ELECTORICAL EDITED TEXT OF "『清風柱礎』(富田寛 SC000)" by CHARLIE ZHANG 2017 ver.0.02


SC004 花園走馬< TOP >素綾台 SC006


SC005 十八摸

 現行大陸の民謡(小調)などとして唱えられる「十八摸」は,「君の○○に手を触れて」で始まるフレーズの特徴的な男女対唱の歌曲で,ほんらいは内容を少しづつ違えながら十八回くりかえされるものだが,実際には十回のものも十六回のものもある。一応の形式はあるが,囃子部分や曲調は一定しない。つまりは日本の俗曲における「どどいつ」とか「よさこの」のような分類である。「○○十八摸」として,季節の花を詠みこんだもの,その土地の名物を詠みこんだもの,時事や事件を詠みこんだものなど様々なものが数多くあり,流行曲,あるいは唱本となって流布したようなものも多い。
 本書と同じ富田渓蓮斎の『清風雅唱 外編』には,題下に「富田先生撰」とあるが,以上の通り,これはもちろん彼の自作曲ではなく『清風雅譜』以降の新伝来の曲である。
 導入部分が男女の馴れ合いを歌っているようなものなため,たやすくバレ歌・艶歌へと落ちやすく(というより,おそらく発祥はそちらであろう),清朝代にこの類の唱本に何度も禁止令が出ている。(『得一録』巻5 など)
 17G,1行目「工 六 工 尺」の「工」と「六」にともにオモテ拍点をつける。他例から見て「六」の付点は間違い。同「工 尺」間に付線するのもこれにともなう間違いであろう。ここは「工 六」「工 尺」ともに4分半8分の不均等関係となる。4行目「六 工 尺」を付線で結んで3連とするが,これも「工 尺」間の付線は不要。5行目「合 四 合」の「合 四」と「乙 乙 四」の「乙 四」も本来は不要。短音の強調程度の意味しかない。
 17Y,3行目「上 四 合」を3連とするが,これだと短音の組み合わせが分からない。4分8分8分ならば,ほか2本と同じく「四 合」のみ付線。
 31B,拍点のオモテウラがあちこちで可笑しなことになっているが,点の位置はほか2本と共通である。けだし教授時の速記による間違いのようなものであろう。
 3本総じて,2行目「工 尺 上 工」の付線がやや難解である。17Yは付線なく,17Gは「上 工」間,31Bは「尺 上 工」を3連としている。「上 工」は4分4分で間違いないが,問題は「工 尺」が4分4分か4分半8分であるか。筆者は31Bがこれを3連とすることから後者と推測する。
 付線の違いは若干あるが,再現される曲調はほぼ同じである----

  六−尺−|六−工○|工−六−尺|上工尺○|
  尺−六−尺|上工尺−|上尺上四合|四○工上|
  尺−四上|尺○六工|六工六工|尺○上尺|
  上四合四○|乙乙四−|−−  |  再現曲

 このほか長崎歴史文化博物館所蔵の『清風雅譜』手写本(得我女史画 中村18:51)所載の譜が付点つきとなっているが,こちらは上記3例と少し差異がある。ちょうど最後の1行のところに紙の継ぎ目があり,その部分にやや疑問がないではないが,付点を再現したものが以下の画像である。

  六−尺六|工○工−六|工尺上工|尺○尺−六
  工−尺上工|尺−上尺|上四合四○|工上尺−|
  四上尺○|六工六工|六工尺○|上尺上四合
  四○乙乙|四−乙乙|四−−○|  再現曲

 『清風柱礎』の例とくらべると,冒頭の「六 工 六」がそれぞれ1拍ではなく,3符でオモテ/ウラ2拍であり,以降の拍点が逆転している。3行目の「工 上」「四 上」が4分4分なのか4分半8分なのか,指示がないためはっきりしないが,曲本体の符字順列は『清風柱礎』のものと同じ,ただし末尾「乙 乙 四」が繰り返しとなっているため,この部分は譜の画像を加工した。

 この曲尾の部分は,以下に付した富田渓蓮斎の『清風雅唱 外編』に見える歌詞対照譜でもくりかえしとなっている。

 「困」は「睏(kun4)」=「眠る」。
 「申」=「伸」。「喨光々」:「亮光々」で「ぴかぴか」の表現。
 本来なら口偏を付ける必要はない。

  ■再現曲
  イ  コ ツー ルー クェン タウジャンジャンクェン エー
  一 個 姐 兒 困 到 床 上 困 也
  クェン ウェンジャ アイ  ヤ  シン シウ モウ デウ イウ モウ キャー
  困 吻 着 哎 吓,申 手 摸 頭 又 摸 脚
  ズイ コ  ロン ドン ヅアイ アイヤ  アイヤ   ア  アイヤ  
  嚌 個 嚨 咚 𠱽 哎 吓 哎 吓 哎 哎 吓
  ズイ コ ロン ドン ヅアイ ア  アイヤ   ア  アイヤ
  嚌 個 嚨 咚 𠱽 哎 哎 吓 哎 哎 吓

  シン シウ モウ タウ ツウ ルー デウ ファ ペン アイヤ
  申 手 摸 到 姐 兒 頭 髪 辺 哎 吓
  ツウ ルー デウ ファ リャンクヮンクヮンズイ コ  ロン ドン ヅアイ
  姐 兒 頭 髪 喨 光 々 嚌 個 嚨 咚 𠱽
   ア アイヤ   ア アイヤ   アイヤ   アイヤ  ア アイヤ
  哎 哎 吓 哎 哎 吓 哎 吓 哎 吓 哎 哎 吓
  デウ ファ クイ フヮア ヒャン ア  アイヤ  ア  アイヤ
  頭 髪 桂 花 香 哎 哎 吓 哎 哎 吓
  
  

 再現曲では,譜の一致する上記手写本の付点をもとに,歌曲としての再現を試みてある。
 画像が一段ぶん,同書では2段ぶんの歌詞が掲載されている。見てのとおり,ほとんどが「哎吓」と言った合いの手の類で構成されており,詞の正味はあまりない。歌詞や物語よりは語呂とか音の転がりを楽しむような歌であるが,いちおう簡単に訳してみると----

  姐さんおねむ,寝床でおねむ。ぐっすりこんよつい手ものびる
  おつむなでなで,あんよをなでりゃ ありゃりゃのこりゃりゃ
  ありゃりゃのこりゃりゃで あーれあれ

  つい手のびるよお髪(ぐし)のあたり,姐さのお髪はつぅやつや
  ありゃりゃのこりゃりゃ あーれあれのあーれあれ
  お髪,香水,いいにおい

 早大風陵文庫にある『大正琴戯曲譜』第2巻(北京 学古堂刊)に「十八摸調」と題される数字譜の歌詞対照譜がある。
 1=C=上として読み解くと,譜の共通性が見えてくるだろう。試みにこの数字譜をもとに工尺譜に直してみたのが以下の譜である。

  五−五六|五−五六|工六工上|尺工尺−|
  尺六工上|尺工尺−|上尺 上六|五○六工|
  尺−四上|尺○六工|六工六五六|工工上尺|
  上合四−|乙乙四−|乙乙四−|

  ■再現曲
  伸 手 摸 到 姐 姐 頭 髪 辺 吓
  姐 姐 頭 髪 像 青 糸 七 格 龍 冬 嗆
  噯 噯 喲 噯 噯 喲
  噯 噯 噯 喲 噯 〓 噯 喲
  頭 髪 像 青 糸 噯 噯 吓 噯 噯 吓

 「噯喲」は上の「哎吓」と同じ,音は「アイヤ」である。見ての通り髪の毛の表現が違うだけで,歌詞の形式は本曲の2段目とほぼ同じと言って良い。この資料の刊行年は不明だが,戦前から戦中にかけてのものと考えられる。 出だしが「五−五六|」なのは,曲調からこの曲の同類と目される「櫓歌」 (SC033 曲)のほうに近いが,ほぼ同じような曲が数十年後の大陸にも確かに息づいていたわけである。このほかの北京の唱本などに見られる「十八摸」は「緊打鼓,慢篩鑼,停鑼住鼓聴唱歌,諸般閑言都不唱,停我唱回十八摸…」という出だしからお触りフレーズが繰り返されるものが多い。タイコどんどん,ドラごんごん,音がやんだら聞いとくれ,余計な事ァ語らねぇ,十八段のこっきりだ----というその歌詞からも推測されるように,辻芸人が客寄せをして歌う戯歌である。


 同じように数え歌の類を唱える「什不閑」とか「蓮花落」という芸能があって,上述の「緊打鼓,慢篩鑼…」という出だし句はそちらでも使われる常套句でもある。そうした大陸の民間の通俗芸能の中で歌われてきた曲なわけだが,明治の清楽家が,まじめぶった顔して漢文調で,こんな歌を唱えていたのかと思うとなかなかに微笑ましい。

 河副作十郎『清楽曲牌雅譜』にはその「櫓歌」に続けて「蕩舟十八摸」という曲が収録されている。2曲が関連あるものなのか,それとも偶々並べただけなのかは不明だが,「蕩舟十八摸」は符字等異なるものの「一個姐兒困到半夜三…」ではじまるその歌詞には,上述本項のものと共通点が多く,「十八摸」の舟歌バージョンと言ったところとなっている。(同じ歌詞が長崎歴史文化博物館『西奏楽意譜』(中村18:17)では「時調十八摸」と題されている。)

 渓派系で音長の分かる譜にはほかに『清楽独稽古』(HG020 M.27)がある。ここでもまたオリジナル付点から読み解ける音長を2倍に延ばして,近世譜に組んでみよう。


  六−尺−|六−工○|工六工尺|上工尺○|
  尺六工尺|上工尺−|上尺上四合|四○工上|
  尺−四−|上−尺○|六工六工|六工尺−|
  上尺上四|合−四○|乙乙四−|−○  |

  ■再現曲

 4分半8分の音長関係がないだけで『清風柱礎』3本の例と概ね同じであり,最後の「乙 乙 四」が一反であることからも,『清風柱礎』系の譜のかなり忠実な演奏例の一つと考えられる。近世譜4行1〜2小節の 「上尺上四|合−四○|」 は,明らかに2行3〜4小節の 「上尺上四合|四○」 と同じにすべきである。筆者の所有する画像ではこの部分の印刷が不鮮明であるが,「四 合」 間が従前の二重線ではなく句点の○になっているなど,付点記譜上の間違いがあるものと思われる。

SC005 十八摸 六尺六工工六工尺上工尺尺六工尺上工尺上尺上四合四工上尺四上尺六工六工六工尺上尺上四合四乙乙四
六 尺 六 工。工 六 工 尺 上 工
尺。尺 六 工 尺 上 工 尺 上 尺
上 四 合 四。工 上 尺 四 上 尺。
六 工。六 工 六 工 尺。上 尺 上
四 合 四。乙 乙 四
六−尺−|六−工○|工−六工尺|上工尺○|
−六工尺|上工尺−|上尺上四合|四○工上|
尺−四上|尺○六工|六工六工|尺○上尺|
四合四○|乙乙四−|−−  |
g2 d2 |g2 er4 |e.g8 ed |ce dr4 |
d.g8 ed |ce d2 |cd c<a8g8> |<a>r4 ec |
d2 <a>c |dr4 ge |ge ge |dr4 cd |
c<a8g8> <a>r4 |<bb> <a2& |a2> |
g2 d2 |g2 er4 |e.g8 ed |ce dr4 |
d.g8 ed |ce d2 |cd ca8g8 |ar4 ec |
d2 ac |dr4 ge |ge ge |dr4 cd |
ca8g8 ar4 |bb a2& |a2 |


SC004 花園走馬< TOP >素綾台 SC006