ELECTORICAL EDITED GENERAL TEXT OF "声光詞譜" by CHARLIE ZHANG 2021 ver.0.02 12

 流水< TOP >哈哈調 SK01_13

SK01_12 売脚魚(マイキャアイユイ)

 曲題読み,中井『月琴楽譜』および鷲塚俊諦『清楽歌譜』には「マイキャアイユイ」,写本『声光詞譜』和泉氏蔵版(SKM014_009)は「バイキヨウギヨ」,平井明『月琴胡琴明笛独案内』では「ばいきやうぎよ」。そのほか関西大所蔵・荷道人一圭(遠山荷塘)『嫦娥清韻』(写本)では「マイキヤイヨイ」とある。

 本曲は歌詞だけなら最初期の月琴譜である『亀齢軒月琴譜』にも紹介されている古い曲である。渓派『清風雅譜』では,ほぼ同様の曲が 「平和調」 の題で収録されており,渓蓮斎の訂正本でその題下に「異名 売魚娘」と追記されている。渓蓮斎の書きかただと「平和調」というのは定型としての曲調の名で,その内容が「売魚娘」という題である,とも受け取れるが,河副作十郎『清楽曲牌雅譜』は「脚魚売歌」「売甲魚」という,2つの曲を並列で紹介しており,

 本曲に近い内容の譜を「売甲魚 一名 平和調」,もう一方を「脚魚売歌」としている。「甲魚」「脚魚」は「甲羅のある魚」「脚のある魚」で,どちらもスッポン,食用の亀の類のことである。どちらにも科白の挿入箇所を示す「白」が含まれているので歌唱譜であろうと思われるが,歌詞は一つしか掲載されておらず解説もないので,これがどちらの歌詞なのか,あるいは共通のものなのか,もしや途中で曲が変るような構成になっているのかなど詳細は不明である。

 そのほか平井明『月琴胡琴明笛独案内』では「売脚魚」(GKM012)と「平和調」(GKM013),二曲が続けて紹介されているが,譜の内容は異なっているので,これも別個の曲として扱われていると考えられる。

 譜本によっては「平和調」と題される曲が3種類も掲載されている場合もあり,本曲「売脚魚」と「平和調」の関係についてはまだ多少不明ではあるが,譜の比較から「売脚魚」の曲調が「平和調」と総称される定型の一つであることは間違いない。また,本曲「売脚魚」として伝えられたもののほかに,同様に「平和調」をベースとした類曲が何種類かあり,さらに「売脚魚」の類の歌唱とは関係なく,曲調として伝えられた「平和調」もある,というあたりが真に近いだろうと筆者は考える。

 拍点は加藤先生蔵『声光詞譜』(M.11 SK01_12),筆者蔵・写本『声光詞譜』和泉氏蔵版(SKM014_009),刊本・柚木『明清楽譜』(YNK097)の3資料に見える。


 基点資料とする加藤先生蔵版の1・2行にある2箇所の「離れた2拍点」は,符号の棒線と合わせ2符2拍で4分半8分の不均等音長関係を表していると思われるが,残りの無印を1拍とした場合の近世譜は,以下のように体裁のおかしなものとなる。

  四仩四−|○仩仩−仜仩四合|○−合四|
  −−○仩|仩四合○仩|四合工合|−合○仩|
  伬仜−−|○仜伬仜|−−○仜|合仜合伬|
  仜合○伬|仜伬仜仩|四−−○|四合工合|
  四仩四−|−−  |

  読み解き譜(1)『声光詞譜』M.11 SK01_12 拍点より。 MIDI

 和泉氏蔵版の拍点では,1行3符めの「四。」が4拍,同8・9符「仩四」が各2拍など音長が加藤先生蔵版と部分的に異なる。また前譜で「離れた2拍点(=4分半8分)」であった箇所は,こちらでは2倍の3拍1拍(2分半4分)の関係となっている。

  四仩四−−○仩仩|伬−−仜仩−四−
  合工−−合四−|−○仩仩|四仩四|
  合工合−|合○仩伬|仜−−○|仜伬仜−|
  −○仜合|仜合伬仜|合○伬仜伬|仜仩四−|
  −○四合|工合四仩|四−−

  読み解き譜(2)写本『声光詞譜』SKM014_009 拍点より。 MIDI

 加藤先生蔵版のように,1拍ズレという事態にはなっておらず,曲尾もピッタリ収まってはいるが,再現した曲を聴き比べると,音長が引き伸ばされた箇所に大きな違和感がある。

 柚木『明清楽譜』は最初の3符「四仩四。」のフレーズを繰り返す構成となっている。1行6の「伬」に2拍点,7符めの「仜」に拍点が付されていないのは,加藤先生蔵版の「離れた2拍点」同様,4分半8分計2拍の音長関係を指示するものと思われる。ただし,ほか2例で同様の不均等音長関係になっていた2行目の「工合」はこちらでは各1拍である。ここは4分半8分でも4分x2でも拍数は変わらないため,基点資料との相違は冒頭の繰返しと,フレーズ末「四。」が3拍から4拍になっているところのみ,前半にあった1拍ズレが,後半に移っただけといえよう。

 [四仩四−−○]仩仩|−仜仩四|合−工合
  四−−○|仩仩四|仩四合工|合−合○|
  仩伬仜−|−○仜伬|仜−−○|仜合仜合|
  伬仜合|伬仜伬仜|仩四−−|○四合工|
  合四仩四|−−− |

  読み解き譜(3)柚木『明清楽譜』YNK097 拍点より。 MIDI

 歌詞対照譜で見ると,歌唱では1番の歌い始めのみ冒頭の「四仩四。」が2度,間に科白をはさんで奏でられ,2回目以降は各段科白の最初の3語の後に「四仩四。」が器楽のみで入り,以下拍点譜3行目「工合合。」のところまで歌唱,その後から最後まで器楽のみの後奏となって次の段につなぐようになっている。柚木の版は,その最初の演奏時の形式に従ったものであろう。
 各譜での音長の差異が大きいので,まずは近世譜をフレーズごとに切って並べて,その差異についてまとめてみよう。

SK01_12
 四仩四−○ 仩仩−仜仩四合○
 −合四−−○ 仩仩四合○
 仩四合工合−合○ 仩伬仜−−○
 仜伬仜−−○ 仜合仜合伬仜合○
 伬仜伬仜仩四−−○ 四合工合四仩四−−−
SKM014_009
 四仩四−−○ 仩仩伬−−仜仩−四−合−
 工−−合四−−○ 仩仩四
 仩四合工合−合○ 仩伬仜−−○
 仜伬仜−−○ 仜合仜合伬仜合○
 伬仜伬仜仩四−−○ 四合工合四仩四−−
YNK097
 四仩四−−○ 仩仩−仜仩四合−
 工合
四−−○ 仩仩四
 仩四合工合−合○ 仩伬仜−−○
 仜伬仜−−○ 仜合仜合伬仜合−
 伬仜伬仜仩四−−○ 四合工合四仩四−−−

(1)出だし「四仩四。」の「四。」の音長。SK01_12のみが3拍としている。
(2)2フレーズめ「伬仜仩四合」の音長。SK01_12とYNK097はほぼ一致。
(3)3フレーズめ頭「工合」の音長。ここは3譜ともにバラバラだが,SK01_12とYNK097はともに2符で2拍である。。
(4)4フレーズ末「合」の句点の有無。音長は1拍なので同じである。
(5)8フレーズ末「合。」の音長。SKM014_009のみ1拍とし,ほか2譜は2拍。
(以下,句点の差異があっても,フレーズの番号はSK01_12の例を基準とする。)

 以上,局所的に差異があるだけで,全体的に見ればどの譜も曲調の根幹は揃っていると言ってよい。この4点に留意しつつ,符号譜を見てみよう。

 筆者蔵・『声光詞譜』八木蔵書版(SKY01_12)の符号は,口拍子だと以下のように読み解ける----

 タタタ-ン。 タタ タ〜タ ター タタ。
 ター タタ-ン。 タタ タタ。 ター・タタ
 タン タタ。
 タタ タ-ン。 タタ タ-ン。 タ
 タ タタ タタタ。 タタタタ
 タータ-ン。 タタ タタ タタタ-ン

 問題点(1)については,3拍か4拍かは分からないが,ハネ線なので,少なくとも無印よりは長い音であることは間違いない。(2)について「伬仜」は「伬」に波状のはらい線がついているので,2符が不均等な音長関係にあることは分かものの,正直2分半4分か4分半8分かは分からない。ただ4分半8分の短い音長関係の場合には,それを強調するため,2符め「仜」と次符の間に棒線が付くのがふつうではないかと考える。逆にこれに続く「仩四」,2行頭の「工合」は,読み解き譜ではどちらも1拍x2であるが,ここでは1符目に「音を引く」の通常のはらい線,2符めは長音である次の符と「音間を短く」棒線で結ばれている----この符号の配置から4分半8分の関係である可能性が高い。(4)特に手がかりなし。(5)同前。
 また,読み解き譜(1)と対照すると5フレーズめがまったく合わない。拍点では「仩四合工合−合○」でフレーズ末2符が2拍だが,こちらでは1符めが長音で4符目の「工」が小点,「音を切る」の印だが実音が短いだけで,符音の長さは最小単位「タ」よりは長いはずである。よって正確な音長は分からないが,ここは 「仩−四合工−合合○」 であってもおかしくない。
 次に9フレーズめ末2符,拍点では「仩:四−−○」と末符のみ4拍だが,こちらでは「仩:」にもはらい線が付いているので,最低でも 「仩:−四−−○」 であろう。
 読み解き譜(1)をベースに,1フレーズめ末「四。」を拍子との兼ね合いから4拍とし,当符号譜からの推測を反映させた場合の譜は,4/4だと拍子のウラオモが逆転する箇所はあるものの,拍子との乖離もなく,まずまず自然な体裁とはなる。

  四仩四−−○仩仩|伬−−仜−四合○|
  −合四−|−○仩仩|四合○仩−|四合工−合
  合○
仩伬|仜−−○|仜伬仜−|−○仜合|
  仜合伬仜|合○伬仜|伬仜仩−|四−−○
  四合工合|四仩四−|−−  |

  『声光詞譜』SK01_12 同八木蔵書版符号より修整。 MIDI

 続いて筆者蔵・吉見『明清楽譜』(MG01_12)の符号だが,ここまでの解析からこの付記者の記録は拍点や近世譜の資料から分かる標準的な曲調に比較的近いものであることが分かっている。

 タン タン ター。 タン タン ター タタン タン タン。
 タ-ン タタ。 タン タン タン タン。 タン タン タ
 タ
ター タン。 タタター。 タタター。 タ
 タ タタ タタタ。 タタ タタ
 タター。 タン タン タン タン タン タン タン

 問題点(1)第1フレーズ末はこちらも長音。八木蔵版との違いは,音を「引くか」「跳ねる」かという楽器演奏上の音色の差である。(2)2フレーズめの音長関係は「伬仜」が,前にはらい線,後が次符と棒線で結ばれているため,1符めは2符めより長くなくてはならならないので4分半8分の,「仩四」はどちらも小点なので2符同じ音長の可能性が高い。(3)の3フレーズ頭は(1)と逆に八木蔵版がはらい線なのに対して,こちらがハネ線になっているわけだが,(2)と同じく符号の関係性から,ここも4分半8分だろうと推測される。
 (4)4フレーズ末の「合。」は小点の「タン」なので最小単位の「タ」よりは長かろうと思うが,前の3符と同じ符号であるのため,句点ふくめての8分+8分休符の1拍で良いと考える。(5)8フレーズ末「合。」については,こちらでも追加情報はない。

 そして,こちらも5フレーズめに疑問の箇所がある。拍点ではここの頭「仩四合工」はどれも1拍だが,これを「タン タン タタ」と2符づつ違う符号を付している。「タン」と「タ」を音長の違いとすると「仩四合工」,あるいは「仩四」を各半拍ほど伸ばすのかもしれないが,後者を「タン」より実音を短く休符を長く,より「切れた」音にと言う音色上の指示かもしれない。

  四仩四−|−○仩仩|伬−仜仩四|合○工−合
  四−−○|仩仩四合○仩四合工|合−合○|
  仩伬仜−|−○仜伬|仜−−○|仜合仜合|
  伬仜合○|伬仜伬仜|仩四−−|○四合工|
  合四仩四|−−−|

  吉見『明清楽譜』MG01_12 符号より修整。 MIDI

 1フレーズ末を4拍にし,5フレーズを音色の違いだけで音長を変えなかった場合には柚木の譜と同じで,曲末のほうで1拍拍子からはずれる。1フレーズ末を3拍とするか,5フレーズ「仩四合工」を1・1・半・半拍にするとそれは解消されるが,曲の大半が拍子から乖離し,いささか聞き苦しいので,おそらく上の近世譜のほうが近いだろう。曲末7符が同じ符号であることから,末「四」は4拍でなく,1拍もしくは休符付の2拍といったブツリと切れる終止だったかもしれない。総じて言えば,やはり表現は読み解き譜のいづれかと合致しているが,八木蔵版に比べると目新しい情報はないようだ。


 冒頭で一度紹介しているが,平井明『月琴胡琴明笛独案内』(GKM012)の符号も見てみよう。画像の右の譜が本曲の類例である。

 タタ ター。 タタ ター タン タタター。
 タタ ター。 タタ タタ。
 タタタ ター ター ター。 タタター。
 タタター。 タタタタ タタタ
 タタ タタ タン ター。 タター タタタ タン ター。

 冒頭フレーズ末,「音を引く」の棒線と「音を切る」の傍点というという相反する指示が組み合わされている。こういう場合の読み解きについては,同書解説にも何も言及がない。とりあえず併用されている箇所では傍点のほうを無視しようと思う。
 筆者所蔵の版では1・2行目の末が印刷不良で消えているが,符字はともかく符号は見えているので問題はない。『声光詞譜』の譜との差異は,8フレーズめ「合。」の句点がなくなっているだけである。

 問題点(1)についてはすでに触れたが,巻頭に解説のないこの併用標記が「3拍」という割り切れない音長を表そうというものなら3拍かもしれないが,単なる印刷ミスの可能性も含めて不明である。棒線がつかわれているので,少なくとも短音ではなさそうである。
 (2)「伬仜仩四合」の音長関係については,「伬」が長く「仜」が短い点は同じなものの,4分半8分なら「タータ」あたりのところ「仜」が「タン」となっているので,2分半4分にしたほうが妥当かもしれない。
 (3)の3フレーズ頭も「タタ」なので,4分半8分の不均等関係ではなく,4分4分の同じ長さであろう。
 そしてここでも5フレーズめに差異がある。「工」に棒線と傍点が併用されているので「タン」と考えた場合は付点譜のままでも良いが,「ター」の長音と考えると 「仩四合工−合−合○」 の可能性が出てきて以降が拍子から1拍ズレる。
 8フレーズ「伬仜伬仜仩四−−○」は前半4符が傍線で「仩」が「タン」になりここで音が切れる。前4符を1拍とした場合,ここは八木蔵版同様2拍である可能性が高い。
 最終9フレーズの差異がもっとも大きい。付点譜では「四合工合四仩四−−−」で曲末の「四」以外はいづれの符号譜でも同じ符号を連続させているが,本書ではこれに「タター タタタ タン ター。」という抑揚を与えている。句末「仩四」の符号は前フレーズ末と同じ構成なので,「仩」を2拍とし,符の音長を変えて実験した結果,口拍子にもっとも近い組み合わせは 「四合−工合四仩−四−−−」 であった。
 試みに,1フレーズ末を4拍としたうえで以上を反映させた場合,不自然となるのは2フレーズの「伬仜」と5フレーズの「工」。そこで前者を4分半8分に戻し,後者を前の「合」と合わせて8分4分半という多少反則ギリギリの調整をしたが,この場合----

  四仩四−|−○仩仩|−仜仩四|合○工合
  四−−○|仩仩四合○|仩四|合−合○|
  仩伬仜−|−○仜伬|仜−−○|仜合仜合|
  伬仜合○|伬仜伬仜|仩○四−|−○四合|
  −工合四仩−|四−−−|

  『月琴胡琴明笛独案内』GKM012 符号により調整。 MIDI

----となんとか拍子を保った曲調となる。最終フレーズの音長関係をもう少しいじっても拍子の中におさめられるかもしれないが,これはこれで邦楽の手に近く,日本の清楽の曲調らしさはある。

 以上,符号譜の解析から,第5フレーズの音長関係と,第8フレーズの「仩」という問題点が,新たに浮かび上がってきた。拍点譜の相違箇所を均そうとして却って問題を増やしてしまった感はないではない。前者に関して拍点上はでは3資料ともに変異がなく,符号譜の変異にもバラつきがあることから,個人的なアレンジの範疇と考えることが出来る。後者はここに1拍が加われば曲末の辻褄が合うため,そうであれば有難いが,そこが逆にひっかかりもしないではない。単純に聞き比べた感想から言えば,『声光詞譜』八木蔵書版(SKY01_12)の符号を反映させたものがあるていど自然であるが,第5フレーズのアレンジに多少不安があり「標準的な曲調」としては選定しにくい。

 いづれの場合も,多少複雑な構成をもつ歌曲を,ひとつの曲譜に落とし込んだという無理が出てないではないが,これを歌唱としての原型を保ちつつ,独個の器楽曲として問題なく演奏可能な譜にしようと考えた場合は,読み解き譜(1)の1フレーズ末を4拍,8フレーズ「仩」に1拍を加えて拍子に合わせた----

  四仩四−|−○仩仩|伬−仜仩四|合○工−合
  四−−○|仩仩四合○|仩四合工|合−合○|
  仩伬仜−|−○仜伬|仜−−○|仜合仜合|
  伬仜合○|伬仜伬仜|仩−四−|−○四合|
  工合四仩|四−−−|

  標準譜 『声光詞譜』M.11 SK01_12 拍点より(修整済)。 MIDI

----が,もっとも無難でいわゆる「標準的な曲調」の再現に近いかと考える。本稿ではこれを標準譜と定めたい。

 つぎに歌唱としての再現であるが。すでに述べたよう,柚木『明清楽譜』は出だしの「四仩四。」を繰り返し節としている。『声光詞譜』の譜では省略されているが,これは本曲を歌曲として唱える時の構成を反映したものである。
 長崎歴文所蔵・笛道山人『清楽』所載の譜では,冒頭の「四仩四。」を歌詞「肩担呀。」のメロディにあてているが,同様の例はあまり見ない。多くの資料は「肩担呀。」をメロディなしの科白(白)の一つとし,「四仩四。」の部分は歌詞のかからない器楽演奏部となっている。
 歌詞対照譜である中井新六の『月琴楽譜』や筆者蔵の『月琴哥譜備忘録』で,その構成や歌詞の割り振りはほぼ同じであるが,後者には,

と,中井新六の譜では指示されていない,二番以降の「四仩四。」の扱いが書き込まれている。これによれば,一番では冒頭の「肩担呀」をはさみ前後に「四仩四。」,以降は冒頭3語の後のみに「四仩四。」が入る,となっている。高柳精一『洋峨楽譜』坤巻所載の譜でもほぼ同様の形式なので,これがもっとも標準に近かろう。
 さらに渓派では本曲の出だしをウラ拍子からとしているところも考え,科白の「肩担呀」を,2度の「四仩四。」の間4拍におさまるように配置すると,以下のようになる 歌唱再現mp3

    
*一番のみ肩 担 呀 
−仜−合
合○
 
 
 
 

で,二番以降もウラ拍子からの開始となる。また「魚」のところの「合合。」の「合。」は捨て弾きで,ここの歌唱の発音は「合」4拍1音とするのが自然である。

 渓派の類曲SG013「平和調(売甲魚)」の記事は こちら
 渓派「売甲魚」の歌唱付再現は こちら


 流水< TOP >哈哈調 SK01_13