ELECTORICAL EDITED GENERAL TEXT OF "声光詞譜" by CHARLIE ZHANG 2021 ver.0.02 13

 売脚魚< TOP >櫓歌 SK01_14

SK01_13 哈哈調(ハハチャウ)

 河副作十郎『清楽曲牌雅譜』では本曲譜に合致するものを「哈哈調」,歌詞部分の譜を「哈哈歌」と分けており,「哈哈歌」は「哈哈調」とまったく別の曲となっている。大陸の俗曲「紗窓外」「王大娘探病」などと同じ内容。落語の「崇徳院」と似たストーリーの芝居歌で,深窓の御令嬢の医者でも直せぬ恋の病を癒すため,隣の王おばさんが,令嬢の恋の橋渡しに奔走する。

 拍点資料は加藤先生所蔵『声光詞譜』(M.11 SK01_13),筆者蔵・写本『声光詞譜』和泉氏蔵版(SKM015_009),刊本・柚木『明清楽譜』(YNK014)の3つ。

 加藤先生蔵版の譜は,音長が他2譜の半分となっているようなので,無印を1拍とし,棒線で結ばれている特記なしの2符を8分8分とする。拍点のない曲末「尺尺」2符の音長のみ他譜を参考に推測したが,6フレーズめあたりから1拍ズレとなっているようで,最後まで拍子との乖離が続く。

 [四−合四仩|工四仩工○|工合四合工|尺−尺−|]
  上上尺○|四四仩合○|工工六工|尺○尺工尺上|
  上○尺工上四|工四仩合|合○工合合○|仩四仩四仩合|
  合○工合合○|仩四工−尺−  |

  読み解き譜(1)『声光詞譜』M.11 SK01_13 拍点より。 MIDI

 以下,資料間で句点位置が異なるのでフレーズ分けは以下のように----

 1)四合四仩工四仩工○
 2)工合四合工尺尺
 3)上上尺○
 4)四四仩合○
 5)工工六工尺○
 6)尺工尺上上○
 7)上四工四仩合合○
 8)工合合○
 9)仩四仩四仩合合○
 10)工合合○
 11)仩四工尺尺


----基点資料SK01_13の句点と句切り(繰り返し節末と曲末も同様とする)を基本とし,近世譜において句点がなくなっている箇所では,当該位置の音引き線「−」を緑色の「」とし,SK01_13と異なる位置に付せられた句点は「」で表すこととする。

 和泉氏蔵版の拍点からは前譜をほぼ2倍に引き伸ばしたようなものが再現される。拍ズレになっていないのは,第4フレーズの「四仩」が2倍の各2拍になっているのに対し,第7フレーズの「四仩」が各1拍のままとなっているためである。

 [四−−合|四−仩−|工−四仩|工−−○|
  工−合四|合−工−|尺−−−|尺−−|]
  上−上−|尺−−|四−四−仩−
  工−工|六−工−|尺尺工|尺−上−|
  上|上−四−|工−四仩|合−合○|
  工−合−|合○仩−|四仩四仩|合−合○|
  工−合−|合○仩−|四−工−|尺−−−|
  尺−−−|

  読み解き譜(2)写本『声光詞譜』SKM015_009 拍点より。 MIDI

 加藤先生蔵版では,この両箇所には差異を表すよう符号は付されていないが,どうやらこの2箇所のいづれかが読み解き譜(1)の1拍ズレの原因のようである。
 柚木『明清楽譜』は前譜に近いが,こちらでは第4・7どちらの「四仩」も各1拍となっている。

 [四−−合|四−仩−|工−四仩|工−−○|
  工−合四|合−工−|尺−−−|尺−−|]
  上−上−|尺−−○|四−四仩|合工−|
  工−六−|工−尺|尺工尺−|上−上
  尺工上−|四−工−|四仩合−|合工−|
  合−合|仩−四仩|四仩合−|合工−|
  合−合|仩−四−|工−尺−|−−尺−|
  −−  |

  読み解き譜(3)柚木『明清楽譜』YNK014 拍点より。 MIDI

 4/4で組むと途中から拍子のオモウラが逆転してしまうが,耳で聞く上では拍子との間にさほどの違和感はない。ただ,句点が極端に少ないため,これを息継ぎの箇所と考えると,明笛での演奏は不可能である。もっとも,この点は当時の印刷事情が何かしら関係しているかもしれない。

 沖野『清楽曲譜』の近世譜は以下----

 [四−−合|四−仩−|工−四仩|工−−○|
  工−合四|合−工−|尺−−|尺−−○|]
  上−上−|尺−−○|四−四−仩−
  仜−仜−|𠆾−仜−|伬−仜伬|伬−仩−|
  仩−伬仜|仩−
四−|工−四仩|合−合
  工−合−|合仩−|四仩四仩|合−合
  工−合−|合仩−|四−工−|尺−−
  尺−−

  近世譜(1)沖野『清楽曲譜』 OKINO_A014  原縦書。 MIDI

 5フレーズから先が高音になっている理由については後程。そこをのぞけば,ここまでの資料の中でもっとも無理のない構成となっている。こちらは和泉氏蔵版と同じく第4フレーズの「四仩」は各2拍,7フレーズの「四仩」は各1拍のままである。

 以上,拍点から再現された資料間で,標準譜を制定する上での問題点は,第4・7フレーズの「四仩」の音長である。


 次に符号譜である。加藤先生蔵版の原譜には,部分的に小句点の朱が入れられているだけで,曲調に影響するような指示はない。

 まずは筆者蔵『声光詞譜』八木蔵書版(SKY01_13)から見てゆこう。符号を口拍子に直した場合は以下のようになる----

 [ター タ タータ・タ タタタ。 タータ
  タ ター タ タータ]  タ〜タター。 タ
  タ・タタ。 タータ・タ タタ。 タタ
  タン・タン タン。 タタタ ター・タ タタ
  タータ。 タ− タータ。 ター タタ タタ
  タータ。 ター ター タ。 ター タータ タータ

 まず4フレーズめの「四仩」は「四--合。」と小句点の「」をはさんで左右対称となる中心にある。もし「四仩」が短音ならば「四 四-仩 合。」とするのが妥当で,口拍子も「タン タタ タン」もしくは「ター タタ ター」となるはずのところ,「タタ・タタ。」と4符同じであるところから,この4符は1拍もしくは2拍均である可能性のほうが高いだろう。7フレーズめのほうは「四-仩」と2符が棒線で結ばれており,前後の関係からも短音と考えたほうが良さそうだ。
 ここまでの読み解き譜と合致しないのは3フレーズめである。ここ「上上尺。」は加藤先生蔵版で1・1・2拍はほかで2・2・4拍だが,この記譜者は1符めに不均等音長関係の長音を表す符号を付し,3符を棒線で結んでいる。後者はフレーズ全体にレガートがかかっているということだが,1符目の符号を合わせると,2符めの「上」と句末の長音の「尺」の間が短いと言う意味になるから,この「上上」は4分半8分なり2分半4分なりである可能性が高い。
 この部分以外は,おおむね拍点から再現される曲調から大きくはずれている部分はない。 MIDI

 筆者蔵・吉見『明清楽譜』(MG01_13)の符号はこのようになる。

 [ター タン タン タン タン タタター。 タン タ
  タタン タン ター ] タン タン タン ター。 タ-ン
  タ-ン タン タン。 タン タン タン タン タン。 タタ
  タ タン タン。 タタタン タン タン タタ
  タン タン。 タン タン タン。 タ-ン タタ タタ
  タン タン。 タン タン タン。 タン タン タン ター ター

 出だしの部分の符号の構成には,ちょっと問題がある。冒頭「四」ははらい線が付いているから,付記者もこれを長音と認識したのだろうが,その後4符が同じ小点である。小点ははらい線より短い音長であることが多いが,基本的には「音を引く」か「音を切るか」の違いなので,この5符がすべて2拍であったとしても,符号の関係はいちおう成立する。ちなみに,渓派の例でこの冒頭から5符はすべて2拍となっている。またこの付記者のここまでのパターンからして,「四合」が拍点譜のように4分半8分なり3・1拍であれば,「四合」の間に不均等長音の符号が入るか,「合」と次の「四」の間が棒線で結ばれると思うのだが,それもないので,おそらくは上に触れたよう「四合四仩工」5符2拍均で,「四−合●四●仩●工●」と2分の符を頭に,4分+4分休符の符が続いているのではないかと考える。
 原譜2行5符目下の横線は,句末「尺」の小点に付けられた消し線で,ついでにはらい線にしてある。繰り返し節終点の「又」に小朱点が振られていることから,一度目は「尺−−−」と拍いっぱいに音を引き,二度目は「尺−−○」と音を切れ,という指示であろう。
 問題点の4フレーズめ「四仩」は「四」が「跳ねる音」のレ点,「仩」が小点である。「跳ねる音」のレ点は小点より長いことが多いが,ここは拍点譜では2拍均か2・1・1・2拍でどちらにも合わないが,「四仩」が1・1拍なら間に棒線が入るはずなので,2番目のハネ線が間違いでなければ,このレ点と小点は「跳ねる」か「切れる」かという,演奏上の音色表現を指示したものと考える。
 7フレーズめの「四仩」は棒線で結ばれており,8分x2もしくは4分x2と考えたほうが良い。
 以上の読み解きから得られた表現を加え,再現したものが以下の MIDI である。

 『月琴胡琴明笛独案内』 GKM008 は歌詞対照譜なので,冒頭の繰り返し節を展開している。口拍子では比較の便のため繰り返し節としてあるが,2度目の4符目「仩」に傍点がないのは省略と見て1度目と同じとする。また歌詞対照のため句点位置が他の楽譜と異なるので,基点資料のフレーズ切りで行替えをしておこう。

 [タ タタ タン ター。タタター。
  ター ター タタ タタタ。

  タン タン タン タン。タタタ。
  タン タン。タン タン タン 
  タタタ タン タン
  タタ。タン タン タン。タタ タン。
 [タン タン タン タン タタ タタ ター ター
  タン タン タン。 タン タン タン タタ。]

 前半部分,とくに冒頭繰り返し節が拍点譜からの再現と合わず,また後半の4フレーズを繰り返すという形式も他には見られない。さらに繰り返し節直前の「合」が1符足りないが,これは「合−合○|」2・2拍を「合−−○」4拍としているものと思われる。
 問題点1の4フレーズめ「四仩」は「タタ」で,前後の関係から8分8分と考えても良いかと思われる。7フレーズめも同様で,どちらも短音である可能性が高い。

 鈴木孝道『月琴独習自在』の符号譜の構成は,上の平井明の譜にきわめて近い。

 [タン タタ タン タン。タタタ。
  タン タン タタタタタ。]
  タン タン タン タン。タタタ。
  タン タン タン タン タン。
  タタタ タン タン。
  タタタ タン タン。タタ タン タン
  タン タン タン。 タン タタ タタ タン タン
  タン タン タン。 タン タン タン タタ。

 こちらも比較的音間の短い演奏の記譜と思われるが,やはり前半部分に,付点譜からの再現と合わせた時に違和感を感じる。
 4・7フレーズめの「四仩」はいずれも「タタ」で短音の可能性が高いが,この譜では長音を特記する符号がないので同じ「タタ」でもどのくらいの長短なのかについては判別が難しい。
 曲末「尺尺」に傍点と棒線の両方が付いており意図不明。再現曲との比較からいうと「タタ」でも「タン タン」でも「タンタン」でも構わないとは思うが,他の例から棒線の「タタ」が正しいかと思われる。器楽後奏直前の「合」が1符足りないのは平井の譜と同じである。また最初の曲譜では曲末に繰り返し節の終点「 ]」が付されているものの,これに対応する起点が記されていない。歌詞対照譜になっているところでは器楽後奏の部分から曲末までとなっているので平井明の譜と同じ指示なのであろう。
 おそらくなのだが,中井・高柳・鷲塚新六『月琴楽譜』などの歌詞対照譜では8フレーズめ以降が器楽のみの演奏となることから,曲末までを割注式の小文字で書いたり,(  )で囲むことが多い。平井明らはその(  )を繰り返しの指示と勘違いしたのではなかろうかと筆者は考える。この2譜の再現については後ほど述べよう。

 まずは標準譜を定めよう。符号譜の解析から,問題点であった4・7フレーズの「四仩」は,どちらも短音であった可能性はぬぐえないものの,資料の傾向から見て,素譜に所有者が自ら書きこんでいたような比較的古い時代の演奏では,短音であったのは7フレーズめの「四仩」のみで,その後どちらも短音とする演奏が流行っていったのではないかとも推測される。
 もともと本邦の工尺譜の付点法には,短音の多い曲ほど読み解きが難しくなるという欠点があるため,多くの教授者はこうした曲の付点を工夫し,ゆっくりとしたテンポに直して教え,演奏発表時には口頭の指示で通常のテンポとしていたものと考えられる。邦楽の「煩手を忌む」という是の影響もあろうが,やがて清楽流行期に未熟半可通の先生方が急増する中で,自らの拙手を隠蔽するためや細かな指示がはぶかれるなかで,「教授時の便」のための工夫であった「ゆっくりテンポの曲」が正規の演奏となってしまったものと思われる。
 とはいえ,短音の多い譜が読み解きにくい状況は近世譜に直しても変わらないので,本稿における標準譜には,同派内での古典的な演奏を聞きとったものと思しい,加藤先生蔵版の読み解き譜(1)の各符音長を2倍としたものをベースとし,7フレーズめの「四仩」を1・1拍,曲末「尺尺」を4・4拍に修整し,さらにこれに Tempo=160 の指示を付すこととする。

 Tempo=160
 [四−−合|四−仩−|工−四仩|工−−○|
  工−合四|合−工−|尺−−−|尺−−−|]
  上−上−|尺−−○|四−四−仩−合○|
  工−工−|六−工−|尺○尺工|尺−上−|
  上○尺工|上−四−|工−四仩|合−合○|
  工−合−|合○仩−|四仩四仩|合−合○|
  工−合−|合○仩−|四−工−|尺−−−
  尺−−−

  標準譜 『声光詞譜』M.11 SK01_13 拍点より。音長2倍,修整済。 MIDI

 また鈴木孝道と平井明の符号譜の解析から,彼らの記譜のもとになった演奏は,どちらも音間が短く軽快で,さらに句点位置や歌詞の発音位置から見て,符間の音長関係が付点譜のいづれとも異なっていた可能性がある。特に冒頭「四合」の「四」に長音と言う意識が薄いことから,この出だし部分の構成が渓派の曲に近くなっていたのではないかと考えられる。標準譜を鈴木・平井の符号に近く組み直した場合には,以下のようになろうか。

 [四−合四|仩−工○|四−仩−|工−−○|
  工−合−|四合工−|尺−−−|尺−−○|]
  上−上−|尺−四○|四−仩−|合−−○|
  工−工−|六−工−|尺○尺工|尺−上−|
  上○尺工|上−四−|工○四仩|合−−○|
  工−合−|合○仩−|四仩四仩|合−合○|
  工−合−|合○仩−|四−工−|尺−−−|
  尺−−○|

  「哈々調」平井明・鈴木版 符号より推測。 MIDI

 現状これに対応するような付点譜が見つかっておらず,これで歌詞を発音させても不自然となる箇所がいくつもあるため,上の再現も確たるものではないが,少なくともこの2種類の譜間には,これに近いような曲調の差異があったはずである。この後者の演奏が,時期的な変化によるものなのか,あるいは連山・梅園派といった同派内での伝承的な差異であったのかなどについては,資料が未足のため不明である。

 さて,歌唱の復元である。「哈哈調」というそのタイトルや,大陸での類曲を勘案するに,この曲の聞かせどころは歌末に付せられたコロラチュオ部分である。「九連環」が小鳥のさえずりを真似て舌を震わせる「der」の音を聞かせどころとする女性ボーカルの曲であったのと同じように,この曲も女性の哄笑をなぞった「he he yi he yi he」の部分を,いかに高く,軽やかに聞かせるかが主眼である。
 しかし日本語の感触では,九連環の舌を震わせる音は侮蔑の舌打ちにも通じ,女性の哄笑は嘲りにも受け取られてしまう。ましてや初期の清楽の中心はむさくるしい男性が多かったので,その体面からも声帯の構造からも,元となった大陸の俗曲のような軽快さは望めるべくもない。そうした演奏者がわの事情から曲譜は「合四」の多い低音中心の譜となってしまったわけだが,連山派はもともと女性が牽引した流派であったので,高音歌唱の伝承が残っていたのかもしれず,また明治後期になって清楽がカンガク先生の道楽から,女子供の「新しい流行」となっていった過程で,歌唱もそれまでの低音中心のものから,男性では出せないような高音を多用する元のスタイルに近い形態に戻って行ったのかもしれない。
 沖野『清楽曲譜』の譜が5フレーズ以降をオクターブ高い符で表記しているのは,そうした高音の歌唱の流行が器楽の伴奏に影響したものと筆者は考える。
 また,基点資料である加藤先生蔵版がこれを半分の音長で記譜し,そのほかがほぼ全体を2倍にしているのは,本曲が本来は軽快なテンポで奏されるものであったことを示唆している。簡単な話,教授の場で速い曲をゆっくり演奏して教えることはあっても,その逆はめったにないということもあるが,もともとコメディ要素の強い歌曲なので,内容から考えて当然でもある。


 まず曲に対する歌詞の割り振りを検討してみよう。

中井・高柳・鷲塚
鈴木・平井明・SKM015_009
中井・高柳・鷲塚
鈴木・平井明・SKM015_009
中井・高柳・鷲塚*
鈴木・平井明・SKM015_009*
中井・高柳・鷲塚
鈴木・平井明・SKM015_009
中井・高柳・鷲塚
鈴木・平井明・SKM015_009
中井・高柳・鷲塚
鈴木・平井明・SKM015_009
中井・高柳・鷲塚
鈴木・平井明・SKM015_009
  
  

 きれいに2種類に分かれた。このほかに筆者所蔵『月琴哥譜備忘録』の歌詞対照譜は中井らの版と一致した。和泉氏蔵版の拍点からは,ほか2譜とあまり変わらない曲調が再現されているが,歌詞の配分は完全に鈴木・平井明らのものと同様である。すでに述べたように,鈴木・平井明の譜は曲調自体が加藤先生蔵版や和泉氏蔵版の付点から再現されるものとは違っていたと思われる。
 上表からも分かるように,歌詞の配分が標準譜の曲調と合致するのはやはり中井らの版である。すでに触れたように冒頭繰り返し節の「尺」4拍2符は,歌では最初の音のみを唱え,また5フレーズめ以降は沖野の譜と同じくオクターブ上げとする。これで連山派の古典的な演奏に合わせた時の歌唱合奏に,比較的近いものが再現できるかと思われる。 歌唱付再現mp3

器楽
歌唱
器楽
歌唱
器楽
歌唱
*
器楽
歌唱
器楽
歌唱
器楽
歌唱𠆾
器楽
歌唱
器楽
  
器楽
  
器楽

睡:渓派の版では「姐兒床上睡(嬢やはベットでおねむ)」となっているので「睡」で良いが,こちらの「姐児聞声睡呀」だと状況が異なる。田中従吾軒は『清楽詞譜和解』でこの前の節からを「風鈴ノ声叮々タルヲ,女子聴キナガラ睡リ居リタリシニ」などと解しているが,「鉄馬兒」は満州族の女性の履きもの,ポックリ下駄のような靴である。大陸の類例から見てもここは,下駄の音響くのを姐兒が聞いて「誰?」と問うのに「隣の王おばちゃんだよ」と王大娘が答える場面である。ゆえに「姐兒問声 "誰" 呀」が正しい。「聞」(wen2)「問」(wen4),「睡」(shui4)「誰」(shui2)ともに近音である。

 オレンジ色の空白は歌唱のかからない部分である。

 渓派「哈哈調」(SG017)の記事は こちら
 渓派「哈哈調」の歌詞付再現は こちら

 売脚魚< TOP >櫓歌 SK01_14