ELECTORICAL EDITED GENERAL TEXT OF "清風雅譜" by CHARLIE ZHANG 2017 ver.0.03 06

SG007 厦門流水< TOP >久聞歌 SG009

SG008 月花集(ゲツクワシウ)




  曲題は 「月下集」 とも書かれる。「下」 と 「花」 の音通は日本語の音読みでのものなので,これらの題は日本で付けられたものだろう。溪派での読みは,楢崎富『月琴独稽古清風雅譜』に「月花集(ゲツクワシウ)」,浦賀旧家所蔵の写本にも「月花集(ゲッカシュウ)」とあるとおり日本語音読みだが,連山派などでは中井新六『月琴楽譜』(享)に「月花集(エフハアチュイ)」,田中従吾軒『清楽詞譜和解』で「月花集(ヨ ウーヅー)」とあるように中国語の唐語読みである。譜本によっては「漳州月花集」というヴァリエーションが収録されていることもある。「九連環」や「算命曲」「茉莉花」とともに代表的な曲の一つであったので,清楽以外の譜本にも数多く取り上げられている。
  異名,とある「紅綉鞋(田中従吾軒の読みではカンスイヤウ)」は大陸の唱本の題としても見え,歌詞も同様である。「一双紅綉鞋…二双紅綉鞋…」という各段の歌い出しからとられたもので,「紅綉鞋(赤い縫い取り鞋)」というのは女性が嫁入りの時に履く布靴だが,そこからいろいろと連想されたエロティックな替え歌が流行したため,清代には禁止歌謡中となったこともある。(『北平俗曲略』など)歌詞が共通するだけではなく,曲調もきわめて近いものに「剪々花」という曲がある。「剪々花」は大陸の俗曲「剪靛花」からきているとされるが,もしそうならこの曲の基本的な曲調は明代までさかのぼることのできる古いものである。
  訂正系の譜本では,曲題の下に「異名 紅綉鞋」と入っているほか,後半3行の文字割が異なるが,付点は6本ほぼ一致している。 付点を参考に基本的な曲調を再現すると以下のようになる----

  四−−−|四−合−|四−−−|四−−仩|
  伬−−仜|仩−−○|四−四−|仩−合工|
  合−合四|仩−四−|合−−−|−−−○|
  尺−−−|尺−尺工|六−五六|工−尺−|
  上−上工|尺工上四|合−−−|−−−○|
 [合−合四|仩−四−|合四仩−|四仩四合|
  工−工−|五六工尺|六−−−|六−−○|]

  <a2&a2> |<a2 g2> |<a2&a2> |<a2.>>c< |
  >d2.e< |>c2.<r4 |<a2 a2> |>c2< <g>e |
  <g2 ga> |>c2< <a2> |<g2&g2&> |<g2.>r4 |
  d2&d2 |d2 de |g2 ag |e2 d2 |
  c2 ce |de c<a> |<g2&g2&> |<g2.>r4 |
[2 <g2 ga> |>c2< <a2> |<ga> >c2< |<a>>c< <ag> |
  e2 e2 |ag ed |g2&g2 |g2.r4 |]
 再現曲 (Tempo:160)

  4拍点というきわめて長い音の指示が目立ち,全体に長音が多いので,何も考えずに再現するときわめて緩慢な曲調となるが,これはメロディが複雑なため,付点を工夫し各符の音長を2倍に拡張して表記したものである。
  拍点と付線による工尺譜の一般的な付点法では,長いほうの音はいくらでも表現出来るものの,細かなほうを伝えるのが難しい。旧来の付点法はあくまで符音同士の相対的な関係をもとに記されたもので,2拍点間を4/4の1小節とした場合の全符を最長の音としすると,これで表すことの出来る最も短い音は8分音符までがせいぜいで,それもまた,均等に4符,2符並んでいるといった分かりやすい場合に限られる。さらに,1拍点間に極端に音長の異なる符が並ぶような場合,たとえば2分と16分音符が混在しているようなときは,「極めて短く」とでも注を入れるほかにこれを表現する手段がない。 このため,曲中にそうした表現しにくい箇所がある場合には,最も短い音を基本として,最大公約数的に,すべてのフレーズが通常の付点法で表現出来るところまで曲全体をひきのばす,といったことが行われていたのである。
  上記筆者の文献と旧来の付点法をもとにしたものと,明治の後半に西洋楽譜の方式を取り入れた近世譜や数字譜が普及してから,当時の演奏家によって実演から直におこされた譜と比べると,各符の音長が全体に2倍になっていたり,あるいはフレーズ単位で,部分的に長くなったり短くなったりするのはそうした理由で。またそれら明治の近世譜で,同様の曲からおこされた譜に,2/4として組まれたものと4/4とするものが混在することが多いのも,この旧式付点法の限界に由来するものだと思われる。
  実際の演奏では,稽古の時には拍子間を長くとって緩慢に教授し,舞台などでは早いテンポで演奏されることになっていた曲もあっただろうし,曲の途中で大きくテンポが変わるようなものもあったのだろうが,旧来の付点法はあくまでも,大体の曲調を備忘録的に表現するていどが限界であったのである。4/4の曲とするのなら,この譜もおそらくは各符の音長を半分にして----

  四− 四合|四− 四−仩|伬−仜 仩○|四四 仩合工
  合合四 仩四|合−−○|尺− 尺尺工|六五六 工尺|
  上上工 尺工上四|合−−○|[合合四 仩四|合四四仩四合
  工工 五六工尺|六− 六○|]

  ----としたほうが,実際の演奏に近くなるだろう。しかしとりあえずのところは,付点から読み解く場合,長音が多いからといって,必ずしもゆっくりゆったりした曲だとは限らない,といったあたりを理解しておいていただければよい。 当時の演奏のテンポは不明だが,上記のとおり拍子間が広いのはあくまでも付点上の都合と思われるため,演奏時には練習より早いテンポで弾かれていたと思われる。
  再現曲では拍子や音長はそのままに,再現曲のテンポを160まであげて,実際の演奏に近づけたいと思う。

  11年版と増補改訂版の装飾は以下のようなものである。

11年版増補改定版
  四−−−|四仩四合|四−−工合|四−仩|
  伬−−仜|仩−−○|四−四−|仩−合工|
  合−合四|仩−四|合−−−|−−−上合
  尺−−−|尺−尺工|六−五六|工−尺−|
  上−上工|尺工上|合−−−|−−−○|
 [合−合四|仩−四−|合四仩−|四仩四合|
  工−工−|工尺|六−−−|六−−○|]
  再現曲 MML譜
  四−−−|四仩四合|四−−−|四−仩|
  伬−仜|仩−−○|四−四−|合工|
  合−合四|−四|合−−−|−−−上合
  尺−−−|尺−尺工|六−五六|工−尺−|
  上−上工|尺工上|合−−−|−−−○|
 [合−合四|−四−|合四−|四仩四合|
  工−工−|六工尺|六−−−|六−−○|]
  再現曲 MML譜

  1行目頭 「四仩四合」 は,原譜の「四」と「合」がそれぞれ1拍点であることを考えると「四C四合−|」と読み解くべきなのだが,後述する『月琴ひとりずさみ』や他流の資料,また近世譜・数字譜による採譜資料からすると,後ろの「合」を4分縮めて「四仩四合」となるようだ。
  先に触れた法則からして,この追加された装飾音や装飾音を入れるために短くなる箇所なども,逆にふだんの2倍の音長にして入れるべきか----というと,そういうことにならないあたりが東洋の楽譜である。装飾音はその音の余白の範囲内で処理されるべきものであり,それ自体が拍子をまたいだり,元の音を拍子の向こうに押し出すようなことにはならない。またそのため,各符の音長を半分にして組みなおした場合でも,細かなほうはより細かくなろうが,余裕のある長音に対する装飾箇所などはもとの音長のときと同じ,という場合も考えられる。
  増補改訂版,この譜には前所有者の書入れがない。装飾譜は印刷されたオリジナルのものだけである。
  基本的なところはその増補改訂版と変わりないが,訂正Bは前半の装飾が若干違っている。例によって25年版の装飾がいちばん細かい。

訂正B25年版
  四−−四合|四仩四|四−−−|四−−仩|
  伬−仜|仩−−仩合|四−四合四|仩合工|
  合−合四|仩|合−−−|−−−上合
  尺−−−|尺−尺工|六−五六|工−尺−|
  上−上工|尺工上|合−−−|−−−○|
 [合−合四|仩−四−|合四仩−|四仩四合|
  工−工−|六工尺|六−−−|六−−○|]
  再現曲 MML譜
  四−−工合|四仩四合|四−−工合|四− 仩|
  伬−−|仩−−伬仩|四工合合四|仩四仩
  合 四|仩伬仩尺工|合−−−|合仩 四上
  尺−−−|尺合上|六工合 五六|工六工工尺
  上合四 |尺|合−−−|−−−尺工
 [合 四|仩伬仩伬仩 仩−|四
  工− 工工合仩五|六−−尺工|六−−○|]
  再現曲 MML譜

  25年版原譜5行目真ん中「合四」の「四」に対する装飾「伬仩」に関しては疑問がある。一つにはこのためここだけ1拍点間に5つもの音符が入るということ,対応するにはこの「伬仩」を16分音符にするしかないが,再現してみるとあまりにも不自然である。つぎにこの「伬仩」という装飾はこのほかに3箇所あって,ほかは「仩」にかかっている。そこからこれはおそらくは誤記で,次の 「仩」 にかかるべきものであったのではなかったかと考えられる。MML譜と再現曲では修正(ピンクの箇所)。

  17年版(胡琴譜)の装飾は11年版のそれにけっこう近く,きわめてシンプルである。「合・四・六・五」にニンベンの付記があることから,「合/尺」調弦の「二凡調」として胡琴譜の形式に変換し,参考として『月琴雑曲ひとりずさみ』に見える富田渓蓮斎の胡琴譜を付す。

17年版月琴雑曲ひとりずさみ
  四−−−|四上四 合−|四−−−|四−−
  尺−−工上−−○|四− 四−| 合工|
  合− 合四|上上|合−−−|−−−上合
  尺−−−|尺− 尺工|佮佮 伵佮|工− 尺−|
  上− 上工|尺工 上四|合−−−|−−−○|
 [合− 合四|上− 四−|合四 上上|四 四合|
  工− 工−|五六 工尺|六−−−|六−−○|]
  再現曲 MML譜
  四−−−|四 合|四−−−|四合 四
  尺−−工上−−合|四− 四合四四四
  合− 四|上四|合−−−|−−四上
  尺−合−|尺佮− 伵佮伵|工− 尺
  上− 上|尺|合−−−|−−−○|
 [合− 四|上四−||四 四合|
  工− 工六上|五|六−−−|六−−○|]
  再現曲 MML譜 画像

  17年版,原譜1行目頭 「四」 の左下に朱の 「」 が見えるが,これは前折の朱が写ったもので繰り返しの指示ではない。
  『月琴雑曲ひとりずさみ』原譜1行目の 「四仩」 が疑問である。原譜のほかの部分では通常の工尺譜で「仩」である符を,オクターブ低い「上」にちゃんと直してあるのだが,ここだけ「仩」の符のままである。 このまま高音の「仩」として組むと,音がいきなり意味もなく飛ぶ感があり不自然なので,再現曲ではほかと同じく「上」に修正しておく。『月琴雑曲ひとりずさみ』の冒頭部分には,月琴とのアンサンブルのためと思われる変更箇所がいくつかあり。また17年版と比較すると装飾がより細かくなっているが,同様のところに同様の音が入っており,基本的な部分は共通していることが分かる。

  最初のほうで触れたように,この曲には異名(紅綉鞋)のもとになった歌詞がついている。鏑木溪菴の門人,太田連(篴斎)の『清楽雅唱』(上 M.16)の版を中心に,これを紹介しよう。

1)一双紅綉鞋 哎呀。
  梅花正月裡開。勾引張生跳過粉墻来。
 [你跳你跳過来我的小快。又。
2)二双紅綉鞋 哎呀。
  花二月裡開。二人房中満竹那角牌。
 [你搬你搬過来我的小快。又。
3)三双紅綉鞋 哎呀。
  桃花三月裡開。集人房中吃那螃蟹。
 [你怕開来我的小快。又。
4)四双紅綉鞋 哎呀。
  薔薇四月裡開。四個童生考着那秀才。
 [你入你入門来我的小快。又。
5)五双紅綉鞋 哎呀。
  石榴五月裡開。集人後園割着那韮菜。
 [你着你着来 我的小快。又。

6)六双紅綉鞋 哎呀。
  荷花六月裡開。船到心不来。
 [你着你着浪大我的小快。又。
7)七双紅綉鞋 哎呀。
  鳳仙七月裡開。張生死了売致短棺在。
 [你要你要了我的小快。又。
8)八双紅綉鞋 哎呀。
  木樨八月裡開。八十歳公吃茶那長菜。
 [你好你好咬菜我的小快。又。
9)九双紅綉鞋 哎呀。
  菊花九月裡開。三歳孫童打着油瓶蓋。
 [你着你着来 我的小快。又。
10)十双紅綉鞋 哎呀。
  芙蓉十月裡開。陽山百行着竹那鴬台。
 [汝着汝着下来 我的小快。又。
イ スヤン ホン シウ ヒヤイ アイ ヤ
ムイ フワア チン ヱ リ カイ ケウ イン チヤン スヘン テヤウ コウ フン チヤン ライ
[ニ テヤウ ニ テヤウ コウ ライ ゴ テ シヤウ クワイ
ル スヤン ホン シウ ヒヤイ アイ ヤ
ヒヨン フワア ルウ ヱ リ カイ ルウ ジン ワン チヨン マン チヨ ナ キヨツ ハイ
ニ パン ニ パン コン ライ ゴ テ シヤウ クワイ
サン スヤン ホン シウ ヒヤイ アイ ヤ
トウ フワア サン ヱ リ カイ チユイ ジン ワン チヨン キツ ツイ ナ ハン カイ
ニ パ ニ パ カイ ライ ゴ テ シヤウ クワイ
スウ スヤン ホン シウ ヒヤイ アイ ヤ
シ ビ スウ ヱ リ カイ スウ コ ドン スヘン カウ チヤツ ナ チウ サイ
ニ ジツ ニ ジツ メン ライ ゴ テ シヤウ クワイ
ウヽ スヤン ホン シウ ヒヤイ アイ ヤ
シツ リウ ウヽ ヱ リ カイ チユイ ジン ヘウ ヱン クワ チヤツ ナ キウ サイ
ニ チヤツ ニ チヤツ ラン ライ ゴ テ シヤウ クワイ

リウ スヤン ホン シウ ヒヤイ アイ ヤ
ホウ フワア リウ ヱ リ カイ チヱン タウ キヤ スイン ポー テ ナ カン ライ
ニ チヤツ ニ チヤツ ラン タア ゴ テ シヤウ クワイ
チエー スヤン ホン シウ ヒヤイ アイ ヤ
ホン スヱン チエー ヱ リ カイ チヤン スヘン スヽ リヤウ マイ チイ トハン クワン ザイ
ニ ヤウ ニ ヤウ ホイ リヤウ ゴ テ シヤウ クワイ
パア スヤン ホン シウ ヒヤイ アイ ヤ
モツ ツアイ パア ヱ リ カイ パア ジイ ソイ コン キツ ツア ナ チヤン ザイ
ニ ハウ ニ ハウ ヤウ ザイ ゴ テ シヤウ クワイ
キウ スヤン ホン シウ ヒヤイ アイ ヤ
ギヨウ フワア キウ ヱ リ カイ サン ソイ スヲン ドン タア チヤツ ユウ ヒン チ
ニ チヤツ ニ チヤツ トン ライ ゴ テ シヤウ クワイ
ジイ スヤン ホン シウ ヒヤイ アイ ヤ
フウ ヨン ジイ ヱ リ カイ ヤン ザン ペ イン チヤツ チョツ ナ イン ダイ
ニ チヤツ ニ チヤツ ヤア ライ ゴ テ シヤウ クワイ
■ 歌詞付き再現曲 月琴(標準譜・増補改定)/胡琴/明笛(Tempo:160)

1)はなぐつ一足 あいや
  梅は正月咲きまする 張さん垣根をとんでくる
  とんでとんで来てよ 愛しのひとよ 可愛いあなた
2)はなぐつ二足 あいや
  アンズは二月咲きまする 二人お部屋で遊びましょ
  ちょいとちょいと来てね 愛しのひとよ 可愛いあなた
3)はなぐつ三足 あいや
  桃は三月花開く 美人お部屋でカニを食う
  むいてむいてよお願い 愛しのひとよ 可愛いあなた
4)はなぐつ四足 あいや
  バラは四月に花開く 四人合格いたします
  通った通ったあらまあ 愛しのひとよ 可愛いあなた
5)はなぐつ五足 あいや
  五月なればザクロ咲く 美人お庭で若菜摘み
  ついてついて来てよ 愛しのひとよ 可愛いあなた
6)はなぐつ六足 あいや
  六月なればハス開く 船はとどかぬ水面の彼方
  波が波が高いよ 愛しのひとよ 可愛いあなた
7)はなぐつ七足 あいや
  七月咲いたホウセンカ 張さん恋死に棺に入る
  割って割って出てよ 愛しのひとよ 可愛いあなた
8)はなぐつ八足 あいや
  八月咲いたキンモクセイ 八十の爺ィいやしんぼう
  ちゃんとちゃんと噛みな 愛しのひとよ 可愛いあなた
9)はなぐつ九足 あいや
  菊花咲いたよもう九月 三歳のぼうやがあんどん点す
  やけどやけどしちゃうよ 愛しのひとよ 可愛いあなた
10)はなぐつ十足 あいや
  芙蓉咲いたよもう十月 のぼりのぼってウグイス山へ
  おりておりてきてね 愛しのひとよ 可愛いあなた

(1段目)
 「勾引張生」:『西廂記』の主人公。同じフレーズは「茉梨花」にも見える。
 「小快(シヤウクワイ)」:田中従吾軒『清楽詞譜和解』は「小快々」として「一寸心地ヨキナリ。」と解説しているが,「快々」は普通話で言うところの「乖乖」と同じ,愛しい人を呼ぶ時の南方方言。「はやく」と訳しているものもあるがもちろん間違い。
(2段目)
 「香花(ヒヨンフワア)」:秋山鹿園『清風歌唱』は「杏花(シヤンフワア)」,村田桂香『清楽歌譜』も同じだが読みは「ヒヨンフワア」。河副作十郎『清楽曲牌雅譜』は「杏花(アンフワー)」,中井新六『月琴楽譜』「剪々花」でも「月花集」も「杏花(ヒンフハア)」。そもそも「香花」では何のことだか分からない。「香」は中国語音「xiang1」,清楽では「ヒヤン」か「シヤン」と読まれることが多い。「杏」は「xing4」,方音で考えると「ヒョン」と聞こえなくもない。また,中国民歌で「正月梅花…二月杏花…」という歌い出しのものがあるので,この「香花」は太田の誤記と考える。
 「満竹那角牌」:秋山・村田同じ。「角牌」は「骨牌」と同じ,「牙牌(ヤアハイ)」「象牙牌(シャンヤアハイ)」とするものもある。すべて賭事やゲームに使うカルタやカードの類。中井「月花集」は溪葉と同じ「剪々花」の歌詞では「蒲竹那闘牌」,「満竹」「蒲竹」いずれも意味不明。この手の遊びをする時の言い方は「闘牌」か「摸牌」「打牌」であるので,「竹」はもしかすると「打」の誤写ではないか思う。
(3段目)
 「集人(チュイジン)」:田中従吾軒は「ズイジン」とする。榕庵写『西秦楽意』は「佳人」と書いて,5段目に再度出てくるところで「佳」に「ジュー」とカナがふってある。「集」なら普通話「ji2」で清楽読みなら「キイ」,「佳」だと「jia1」,「家」と同音なので「キャア」と読まれるはず。そもそも中国語で「人が集まってくる」なら「人集」と言い「集来」とはいうが「集人」とは言わないし,「集った人々」も「集人」とはならない。 中井「月花集」は同じ「剪々花」は3段目を「隹人」,5段目を「佳人」として,ともに「キャア」とカナしている。「隹」は中国語音「zhui1」もしくは「cui1」,唱本など大陸の俗間出版本では「誰」の略字として用いられることがあるがどちらにせよ音は異なる。案ずるに筆書きの「隹」「佳」相似るにより,間違えたるもの。溪派の「集」はおそらくその間違った「隹」を,一見意味が通じる言葉のように(実際にはおかしい),「集」と書いたところからきた誤写誤伝と思われる。
 「吃(キツ)」:「キ・ツ」だと音読みだが。「ツ」を促音とすると普通話の「chi1」の発音に近いので間違いとは言い切れない。『西秦楽意』では「チイ」とカナが振られている。
 「最」:秋山・村田ともに同じだが,榕庵写『西秦楽意』は「撮(ツイ)」とする,中井新六「剪々花」も同じ。しかし「撮」なら「すくいとる/つまむ」で文意は得られそうだが「吃撮」だと語順がおかしい。また普通話での発音は「cuo1」で「ツオ」に近く,方音にも「ツイ」に近い発音はない。これに対し田中従吾軒は「嘬」(しゃぶる/すする)とする。こちらなら文意も通じるし,普通音「chuai4」で「ツイ」に近い。
 「螃蟹(ハンカイ)」:秋山・村田はともに「パンカイ」とする。「快」「開」と韻を踏んでいるように見せるための読みか?普通話では「pang2xie」で,「蟹」は「開」と韻を踏まない。榕庵写『西秦楽意』には「パンヒヤイ」,田中従吾軒『清楽詞譜和解』は「プワンヒヤイ」とする。
 「怕(パア)」:意味は「こわい」だが,なにをこわがっているのか分からないし「怕開」というのは見ない語だ。早大風陵文庫の唱本「十支紅綉鞋」には「抷開(pi1kai1)」とある。この「抷」は「劈」の音通略字で,割ること割くこと。また「扒開(ba1kai1 ひらく・あける)」の方言的表記ともとれる。どちらにせよカニをぱっきりぽっきり剥くことである。
(4段目)
 「薔薇(シビ)」:秋山・村田ともに同じ。普通話で「qiang1wei2」,榕庵写『西秦楽意』は「ツアンウイー」とふる。中井「剪々花」は「シャンウイ」。溪派「シビ」は日本語音読み「ソウビ」から発想されたものだろうが誤伝。
 「童生考着那秀才」:「考」は試験を受けるの意味。童生・秀才は科挙における学位。
(5段目)
 「集人」:三段目注を見よ。
 「跟(ラン)」:秋山・村田ともに同じ。普通話では「gen1」,方音にも類例はない。中井新六「剪々花」に「根(ケン)」とあるのが音だけ正しい。
(6段目)
 「沍心(キヤスイン)」:原譜の文字は「沍」に見えるが「江」の異体字かもしれない。秋山は「江心(キャスイン)」村田も同じだが読みは「キャンスイン」。村田の読みが南方音に近い。
 「不淂那櫳来」:「淂」は獣を入れて置くおりの類もしくは欄干で,このままでは意味不通。村田・秋山は「不得那攏来」とする。「淂」は「うかぶ」という意味だがまず使われない語,「攏(long3)」は船を岸につけること。 (7段目)
 「売致短棺在」:村田・秋山ともに同じだが,直訳すると「短いカンオケを売りにくるところにいる」ことになり事情(わけ)が判らない。中井「剪々花」では「売」が「買」になっている。鴬々娘を入れるカンオケを「買う」,ならまだ分からないでもない。
 「抔了(ポイリャウ)」:村田は同じだが,秋山は「杯」と書いてしまっている。「抔」は普通話で「pou2」ささげ持つことだが,中身入りの棺桶をささげ持つのはかなりの力持ちである。中井新六「剪々花」では「你要欲壊腎」とまったく違う文。 音から言って「抔」は「壊」の略字,あるいは一画足した「抷(pi1)」(3段目注参照)の誤写であろう。「壊す」もしくは「割る」。
 『西廂記』第三本の張生が相思病(恋わずらい)にかかるくだりを元にしているのだろうか?
(8段目)
 「木樨」:キンモクセイ。中井新六「剪々花」では「木雪(モシ)」たしかギンモクセイの異名だったと記憶する。
(9段目)
 「孫童(スヲンドン)」:村田・秋山同じだが,中井新六「剪々花」は「孩童(アヽイドン)」とする。「孫童」はありそうだが中国語にはない語である。溪派の誤伝。
 「湯」:中国語ではスープのこと,これでは意味が通じない。中井新六「剪々花」では「盪(dang4 あらう)」だが,これもおかしい。おそらくは「燙(tang4 やけどする)」の誤伝ならん。 (10段目)
 「着竹那鴬台」:中井新六「剪々花」では「着鴬着鴬台」。
 「汝着」:「汝」なら読みは「ru3」で,清楽読みだと「ジ」か「ジュ」になるはずだが,「ニ」と読んでいるので他と同じく「你」である。ここだけ文字を変えた理由は不明。

  単純な数え歌の形式で,『西廂記』を中心に,白話小説や芝居で有名なシーンを,ダイジェストでお伝えする内容となっているが,取り上げている資料は多いものの,長い曲なのでその多くでは,歌詞ははじめのほう3番ほどまでしか紹介されていない。そのため後半の歌詞の文字・内容の校合が難しいのと,清楽者の伝言ゲームがかなり自由奔放なため,筆者の中国語および文学の知識だけではちゃんと意味が取れなかったり,説明のできないいところもある。資料不足のため,上の注では曲調も類似しほぼ同じ内容の「剪々花」の歌詞も,文字の比較や文意の参考として用いている。

* 解説中にもある「剪々花」は次のような曲である----

  再現曲

 四−−○|四−合−|四−−○|四−−○|
 尺−−工|上−−○|四−仩伬|仩−四−|
 合−−○|合−−○|仩仩−四|合−工−|
 合−−○|合−−○|尺−−○|尺−尺工|
 六−五六|工−尺−|上−上尺|上尺上四|
 合−−○|合−合四|仩−四−|合−−○|
 仩−四−|合−工−|尺−上−|尺−尺工|
 合合−工|尺−工−|合−−○|合−−○|

 <a2.>r4 |<a2 g2> |<a2.>r4 |<a2.>r4 |
 d2.e |c2.r4 |<a2> >cd<|>c2< <a2> |
 <g2.>r4 |<g2.>r4 |>cc2< <a>|<g2> e2 |
 <g2.>r4 |<g2.>r4 |d2.r4 |d2 de |
 g2 ag |e2 d2 |c2 cd |cd c<a>|
 <g2.>r4 |<g2 ga>|>c2< <a2> |<g2.>r4 |
 >c2< <a2> |<g2> e2 |d2 c2 |d2 de |
 <gg2> e |d2 e2 |<g2.>r4 |<g2.>r4 |

  画像は沖野勝芳『清楽曲譜』(M.26)。同書「月花集」の頭注には「月花集ハ弾法剪々花ト同様ナリ。然レ共再弾ノ所ニ至成ル可ク拍子ノ進マザル様注意ス可シ。」とある。手持ちの溪派系譜本の中には,榕庵写『西秦楽意』以外これを収録しているものがない。また高柳精一『清楽曲譜寒泉集』には「剪々花裏」として「三春裡」という曲が見える。

**「仩」が「上」になっているところが何箇所かあるところを除けば,連山派『声光詞譜』の版も溪派の曲調とそれほどの違いはない。特徴的なのは,近世譜1列2小節めがはじめから「四上四合」になっているところをはじめ,溪派の譜本で書き込みを足して成立しているフレーズのいくつかが,はじめから譜中に存在していること。すなわちこの曲に関しては,溪派の譜のほうがいくぶん単純であると言えよう。

  再現曲

 四−−−|四上四合|四−−−|四−−上|
 尺−−工|上−−−|四−四−|仩四合工|
 合−合四|仩−四仩|合−−−|合−−−|
 尺−−−|尺−尺工|六−五六|工−尺−|
 上−上工|尺工上四|合−−−|合−−−|
[合−合四|仩−四−|合四仩−|四仩四合|
 工−工−|五六工尺|六−−五|六−−−]|


 <a2&a2> |<a>c <ag> |<a2&a2> |<a2.>c |
 d2.e |c2&c2 |<a2 a2> |>c<<a> <g>e |
 <g2 ga> |>c2< <a>>c< |<g2&g2> |<g2&g2> |
 d2&d2 |d2 de |g2 ag |e2 d2 |
 c2 ce |de c<a> |<g2&g2> |<g2&g2> |
[2 <g2 ga> |>c2< <a2> |<ga> >c2< |<a>>c< <ag> |
 e2 e2 |ag ed |g2.a |g2&g2 | ]


* 長崎派・柴崎孝昌『明清楽譜』より。渓派のものと,曲調はほとんど変わらない。末尾「工工四合工工合合」が「工工五六工尺六六」と,「合・四」が高音になっているだけである。

  再現曲

 四−−−|四−合−|四−−−|四−−仩|
 伬−−仜|仩−仩−|四−四−|仩−合工|
 合−合四|仩−四−|合−−−|−−−−|
 尺−−−|尺−尺工|六−五六|工−尺−|
 上−上工|尺工上四|合−−−|−−−−|
[合−合四|仩−四−|合−仩−|四仩四合|
 工−工−|四合工工|合−−−|合−−−|]

 <a2&a2> |<a2 g2> |<a2&a2> |<a2.>>c< |
 >d2.e< |>c2 c2< |<a2 a2> |>c2< <g>e |
 <g2 ga> |>c2< <a2> |<g2&g2&> |<g2&g2> |
 d2&d2 |d2 de |g2 ag |e2 d2 |
 c2 ce |de c<a> |<g2&g2&> |<g2&g2> |
[2 <g2 ga> |>c2< <a2> |<g2> >c2< |<a>>c< <ag> |
 e2 e2 |<ag> ee |<g2&g2> |<g2&g2> |] 



SG007 厦門流水< TOP >久聞歌 SG009