ELECTORICAL EDITED GENERAL TEXT OF "声光詞譜" by CHARLIE ZHANG 2021 ver.0.02 06

 抹梨花< TOP >四季曲 SK01_07

SK01_06 剪々花(センセンフハア)


 曲題,中井新六『月琴楽譜』および鷲塚『清楽歌譜』(乾)で「センセンフハア」,平井明『月琴胡琴明笛独案内』(GKM005) は「せんせんくわ」と読んでいる。
 沖野『清楽曲譜』はその解説に----

  剪々花モ茉莉花ノ曲ト大同小違,大ニ優美ノ曲ナリ。弾奏初心ノ内ハ兎角早キニ進ル傾キアリ,緩ヤカニ弾ズル様注意ス可シ。

----とするが,歌詞の内容が茉莉花と同じ『西廂記』のエピソードとなっているだけで,曲調・歌詞形式ともに関連はない。「月花集(月下集)」と同類の「紅綉鞋(ホンシウアイ)」と呼ばれた,数え歌風俗謡の一種である。「紅綉鞋」は刺繍の施された紅色の布靴のことで,結婚式での花嫁の履物でもある。女性に関するエロティックな暗喩が含まれるため,卑猥な替え歌に流れやすく,清朝期に大流行した折,何度か禁令が出たりもしている。

 筆者蔵・写本『声光詞譜』和泉氏蔵版(SKM062_033),高柳精一『洋峨楽譜』,永田祇『新撰月琴楽譜』などに「剪々花裏」として伴奏曲が取り上げられており,高柳精一『清楽曲譜寒泉集』では同じ曲に「三春裡」という題が付せられているが,いづれも拍点譜ないし近世譜が入手せられていないため,現状,筆者は再現できていない。

 拍点は加藤先生蔵『声光詞譜』(M.11 SK01_06),写本『声光詞譜』和泉氏蔵版(SKM007_004),刊本・柚木友月『明清楽譜』(YNK065)の3資料に見える。

 基点資料・加藤先生蔵『声光詞譜』は無印を1拍とする。冒頭1フレーズめの音長関係,および句点の位置が,ほか2譜と異なっている。

  四−四合|四−四○|尺−−工|上−−○|
  四−仩伬|仩−四−|合−−−|合−−○|
  仩仩−四|合−工−|合−−−|合−−○|
  尺−−−|尺−尺工|六−五六|工−尺−|
  上○上尺|上尺上四|合−−○|合−合四|
  仩−四−|合−−○|仩−四−|合−工−|
  尺−上○|尺−尺工|合合−工|尺○工−|
  合−−−|合−−○|

  読み解き譜(1)『声光詞譜』M.11 SK01_06 拍点より。 MIDI


 筆者蔵・写本『声光詞譜』和泉氏蔵版は,出だし部分が加藤先生蔵の2倍の音長となっているほか,2行4と6行6「合」の拍点が不明である。前者については,4拍「合」の繰り返えしなので省略したものと思われるが,後者は拍点そのものが付されていない。左画像が原譜のその部分だが,上符の2つめの点は「合」のはらいに重なっており,その下は拍点ではなく符号のハネ線である。無印を1拍として「合々」を2・1拍としたが,他譜では逆に5符目が1拍,6符目が2拍である。

  四−−−|四−合−|四−−−|四−−○|
  尺−−工|上−−−|四−仩伬|仩−四−|
  合−−−|合−−○|仩仩−四|合−工−|
  合−−−|合−−○|尺−−−|尺−尺工|
  六−五六○|工−尺−|上上尺|上尺上四|
  合−−○|合−合四|仩−四−|合−−○|
  仩−四−|合−工−|尺−上|尺尺工|
  合−合工|尺−工−|合−−−|合−−○|

  読み解き譜(3)写本『声光詞譜』 SKM007_004 拍点より。 MIDI

 柚木『明清楽譜』(YNK065)の譜は和泉氏蔵版と同様,出だし部分が2倍の音長となっている。

  四−−−|四−合−|四−−−|四−−○|
  尺−−工|上−−○|四−仩伬|仩−四−|
  合−−−|合−−○|仩仩−四|合−工−|
  合−−−|合−−○|尺−−−|尺−尺工|
  六−五六|工−尺−|上上尺|上尺上四|
  合−−○|合−合四|仩−四−|合−−○|
  仩−四−|合−工−|尺−上|尺−尺工|
  合合−工|尺工−|合−−−|合−−

  読み解き譜(2)柚木『明清楽譜』 YNK065 拍点より。 MIDI

 沖野『清楽曲譜』の近世譜(OKINO_A006)でも,この出だし部分の音長は同様である。

  四−−|四−合−|四−−|四−−○|
  尺−−工|上−−○|四−仩伬|仩−四−|
  合−−|合−−○|仩仩−四|合−工−|
  合−−|合−−○|尺−−|尺−尺工|
  六−五六|工−尺−|上−上尺|上尺上四|
  合−−○|合−合四|仩−四−|合−−○|
  仩−四−|合−工−|尺−上−|尺−尺工|
  合合−工|尺−工−|合−−|合−−○|

  近世譜(1)沖野『清楽曲譜』OKINO_A006 原縦書き。 MIDI

 町田桜園『月琴独習新譜雑曲』(M.31 「煎々花」)所載の拍点譜もこれらと同様の曲調であるが,出だしの4拍の「四」が1符増え,全体が1小節長くなっている。

  四−−−|四−−−|四−合−|四−−−|
  四−−○|尺−−工|上−−−|四−仩伬|
  仩−四−|合−−−|合−−−|仩仩−四|
  合−工−|合−−−|合−−−|尺−−−|
  尺−尺工|六−五六|工−尺−|上−上尺|
  上尺上四|合−−○|合−合四|仩−四−|
  合−−○|仩−四−|合−工−|尺−上−|
  尺−尺工|合合−工|尺−工−|合−−−|
  合−−−|

  読み解き譜(4)町田桜園『月琴独習新譜雑曲』M.31 拍点より。MIDI

 後でまた紹介するが,この改変はほかの歌詞対照譜では最初の「四」長音1符に「好一」の2語を当てているところ,本譜はこれを同じ長さの2符に割りふり,1音1語としたところから来ているようだ。

 出だしの部分を除けば,以上の資料から再現される曲調はおおむね共通しており,むしろほとんど差異はないが,標準譜を定める上での問題点が3つほどある。

 1)出だしのフレーズの音長の差異の理由。
 2)6行5・6符め「合合」の音長。(1・2拍か2・1拍か)
 3)句点位置の差異。

 2)に関しては,ここが2・1拍となっているのは和泉氏蔵版のみであるから,これは単純に間違いかもしれないが,いちおういろいろな資料とつきあわせて確認はしておきたい。
 3)については,筆者が明笛で演奏した場合,息継ぎの位置は『声光詞譜』の配置がベストで,他の例だと多すぎたり少なすぎたりするが,歌唱も交えた場合のことも考えた上で総合的に判断したいところである。

 続いて符号から,演奏表現の差異を見てみよう。


 まずは刊本・平井明『月琴胡琴明笛独稽古』(GKM005),符号を口拍子に変換すると以下のようになる----

 ター タン タン ター タン。1)
 ター タン タン。
 タン タタ タン ター タン ター。
 タタタタ タン ター ター。
 ター タン タタタタ。
 タン タン タン タタタタタタタ。
 タン タン タン タン タン タン タン タタタタタ タン タタタタタ2) 〓 タン タン タン。

 1行が長いので,フレーズ毎に行替えをしている。
 3フレーズめが1符増えて 「四仩伬仩四合合○|」 になっているほかは『声光詞譜』の版と符字順列上の差異はない。問題点2)「合合」どちらも傍線になっており音長の差は分からない。3)の句点位置は柚木の例に近い。ただし近世譜5行1の「六−五六|」の「六」にも句点が付いているところは和泉氏蔵版と同じである。
 後半がほとんど短音の傍線になっており,付点から再現された譜の曲調と合わないことから,この場合,曲の中間あたりからテンポが変わるものであった可能性が考えられる。ここまでのところ,もっとも平均的と思われる柚木の読み解き譜(2)を基に,符号の指示をやや強調して再現するとこのように(MIDI)なろうか。


 上のように加藤先生蔵『声光詞譜』(上左)原譜を,筆者蔵『声光詞譜』八木蔵版(上右・SKY01_06)や後出する同・吉見『明清楽譜』(MG01_06)と並べてみると,その「符号」が,拍点に替って曲調を伝える簡便な方法となっていった様子をうかがい知ることができる。
 加藤先生の版では「音を引いて」とか「連続させて」「はねて」と限定的に,一部の表現の補足をするだけのごく部分的なもので,曲全体を再生するためのものではなかった符号が,八木蔵版では格段に多くなり,吉見の版ではほぼ全譜に付されている。この時点で,記譜者はすでに拍点ではなく符号によって,曲全体のニュアンスをつかんでいるわけである。
 八木蔵版には符号の空白部分もあるが,無印の符を単音の「タ」として口拍子に直すと,おおよそ以下のようになる----

 ター タタ・ タ タ。1) タ〜 タタ-ン。 ター タ
 タ・タ タ タ〜 タ。 タタン タター・タ
 ターター。 タ~ ター タタタ-ン タタ タ〜
 タ〜・タ。 タタ タタ・タタタ-ン。 タ~
 タタ・ター タ タ-ン。 タ〜タター ター ター
 タ。タ〜タタ タタ-ン2) タタ・。 タ タン・
 タン

 符字の中間の中心に打たれている朱点は,右寄りに書かれる「音を切る(口拍子=タン)」の「小点」とは別で,アクセント的なブレス,ブレイクの位置であり,上の口拍子変換では「・」としている。
 2行4・5符間に装飾符の「四」が挿入されており,この記譜者の演奏ではこの3フレーズめが平井の例と同様になっていたことが分かる。同時に付された記号はカナ文字の「シ」に見えるが,以下に書いたはらい線の一種で,比較的短い音長での不均等関係を表すことが多い符号である。
 はらい線が3種類。通常のもの(口拍子=ター)と波線状のもの(口拍子=タ〜),さらに4行末「合」に平仮名の「て」のようにつぶれた線がある,これは2行4の「シ」と同じものである。(口拍子=タ~)いづれも「音を伸ばす」「音を引く」の意味であるが,波線は主に3・1拍,1半・半拍といった不均等な音長関係を表す場合に,最後のものはそのうち1半・半拍のような細かい表現に用いられることが多い。
 しかし,読み解き譜(1)(2)と対照させたとき,3・1拍になっているのは1行6・7と2行4のみで,ほかはすべて2・1拍である。また3行3・4「尺尺」で,前が波線・後ろが通常のはらい線となっているところは,その筆致の差から前が4拍,後ろが2拍という長音の長さの違いを表すために形状を変化させたもので,符号それぞれの定番的な意味合いからは外れた用法のようである。
 問題点1)に関しては加藤先生蔵版が出だしの「四」に「音を切る」の小点を付けているのに対し,八木蔵版は「音を伸ばす」のはらい線である。これだけで見ると,前者が拍点通りの構成で後者は長音で構成されているように思えるが,八木蔵版の符号で長音の指示があるのはこの冒頭の1符のみで,ほかは棒線と無印であるから,むしろ読み解き譜(1)の構成と考える方が無難である。2)の「合合」は八木蔵版で2符めにハネ線,1・2符間は棒線で結ばれているから,この音間は短く,2符めは1符めより長い----加藤先生蔵版の拍点と同じである。3)は二書とも版が同じなので変わらない。
 八木蔵版の符号による指示を,読み解き譜(1)に反映させるとすれば,おおよそ次のようになろうか。

  四−四合|四−四○1)尺−−工|上−−○|
  四−仩伬|仩−四−|合−−|合−−○|
  仩仩−四|合−●工−|合−−−|合−−○|
  尺−−−尺−尺工|六●五六|工−尺−
  上○上尺|上尺●上四|合−−○|合−合四|
  仩−四●|合−−○|仩−四−|合−工−|
  尺−上○|尺−尺工|合合−●2)工|尺○工−|
  合−−−|合−−○|

 総じて言うと,八木蔵版の符号は加藤先生蔵版の拍点から再現される 読み解き譜(1) の曲調とおおむね合致しているようだが,句点以外のブレス・ブレイク箇所が追加され,より切れのいい構成となっている。また,読み解き譜による再現と口拍子を比べて考えると,平井の符号譜ほどではないものの,曲後半にやはりテンポの変化があるように感じられる。 原譜3行末〜4行1(近世譜4行4小節)の「工尺」より,はらい線が部分的に波線になっているので,おそらくはこのフレーズの頭あたりから,2拍がそれ以外の長さに聞こえるくらいにテンポがゆらぐのだろう。


 筆者蔵・吉見『明清楽譜』(MG01_06)の符号は口拍子だと以下のように読み解ける。

 ター タン タン ター ター。 ター タター。1) タン タ
 タ タン タン タ~ ター。 タター タタ タン
 ター ター。ター タン タタタン タタ タン
 タン タン。タタ タタ タタター。タン
 タタタン タン ター。  タン タン タン タン タン。
 タ-ン タタタ-ン タ2)タン タン。
 タン タン ター

 2行4・5の「合合」は1符めが,前譜にもあった平仮名の「て」や「シ」のように見えるはらい線の一種(口拍子=タ~),2つめが通常のはらい線である。ここではおそらく,前符がトレモロ,後符が通常の長音というような音色の違いに敷衍させて使用しており,音の長さには関係していないかと思われる。
 5行6の「仩」(第8フレーズ頭=口拍子「〓」で表す)のみ符号がない。ここは拍点譜だと2拍であるので,符号は次の「四」と同じく小点の「タン」である可能性は高い。
 前譜と比べると,冒頭のフレーズにはらい線が多く,ここは長音で構成されている可能性が高い。従ってこれは柚木や沖野の譜例に近い演奏が基になっていると考えられる。問題点2)6行5・6の「合合」はこちらでは1符目の「合」にハネ線がつき,2符目の「合」は次の符と棒線で結ばれているので,和泉氏蔵版と同様に2・1拍の「合−合工|」であった可能性が高い。3)の句点位置は『声光詞譜』の諸版と変らない。

 さて,ここまで拍点と符号譜を読み解き,そこから得られた情報を解析してみた。
 まずは冒頭のフレーズの音長について。加藤先生蔵版の読み解き譜(1)が最初の「四」の音に「音を切る」の小点を付けているのに対し,他の譜では「音を引く」で長音に付されることの多いはらい線になっている。符号自体には明確な長さの基準がないので「はらい線」がついているからと言って,その音長が必ずしも4拍であるとは限らないが,この譜以外では柚木や和泉氏蔵版同様の 「四−−−|四−合−|四−−−|四−−○|」 の音長関係が示唆されるもののほうが若干多い。
 このことから読み解き譜(1)の冒頭部分は,各符の音長関係の割合こそ合っているとは言えるものの,演奏における実際の音の長さは,他の付点譜のほうが近いのではないかと筆者は考える。たびたび触れているが,連山派の付点法では音長の基準となる「1拍の長さ」にきまりがないため,テンポを均一にした時には同じ拍数となる音が,記譜者によってちがう長さで記録されることが多々ある。
 読み解き譜(1)は冒頭のフレーズの音長を短くしているが,符号の傾向から見るに,テンポが速くなっている可能性があるのは,冒頭ではなく,むしろ曲の後半部分である。ただしその根拠は,拍点から再現されるところの,曲末4拍の「合」2音が,吉見『明清楽譜』以外では,はらい線で表される「ター」ではなく,音の切れる「タン」とされているから,といった程度であるから,変化は急激なものではなく,冒頭を1としたとき,後半で2〜3割増しほどといったところであろうか。また,その境界は5フレーズ2符目「尺尺工」のあたりではないかと推測される。
 拍点からの再現でも,実際そのあたりから符間がつまっているので,この変化自体についてはさほど再現上に反映させる必要性は感じないが,冒頭を Tempo=100 とした時,当該の箇所から Tempo=120 程度とすると,より実演奏に近い雰囲気にはなるかもしれない。

 つぎに,明笛での実験演奏から考えるに,息継ぎの箇所として句点の位置に間違いはないものとも思われるので,本曲の標準的な曲調に最も近いのは,読み解き譜(1)の1フレーズめの音長を引き伸ばした----

 Tempo(100)
  四−−−|四−合−|四−−−|四−−○|
  尺−−工|上−−○|四−仩伬|仩−四−|
  合−−−|合−−○|仩仩−四|合−工−|
               Tempo(120)
  合−−−|合−−○|尺−−−|尺−尺工|
  六−五六|工−尺−|上○上尺|上尺上四|
  合−−○|合−合四|仩−四−|合−−○|
  仩−四−|合−工−|尺−上○|尺−尺工|
  合合−工|尺○工−|合−−−|合−−○|

  読み解き譜(5 標準譜)『声光詞譜』M.11 SK01_06 拍点より,一部修整。 MIDI

----あたりが適切かと筆者は考える。

 6行目「合合」の音長については,平井の例で同じ符号,八木蔵版は2符を棒線で結んで2符目にハネ線,吉見版はそれぞれに違う符号が付いているが,音色上の違いで音長は同じである。ここがこの曲で,難所の一つだったらしいことはうかがわれるものの,町田桜園の譜や沖野の近世譜などから見て,1・2拍の演奏のほうが広く行われていたのではないかと思われる。

 つづいて,この標準譜を基に,歌唱としての再現を模索してみたい。

中井好一双
高柳好一双
鷲塚好一双
鈴木好一
SKM007_004好一
GKM005好一
中井月裡
高柳月裡
鷲塚月裡
鈴木
SKM007_004
GKM005
中井噯々 *
高柳
鷲塚
鈴木 
SKM007_004
GKM005
中井 
高柳 
鷲塚 
鈴木 
SKM007_004 
GKM005 
中井
高柳 
鷲塚
鈴木
SKM007_004
GKM005 
中井
高柳
鷲塚
鈴木 
SKM007_004 
GKM005 
中井
高柳
鷲塚
鈴木
SKM007_004
GKM005
中井
高柳
鷲塚噯々 *
鈴木 
SKM007_004 
GKM005々 *

 歌詞に*の付いている箇所は,原譜の印刷状態などにより,どの語がどの範囲で音にかかっているのか不明な部分,オレンジ色は歌唱を伴わない部分である。

 傾向として,中井・高柳・鷲塚 と 鈴木・和泉氏蔵版(SKM007_004)・平井『月琴胡琴明笛独稽古』(GKM005) という2つの型に大別できよう。

好一双
噯 *
 
 

 先に触れた町田桜園『月琴独習新譜雑曲』の譜は後者のタイプに属するが,筆者蔵の写本『月琴哥譜備忘録』の譜のように,出だし部分は前者に属するものの,後半部分は後者の近いような例もある。

 この後者のタイプはまた,標準譜3行冒頭の「合合。」を「合四合。」とするものが多いようだ。平井の事例についてはすでに触れたが,和泉氏蔵版も原譜(左画像参照)では「合四合」といったん記し,後で「四」に消しを入れている。
 時代で見ると,後者のタイプに属する対照譜は,前者のそれよりも比較的新しいものであることが多い。この2つのタイプは歌詞の発音位置が大きく異なり,標準譜をその曲調としてあてはめた時には,特に後者のタイプで,発音位置やその長短と歌詞の関係に疑問の出る箇所もあることから,後者のタイプでは,曲調に何らかの変異が生じている可能性も大きいが,現状の拍点資料の質量では詳細は不明である。

 以上のように,後者のタイプの歌詞には曲調との関係性に疑義があるため,現在までのところ,本曲の標準的な歌唱譜としては,中井新六の譜をはじめとする前者のタイプと標準譜の組み合わせを採りたい。
 この際,問題となるのは,2箇所ある「噯々」の発音位置である。どちらも1拍2拍1拍と,真ん中の音がオモテ>ウラに拍子を渡るフレーズからはじまり,2拍2拍へと続き,最後は「合」4拍の繰り返し,と共通した構造になっていることから,おそらくその発音位置も同様であろうと推測される。1番目の「噯々」の場合,MIDIによる再現の比較からもっとも自然であったのは,最初の1小節で1つめの「噯」を,次の小節から一つ目の「合」4拍までで2つめの「噯」を発音し,残りの「合。」を歌唱の伴わない捨て弾きとするものである。曲末の「噯々」では句点のある「尺。」までで1語,最後の「合。」は唱えない,というのが最も自然であった。(歌唱再現 mp3

好一双
月裡
  

 「剪々花」は渓派の主要な楽譜中には所載がないが,類曲である「月花集」の項(『声光詞譜』SK02_13/『清風雅譜』SG008)も参照されたい。


 抹梨花< TOP >四季曲 SK01_07