ELECTORICAL EDITED TEXT OF "『清風柱礎』(富田寛 SC000)" by CHARLIE ZHANG 2017 ver.0.02


SC032 交板< TOP >蓬莱島 SC034


SC033 櫓歌

 曲題読み,鷲塚俊諦『清楽歌譜』で 「レウコウ」,楢崎富『清風雅譜月琴独稽古』で「ロカ」,長崎歴文『西奏楽意譜』(写 中村18:57)にも 曲題横に「ロカ」と朱で読みがふられている。
 17G・17Yの付点は完全に一致。 31Bは頭点のみ,付点の位置はほか2本と一致し,曲調は同じものと思われる。数箇所に装飾符を追筆する。

  五−−−|六−五−|−−六○|五−工−|
  六−工六|上−尺−|工−尺−|−○尺−|
  六−工−|工−上−|工−尺−|−○上−|
  尺−上−|合−四−|−○工−|上−尺−|
  −−工−|上−尺−|−○六−|工−六−|
  工−六−|上−尺−|−○上−|尺−上−|
  合−四−|−○乙−|乙−四−|乙−乙−|
  四−−○|(17G・17Y)
  ■ 再現曲
  五−五工|六−五−|−−六○|五−工−|
  六−工六|上−尺−|工尺−|−○尺−|
  六−工−|工−上−|工尺−|−○上−|
  尺−上−|合−四−|−○工−|上−尺−|
  −−工−|上−尺−|−○六−|工−六−|
  工−六−|上−尺−|−○上−|尺−上−|
  合−四−|−○乙−|乙−四−|乙−乙−|
  四−−○|(31B)
  ■ 再現曲

 一色の付点は例によって頭点だけであるが,拍点の位置が異なり,おそらくは,音長が上記『清風柱礎』の譜の半分になっているものと考えられ,付点を手掛かりに推測再現すると以下のようになる。

  五−六−|五−六五|工六工六上|尺工尺○|
  尺六工工|上工尺○|上尺上合|四○工上|
  尺○工上|尺○六工|六工六上|尺○上尺|
  上合四○|乙乙四−|乙乙四−|
  ■ 再現曲


 連山派では『声光詞譜』(SK01_14)にすでにその譜が見え,譜集によくとあげられることの多いところからも,かなり知られた曲の一つであったようである。譜音の長短に差異はあるが,符字順列は渓派・連山派でほぼ完全に一致する。

  五−六−|五−六五|工六工六上|尺工尺○|
  尺六工工|上工尺○|上尺上合|四○工上|
  尺−工上|尺○六工|六工六上|尺−上尺|
  上合四○|乙乙四−|乙乙四−|

  五−−−|六−−−|五−−−|六−五○|
  工−六−|工六上−|尺−工−|尺−−○|
  尺−六−|工−工−|上−工−|尺−−○|
  上−尺−|上−合−|四−−○|工−上−|
  尺−−−|工−上−|尺−−○|六−工−|
  六−工−|六−上−|尺−−−|上−尺−|
  上−合−|四−−○|乙−乙−|四−−−|
  乙−乙−|四−−−|(『声光詞譜』延伸版)

 この付点から再現される譜は,句点が少し少ないくらいで一色のものとほぼ同じになる。『清風柱礎』の版と比較しにくいので,試みにこれを2倍に引き伸ばして譜を組み直してみたのが下のミドリ色で表示した版である。 譜の比較から考えると,先の一色の付点譜は,渓派の演奏例の記録と言うよりは,この連山派の譜を渓派の付点法で表現したものと考えたほうがよいかもしれない。 沖野竹亭『清楽曲譜』(OKINO_A008)の近世譜や柚木友月『明清楽譜』(YNK009)所載の付点譜も,再現はほぼ一致する。

 長崎派・山下松琴『大清楽譜』をはじめ,いくつかの版では出だしが「五 六」ではなく「五 五」ではじまっているものがある。百足登『明清楽之栞』の例などもそうだが,これらの版の曲調は,31B同様の装飾符をはさみこむことで再現可能である。たとえば曲題のところで触れた長崎歴文『西奏楽意譜』(写 中村18:57)の場合,句点を含めた符の延べ打ちは

  五五六,五五六,工六工上尺工尺,尺六工工上工尺,上尺上合四,工上尺,工上尺,六工六工六上尺,上尺上合四,乙乙四,乙乙四, 

 渓派の譜にない2番目の「五」は長音全符の「五」を分解したものだと考えられるから音長は2分2分。あとは符字順列も渓派や連山派のおのとほとんど変わらないので,そのまま音長をあてはめてゆくと次のような譜となる----

  五−五−|六○五−|五−六○|工−六−|
  工−上−|尺−工−|尺−−○|尺−六−|
  工−工−|上−工−|尺−−○|上−尺−|
  上−合−|四−−○|工−上−|尺−−○|
  工−上−|尺−−○|六−工−|六−工−|
  六−上−|尺−−○|上−尺−|上−合−|
  四−−○|乙−乙−|四○乙−|乙−四−|
  −○  | ■ 再現曲

 『大清楽譜』の譜も符字順列や句点の位置は同じなので,曲調はこれと同様であろう。

 曲調の類似から「十八摸」(SC005)と関係のある曲だと思われ,実際に「十八摸」のところでも触れたように,河副作十郎はこの2曲を並べて紹介しているし,長崎歴文所蔵の『西奏楽意』(写本 18:14)や『清楽』(笛道山房題 中村18:34 写本)には「櫓歌」のものとして「十八摸」同様の歌詞が収録されている。長崎派の版を再現してみるとなるほど,渓派や連山派のものよりもより「十八摸」に近い曲調になっている。

 『清楽』(笛道山房題)の対照譜は,2番以降は頭から曲が入るが,1番は歌詞1行目を「白」すなわち曲のない科白とし,上記の譜1行4小節目からはじまる。そのあたりも踏まえて少しアレンジを入れ,試みに歌曲として再現してみよう----

1   イ コ  ツウ ルウ クエンタウ パン エー サン ゲン
(白)一 個 姐 兒 困 到 半 夜 三 更。
   クエン エー クエン ポ ジャ ヤ  シン シュウ モー デウ ユウ モー キャ
(唱)困 也 困 不 着 呀。伸 手 摸 豆 又 摸 脚。
   チェー コ ロン トン ヅアン
   嚌 咯 嚨 咚 祥。
    ア アイ  ヨ   ア アイ  ヨ 
   噯 々 唷。噯 々 唷。
   アイ ヨ  アイ ヨ  アイ ヨ  ヨ
   噯 唷 噯 唷 噯 唷 唷。
   モー シュウ ユウ モウ キャ
   摸 手 又 摸 脚。
2   シン シュウ モー タウ   ツウ ルウ デウ フワ ペン 
   伸 手 摸 到。 姐 兒 豆 法 辺。
   ツウ ルウ デウ フワ リャン クヮン クヮン
   姐 兒 豆 法 亮 光 々。
   チェー コ ロン トン ヅアン
   嚌 咯 嚨 咚 祥。
    ア アイ  ヨ   ア アイ  ヨ 
   噯 々 唷。噯 々 唷。
   アイ ヨ  アイ ヨ  アイ ヨ  ヨ
   噯 唷 噯 唷 噯 唷 唷。
   デウ フワ リャン クヮン クヮン
   豆 法 亮 光 々。 ■ 歌曲再現


 この『清楽』の版は,14段まで続いている。「困」は「睏」で「眠る」。「豆」は「頭」,「豆法」は「頭髪」の略書である。

 大陸の俗曲で「十八摸」の異名もしくはバリエーションとして「櫓歌」という曲名は見たことがないが,同様の歌とすれば,それほど漫々朗々と唱えられるものでもなく,どちらかといえば中速でさらりと歌い流されるような曲である。その点では連山派の譜が渓派の譜の半分の音長になっているのは実際の演奏に合った付点と思われる。
 曲を聞いたうえでは,付点のためわざわざ符音を伸ばして対処するほど,さして難しい音長関係のある曲でもないと思われるのだが,『清風柱礎』の版だと,他の派の譜に比べてオモ>ウラ,ウラ>オモと拍子を渡る音がやたらと多い。おそらくはこのアレンジのため,実際の演奏に合わせた付点だと,初心者にとって読み解きにくく,拍子の取りにくい曲となってしまうための処置だったのであろう。

 冒頭部分の音長のアレンジ例はさまざまだったらしく,土岐達『月琴雑曲集』(M.26)の例を近世譜にすると以下のようになる----

  五−−六|五−−六|五○工−|六−工六|
  上−尺−|工−尺−|−○尺−|六−工−|
  工−上−|工−尺−|−○上−|尺−上−|
  合−四−|−○工−|上−尺−|工−上−|
  尺−六−|工六工六上|尺−上尺|上合四−|
  −○乙−|乙−四−|乙−乙−|四○  |
  ■ 再現曲

 この書は大阪での出版であるから,彼の耳にした「櫓歌」は連山派の版に近かったはずだが,音長指示から推測される近世譜を見ると,冒頭部分を延ばした結果,符音が拍子を渡る個所も多くなり,どちらかといえば渓派のものに近くなっている。

SC033 櫓歌 五六五六五工六工六上尺工尺尺六工工上工尺上尺上合四工上尺工上尺六工六工六上尺上尺上合四乙乙四乙乙四 
五 六 五 六。五 工 六 工 六 上
尺 工 尺。尺 六 工 工 上 工 尺。
上 尺 上 合 四。工 上 尺 工 上
尺。六 工 六 工 六 上 尺。上 尺
上 合 四。乙 乙 四 乙 乙 四。 
五−−−|六−五−|−−六○|五−工−|
六−工六|上−尺−|工−尺−|−○尺−|
六−工−|工−上−|工−尺−|−○上−|
尺−上−|合−四−|−○工−|上−尺−|
−−工−|上−尺−|−○六−|工−六−|
工−六−|上−尺−|−○上−|尺−上−|
合−四−|−○乙−|乙−四−|乙−乙−|
四−−○| 
a2&a2 |g2 a2& |a2 gr4 |a2 e2 |
g2 eg |c2 d2 |e2 d2& |dr4 d2 |
g2 e2 |e2 c2 |e2 d2& |dr4 c2 |
d2 c2 |<g2 a2& |a>r4 e2 |c2 d2& |
d2 e2 |c2 d2& |dr4 g2 |e2 g2 |
e2 g2 |c2 d2& |dr4 c2 |d2 c2 |
<g2 a2& |ar4 b2 |b2 a2 |b2 b2> |
<a2.>r4 | 
a2&a2 |g2 a2& |a2 gr4 |a2 e2 |
g2 eg |c2 d2 |e2 d2& |dr4 d2 |
g2 e2 |e2 c2 |e2 d2& |dr4 c2 |
d2 c2 |g2 a2& |ar4 e2 |c2 d2& |
d2 e2 |c2 d2& |dr4 g2 |e2 g2 |
e2 g2 |c2 d2& |dr4 c2 |d2 c2 |
g2 a2& |ar4 b2 |b2 a2 |b2 b2 |
a2.r4 | 

SC032 交板< TOP >蓬莱島 SC034