鷲塚俊諦『清楽歌譜』には「ハウパンチヤウ」とある。鷲塚俊諦のものは疑問だが,河副のものは中国語読みに近い。
  もともとこの「○○調」という曲題は,同様のフレーズやメロディラインからなる定型的な曲調(tunes)の名称であり,固定された一つの楽曲を必ずしも意味しない。中井新六『月琴楽譜』などに,『水滸伝』に取材する「林冲夜奔」という曲があるが,その前弾・後弾,すなわちイントロ・アウトロとしても用いられている(曲題を付して指示しているだけ,譜はない)。また曲調が共通するかは不明だが,張継光『台湾北管与日本清楽』には,台湾の楽曲中にも「平板」と称されるものがあるという。

  沖野勝芳『清楽曲譜』には「平板調ハ清楽曲中尤古曲ノ様ニ思ハル。此曲ハ歌詞ナク,大ニ優美ニシテ,合奏スルニハ頗ル妙味アリ。」とある。
  連山派の譜本には「平板串」と「寒松吟」という二種類の伴奏曲がある。富田渓蓮斎の『清風柱礎』に「平板串」は見えるが,渓派ではあまり一般的ではなかったようだ。

  原譜1行目「仩。」がウラ>オモテと渡る長音で,ここから拍子が裏返るため,以降の付線の読み解きが多少面倒くさい。メロディとしては難しくないが,演奏上やや拍子のとりにくい曲であるため,筆者はWSなどで練習するときには,同じようにウラ>オモテと渡る長音である2行目の「四。」をのばすか2分の休符を入れ,以降をオモテ拍子にもどして演奏するなどしている。25年版でも,この2行目末の「仩」と3行目頭の「四」の両方にウラ拍点が付せられ,以下の拍点が他本と逆になっている。当初は付点の打ち間違いではないかと考えたが,曲尾まで貫徹しているところから,これも筆者と同様の演奏をしていたためではないかと考える。
  3〜4行 「工 o尺 上 o四 仩 oo。」 に対し,11年版は 「工 尺上 四仩 合。」,17年版は「四仩」のみ。増補と訂正Aは 「工尺 上四 仩合。」 とし訂正Bは「工尺 上 四 仩合。」,25年版は 「工尺 上四 仩合。」 とする。拍子上は 「(合。)工尺上|四仩合−|−○」 として問題がなく,事実11年版および訂正Aの付線からはそのように読み解けるが,17年版が「尺上」間に不均等指示の「」を書き込み,25年版が「尺 上四 仩合。」と「上」以下を3連としているところから,この「尺上」間は1拍点の不均等,4分半+8分であると考える。近世譜に直すと 「(合。)工尺−上|四仩合−|−○」 となる。
  5行目,25年版のみ行末「工 六 工 尺」の「六工尺」を3連とする。「工六」間が4分半+8分という指示だが,他本に同様の指示が見られないため,所有者のアレンジと思われる。6行,増補改訂版のみ「上四」間の付線」を欠く。
  8行目 「仩 o四 合 ooo四 仩 o仩 四 oo」 に対し,11年版は 「仩 四合 工 合 四四 合」,17・25年版は 「仩 四合 工 合 四仩 仩四 合」,増補改訂版と訂正A・Bは 「仩 四合 工 合 四 仩仩 四合」 とする。17・25年版からは「四仩仩四」の4符は4分均長としか読み解けず,なんら特別な指示もない。11年版の付線(4連)が多少疑問だが,この本にしては珍しく「仩仩」に低音開放弦を使ったオクターブユニゾンの指示があるので,4符均等を特に意識せよというだけのことかもしれない。増補改訂版と訂正A・Bの場合「四−仩−四」 と2符づつ4分半+8分とするアレンジの可能性もないではないが,特に不均等とするような指示等も見当たらないので,他本と同じく4符均長,拍子が裏返っているため付線がずれたものに過ぎないかと考える。
  11年版では7・8行目末の「合」の両方に句点があり,増補改訂版は7行目末にはなく,代わりに8行末の「合」に付されている。ほか4本は7行目末のみである。8〜9行目の「合・工」は2分半+4分の箇所であり,4本で改められているとおり8行目の「合。」はやや不自然である。
  9行目,11年版は「o工 六 ooo上」の5符をつないでいるように見えるが,このうち「六四」間は次折の朱がうつったもの,また「工六」以外の付線は薄く,ためらいも見えるため,正確なものではないと考える。17・25年と訂正Aが「工六 四上 上」,増補改定と訂正Bが「工六 四 上上」。「工六四上」は不均等指示もないため4符4分均長で良い。付線の違いは拍子のずれの影響,あるいは符同士の関係より,2分の長音であるこの前の「工」と末尾「上」との関係を中心に考えたかの違いである。
  以上,基本的に曲調に影響する差異は,1行目「仩。」のほかは,4分+4分か4分半+8分かで悩む部分が数箇所ある程度である。古い演奏では4分+4分の均長で弾かれていた箇所が,やがて4分半+8分とアレンジを加えて弾かれるようになったというものであろう。4分半+8分の箇所で,重複のないところは,譜本所有者の個人的なアレンジである可能性が高いので3行目「尺上」間のほかはこれを採らない。また同行「合。」は「合。工」で1拍点。休符が8分以下の長さとなるため,ここは明笛の息継ぎ箇所程度に考えて無視し,8分+休符,もしくは8分半+休符という形にはしない。
  標準的な曲調を近世譜で表すと以下のようになる----。

 合−合−|合四仩−|合四仩−|−○尺−|
 六−工−|工−尺−|工六尺工|上−四−|
 −○仩−|四合仩四|合工尺−上|四仩合−|
 −○尺工|尺−尺工|合−四仩|合四仩−|
 −○上−|尺−工−|六−工六|工尺上−|
 −○上−|上四合−|−○仩−|合四仩−|
 −○上四|上−上−|工六尺−|四仩合−|
 −○四仩|四合工−|合−四仩|仩四合−|
 −−工−|上−尺−|−○尺−|工六四上|
 上−工六|尺−−○|
 <g2 g2> |<ga> >c2< |<ga> >c2&< |>c<r4 d2 |
 g2 e2 |e2 d2 |eg de |c2 <a2&> |
 <a>r4 >c2< |<ag> >c<<a> |<g>e d.c8 |<a>>c< <g2&> |
 <g>r4 de |d2 de |<g2> <a>>c< |<ga> >c2&< |
 >c<r4 c2 |d2 e2 |g2 eg |ed c2& |
 cr4 c2 |c<a> <g2&> |<g>r4 >c2< |<ga> >c2&< |
 >c<r4 c<a> |c2 c2 |eg d2 |<a>>c< <g2&> |
 <g>r4 <a>>c< |<ag> e2 |<g2 a>>c< |>c<<a g2&> |
 <g2> e2 |c2 d2& |dr4 d2 |eg <a>c |
 c2 eg |d2.r4 |  再現曲 (Tempo:118)

  比較的軽快な曲調であるので,テンポはもう少し上,150程度でもよいかもしれない。11年版の装飾は以下のとおり,増補改定は,装飾音がきわめて少ないが,合わせ弾きの箇所(オレンジ文字)がぐんと増えている。冒頭の「合」は月琴だと低高開放弦(上・六)の合わせ弾きとなる。

11年版増補改定版
 合− 合−|合四 仩−|合四 仩−|− 尺−|
 六− 工合四|工− 尺−|工六 尺工|上− 四−|
 −合四 仩−|四合 仩四|合工 尺上|四仩 合−|
 −上合 尺工|尺上合 尺工|合工合 四仩|合四 仩−|
 −○ 上−|尺− 工−|六合四 工六|工尺 上−|
 −○ 上−|上四 合−|−合四 仩−|合四 仩−|
 −合四 上四|上− 上−|工六 尺尺上|四仩 合−|
 −工合 四仩|四合 工|合工合四 合−|
 −合四尺四|上− 尺−|−上合上尺|工六 四上|
 上上尺 工六|尺−−○|  再現曲 MML譜
 合− 合−|合四 仩−|合四 仩−−○ 尺−|
 六− 工−|工− 尺−|工六 尺工|上− 四−|
 −○ 仩−|四合 四|合工 尺−上|四仩 合−|
 −○ 尺工|尺− 尺工|合− 四仩|合四 仩−
 −○ 上−|尺− 工−|六− 工六|工尺 上−|
 −○ 上−|上四 合−|− |合四 仩−|
 −○ 上四|上− 上−|工六 尺|四仩 合−|
 −○ 四仩|四合 工|合− 四|仩四 合−|
 −合四尺四|上− 尺−|−○ 尺−|工六 四上|
 上− 工六|尺−−○|  再現曲 MML譜

  25年版の装飾は以下のようになる。上記のとおり原譜では近世譜3列1小節目の「仩(仩)」がおそらく2分+2分で拍子を渡り,以下がズレて拍子が元に戻っているが,かわりに曲尾はウラ>オモテと渡る長音となる。 また訂正Bの装飾は,増補改訂版から合せ弾きをのぞいたものである。

25年版訂正B
 合− 合尺工四 仩伬仩|合 仩−|−○ 上尺工
 六− 工上尺工尺上 尺−|工 工|上尺上 四−|
 −合四 仩−伬仩工尺
 合−−合上|尺工 尺上尺工合|四 四|
 仩−−|上合上上尺|工尺工 六−|五六 工尺|
 上−−|上尺工 四|合−−伬仩伬
 仩−−|上 上−|上上尺工尺上
 合−−工合|四 仩四|工尺工工合|四 仩四|
 合−−合四|工工尺|尺−−|尺上尺 六|
 四|工 尺−|−○|  再現曲 MML譜
 合− 合−|合四 仩−|合四 仩−|−○ 尺−|
 六− 工−|工− 尺−|工六 尺工|上− 四−|
 −○ 仩−|四合 仩四|合工 尺−上|四仩 合−|
 −○ 尺工|尺− 尺工|合− 四仩|合四 仩−|
 −○ 上−|尺− 工−|六− 工六|工尺 上−|
 −○ 上−|上四 合−|−|合四 仩−|
 −○ 上四|上− 上−|工六 尺|四仩 合−|
 −○ 四仩|四合 工|合− 四仩|仩四 合−|
 −合四尺四|上− 尺−|−○ 尺−|工六 四上|
 上− 工六|尺−−○|  再現曲 MML譜

  17年版は「六」に高音指示があるので「二凡調」である。数箇所不均等指示があり,標準譜と音長の異なる箇所がある。 『月琴雑曲ひとりずさみ』,渓蓮斎の胡琴譜とくらべると,同じ胡琴譜でもかなり曲調が異なり,共通点は少ない。

17年版月琴雑曲ひとりずさみ
 合− 合−|合四 |合四 上−四上
 𠆾 工−|工𠆾|工六 尺−工|上−四−|
 −○ 上−|四合 四|合工 尺−上|四 合−|
 −○ 尺工|尺− 尺工|合− 四|合四 上−
 −○|尺 工−|𠆾−𠆾|工尺 上−|
 −○ 上−|上四 合−|− |合四 上−
 −○ 上四|上−上|工𠆾尺工 合−|
 −○ 四|四合 工|合− 四四 合−|
 −尺四|上− 尺−|−○ 尺−|工六 四上|
 上− 工𠆾|尺−−○|  再現曲 MML譜
 合− 合−|四 上上−−○ 尺−|
 𠆾− 工−|工六上四上|工𠆾|上 四−|
 −合四 |四 四|合工 尺−上|四 合−|
 −○ 尺𠆾|尺 工|合− 四上−
 −○合上|尺 上尺工𠆾−𠆾|工 上−|
 −○ 上|上四 合−|合合 上−上−
 合四 上四|上−上−|工𠆾|四 合−|
 −○ 四|四合 工尺工|合− 四四 合−|
 −合四四四上 尺−|−○ 尺−|工𠆾 四上|
 上− 工|尺−−○|  再現曲 MML譜 画像

  黄文字は胡琴譜としての読み解き上変異のある箇所。二凡調は「合/尺」の調弦で,「合・四・六・五」はいずれも同じ低音域の音として弾かれ,オクターブ上の音(明笛だと甲音の六・五にあたる)はニンベンを付けて表される。明笛だと「𠆾」は,全閉鎖による最低音の2オクターブ上となるが,「二凡調」の胡琴譜では低音開放弦の1オクターブ上(明笛だと「六」の音)となる。また明笛と同じく,低音の「合・四・乙」の符にはさまれた,あるいは隣り合わせた高音はオクターブ下げて変換される。(例:仩>上) 2曲とも月琴・明笛のパートには,増補改訂版のものを用いてある。



* 連山派『声光詞譜』より「平板調」。
合−合○|合四仩−|合四仩−|−○尺−|
六−工−|工−尺○|工六尺工|上−四−|
−○上−|四合仩四|合工尺−上|四仩合−|
−○尺工|尺○尺工|合−四仩|合四仩−|
−○上−|尺−工−|六○工六|工尺上−|
−○上−|上四合−|−○仩−|合四仩−|
−○上四|上○上−尺|工六尺−上|四仩合−|
−○四仩|四合工−|合○四仩|仩四合−|
−○工−|上−尺−|−○尺−|工六四上|
上○工六|尺−−−|  再現曲 MML譜

  こちらのほうがいくつかのフレーズが単純で,数箇所「上/仩」の入れ替わりはあるが,基本的な曲調は『清風雅譜』のものとほとんど変わりがない。
  同系・沖野勝芳『清楽曲譜』より,伴奏曲「平板串」は以下----
六−六凡|六五仩伬|四合四仩伬|仩四伬伬|
○𠆾仜伬|仜仜伬仩|仜−伬−|○仩四合|
四−上仩|五仩六五|仩−伬−|仜𠆾伬−|
○○伬−|伬仩伬仜|𠆾−上仩|四合四上仩|
○伬−仩|○伬○仜|○𠆾−−|仜伬−−|
仩伬仩四|仩四合−|○五上仩|合四仩−|
○○六五|六五六−|工六尺−|四仩合−|
○○工六|工六五−|仩−工六|六工尺−|
伬仩四仩|仩−伬𠆾|𠆾仜伬−|仜伬仜−|
仩伬工六|尺−−○|
再現曲合奏版) MML譜
  沖野の頭注には「平板串ハ即チ平板調ヨリ考作シタル曲ニテ,平板調ト伴奏趣味アリ。」とある。たしかに「趣味アリ(面白い)」程度ではあるが,MIDIで再現すると数箇所,微妙に合わないところもあり,多少未完成な感もする。 『音楽雑誌』55号には,もう一種の伴奏曲である「寒松吟」との合奏譜が見える----
  合凡|合四仩伬|仜仜伬−|仜𠆾仜伬|
仩伬伵仩|伬伬合尺|尺上工合|四−合四|
合四仩四|合−仩伬|伵仩合−|伬𠆾仜仜|
仜伬仜−|伬仜仩−|仩伬合−|仩−四合|
四上尺−|仩仩伬−|仜仜伬仜|𠆾仜𠆾仜|
伬仩合四|仩−合四|仩四合四|上上尺工上|
四尺上−|仩仩合四|仩−仜𠆾|仜伬仜仜|
𠆾−伍伍|𠆾伍仜𠆾|伬仜𠆾−|○上伍𠆾|
上伍𠆾−|仜仜𠆾−|仜𠆾伬仩|伬−𠆾仜|
伬仜仩仩|伬仜仩伬−|−−  |
再現曲合奏版) MML譜

  寄稿者の渡辺岱山は連山派系統の梅園派に属する清楽家だったと思われる人物である。「伵」は,月琴では高音第7フレット,明笛では呂音の「四」で演奏される。拍子のねじれを解消するためか,ウラ拍子から開始となっているが,表曲である「平板調」の曲調は渓派のものと比べさしたる差異はない。
  見てのとおり,同じ曲を表とする伴奏曲だが,曲調上あまり共通点はなく,別々の系統でそれぞれ独自に組まれたものと思われる。

* 長崎派・柴崎孝昌『明清楽譜』「平板」。
合−合−|合−四−|仩−四−|仩−−−|
尺−六−|工−工六|尺−工六|尺工上−|
四−−−|仩−四合|工四合工|尺上四仩|
合−−−|尺工尺−|尺工合−|四仩合四|
仩−−−|上−尺−|工−六−|工六工尺|
上−尺工|上−上四|合−−−|仩−合四|
仩−−−|上四上−|上−工−|尺上四仩|
合−−−|四仩四合|工−合−|四仩仩四|
合−−−|工−上−|尺−−−|尺−工六|
四−仩−|上−工六|尺−−−|
再現曲 MML譜
  付点に数箇所疑問なところがある。曲調が一部でかなり異なる。

SG020 銀紐糸< TOP >三五七/将軍令 SG022/SG023