ELECTORICAL EDITED GENERAL TEXT OF "声光詞譜" by CHARLIE ZHANG 2021 ver.0.02 05

 九連環< TOP >剪々花 SK01_06

SK01_05 抹梨花(メリイフハア)


 「沫梨花」「茉梨花」「末梨花」とも書かれる。現在も中国童謡として歌われている「茉莉花(モーリィファ)」の類曲で,連山・梅園派では「秋籬香」「秋風香」といった曲と合奏される。

 拍点は加藤先生所蔵『声光詞譜』(M.11 SK01_05),筆者蔵・写本『声光詞譜』和泉氏蔵版(SKM005_003),刊本・柚木友月『明清楽譜』(YNK063)の3書に見える。

 無印の符を1拍とした場合,加藤先生蔵『声光詞譜』の拍点から近世譜を起すと次のようになる----

 [工−工六|五−仩五|六−−五|六−−−|]
  工−合−|工合五−|仩五六−工−尺|
  −工六工|尺上−−|尺上−−|−[工−上|
  −尺−尺|工六○五|−六五六|工尺工六|
  ○尺六工|尺上−上|−−○四|上尺−○
  尺工上四|合−−四|]  |

  読み解き譜(1)『声光詞譜』M.11 SK01_05 拍点より。 MIDI

 2行目の「六。」3拍のところから次の小節に1拍がズレ込む。この拍子との乖離は5行目末の「尺。」3拍でいったん解消されてはいるが,曲尾「合」に拍点がない。一般に各句末と曲尾は長音とされることが多いという認識があり,ここは1回目1拍,2回目全符4拍,と読み取ることも出来なくはないが,これを1回目1拍とすると,どちらにせよ繰り返し後の曲尾でさらにズレが拡大することとなる。
 何らかの修整が必要であろうことは明らかではあるが,ひとまずは他の資料からの再現を先行させよう。

 写本『声光詞譜』和泉氏蔵版の拍点からの再現には前譜ほど破綻はないが,前譜と符字の相違が複数ある。また5行1符めの「六」(下近世譜赤字箇所)が1拍点で,符号のハネ線様の朱線が加えられているが,これは付記者による拍点の修整で,前譜と同じく2拍を意味するものと思われる。

 [工−工六|五−仩五|六−−五|六−−○|]
  工−−|工五−|仩五六−|−○工−|
  尺−工六|工尺上−|−尺上−|−○[工−|
  上−尺−|尺工六−|五−六五|六工尺工|
  六−尺六|工尺上−|上−−○|四仩伬−|
  −−伬仜四合−|−四合−−○] |

  読み解き譜(2)写本『声光詞譜』SKM005_003 拍点より MIDI

 加藤先生蔵の譜と比べた時,入れ替っているのは「合・六」と「四・五」,または「仩・伬・仜」と「上・尺・工」でいづれも1オクターブ高低の関係にある符である。この場合,近世譜2行1・2の「合」は月琴では「六」に代わっても実音に変化がないが,明笛では低音の「合」から1オクターブ1音高い「五」へという難所がなくなり,甲音のみのフレーズとなる。逆に5・6行目の「仩・伬・仜」は明笛では均しくオクターブ下の「上・尺・工」に下げて演奏されるが,月琴ではそのまま高音で弾かれることとなり。合奏の際には曲調に少しく変化が生ずることとなろう。

 柚木『明清楽譜』の譜にも,これと同様に1オクターブ上下の符字に入れ替っている部分が見られる。

 [工−工六|五−仩五|六−−五|六−−○|]
  工−合−|工合四−|仩四合−−○工−|
  尺−工六|工尺上−|−尺上−|−○[工−|
  上−尺−|尺工六−|五−六五|六工尺工|
  六−尺六|工尺上−|上−−○|四仩伬−|
  −−伬仜四合−|−四合−−−] |

  読み解き譜(3) 柚木『明清楽譜』YNK063 拍点より。 MIDI

 この符字のオクターブ入れ替りについては,後に詳しく述べるとして。とりあえずは基点資料・読み解き譜(1)の問題点について考えてみたい。

 他譜から見て,まず2行目の「六。」が3拍になっているところは,4拍の間違いと思われる。この資料の付点者が,連山派の付点方式をまだ把握しきれていないような時期にこれが書き入れをされたものだとすると,彼はこの時期,休符の句点が1拍に入るものと勘違いしていた,というような可能性もないではない。5行目の「尺。」を3拍としているのも,同様の理由かと思われる。
 曲尾「合」についても,ほか2例と,当該書ここまでの前例から,4拍に修整して良いと考える。手書の付点譜では,句末や曲末の長音の付記は省略されることが多い。清楽譜の付点はあくまでも記譜者の備忘録的なもので,曲調のあらましが本人の記憶にあることを前提に付されるものであり,彼らにとって句点のある部分に長音や休止がある,ということは「分かり切った」ことなため,あえて付さないことも多いのである。また逆に,ここの音長を4拍「以外」としている例は後述する沖野『清楽曲譜』くらいであり,連山派・渓派を通じて,音長の分かる資料からの再現ではだいたい4拍長音となっている。

 これらの他書の例をふまえ,読み解き譜(1)を修整すると以下のようになる。

 [工−工六|五−仩五|六−−五|六−−−|]
  工−合−|工合五−|仩五六−−○工−|
  尺−工六|工尺上−|−尺上−|−−[工−|
  上−尺−|尺工六○|五−六五|六工尺工|
  六○尺六|工尺上−|上−−○|四上尺−
  −○尺工|上四合−|−四合−−−]  |

  読み解き譜(4)M.11『声光詞譜』 SK01_05 拍点より,修整後。 MIDI

 こうした場合,上記3譜は一部の句点の有無,符字のオクターブ入れ替りをのぞけば,どれもほぼ同じ体裁となる。また,この修整後の曲調は,北條芳三郎の『音楽初歩』(M.23)に見える五線譜による採譜とも,ほぼ一致している。

 これらのことから本稿における本曲の連山派における標準的な曲調を表す標準譜としてはこの「読み解き譜(4)」を採用したい。

 沖野『清楽曲譜』(OKINO_A005)の近世譜には,少々問題がある。

 [工−工六|五−仩五|六−−五|六−−○|]
  工−合−|工合四−|仩四合−|○四合−
  ○工−|尺−工六|工尺上−|○尺上−|
  ○○[工−|上−尺−|尺工六−|五−六五|
  六工尺工|六−尺六|工尺上−|上−−○|
  四仩伬−|○○伬仜|仩四合−|○四合−|
  ○○]  |

  近世譜(1)沖野『清楽曲譜』 OKINO_A005  原縦書。 MIDI

 オレンジの部分は他の譜には存在しないフレーズで,この部分があると単体で演奏していても若干の違和感があるが,同書の解説では合奏ができることになっている裏曲の「秋風香」と合わせた場合,ここから演奏が破綻する。

 両曲の合奏を成立させるためには,以下のように,この部分を削除し,直前の「合」を4拍(3拍+休符もしくは2拍実音+2拍休符)に修整しなければならない。

 [工−工六|五−仩五|六−−五|六−−○|]
  工−合−|工合四−|仩四合−○○工−|
  尺−工六|工尺上−|○尺上−|○○[工−|
  上−尺−|尺工六−|五−六五|六工尺工|
  六−尺六|工尺上−|上−−○|四仩伬−|
  ○○伬仜|仩四合−|○四合−|○○]  |

  近世譜(2)沖野『清楽曲譜』 OKINO_A005 より。「秋風香」に合わせるため修整。 MIDI
   「茉莉花/秋風香」合奏 MIDI


 ここから,近世譜(1)のオレンジ色の部分は,記譜時の誤記が印刷されたものではなかったかと筆者は考えている。
 実際,『清楽曲譜』より後に同編者が刊行した『洋峨楽譜』(M.31)の譜(OKINO_B007)では,この部分1小節はなくなっている。

 [工−工六|五−仩五|六−−五|六−−○|]
  工−合−|工合四−|仩四合−|工−尺−|
  工六工尺|上−−尺|上−−○|[工−上−|
  尺−尺工|六−五−|六五六工|尺工六−|
  尺六工尺|上−上−|−○四仩|伬−−○|
  伬仜仩四|合−−四|合−−○|]
  近世譜(3)沖野『洋峨楽譜』 OKINO_B007 原縦書。 MIDI

 このオレンジ色の「合」が2拍になっていることで,曲途中での拍子の逆転はなくなっているが,実際に弾いてみるとかえって不自然であるし,さらに『清楽曲譜』の譜同様,このままでは同書に収録されている裏曲「秋籬香」との合奏も不能であることから,これは演奏から起譜されたものではなく,4/4の小節切りに意識的に「合わせた」改変ではないかと筆者は推測している。

 続いて,符号からその演奏指示を見てみよう。

 まず刊本の平井明『月琴胡琴明笛独案内』(GKM004)であるが----

 タタ タン ター タン タン ター タン ター。
 タタ タン ター タン タン ター タン ター。
 タン タン タンタ ター タタン ター。
 タン タン タタタタ タータ ター。
(タン タン ター タタ ターターター。
 タタ タン タン。
 タン ター タタタタ タン ターン。
 タン タン ター。
 タタタタ ター タ ター。

 まず問題となるのは付点譜によれば2・1・1拍になっている出だし冒頭の部分である。標準譜では 「工−工六|五−仩五|六−−五|六−−−|」 となっているから,出だしは長音とされるべきであるが,この書の符号に合わせると 「工工六●|五−仩五|六−−五|六−−−|」 とでもなろうか。(「●」は句点箇所ではない休符)演奏が破綻するほどの事ではないが,印象はかなり違ってくる気がする。3フレーズめなども傍点と棒線1符づつの組み合わせになっているあたりは,標準譜の曲調に合わないでもないが,この冒頭とくらべると微妙というあたりでとどまってはいる。そのほかにも2符同じ音長であるはずの箇所が不均等な音長関係となっていたり,フレーズの句切りが他と違う箇所など複数あるが,あと大きな差異と思われる,繰り返し節頭の5フレーズめ,句末の「六五六。」がすべて長音,次フレーズ頭の「五六」が「音を縮める」の棒線になっている点であろうか。ここは標準譜で 「工−|上−尺−|尺工六○|五−六五|六工尺…」 であるが,これが 「工−|上−尺−|尺工六−五−六○五六工尺…」 となっていた可能性がある。最期のフレーズで傍線が「合ー」にかかっているところは印刷上の誤りであろうから,口拍子には反映しなくてよいだろう。全体にアレンジがかかっていると考えれば,いささか邦楽風ではあるが,当時の実演奏の記譜としては分からなくもない曲調となる。
 MIDIでは,この資料のアレンジに近づけたパートを月琴で,明笛は標準譜のままとしてみた。 MIDI

 加藤先生蔵『声光詞譜』原譜の符号は表現の補足ていどのもので,要注意箇所以外は省略されている。朱の小点に墨でハネ線の重ねられている箇所は3・1拍,あるいは1半・半拍といった不均等な音長関係にある部分で,指示にすれば「はねて弾く」,口拍子だと「ターン・タ」に相当する。
 4行4・5間に見える記号は本書では他にあまりでてこないものだが,おそらく2フレーズめ末からウラオモ逆転していた拍子が,ここで一旦元にもどるということを表しており,演奏上,拍子をはずしやすい箇所に注意を喚起するためのものと筆者は考える。

 曲調に影響のあるような指示はないため,再現は標準譜と同じものとし,省略する。

 筆者蔵・『声光詞譜』八木蔵版(SKY01_05)の符号は,口拍子に変換した場合,標準譜の曲調との間にかなりの乖離が生じる。

(ター タ タタ ター タ タ-ン タタ-ン。)
 ター タ タータ ター タタ-ン。 ター・タ
 タタ タタ タ-ン タタ (ター ター
 タタ ターン。 ター タ タタ タタ タ
 ターン。 タ タン タタ ター タ。 タタタ。
 タタ タ タン タ〜 タタ-ン)

 3行5・6めの「上尺」と5行1・2「六。尺」間にある記号は,前譜にもあった拍子への注意喚起で,簡易な記号を使って曲調を簡易的に表現したもの,筆者言うところのいわゆる「符号」ではない。前譜と位置が違っているが,前者は3拍1拍の関係が拍子をまたぐ箇所,後者はオモテとウラの間に空隙があり,どちらも演奏上拍子をはずしやすい箇所である。

 まず冒頭出だし部分の長音の位置が標準譜と合わない。標準譜では1・4・7符と句末が長音であるが,ここでは1・5・7と句末になっている。標準譜だと 「工−工六五−仩五六−−五六−−○|」 であるところが 「工−工六五仩−五六−−五六−−○|」 となっているわけだ。真ん中の長音の位置が一つズレているだけで,アレンジとしては成立するが,聞いた感じの印象はかなり異なる。
 2行目の第2フレーズも,標準譜が 「工−合−工合五−仩五六−−○」 とするところ 「工−合工−合五仩−五六−−○」 となっているわけだが,拍子とのズレがひどく,アレンジとしても多少無理があるように思われる。
 同行3フレーズめ頭にも手が入っている。標準譜で 「工−尺−工六工尺」 のところ,出だし「工」の長音は変わらないが,次の符との間にブレイクの中心点が入り,続く「尺」から「六」までが付線で結ばれているので「工−○尺工六工尺」 くらいにはなる。
 続いて3行目,繰返し節冒頭のフレーズ。標準譜は 「工−上−尺−尺工六○」 だが,符号の指示では3符め「尺」に長音の符号はなく,棒線によって次の符と連続せられている。標準譜と同じ拍数の中で,この符号に近づけるならば 「工−上−工○六○」 かあるいは 「工−上−尺工六−−○」 とでもなろうか。前者ならば4行2・3間に小点なりついていなければならないが,拍数が同じという中だと可能性はないではない。後者は原譜の符号で成立するが,かなり前詰まりになる感があり,1拍増えるため,以降に拍ズレが生じる。これを解消するため句末を3拍とすることもできなくはないが,後続とのつながりがかなり悪くなるため,おそらくは前者に近い変更が正解だろうとは思う。
 いづれの箇所も,標準的な曲調に対し,長音のタイミングをズラすことで,邦楽風のアレンジを試みた等と考えれば,納得できない改変ではないが,いくつかは単純に,付記者の符号の打ち間違いである可能性もやや捨てきれないところではある。
 * 標準譜を基に,口拍子に近く改変を加えた再現はこちら MIDI


 筆者蔵・吉見『明清楽譜』(MG01_05)の譜はもともと,和泉氏蔵版や柚木の版と同じく,後半の符の一部がオクターブ上に入替っている型だが,符のニンベンに朱で消しが入っていることから,前所有者はこれを『声光詞譜』と同じ符字順列の譜として捉えていたと思われる。

(タ-ン タタタン タタ タ〜タター)
 タ-ン タ-ン タタタン タタター。 タン タン
 タタ タタ タ〜タター。 (タン タン タン
 タタタン。 タ-ン タン タタタタタ
 タン。 タタタタ タン ター。 タタター
 タタタタ タ〜タター)

 手もとにある符号譜のなかで,口拍子に変換した場合,標準譜と何ら問題なく合致するのはこの譜くらいである。特筆するような差異や演出の追加もないため,MIDIによる再現は行わない。
 1行7の「六」,3行5の「上」,6行5の「合」3箇所の下垂する波線は,上下2符が3・1拍あるいは1拍半・半拍といった不均等な音長関係にあることを表しており,同じ長音でも「音を引く」のはらい線とは少し異なるので「タ〜」で表しておく。

 以上,符号譜にはどれにも特徴的なところはあるが,いづれも個人的なアレンジの範囲内での改変と思われ,共通項と言えるような箇所はほとんど見つからない。
 拍点譜で食い違いのあった2行8符め(近世譜2行3小節め)の「六。(資料によっては「合」)」の音長については,どの符号譜でも句点付の長音ということが分かる程度で,正確な音長を特定できるような差異もない。これは逆に言えば,付記者が問題にしていないということであるから,再現上不都合のない4拍とし,それ以外はアレンジあるいは誤記と考えたほうが良いだろう。

 ここまでの資料の紹介でも見てきたように,『声光詞譜』など同派の比較的古い譜集において,オクターブ低い符で記されていた後半の一部分が,上記のような明治後期の譜集では高音符に入れ替っている理由を,筆者は演奏形態の変化によるものではないかと考えている。
 漢詩や煎茶道など,そのほかの文人趣味を取り込んで成長した渓派では,最小限の構成による合奏あるいは一琴独唱の形態が比較的好まれたが,連山・梅園派では音楽としての娯楽性が先行し,多人数による複雑な合奏が好まれていた節がある。
 清楽器の中でもっとも普及した楽器である月琴は発音可能な音数が少ないため,通常,笛や人声のパートと同じメロディは再現できない。しかるに該当の部分の符をオクターブ上げて演奏した場合,音としては実際の唱歌のそれより1オクターブ高くなるが,本来月琴が奏でていた人声のパートのそれに近いメロディとすることができる。伴奏のメロディと歌唱は,本来部分的にオクターブユニゾンの効果を発揮するように組まれていたが,この曲はもともと歌曲であり,歌としてのメロディが主であったため,同じ楽器でパートを分け,擬似的な合奏をしているうちに,歌のメロディに近づけたもののほうが主となっていったのではなかろうか。
 この点も考慮し,符号による指示にも共通項が見られないことから,個人的なアレンジを廃し,他資料を参考に音長のブレを平均化した,基点資料の修整譜である「読み解き譜(4)」,あるいは音長関係がそれに近く,後半にオクターブ上の入れ替りのある「読み解き譜(3)」が,連山・梅園派における標準譜としては適当であろうと筆者は考える。
 標準的な曲調を表すものとして,歌詞対照譜等のメロディとして用いる場合には,原譜の当該部分の差異により,どちらを適用するかを決定するのが良いだろう。

 中井新六『月琴楽譜』(M.11)の歌詞対照譜の工尺譜は『声光詞譜』の版と符字順列が一致する。これは全13段に渡るけっこうな長曲で全段の歌詞を収録しているものは少なく,同じ流派内の資料としても,中井のほかは村上復雄『明楽花月琴詩譜』(M.11 歌詞・譜別掲)くらいしかない。筆者の手元にある資料で連山・梅園派と見られる歌詞対照譜には,筆者蔵の写本『声光詞譜』(SKM005_004),高柳精一『洋峨楽譜・坤』(M.17),鈴木孝道『月琴独習自在』(M.26),『清楽』(写・笛道山人,長崎歴文所蔵),鷲塚俊諦『清楽歌譜』(M.14)がある。これらから比較可能なものをSK01_05の近世譜と対照させ,まずは歌詞の発音位置とその範囲を比較しよう。

中井
高柳
鈴木
SKM005_003
笛道
鷲塚
 
中井
高柳
鈴木
SKM005_003
笛道
鷲塚
 [工
中井
高柳
鈴木
SKM005_003 
笛道
鷲塚
 
中井
高柳
鈴木
SKM005_003
笛道
鷲塚
 
中井
高柳
鈴木 
SKM005_003 
笛道 
鷲塚
 
中井   
高柳   
鈴木  
SKM005_003  
笛道   
鷲塚   

 近世譜1行目,繰り返し句は問題がない。鈴木・鷲塚に変異が見られるがほかの3例は一致している。
 2行目は「的」がどこからはじまり,どこまでかかるかが問題である。高柳・笛道が一致しているが,発音開始の位置はその1符前「工」ほうが多い。「花」の開始位置は3例が一致しているので,「的」を「工合」2音とするか「合」1音とするかの違いである。歌いやすいのは前者で,後者の1音のズレには多少の三味線楽臭さが感じられる。ここは演出の違いでどちらでもかまわないとは思うが,中井の例が中間的で妥当であろう。
 3行目,ここは鈴木の例以外は一致しており,問題はない。
 4行目,「一枝」の発音位置に差異がある。3例は一致して「五○六」までが「一」,「枝」が「五六工」である。「一」の開始位置については問題がないが,これに対し2音3拍をあてるのは多少不自然さが感じられなくもない。笛道の「一」を「五○」,「枝」に「六五六工」をあてるのがもっとも歌いやすく自然なのだが,ここは一致する3例に倣っておくのがよさそうだ。
 5行目「恐怕」の扱いが問題である。中井・鷲塚は「六○」1音2拍にこの2字をあてている。演奏上は器楽が「六○」歌唱は「六」2拍2分を分割すると考えて「六六」で唱えればよいが,見た感じ,納得できないのは分からないでもない。この部分の変異がもっとも顕著である。鷲塚と中井が一致しているほか,渓派でも同様になっているのでこの2例に従う。「罵」の位置にも変異があるが,開始位置は3例が一致する「尺」のところ。次の「卟」の発音位置は多少微妙であるが高柳と笛道の一致する「合」からというのが,実際に歌ってみても納得はゆく。

 『月琴哥譜備忘録』(写・筆者所蔵)は2番の歌詞に添符して,中間に歌唱を伴わないと思われる部分がある。

 
 
 
 [工
   本
 
 
 
  恐怕
  
  

 平井明『月琴胡琴明笛独案内』は3番の歌詞に符をふっているが,ここにも上と同じ位置に歌詞のあてられていない部分がある。筆者の見た資料の中には,一番の歌詞が同様の構成となっている例がないので,はっきりしたことは現状分からないが,このように,「上尺上」3音8拍の手前で歌を切って,後を捨て弾きとする型もあったのかもしれない。

 
 
 
 
 [工
  
 
  
 
  
  
   

  *崖鴬々:「崔鴬々」の間違い。

 発音位置の差異については,あまりにも顕著なものを除き,1音2音の前後は一句の長短の影響や個人的な演出の範囲ていどに考えてよいとは思うが,最上の対照表の最大公約数的なところを採って,あるていどの基準・平均となりうる標準的な対照譜を組むなら,以下のようになろう。 歌唱付再現 mp3

𠆾
𠆾
合四
𠆾
𠆾
 
𠆾
 

 青字の符は伴奏曲「秋風香」である。
 末尾の「四上尺−|−○」から先を,渓派の歌唱(下にリンクあり)では工尺符のまま「合・四」を「上」より下の音として再現したが,上にも書いたように連山派ではこの部分をオクターブ上で唱えていた可能性があるので,ここはそれに従った再現にしてある。

 渓派の「茉莉花」の標準譜は以下----

 [工−工合|四−仩四|合−−四|合−−○| ]
  工−合合|工合四−|仩四合−|−○工−|
  尺−工六|工尺上−|−尺上−|−○[工−|
  上−尺−|尺工六−|五−仩五|六○尺工|
  六−五六|工尺上−|上−−○|四上尺−|
  尺工上尺 |上四合−|−四合−|−○]

  『清風雅譜』SG006 拍点より。 MIDI

 緑色の箇所が主要な相違である。ほんの数符の差異だが,印象は多少異なる。連山派ほど裏曲との合奏というものは行われていなかったようだが,渓派の譜本にも「茉莉花裏」と題される「秋籬香」「秋風香」に類する曲が載っていることがある。(渓派「茉莉花裏」との合奏 MIDI
 歌唱としての再現はこちら。(渓派「茉莉花」歌唱付再現 mp3

 九連環< TOP >剪々花 SK01_06