ELECTORICAL EDITED GENERAL TEXT OF "声光詞譜" by CHARLIE ZHANG 2021 ver.0.02 04

 算命曲< TOP >茉莉花 SK01_05

SK01_04 九連環(キウレンクヮン)


 手書きの拍点は加藤先生所蔵『声光詞譜』(明11 SK01_04),筆者蔵・写本『声光詞譜』和泉氏蔵版(SKM004_002),刊本のものとしては柚木友月『明清楽譜』(YNK006)に見られる。

 和泉氏蔵版と柚木『明清楽譜』の版の差異は句点の有無のみで,拍点は完全に一致している。加藤先生蔵版では曲尾「上」の拍点のみ欠けているものの,無印を1拍とした場合,それ以外の箇所は,ほか2例と一致する。
 曲尾の音長をほか2例により補足した場合,加藤先生蔵『声光詞譜』の拍点は以下のような近世譜として再現される。本稿では,ひとまずこの譜を基点とする。

  上−上工|尺−−○|工−四上|尺工上四|
  合−合○|仩−仩合|四−−○|四仩四仩|
  四−仩−|合−合○|四仩四仩|合−合○|
  工−工−|尺工六○|五六工尺|上−○尺|
  上−−−

  読み解き譜(1)『声光詞譜』M.11 SK01_04 拍点より。 MIDI

 和泉氏蔵版はこのうち5行1符めの「上。」の句点が欠落しているだけ,

  上−上工|尺−−○|工−四上|尺工上四|
  合−合○|仩−仩合|四−−○|四仩四仩|
  四−仩−|合−合○|四仩四仩|合−合○|
  工−工−|尺工六○|五六工尺|上−−尺|
  上−−○

  読み解き譜(2)写本『声光詞譜』 SKM004_002 拍点より。 MIDI

 柚木『明清楽譜』の版では,加えて曲尾の句点がなくなっている。

  上−上工|尺−−○|工−四上|尺工上四|
  合−合○|仩−仩合|四−−○|四仩四仩|
  四−仩−|合−合○|四仩四仩|合−合○|
  工−工−|尺工六○|五六工尺|上−−尺|
  上−−−

  読み解き譜(3)柚木『明清楽譜』 YNK006 拍点より。 MIDI

 沖野『清楽曲譜』の近世譜(OKINO_A002)も,休符がいくつか少なくなっているくらいで,符字の異同や符音の長さが違っているような箇所はない。

  上−上工|尺−−○|工−四上|尺工上四|
  合−合−|仩−仩合|四−−○|四仩四仩|
  四−仩−|合−合−|四仩四仩|合−合−
  工−工−|尺工六−|五六工尺|上−−尺|
  上−−○|

  近世譜 沖野『清楽曲譜』 OKINO_A002 原縦書き。 MIDI

 いづれもわずかな違いで,曲調上の差異は少なく,標準譜としては,どれを採ってもさほど問題はなかろうと思われるが,実演奏に近い符号譜では,どのような表現が追加されているだろう。

 刊本・平井明『月琴胡琴明笛独稽古』(GKM003)の符号譜を口拍子に変換すると以下のようになる。

 ター タン タ ター。
 ター タン タン タン タン タン ターン ターン。
 タタ タン ター。
 タタ タタ ター ター ター ター。
 タタ タタ ター ター。
 ター ター タン タン ター。
 タン タン タン タン ター。タン ター。

 1行が長いため,フレーズ毎で行替えをしている。
 出だしの「上工」は付点によれば同じ音長だが,「タン タ」と異なる符号が付されている。月琴の演奏だとここの「工」は返し撥で発音される可能性が高く,その場合「上」よりも軽めに聞こえるので,口拍子でこう表現されてもおかしくはない。
 2フレーズ目末の「合合。」で「音を引く(=ター)」の音引き線のある符に「音を切る(=タン)」の傍点が付されている。この符記については本文中に説明がないが,おそらくは上で記したよう口拍子の「ターン」と「切れる」長音を表現したかったものだろう。
 3フレーズめ冒頭の「仩仩合」は付点からの再現譜では「仩−仩合|」の2・1・1拍なので「タタ タン」という口拍子は不自然に感じる。あるいはアレンジとして「仩仩合●」と弾かれていたかもしれないが,類例はない。 MIDI


 加藤先生蔵『声光詞譜』の符号はごく部分的なもので,連続音の棒線と「音を引く」のはらい線が数箇所にあるのみ。符号から曲の全体に影響のおよぶような情報は得られない。

  上−上工|尺−−○|工−四上尺工上四|
  合−合○|仩−仩合|四−−○|四仩四仩|
  四−仩−|合−合○|四仩四仩|合−合○|
  工−工−|尺工六○|五六工尺|上−○尺|
  上−−−|


 上記のように,緑色で強調した2符3箇所をレガートで,あとはオレンジ色にした長音に注意を促すという付点の補足ていどのものである。


 筆者蔵『声光詞譜』八木蔵版(SKY01_04)では,冒頭のフレーズに多少問題となる箇所がある。

 タン タン ター ター。 タ タ タ タ タ
 タ タ タ-ン。 ター タン タン タン。 タタ タ
 タ ター タ タン タン。 タタ タタ タ
 タ。 タン タ タタ タ-ン。 タタ タタ
 タ-ン。タ ター

 「音を引く」で長音であることの多い「はらい線」が,拍点譜で4拍の1行4符め「尺。」ではなく,1符前の「工」に付されている。
 おそらくはアレンジなどではなく,このフレーズを渓派などでこの曲の一般的な出だしである,装飾音のない「上−工−|尺−−○|」3符のつもりで間違って付したのではないかと思われるが。後述する歌詞との対照で,多く「上(看)上工(看)尺。(也)」とふりあてられる歌詞を,「上(看)上(看)工尺。(也)」とする例があることから,これに則って「工尺。」を2音1語の長引きとして注記表現した,という可能性もないではない。再現ではとりあえず3符を「タン」で表現してある。
 ほかは切れのあるやや長い音のレ点(=ハネ線)を付して多少強調した表現が見られるが,出だし以外の部分には再現から逸脱しているような表現はない。 MIDI


 手書きの符号譜のなかでは,筆者蔵・吉見『明清楽譜』(MG01_04)の付記がもっとも丁寧である。

 タ-ン タタター。 タン タタタタタ
 タ タ-ン タン。 タ-ン タタター。 タタ タ
 タ タン タ タン タン タン。 タタ タタ タン
 タン。 タ-ン タ-ン タタタン。タタ タタ
 タ〜。タ ター

 前譜にくらべるとレガートでつなげる表現が多い。
 3行3・4符間に装飾音の「四」が挿入され,前後と棒線で結ばれている。このためオレンジ色で強調した部分がほかより1音ぶん多くなっている。 MIDI


 符号からは,符の音長の差異や曲調の主幹に影響を及ぼすような表現はさして見られない。どこをつなげてどこで切るとか,多少発音位置を変えるといった,演奏上のちょっとしたニュアンスの差異程度のものである。
 もともと,拍点からの再現譜にも大きな差異は見られないので,連山派における本曲の標準な曲調としては加藤先生版の拍点を一部修整した,読み解き譜(1)を採用することとする。

 次に各歌詞対照譜から歌の文言と,その発音位置の標準を求め,歌唱を再現してみよう。比較に使用するのは国図の中井新六『月琴楽譜』,鷲塚俊諦『清楽歌譜』,長崎歴文の高柳精一『洋峨楽譜』坤の譜に,筆者蔵・写本『声光詞譜』(SKM004_002)と平井明『月琴胡琴明笛独案内』(GKM003)である。

中井
高柳
鷲塚
SKM004_002
GKM003
中井
高柳
鷲塚
SKM004_002
GKM003
中井
高柳
鷲塚
SKM004_002
GKM003
中井
高柳
鷲塚
SKM004_002
GKM003
中井 
高柳 
鷲塚 
SKM004_002 
GKM003 

 平井『月琴胡琴明笛独稽古』(GKM003)にのみ変異が見られるが,同じような冒頭の歌詞の符割りは,鈴木孝道『月琴独習自在』(M.26)の譜にも見られる。鈴木の譜は,印刷事情の関係で,途中から歌詞と符の関係が信用できない状態になっているためここには取り上げなかったが,平井の譜と同様に「不(ポ)」を「木」と誤刻していることから,この2例は同系統の原資料を基にしている可能性がある。
 同じような歌詞の間違いは,和泉氏蔵版(SKM004_002)にも見られるが,こちらの符割りは,他の例と相違がない。
 そのほか筆者蔵の写本『月琴哥譜備忘録』に----



と,曲尾にかけて歌詞の発音位置が異なっている例もあるが,対照せられているのが2番の歌詞なので,すべての歌詞がこうだったのか,この部分だけでの演出だったのかは分からない。

 ほかにもいくつか小変異の事例がないでもないが,発音位置のズレが本当に変異なのか,あるいは印刷事情等によるものなのか判別できないことも多く,上表の多数例と合致するほうが多いことから,連山派における本曲の標準的な歌唱の符割りは,上表多数例の----


として良いものと考える。 (連山派「九連環」 歌詞付再現 mp3 )

 本曲の連山派と渓派における主な相違点は,冒頭が1符少ないことと,3箇所あるフレーズ末の「合−合○|」が「合−合四」と「合−−○|」になっていること,そして「四仩四仩|」2箇所のうち2度目が,渓派の版では「四合四仩」になっている点である。

  上−工−尺−−○|工−四上|尺工上四|
  合−合四|仩−仩合|四−−○|四仩四仩|
  四−仩四|合−−○四合四仩|合−−○
  工−工−|尺工六−|五六工尺|上−−尺|
  上−−○|

  渓派標準譜 SG005 MIDI 解説

 「合−合○|」と「合−−○」は音を重ねたか長音一つにまとめたかの違いであり,「合−合○|」と「合−合四|」に関しても,どちらの場合でも歌で発音されるのは最初の「合」のみで,後の「合○」ないし「合四」は楽器による捨て弾き(歌唱を伴わない発音)であるため,歌唱の上ではほぼ同じ,単なる伴奏の違いであると言って良く,実際に聞き比べてみてもさほどの差異は感じられない。 (渓派「九連環」 歌詞付再現 mp3 )


 算命曲< TOP >茉莉花 SK01_05