ELECTORICAL EDITED GENERAL TEXT OF "声光詞譜" by CHARLIE ZHANG 2021 ver.0.02 14

 哈哈調< TOP >蝴蝶飛 SK01_15

SK01_14 櫓歌(ロカ)

 曲題読み,鷲塚俊諦『清楽歌譜』で 「レウコウ」と記しているが,同様の例,また読みが特記されることがきわめて少ないことから,おそらく一般には「ロカ」と訓読みされていたものと思われる。
 曲調の類似から「十八摸」の類曲と思われる。これについての考察は渓派・『清風柱礎』 SC033 「櫓歌」 もしくは SC005 「十八摸」 の項目へ。

 拍点譜は右から加藤先生所蔵『声光詞譜』(M.11 SK01_14),刊本・柚木『明清楽譜』(YNK009),筆者蔵・写本『声光詞譜』和泉氏蔵版(SKM015_009)よりの再現である。

 まず加藤先生蔵版から。符号については後ほど述べる。無印の符を1拍,1行8・9「工六」を2符1拍の8分8分として,これを4/4の近世譜に組むと以下のようになる。

  五−六−|五−六五○|工六工六上|尺工尺○|
  尺六工工|上工尺○|上尺上合|四○工上|
  尺−工上|尺○六工|六工六上|尺−上尺|
  上合四○|乙乙四−|乙乙四−|

  読み解き譜(1)『声光詞譜』M.11 SK01_14 拍点より。 MIDI

 柚木『明清楽譜』もほぼ同じであるが,4行8の「尺。」が4拍になっている。

  五−六−|五−六五|工六工六上|尺工尺○|
  尺六工工|上工尺○|上尺上合|四○工上|
  尺−工上|尺○六工|六工六上|尺−−
  上尺上合|四乙乙|四乙乙|四−  |

  読み解き譜(3)柚木『明清楽譜』YNK009 拍点より。 MIDI

 再現は終始同じテンポとしたので多少不自然ではあるが,5行3の「四」の句点を,3符先「乙乙四」の「四」のところまで下げていところから考えて,この4行8「尺。」4拍の長伸ばしは,ここで大きく息を継ぎ,シメにむかってしだいにテンポを遅くするような演出があったのではないかとも考えられる。
 
 沖野『清楽曲譜』の近世譜には休符がなく,フレーズの切れが分からなくなっているが,曲調は加藤先生蔵版の『声光詞譜』から再現されるものとほとんど変わりがない。

  五−六−|五−六五|工六工六上|尺工尺
  尺六工工|上工尺|上尺上合|四工上|
  尺−工上|尺六工|六工六上|尺−上尺|
  上合四|乙乙四−|乙乙四−|

  近世譜(1)沖野『清楽曲譜』 OKINO_A008  原縦書。 MIDI

 これらに対し,和泉氏蔵『声光詞譜』(手書本)の拍点では,各符の音長がほぼ2倍となっている。

  五−−−|六−−−|五−−−|六−五○|
  工−六−|工六上−|尺−工−|尺−−○|
  尺−六−|工−工−|上−工−|尺−−○|
  上−尺−|上−合−|四−−○|工−上−|
  尺−−○|工−上−|尺−−|六−工−|
  六−工−|六−上−|尺−−|上−尺−|
  上−合−|四−−○|乙−乙−|乙−乙|
  −四−−|   |

  読み解き譜(2)写本『声光詞譜』SKM016_010 拍点より。 MIDI

 5行6の「四。」が1点1拍なのがおかしいが,これを他例から原4拍とし,音長を半分に譜を組み直すと,句点が多いだけで上列の譜等とほぼ同じとなる。

  五−六−|五−六五○|工六工六上|尺工尺○|
  尺六工工|上工尺○|上尺上合|四○工上|
  尺○工上|尺六工|六工六上|尺上尺|
  上合四○|乙乙|乙乙四


 おそらくは元のテンポだと「工六工六」のところで拍子をはずしがちになるため,全体を2倍の拍にして弾きやすくしたものと思われ,特にゆっくりと弾かれていたとかいうわけではないと考える。

 以上,個人範囲での演出や間違いと思われる箇所を均せば,曲調のゆらぎはほとんどない。
 船頭小唄・バレ唄でもある「十八摸」の類曲ということで,さほどねっとりと演奏する曲ではないとは考えるが,「櫓歌」といういかにも川の流れが想起されるような曲題が付けられてることから,きわめて低速で弾くむきも多かったとは想像に難くない。ゆっくりと演奏される場合は和泉氏蔵版の例くらい細切れにしてもらったほうが良さそうであるが,中速で演奏される場合は加藤先生蔵版の句点位置で明笛の息継ぎは問題ないので,標準譜はこれとして構わないと思う。
 柚木『明清楽譜』の例のところでも少し触れたが,演出として何かしらのテンポの変化が曲中にあったものと考えられる。そのへんのところを中心に,符号譜の指示を見てゆこう。


 加藤先生所蔵『声光詞譜』原譜の符号は部分的な演奏指示のみ。出だし1・3符の「五」の音を引くものと,3・4行ともに8符目の「尺」に追加で句点を挿している----高柳精一『洋峨楽譜』(乾)や写本の和泉氏蔵版などでは,ここにも句点が入れられているし,二番目の「尺」のところではテンポの変化もあるようなので,入っているほうが演奏は楽だろう。
 末行「乙」に入っているのははらい線ではなく「ハネ線」の類で,音を跳ねさせるのと,月琴のバチ遣いの指示にもなっている。上ハネが返し撥,下ハネがスィングするように弾くものだろう。はじめの「乙々」への指示が片方だけなのは間違って入れたものかもしれないが,ここでは「乙四」をタン・タンと通常のダウンストロークで軽く弾き,ラストの「乙々」で派手にバチを動かして跳ね弾くという演出かもしれない。

 筆者蔵『声光詞譜』八木所蔵版(上左画像 SKY01_14)の符号は口拍子で以下のように変換される----

  タ〜タ タ〜タタ。 タータ タタ・タ
  ター タタ。 タータ タータタタタ。
  タタ タタタ。タータ タータ
  タ。タタ タタ タータタータタ タ
  タタ-ン。 タタ タタ・

 1行目,SK01_14で強調されている2つの「五」には3・1拍,不均等な音長関係の長音を表す符号が付せられている。音間が短い時にはビブラートの指示にもなるが,ここでは音長関係の方だろうと考えられる。「タ〜」で表しておく。拍点からの再現だと最初の「五六」は各2拍均,次は2・1拍であり,以下2譜ともに指示が同じなので,最初の「五六」を3・1拍にして,つぎの2・1拍と同じく「最初が長く次が短い」と言う関係にしておく。
 末行「乙乙四」の「乙乙」にひかえめなハネ線が見える。これは軽く短くスタッカート気味に弾けという指示だろう。「タ」よりは長く,小点の「タン」やハネ線の「タ-ン」よりは切れがはっきりしない,というあたりだろうか。とりあえず「タ」としておく。こちらの3・4行8符目「尺」に特段句点的な指示はないが,4行目の「尺」のみに長音のはらい線が付されていることから,この記譜者の演奏でも柚木『明清楽譜』の譜のように4行8の「尺」のみ4拍であったか,上記推測どおり,ここから大きくテンポが変った可能性がうかがわれる。 MIDI

 筆者蔵・吉見『明清楽譜』(MG01_14)の符号は次のように変換される。

  ター・タン ター・タンタ。 タン タン タタタン
  タン タン タン。 タン タン タン タン タン タン タン。
  タタ タタタン。 タタタン タタン
  タ。 タタタタタタタ-ン タタ
  タータン タン タタ タ

 印刷の状態が良くないため,一部,句点がないのかかすれているのか分からない箇所があるほか,ほかの折からの朱がにじんで重なり,符号が見にくくなっている部分もあるが,だいたい上の読み解きでよかろう。
 4行3符「工」左下の小点は他の折からの写り,5行1〜3符の棒線とはらい線や小点が重なっている部分は,おそらくレガート的に音をつなげろと言う指示。6行「乙乙四」の棒線横に薄く「レ」があるのは,八木蔵版と同じ軽くスタッカート気味にという指示。
 3・4行8符目「尺」はこちらでも4行目のほうが若干長音めいた表記がされているが「タン」と「タ-ン」ほどの違いなので,拍点譜にあるような2拍と4拍というほどの差はない模様である。
 5・6フレーズあたりで音間がせまくなっているようなので,テンポが速くなっているとすればこのあたり。曲末「乙乙四」のあたりでまた元のテンポにもどっているのではなかろうかと思われるが,これもわずかな差のようなので,再現に反映させるのは難しいかと思われる。 MIDI

 以上,拍点・符号から読み取れる情報を勘案するに,実際の演奏においては,出だしを3・1拍とする,中間わずかにテンポの差を付ける,4行8符めの「尺」のところで拍を長伸ばししたり,一度大きくブレイクを入れる,といった演出が広く行われていたようであるが,いづれも基本的な曲調に影響を及ぼすほどのものではないと考えられる。そのため,本曲の連山派における「標準的な曲調」を表す標準譜としてはやはり,演出を廃した平の演奏に近い,加藤先生蔵版の拍点から再現した近世譜が適当であろう。

 筆者蔵『月琴哥譜備忘録』(写本)に「櫓歌」と題してカナ書の歌詞が載っている。

 「センシウ,モウタイ,モキヒモト,チャイヤ,」は「伸手,摸到,摸脚又摸頭,哎呀(もしくは 姐呀 か)」あたりで「十八摸」の類の歌詞と思われるが,歌詞のみなので詳細は不明である。このほか河副作十郎『清楽曲牌雅譜』では「櫓歌」「蕩舟十八摸」を並べその後に歌詞を添えて(おそらく同様の歌詞の類曲とみなしている)おり,長崎歴文蔵『清楽』(写本・笛道山房題)にも「櫓歌」と題した歌詞対照譜が見えるが,曲は「櫓歌」のそれではなく「十八摸」の譜となっている。

 いまのところ連山派のものとはっきり分かる資料で「櫓歌」の曲譜を歌詞と対照させた資料にはお目にかかったことがないため,こうした歌詞が実際に「櫓歌」のものとして歌われていたかどうかは不明であるが,少なくとも当時の清楽家に「櫓歌」を俗曲「十八摸」の類曲で,同様の歌詞を持つと考えていた者がいたあたりまでは間違いなかろう。


 哈哈調< TOP >蝴蝶飛 SK01_15