ELECTORICAL EDITED GENERAL TEXT OF "清風雅譜" by CHARLIE ZHANG 2017 ver.0.03 02

SG001_003 韻頭/韻頭環/韻頭串< TOP >九連環 SG005

SG004 算命曲(サンメイキョク*)


  ここより本格的な曲譜に入る。「算命曲」はその第一曲であり,緩慢に弾けば基本的な練習曲の一つとなり,軽快に弾き歌を入れると本格的な唱歌曲ともなる。
  単に「算命」と題される場合もある。また歌詞が同じで曲調の異なる「広東算命曲」「北管算命曲」という地域的なヴァリエーションも伝わっている。 曲題は中井新六の『月琴楽譜』(M.10)で「ソアンミンキョ」,河副作十郎『清楽曲牌雅譜』(M.10)では「サンミンキョ」,長崎・頴川藤左衛門の『からのはうた』でも「さんみん」と題され,中国語の読みから言っても「ソンミンキョ」「サンミンキョ」が妥当であるが,楢崎富の『清風雅譜月琴独稽古』(M.26)や『物識天狗』(M.26 木葉山人)などの俗曲集の多くでは「サンメイキョク」とされており,東京あたりの溪派では,おそらくこれが一般的な読みであったと思われる。そのほか『音曲独稽古』(M.16 吉田正太郎)で「さんみきょく」,『尺八独奏』(T.2 関西音楽会)には「さんめいのきょく」という読みが見える。また,前述楢崎富『清風雅譜月琴独稽古』は「算命曲」を「サンメイキョク」,「広東算命」を「クワントンソンミン」と読んでいる。けだし譜本によっては「広東算命曲」を「新曲」と分類しているので,この読みの違いは,清楽曲の中でも「算命曲」の渡来が古く,より日本語化して呼ばれるようになっていたということを表わしているものだろう。
  「北管算命曲」というこの類の曲を載せている譜本もあるが,張継光『台湾北管与日本清楽』に,台湾俗曲の「繍花鞋」の曲調がこれに近いものであること,また泉州(ここも往昔,日本との交易があった地方である)にも「算命」と題される曲のあることが記されている。

  曲譜は単純で拍点や付線にさほどの変異はなく,基本的な曲調はどの譜本でもだいたい以下のように読み解くことができる。

 上−−−|尺−工−|六−−−|工−−−|
 工−六−|工−上−|尺−−工|尺−−○|
 尺−六−|工−工−|上−工六|尺−−○|
[四−尺−|上−四−|合−−四|合−−○|]

  c2&c2 |d2 e2 |g2&g2 |e2&e2 |
  e2 g2 |e2 c2 |d2.e |d2.r4 |
  d2 g2 |e2 e2 |c2 eg |d2.r4 |
[2 <a2> d2 |c2 <a2> |<g2.><a> |<g2.>r4 |]
 再現曲

  曲調が単純で親しみ深いぶん,所有者により各本さまざまなアレンジがなされている。まず11年版には下左のような装飾が付けられているが,これによく似た指示・装飾音は訂正Bにも見える。

11年版訂正B
 上−−−|尺尺尺 工−|六六 六五|工−−
 工− 六|工 上−|尺−−|尺−−○|
 尺|工|上− 工六|尺−−○|
[四|上− 四|合−−四|合−−○|]
  再現曲 MML譜
 上−−−|尺尺尺 工−|六−−|工−−尺五
 工−尺 六−|工 上−|尺−−|尺−−○|
 尺|工|上− 工六|尺−−○|
[四|上− 四|合−−四|合−−○|]
  再現曲 MML譜

  やや細かいが,増補改定にも以下のような類似の装飾が施されている。が本自体に印刷されたオリジナルの装飾符であり,ピンクは前所有者による追加の書き込みである。原譜2行目(近世譜だと3列2小節め)のオリジナルの装飾符は「六」,ここではその上に胡粉を塗って書き変えてある。すでに述べたよう,本稿の主眼は「曲が実際にどのように弾かれていたか」の検証にあるため,再現曲は前所有者の書き込みに従うが,ここの装飾を「六」とする例は見てのとおり6本中ほかにない。所有者がわざわざ修整しているところから見ても「尺」が一般的なものであったかと考えられる。 25年版では原譜のほとんどの符に装飾がつき,さらには末尾にかなり長いフレーズが書き込まれている。

増補改定版25年版
 上−−−|尺尺尺 工−|六六 六五|工上合
 工−六−|工 上−|尺上 尺|尺−−上合
 尺 六−|工|上上尺 工六|尺−−工合
[四|上工合|合−−四|合−−○|]
  再現曲 MML譜
 上−−四上合上尺 工−|六−−五六|工−−上尺
 工尺工五六|工合上|尺−−|尺−−合上
 尺尺工五六|工工尺|上−工六|尺−−尺上
[四伬仜|上伬仩仩四|合−−|合−−○|]
  合− 四仩伬|仩四 合仩伬|仩四 仩四|合−−四|
  合−−○|
  再現曲 MML譜

  17年版の装飾は25年版を少し単純化したようなものとなっている。「六」にニンベンが付されているので,これ胡琴の「二凡調」(合/尺調弦)で読み解く。「佮/伵」 で表記されている箇所以外の 「合・四/六・五」 はすべて低音での発音となる。 原譜3行目「尺上」間の装飾音(近世譜4行1小節)に「仜」がある。これは「四工調」では開放弦「工」の指示だが,この曲は二凡調なので関係がなく,このまま弾くとこの1音だけ不自然に高音となり,運指上も難があるので,これはオクターブ下の「工」の間違いと考えられる。「四工調」における「仜」はあくまでも運指上の指示で,実音はオクターブ下の「工」である。ここまで3曲が「四工調」であったため,つい書かれたものと思しい。

 上−−四上|尺合尺 工−| 六−|工−−
 工− 六|工|尺|尺−−○|
 尺尺工 六−|工− 工|上|尺−−○|
[四|上− 四|合−−四|合−−○|]
 c2.<a8>c8 |d<g8>d8 e2 |g2 g2 |e2.d |
 e2 <gg> |ed c<g> |d2 <g>e8g8 |d2.r4 |
 dd8e8 <g2> |e2 ed |c<a> eg |d2.r4 |
[2 <a>c de |c2 <a>c |<g2.><a> |<g2.>r4 |] 再現曲

  井上輔太郎『月琴雑曲ひとりずさみ』(M.24)に,富田溪蓮斎による胡琴譜が転載されている。付点つきの工尺譜を活字にしたものだが,標準譜と比較して装飾符を割り出し,これを近世譜に直すと次のようになろう。

 上−四上|尺合尺 工尺|佮− 佮伵|工 尺尺
 工− 佮伵|工尺尺|尺六上|尺−−○|
 尺工尺 佮伵|工− 工尺工|上四上|尺−−○|
[四尺工|上尺工上四|合工合|合−−○]|

 c2 <a>c |d<g8>d8 ed |g2 ga |eg8e8 dd |
 e2 ga |ed8d8 c<g> |d<g> e<g8>c8 |d2.r4 |
 de8d8 ga |e2 ed8e8 |c<a8>c8 e<g8>c8 |d2.r4 |
 [2 <a>c dd8e8 |cd8e8 <a>c8<a8> |<g>d e8<g8><a8>c8 |<g2.>r4 |]

 ■ 合奏再現曲

  国会図書館所蔵の譜本中に『清楽歌譜』(M.15 村田桂香)というカナ付き歌詞のみの本があり,同年に出された符字のみの『清楽雅譜』とあわせて歌詞対照となるようになっている。作者の師系に関してはほとんど記述がないが,後者の曲譜は符字順列レベルで『清風雅譜』のものと一致することから,溪派の譜本に属する資料と考えられる。

  そこでこの資料のカナ表記をもとに,歌付きの演奏を再現してみよう。

1)姐在房中。綉呀綉花鞋呀。
  忽聴門外算命先生。[叫了一声。又。
2)先生聴声。前呀前面走呀。
  姑娘同了我的先生。[後面児行。又。
3)掉條板登先生你請坐呀。
  奴念八字我的先生。[你着你聴。又。
4)奴是丁卯肖呀肖月兎呀。
  桃李開花我的先生。[四月裡生。又。
5)四月十三娘呀娘生奴呀。
  東方発白我的先生。[卯時建生。又。
6)不問財来不呀不問貴呀。
  単問紅鸞我的先生。[幾時成親。又。
7)先生把筆忙呀忙推算呀。
  還有三年我的姑娘。[纔得成親。又。
8)姑娘聞言。冲呀冲々怒呀。
  不会算命我的先生。[瞎了眼精。又。
9)対門有個王呀王三姐呀。
  与奴同年同月同日。[又同時辰。又。
10)十三十四生呀生了子呀。
  十五十六我的先生。[二胎又生。又。
11)三個銅銭送呀送了你呀。
  不会算命我的先生。[請你出門。又。
12)三個銅銭我呀我不要呀。
  不会奉承我的姑娘。[另請高明。又。
ツウ ザイ ワン チョン シウ ヤ シウ フワア ヒヤイ ヤ
ホツ デイン メン ワイ サン ミン スエン スヘン [キヤウ リヤウ イヽ シン
スエン スヘン デイン シン ゼン ヤ ゼン メン ツウ ヤ
クウ ニヤン ドン リヤウ ゴ テ スエン スヘン [ペウ メン ルー イン
テヤウ ジヤウ パン テン スエン スヘン ニ ツイン ヅウ ヤ
ヌ 子ン パア ヅウ ゴ テ スエン スヘン [ニ チヤウ ニ デイン
ヌ ヅウ テイン マウ シヤウ ヤ シヤウ エ トウ ヤ
ダウ リー カイ フワア ゴ テ スエン スヘン [スウ エ リ スエン
スウ エ ジイ サン ニヤン ヤ ニヤン スヘン ヌ ヤ
トン パン ハウ ペ ゴ テ スエン スヘン [マウ ヅウ ケン スヘン
ポー ウエン ザイ ライ ポー ヤ ポー ウエン クウ ヤ
タン ウエン ホン ラン ゴ テ スエン スヘン [キイ ヅウ ジン シン
スエン スヘン パア ピ マン ヤ マン スヘン サン ヤ
ワン ユウ サン 子ン ゴ テ クウ ニヤン [ヅアイ テ ジン シン
クウ ニヤン ウエン エン チョン ヤ チョン チョン ヌウ ヤ
ポー オエ サン ミン ゴ テ スエン スヘン [ビヤウ リヤウ エン ツイン
トイ メン ユウ コ ワン ヤ ワン サン ツウ ヤ
イユイ ヌ ドン 子ン ドン エ ドン ジー [ユウ ドン ヅウ シン
ジイ サン ジイ スウ スヘン ヤ スヘン リヤウ ツウ ヤ
ジイ ウヽ ジイ リウ ゴ テ スエン スヘン [ルウ ダイ ユウ スヘン
サン コ ドン ゼン ソン ヤ ソン リヤウ ニ ヤ
ポ オエ サン ミン ゴ テ スエン スヘン [ツイン ニ チイ メン
サン コ ドン ゼン ゴ ヤ ゴ ポー ヤウ ヤ 
ポー オエ ウホン ヂイン ゴ テ クウ ニヤン [リン ツイン カウ ミン
■ 歌詞付き再現曲 月琴(標準譜・増補改定)/胡琴/明笛

1)お部屋で姐さん 花鞋ぬいぬい
  よぎるは辻占先生 ちょいとと呼ぶよ
2)先生聞いて そちへとむいた
  姐さん手ェを引いて 先生こちへ
3)机に椅子に 先生お座りなされ
  占ってくだしゃんせ まずはお聞きを
4)卯年の生まれ 月もウサギの
  桃李も開く 四月でござる
5)四月の十三 母さんあたし生んだ
  夜もあけやらぬ 卯の刻生まれ
6)お金も身分も 気にゃしませぬよ
  しあわせならば 嫁けるはいつよ

7)先生 算木 積み筆走らせ
  ふむふむ姐さん三年待てば 良い縁つくよ
8)姐さん聞いて ぷんぷん怒る
  占いなんてあたりゃあせんわ このくされめくら
9)向かいの王さん 王さんとこの娘
  あたしと同年同月 同日同時の生まれ
10)十三四で 赤ちゃん産んだ
  十五十六そのころにゃ ふたごも産んだ
11)びた銭三枚 もってけ先生
  当らぬ占い先生 さあ帰りなされ
12)びた銭三枚 そんななァいらぬ
  ご機嫌取りァまっぴらよ よそを当りな

*「花鞋」は嫁入りの時に履く刺繍を施したぬのぐつ。
*「我」を「ゴ」と発音するのは南方の方言。
*「桌條板凳」の間違い。「桌」「桌子」すなわちテーブル。「板凳」はベンチ型の腰掛。
*「推(スヘン)」,秋山鹿園『清風歌唱』でも同じ。中井新六『月琴楽譜』,田中従吾軒『清楽詞譜和解』など他流では「トイ」とするものが多い。現代中国語で tui1,方言にも類例なく溪派の伝統的間違いと思われる。
*「奴」女性が自分を謙遜して言うときの一人称。
*原注:明一作名。

  歌詞付き版では,Tempo を100から160にあげてある。また歌詞の発音の位置については,中井新六など他流の資料も参照した。上記「推」をはじめ,中国語の方面からは,文字・発音に疑問のある箇所も多いが,mp3 による歌詞付き再現ではとりあえず,江戸〜明治のころの日本語の発音を加味しつつ,カナ読みから推測される音をあてはめてある。

  「算命先生」は流しの占い師。北京などでは盲人が弦子を弾きながら回っていた。手相・人相ではなく姓名や生まれ月などから吉凶を判ずる。 この姑娘の怒りの理由には疑問がある。そもそも算命先生を呼び込んだのは彼女であり,生まれ月などを素直に話しているところから算命術がどのようなものかは知っていたはずであるのに,結果を聞いて「冲冲怒」----激怒の相,というのは,ハナシの流れ的に何やら納得がゆかない。姑娘が算命先生をからかったもの,と解釈することもできるが,それならば「怒る」という必要はない。
  唱本や『歌謡週刊』などに所載の近現代に採集された中国民歌中に,これとほぼ同じ内容の曲があり,そのいくつかでは算命先生が「紅事(おめでた)」の意味を取り違え,既婚の女性(尋ねたのは「子どもができる(おめでた)」かどうか)に「良縁(おめでた)」を告げて追い出されることになっている。おそらくはそちらのほうが原形ではなかったかと思われる。
  『清楽曲譜』(沖野勝芳 M.26)の頭注には次のような解説がある。

  算命曲ハ,清初ノ頃ヨリ彼ノ国俗間ニ流行シタル楽曲ト察セラレル。其後幾分カ改良シ来リ又我国ヘ伝来セシ已来幾分カ改良ヲ加ヒタル者ト思ハル。然レドモ素曲体ハ敢テ変換セズ,聊カ音譜ノ増減ヲ為シタル位ノコトト察セラル…(句読点追加・筆者)

  大陸の類似俗曲の曲調については定かでなく,また田中吾従軒『清楽詞譜和解』(M.25)は---

  此歌ハ,女子ノ婚期ヲ過グルヲ憂フル情ヲ述ベシナリ。是ハ詩ノ国風ニモ,此意ノ詩有リ。淫奔ニ似テ決シテ淫奔ニ非ス,女子ノ中情ヲ察シ述ベタリ。

  と評している。上にもあるとおり,もともとは算命先生の的外れな占いと,嫁き遅れ姐姐の反論あたりが主眼の,たわいのないのコミック・ソングであったと思われるが,詩経国風を引いてくるあたり,いかにも清楽者に多い酢豆腐先生流と言うべきか。

* 『声光詞譜』の「算命曲」は----

 上−尺工|六−工−|工六工上|尺工尺−|
 尺六工工|上尺工尺−|[四仩伬仩四|
 合−四合−|]

 c2 de |g2 e2 |eg ec |de d2 |
 dg ee |c8d8e d2 |[2 <a>>c8d8< >c<<a> |
 <g.a8> <g2> ]| 再現曲


  上記『清楽曲譜』の版はこれとまったく同一。長崎派・柴崎孝昌の『明清楽譜』(M.10)では以下の様になっている。

 上−−−|尺−工−|六−−−|工−−−|
 工−六−|工−上−|尺−−工|尺−−−|
 尺−六−|工−工−|上−工−|尺−−−|
 [仩−四−|仩−四−|合−−−|合−−−|]

 c2 e2 |d2&d2 |e2 <a>c |de c<a> |
 <g2&g2> |>c2< >c<<g> |<a2&a2> |<a>>c< <a>>c< |
 <a2> >c<<a> |<g2&g2> |<ag> <a>>c< |<g2&g2> |
 e2 e2 |de g2 |ag ed |c2.d |
 c2&c2 | 再現曲



  このように各流派で曲尾の繰り返し部分が特徴的に異なるので,譜本作者の師系がこの部分の比較から分かることがある。ほとんどの曲譜は,単純な主旋律のみを記しているが『明清楽之栞』(百足登 M.27)のように,装飾譜を含めた複雑なメロディを記しているものもある。

 上合工尺工|六仩五六工−|工六工上|工工六尺−|
 工六工工|上尺六上尺−|四仩伬仩四|合合四合−|
 四仩伬仩四|合合四合−|

 c<g8>e8 de |g8>c8<a8g8 e2 |eg ec |ee8g8 d2 |
 eg ee |c8c16d16 e8g16c16 d2 |<a>>c8d8< >c<<a> |<g><g8a8> <g2> |
 <a>>c8d8< >c<<a> |<g><g8a8> <g2> | 再現曲(Tempo:86)




SG001_003 韻頭/韻頭環/韻頭串< TOP >九連環 SG005