ELECTORICAL EDITED TEXT OF "『清風柱礎』(富田寛 SC000)" by CHARLIE ZHANG 2017 ver.0.02


SC012 断板< TOP >行板 SC014


SC013 親母鬧


 長崎歴文『西奏楽意』(18:14 雪映堂)には歌詞題に「親母閙 和尚討妻」とある。曲題読み,中井新六『月琴楽譜』(M.11)および鷲塚俊諦『清楽歌譜』「ツインマウハイ」,楢崎富『清風雅譜月琴独稽古』では「チンムウシャウ」。長崎歴文『西奏楽意譜』(写 中村18:57)では「シンボシ」とある。
 「親母」と門構えの字で書かれることが多いが,本来は「鬥(トウガマエ)」,日本の読みでは「ドウ」,中国普通語で「nao4」,台湾語で「ラウ」に近く,「ハイ」「シャウ」「シ」いづれの音からも遠い。中井・鷲塚の読みは「ツインマウ」までは中国語であるが,「閙」に関しては「肺」や「沛県(ハイケン)」の音を参考にしたものだろう。楢崎の「ショウ」は何だかわからない。『西奏楽意譜』は旁の「市」からの連想であろう。日本語だと「シンボドウ」,中国語,それも南方音に近ければ「ツィンムウナウ」あたりかと思われる。
 「和尚討親」などと題される同題の劇や民謡が中国南方にある。生臭坊主の「嫁取り騒動(親母閙)」,といったところである。
 曲調はおなじような戯れ歌起源の「算命曲」に似ている。

 17Y1〜2行目「尺 六 工 尺」を4連とする。これだと「六 工 尺」が1拍点3符となるので音長が分からない。17Gに従い4分8分8分とする。このほかは読み解き上の音長関係にかかわる表記の違いはない。2本の付点による近世譜は----

  上上尺工|六−工−|−○工尺|工尺上−|
  −○四合|工合四−|合四上−|−尺上−|
  −○合四|仩−四仩|四合工−|尺工六−|
  工尺上−|−○合四|仩−四仩|四合工−|
  尺工六−|工尺上−|−尺上−|−○  |  ■ 再現曲

 原譜では繰り返し表記の「合 四 仩…」以下のフレーズだが,末尾「上。」が1回目は「上−−○」と全符,2回目が「上−−尺上−−○」と,曲尾の「尺 上。」とつながって2分半4分となるため,分かりやすいように展開してある。  31Bは拍点の間隔が広くなっている。1行目「工。工尺」の音長が不明。2行目「上。四 合 工」で拍点がオモ>オモ,同行「合 四 上」でウラ>ウラと渡り,破綻。 拍点の位置自体は上掲2本のものとだいたい一致するので,音長関係の不明な個所のみ上の譜を参考にして近世譜を組むと,以下のようになる-----

  上上尺工 六工|○工尺 工尺上|−四合工合四|合四上 尺上|
  −合四四仩四合尺工六|工尺上−合四|仩四仩四合工|
  尺工六 工尺上|上−  |

 こちらも同じように繰り返しを展開してある。渓派の付点法の欠点として,拍点が下付きになった箇所,すなわち符音がオモ>ウラもしくはウラ>オモと渡る場合,読み解きが面倒になるというものがる。こちらの場合だと下付き1拍点の個所が多くなり,読み解き上の誤解が生じやすい。この曲の場合,この拍点の間隔だと,ただでさえ短音が多く音長関係の判別が困難なところへそれであるから,おそらく即興ではほとんど読み解き不能に近い。このため上掲2例のように拍点を2倍に増やし,音長関係を分かりやすくしたものが普及したのであろう。実際の打楽器の打点は31Bの拍点位置で,これもまた比較的軽快な曲であったろうと思われる。
 渓派系ではほか本書の前に村田きみ『清楽雅譜』(M.15)に収録があるがこれは無点譜。一色親子『清楽譜』(乾 M.20)の版はわずかに符長が異なり,一音だけ「上」が「仩」になっている。


  上上尺工|六−工−|工尺六工尺|上−−○|
  四合工合|四−合四|−仩−尺|上−−○|
 [合四仩−|四仩四合|工−尺工|六−工尺|
  上−−○|合四仩−|四仩四合|工−尺工|
  六−工尺|上−−尺|上−−○|  ■ 再現曲

 原譜1行目「工」の音長が半分になっているが,曲として聞いた場合はこちらのほうが自然である。2行目「四 合 四」で2コめの「四」の頭点が下付きになっているから,これはウラから入って次のオモテへと渡る。その場合次の「仩」か「尺」を2分にしなければ,その後の「上。」がオモテからにならない。ほかではこの「上(仩) 尺」は2分半4分の関係となっているので,とりあえずは「仩」を長音としたが,正直なところどうだかは分からない。出だし部分の「工」の不自然さはなくなっているが,今度はその部分にやや拙さが感じられる。

 連山派では『声光詞譜』(地 SK02_11 M.11)に収録があるが,筆者手元の資料は付点にやや疑問があるので,同系の柚木友月『明清楽譜』(YNK085 M.31)の付点を参考に,近世譜を組むと----

  上上尺工|六−工−−尺工尺上−四−合
  工合四−|合四上−|−尺上−|−○合四|
  仩−四仩|四合工−|尺工合−|工尺上−|
  −○合四|仩−四仩|四合工−|尺工六−|
  工尺上−|−尺上−|−−  |  ■ 再現曲

 となる。1行目のオレンジ色で表示した部分の音長が違っているほか,はじめから繰り返し節が展開されており,「尺 工 六」だった部分に,1回目が「尺 工 合」2回目が「尺 工 六」と変化がつけられている。この場合,月琴の演奏に変リはないが,笛は末尾にオクターブの差をつけて繰り返すことになるわけである。また,同系の沖野竹亭『清楽曲譜』(M.26)の譜では,出だしがウラ拍子からとなっているほか,末尾2回目の「尺 上」がない。

 河副作十郎『清楽曲牌雅譜』,中井新六『月琴楽譜』,田中從吾軒『清楽詞譜和解』などに歌詞が見える。筆者の手元に渓派における歌譜はないが,これら他流の歌詞対照譜資料をもとに,『清風柱礎』渓派のバージョンで歌曲として再現してみよう。(画像は中井新六『月琴楽譜』)

    ■ 「親母鬧」歌曲再現
スヤン タア ポ ズウ ツィ ガイ イン エン シ ポウ キャイ
  想 他 不 是 痴 獃。姻 縁 識 和 諧。
  ツャウ レウ サン ケン クウ ハイ ヌ  スイン アイ
  樵 楼 三 更 鼓 害 奴。心 哀。
  キン エヽ リイ トン ワン フハァチョ エヽ ポ ケン タア ライ
 [今 夜 裡。洞 房 花 燭 夜 不 見 他 来。
2 ホ ティンワイ メンキャウメン スャンズウ ヌ ラン キン
  忽 聴 外 面 敲 門。想 是 奴 郎 君。
  タイ ヌ カイリャウメン カン タア テイ タイ
  待 奴 開 了 門 看 他。体 態。
  ヲイ シ  モ マン マンツャンツャン ナ リイ ライ
 [為 什 麼 忙 々 将 々 那 里 来。
ニャン ツウ カイスェイ チ チャン ドンニュイツィンルウチャン
  娘 子 快 些 徹 粧。仝 進 羅 帳。
  ペ  スイ テ  イン エンキャイラウ ツイヽ マイ
  百 世 的 姻 縁 諧 老。斉
  ゴウ ポウニュイフウ ツイ エン アイチョンジュイサン
 [我 和 汝 夫 妻 恩 愛 重 如 山。
4 ダア タン ハ ルウ ポウシャン キャアツヲスィンラン ポ
  大 胆 禿 驢 和 尚。假 做 新 郎 不。
  ズウ ヌ ツウスェイ ヘンスェイドン ソヮンマア
  是 奴 仔 細 顕 些 仝。 罵。
  イ シン ホウ フハンポウシャンテウクヮンクヮン
 [一 声 何 方 和 尚 頭 光 々。
5 ティン テ ヌウ キイ カン カン ニュイ ズウ モ スャン カン
  聴 徳 怒 気 昂 昂。汝 是 没 相 干。
  デイ ゴウチャウニュイシイ モ ユウ  ホ フヮン
  替 我 招 女 婿 没 有。合 婚。
  ニュイライ カン ハウ スィ スィクヮアクヮンテウラン
 [汝 来 看 好 似 西 瓜 光 頭 郎。
6 ダア ニャン ポ ピ トウ トヮン マイ ヨン エヽ ワン ジェン
  大 娘 不 必 多 端。埋 怨 也 枉 然。
  アイ ヤア コウ レン ゴウ ポウ シャン ペ パン パン
  哎 呀 可 怜 我 和 尚 。班 々。
  ゴウ キョニュイサン メンイェンイヽ チェ コ ヒィ クヮン
 [我 汝 三 面 言 議 個 喜 歓。

0)河副は歌詞5番まで,内容はほぼ同じ。鷲塚俊諦『清楽歌譜』は1番のみ。  1)「痴獃」:田中従我軒「恋に焦がれて阿房になるを言う。」,「痴呆」と同じ。  3)「肩(マイ)」:普通語だと「jian1」,河副の「眉(mei2)」とするのが正しい。 「汝」:中井は「ニュイ」,河副は「シイ」「ヂイ」もしくは「ヂヒ」と読んでいる。普通語だと「ru4」広東語だと「yu5」。河副のは北京語の発音に近いが,「我」が「ゴ」と読まれているので,この歌詞は広東語のそれに近いはずである。  4)「禿驢和尚」:生臭坊主。中井は「禿」を「ハ」とするが,河副の「ト」が正しい。おそらく「ト」の書写字の読み間違いだろう。 「床」:河副は「シャン」とする。普通語「chuang2」。  6)「硬班々」:「硬」は普通語「ying4」広東語だと「ガん」に近い音。「ペ」という読みはない。長崎歴文『清楽』(笛道山房題 写)では「フヲン」と見える。これもよく分からない。 「〓」には「又|刀」という字が入る。偏がリットウなら「刈」の異体字だが音が合わない。刀が力の間違いなら「勧」だがこれも音が違う。 「三面言議」:本来は商売用語で売手買手仲介人における取引,ここでは男女仲人(媒人)。「育」が「チェ」と読まれている。これも読みが合わない。長崎歴文『清楽』では「ヨ」これは普通語と同じ。

 このように歌曲として再現してみると『清風柱礎』の版が冒頭「上 上 尺 工 六 工。」の「工。」をことさら長音としている意味が分かる。ここが長く伸びたほうが,最初のフレーズが強調されるからである。逆に考えるとここの短いものは,歌ナシの器楽曲としての性格のほうが強いものなのであろう。

 吉武常吉『吹風琴唱歌軍歌俗曲清楽独案内』(M.31)に「親母調」と題される譜が見える。内容から言って「親母鬧」であることは間違いないが,この曲が「親母調」と呼ばれていたかどうかについては他に例がないので分からない。

 長崎派・柴崎孝昌『明清楽譜』(STM010 M.10)の譜は,付点に従うなら出だしが「上 上」で1小節,「尺 工 六」で1小節となるが,以降は繰り返し末の処理も含め,本譜とほぼ同じ。

 上−上−|尺工六−|工−−−|工尺六工尺
 上−−−|四合工合|四−合四|仩−−伬|
 仩−−−|合四仩−|四仩四合|工−尺工|
 六−工尺|上−−−|合四仩−|四仩四合|
 工−尺工|六−工尺|上−−尺|上−−−| ■再現曲

 長崎歴文所蔵の写本『西奏楽意譜』(中村18:57)には付点はないが,句点と補助的な句点の位置関係からこれも柴崎の例同様の区切りとなると推測される,

 3派の相違は,出だしと「工。」の部分の音長の処理の違いであり,全体的な曲調としてはさほどの差はないと実感せらるるが,曲譜としては長崎派のものがもっともまとまりがよく,ほか2派は出だしを同じようにアレンジしたことにより,「工。」の音長を短くするか,本譜のように拍子を渡る長音としたため,やや不自然さがあったり,リズムのつかみにくい曲となってしまっているようだ。

SC013 親母鬧 上上尺工六工工尺六工尺上四合工合四合四上尺上 [合四C四C四合工尺工六工尺上] 尺上
上 上 尺 工 六 工。工 尺 六 工
尺 上。四 合 工 合 四 合 四 上
尺 上。[合 四 C 四 C 四 合 工
尺 工 六 工 尺 上。]尺 上。
上上尺工|六−工−|−○工尺|六工尺上−|
−○四合|工合四−|合四上−|−尺上−|
−○[合四|C−四C|四合工−|尺工六−|
工尺上−|−○]尺上−|−○  |
cc de |g2 e2& |er4 ed |ge8d8 c2& |
cr4 <ag> |e<g> <a2> |<ga> c2& |cd c2& |
cr4 [2 <ga> |c2 <a>c |<ag> e2 |de g2 |
ed :c2 |&c2] c2.d c2& |cr4   |
cc de |g2 e2& |er4 ed |ge8d8 c2& |
cr4 ag |eg a2 |ga c2& |cd c2& |
cr4 [2 ga |>c2< a>c< |ag e2 |de g2 |
ed :c2 |&c2] c2.d c2& |cr4   |

SC012 断板< TOP >行板 SC014