ELECTORICAL EDITED GENERAL TEXT OF "声光詞譜" by CHARLIE ZHANG 2021 ver.0.02 10

 中山流水< TOP >流水 SK01_11

SK01_10 紗窓(サアチャン)

 曲題は「砂窓」「沙窓」とも書かれる。読みは中井新六『月琴楽譜』(M.10)および鷲塚俊諦『清楽歌譜』では「サアチャン」(M.14),この2例は中国語の読みに近い。筆者蔵写本『声光詞譜』和泉氏蔵版(SKM013_008)および刊本の平井明『月琴胡琴明笛独案内』(GKM007)では「シウソアン」とあるが,当該漢字の類似の発音は中国語にも方音にもなく,何だか分からない。
 連山派では「弄月」「露月」「紗窓裏」といった伴奏曲とともに演奏され,『音楽雑誌』42 には梅園派の合奏譜が見える。

 拍点は加藤先生蔵の『声光詞譜』(M.11 SK01_10),和泉氏蔵版,刊本の柚木『明清楽譜』(YNK060)の3資料に見える。

 加藤先生蔵版は,無印を1拍とし,拍点を基に近世譜を組むと以下のようになる----

  六−−−|六−−−|工−上−|尺−工−|
  尺−−○|四−仩−|伬−四仩|合−−四|
  合−−○|工−工−|六−−−|工−尺−|
  上−工−|尺−−−|四−仩−|伬−四仩|
  合−−四|合−−○|四−−−|四−−○|
  四−仩−|四合工合|四−仩四|合−−○|
  上−工−|尺−四○|上−工−|尺○四仩|
  合−−四|合−−−|

  読み解き譜(1)『声光詞譜』M.11 SK01_10 拍点より。 MIDI

 和泉氏蔵版の原譜は,歌詞対照譜である関係から歌唱を伴わない器楽部分を(  )内に分けて表記している。3行7符めの「四」の拍点に消しが入っており,修整もされているようだが内容は不明である。ここは近世譜2行2〜3行1にかけてと同じフレーズであるはずなので,他譜の例からも1拍と思われる。句点が減っていることをのぞけば,音長関係は前譜と同じである。

  六−−−|六−−−|工−上−|尺−工−|
  尺−−○|四−仩−|伬−四仩|合−−四|
  合−−|工−工−|六−−−|工−尺−|
  上−工−|尺−−−|四−仩−|伬−仩|
  合−−四|合−−|四−−−|四−−
  四−仩−|四合工合|四−仩四|合−−○|
  上−工−|尺−四|上−工−|尺四仩|
  合−−四|合−−

  読み解き譜(2)写本『声光詞譜』 SKM013_008 拍点より,修整済。 MIDI

 柚木の譜も曲調上は同じで,句点位置のみ異なっている。

  六−−−|六−−−|工−上−|尺−工−|
  尺−−○|四−仩−|伬−四仩|合−−四|
  合−−○|工−工−|六−−−|工−尺−|
  上−工−|尺−−|四−仩−|伬−四仩|
  合−−四|合−−○|四−−−|四−−
  四−仩−|四合工合|四−仩四|合−−○|
  上−工−|尺−四|上−工−|尺四仩|
  合−−四|合−−−|

  読み解き譜(3)柚木『明清楽譜』M.11 YNK060 拍点より。 MIDI

 これらに対し,沖野『清楽曲譜』の近世譜(OKINO_A003)では,休符の位置が縦書き工尺譜の句点をもとにしたものより格段に多く,すこしブツブツと切れるような演奏となっている。

  六−−|六−−|工−上−|尺−工−|
  尺−−○|四−仩−|伬−四仩|合−−四|
  合−−○|工−工−|六−−|工−尺−|
  上−工−|尺−−|四−仩−|伬−四仩|
  合−−四|合−−○|四−−|四−−○|
  四−仩−|四合工合|四−仩四|合−−○|
  上−工−|尺−四|上−工−|尺四仩|
  合−−四|合−−
  近世譜 沖野『清楽曲譜』 OKINO_A003 原縦書き。 MIDI


 箸尾竹軒『手風琴独案内』(M.26 上左)の近世譜も,休符の配置は沖野のものと同様である。また,葭田東海『最新流行新曲吹風琴独稽古』(M.41 上右)の数字譜では,全体の符音がほぼ半分になっている。これを工尺近世譜に直すと,以下のようになる----

  六−六−|工上尺工|尺−四仩|伬四仩−四
  合−工工|六−工尺|上工尺−|四仩伬四仩
  合−四合−|四−四−|四仩四合工合|四仩四合−|
  上工尺四|上工尺四仩|合−四合−|

  近世譜 葭田東海『最新流行新曲吹風琴独稽古』(M.41) MIDI 


 町田桜園『月琴独習新譜雑曲』の拍点譜では,出だし部分のみこれに近くなっている。

  六−六−|工尺上合|尺−工六|尺−−○|
  四−仩−|伬−四仩|合−−四|合−−−|
  工−工−|六−工尺|上合工六|尺−−○|
  四−仩−|伬−仩四仩|合−−四|合−−○
  四−−−|四−−−|四−仩−|四合工合|
  四−仩四|合−−−|上−工−|尺−四−|
  上−工−|尺−四仩|合−合四|合−−○|

  読み解き譜(4)町田桜園『月琴独習新譜雑曲』(M.29) 拍点より。3-4修整済 MIDI 

 これには加藤先生蔵版や柚木のものと同じ連山派式の付点法が用いられているが,符字順列の比較から譜の内容は,渓派の演奏に近いものと思われ,本稿の曲とは異なる系統のものと考えられる。

 実際に演奏してみたところから言うと,読み解き譜(1)(2)だと3フレーズめが長く,明笛の場合だと息が続かない。また,歌唱の構成から言っても,8符目「尺」のところで歌が切れ,以降1フレーズは器楽のみの演奏となるので,せめてこの「尺」には句点が付いていて欲しいところである(できれば出だし「六六」の2符目にも)。一方,読み解き譜(3)では,この3フレーズめ「尺」に句点が入っているが,5フレーズめの「四四」,6フレーズめの「四」および「尺」の句点が消えている。この三箇所の句点は,月琴の演奏からすると若干余計ではあるものの,明笛の場合は入っていたほうが演奏がかなり楽になる。たとえば沖野の近世譜でも,休符が多いので一見息継ぎの面では楽そうだが,この「四」と「尺」に休符がないので,笛では曲末のフレーズで多少余裕がなくなる。すなわち後半部分の明笛の息継ぎ位置としては読み解き譜(1)の句点位置が最も適切なわけである。
 おそらく本曲の譜間の句点位置の相違は,古いタイプの譜がやや明笛よりであったのを,比較的新しい譜で月琴よりに修整したところから来ているのではないかと筆者は考える。曲調としては読み解き譜(1)が標準譜でも良いとは思うが,より楽器の実際に合わせてあえて修整するなら,3フレーズめを上記「尺」のところで分割した----

  六−−−|六−−−|工−上−|尺−工−|
  尺−−○|四−仩−|伬−四仩|合−−四|
  合−−○|工−工−|六−−−|工−尺−|
  上−工−|尺−−●|四−仩−|伬−四仩|
  合−−四|合−−○|四−−−|四−−○|
  四−仩−|四合工合|四−仩四|合−−○|
  上−工−|尺−四●|上−工−|尺●四仩|
  合−−四|合−−−|

  標準譜『声光詞譜』M.11 SK01_10 拍点より,修整済。 MIDI

----が妥当であろうと筆者は考える(●は月琴では無視して構わない休符位置)。

 次に,符号の例を見てゆこう。

 加藤先生蔵『声光詞譜』の符号は拍点の音色に関わるあくまで補足的な指示である,曲調の主幹は読み解き譜(1)のとおりだが,出だし「六六」がはらい線と小点となっているので,1音めは音を引き2音めは実音を短くして間を取るといった演出が加えられている。そのほかは3・1拍の不均等関係を強調するハネ線が数箇所,レガート的に使われている棒線が数箇所。句点が付いているため,無くてもどのみち同様の指示となる箇所もいくつかあり,冒頭の「六六」以外は譜に反映させにくいものの,どのみち曲調に与える影響はさほど大きくはない。

 同書八木蔵書版(SKY01_10)の符号では無印の符が多く,これを口拍子の最小単位を「タ」にすると,音間が詰まりすぎて再現と合わせにくいので,便宜的に本来は小点のある符で使う「タン」としてみよう。

 ターター タン タタ タター。 タタター
 タタ タ〜タタ-ン。 タータ タ-ン タタ
 ター タター タタタ タタ タ〜タ
 タ-ン。 ター ター。 タタ タタ タタタ
 タタタ-ン。 ター タン タン タン。 タ− タン タン。
 タタ タ〜タタ-ン

 付点譜からの再現は,冒頭の2符を各4拍の長音としている。はらい線が付されていることから,この記譜者もこれを「のばす音」ととらえているのは確実だが,その長音のはずの2符が「連続する短音」もしくは「音間を縮める」の棒線で結ばれていること,また譜全体に棒線の付記が多く,さらに筆者が便宜的に最小単位とした,口拍子の「タン」にあたる小点の符号が使われていないことから,おそらく,この冒頭のはらい線+棒線の表記は,無印の符が「タ」を基準とした「短い音よりちょっと長い音」であることを宣言し,この付記が,葭田東海『最新流行新曲吹風琴独稽古』にあるような,音間の短い演奏を元としていることを表わしているのだと思われる。ただし葭田の譜からの再現と合わせてみても,冒頭の部分の「六六」は棒線で結ばれるほど連続しては聞こえない。いろいろと実験してみた結果,この口拍子に最も適合するのは,標準譜の冒頭4拍2符を2拍2符とし,テンポを100から160に上げた場合の再現であった。 MIDI
 なお,棒線の配置から案みると,標準譜で2拍均となっている1フレーズめの 「工上尺工」 を,ここでは 「−上−工」と,2分半4分の連続としている可能性がある。

 冒頭2符を各2拍としていると考えられる符号譜は,鈴木孝道『月琴独習自在』にも見られる。

 タン タン タン タン タン タン タン。
 タン タン タン タタタ タタ。
 タン タン タン タン タン タン タン。
 タン タン タン タタタ タタ タン タン タン タン タタ タタタ タタタ。
 タン タン タン タン。
 タン タン タ タタタ タタ

 句点位置が異なるため,多少読み解きにくいかもしれないが,上同様,出だしから6符目までを2拍とし,テンポをあげた場合の再現とだいたい合致する。

 筆者蔵・吉見『明清楽譜』(MG01_10)の符号は,口拍子だと以下のように読み解ける。

 ター ター タン タン タン タン ター。 タン タン タン
 タタ タ〜タター。 タン タン ター タン タン
 タン タン ター タン タン タン タタ タ〜タ
 ター。 ター ター。 タン タン タタタタタン
 タタター。 タン タン タン タン。 タン タン タン。
 タタ タ〜タター

 標準譜から再現される曲調に沿って唱えてみた場合,音長の最小単位を「タ」,次に長いのが小点の「タン」,長音を「ター」と「タ〜」として問題らしい問題は見られない。



 平井明『月琴胡琴明笛独案内』(GKM007)の符号は,口拍子で以下のように変換される。

 ター ター タン タン ター タン ター。
 ター タン ター タタター タター。
 タン タン タン タン ター タン タン ター。
 タン タン ター タタター タター。
 ター ター タン タン タタタタタタ ター。
 ター ター タン タン。
 ター ター タン タタター タ ター。

 3フレーズめの緑色の部分は工尺譜の「六工尺」にあたり,付点譜からの再現では 「六−−−工−尺−」 と4・2・2拍だが,この符号だと2・2・4拍 「六−工−尺−−−|」 となっていた可能性が高い。間違いだとは思うが,いちおう再現にはいれておこう。
 つぎの「タ」1符は4行5符めの「四」で,標準譜では2拍。ここでは短音の傍線が付されているが,こちらは無印か傍点(タン)の印刷上のミスだと思われるので,再現では「タン」として処理する。 MIDI

 符号では2拍の音も4拍の音もともに「のばす音」としてはらい線で表されてしまうので,これら符号譜の冒頭の2音がどちらであったのかは実際のところ不明ではあるが,「露月」「弄月」など伴奏曲との合奏をせず,単体で演奏する時には,鈴木の譜のように出だしから6音をすべて2拍としてしまったほうが曲として自然であることから,連山派内でも出だし2音を4拍の長のばしするタイプと,2拍2音でさらりと流す2つの演奏法が流布せられていた可能性が高い。
 付点譜3例のほかに沖野の近世譜なども冒頭2音を4拍としていることから,そちらが連山派において「本寸法」な曲調であったことは間違いないが,符号譜の多くにこの2音を特に強調した例がないことなどから,これを鈴木の譜のように2拍としたり,また八木蔵版の符号や葭田の数字譜のように,全体を半分の拍に縮め,軽快に弾くことも普通におこなわれていたのではないかと考えられる。

 歌詞対照譜を見てゆくと,歌唱の上でも大別2種類の歌いかたがあったようである。

中井
高柳
鷲塚
鈴木
SKM013_008
中井 
高柳 
鷲塚 
鈴木 
SKM013_008 
中井
高柳
鷲塚
鈴木
SKM013_008
中井 
高柳 
鷲塚 
鈴木 
SKM013_008 
中井 
高柳 
鷲塚 
鈴木 
SKM013_008 
中井
高柳
鷲塚
鈴木
SKM013_008
中井
高柳
鷲塚
鈴木 
SKM013_008 
中井
高柳
鷲塚
鈴木
SKM013_008

 和泉氏蔵版(SKM013_008)は符割りが一部異なっているが,全体としては鈴木の例に属していると言っていいだろう。また平井明『月琴胡琴明笛独案内』(GKM007)は歌詞が「楓橋夜泊」になっているものの,符割りは鈴木の例と同じであると言える。

GKM007
GKM007 
GKM007
GKM007 
GKM007 
GKM007
GKM007 
GKM007

 曲尾のほうに「上工尺」3音の捨て弾きがあるのが,こちらのタイプの特徴である。あとは符号から考え冒頭2符が2拍である可能性が高い。試みにこれに即して組んだ歌唱付再現が こちら である。他方,中井以下3例の符割りは渓派のものに近いが,渓派の歌唱では曲尾の「合四合」のはじめの「合」まで歌唱がかかり,「四合」が捨て弾きとなっている。

 どちらのタイプもある程度広範に流布せられていたらしく,このほかにも同数程度見つかるのだが,中井のタイプのほうが若干変異が少ないため標準歌唱譜としてはこちらを採ることとする。 歌唱再現mp3

𠆾𠆾
 
𠆾𠆾𠆾
 
 
𠆾

 伴奏曲(上表・青字部分)には「露月」を合わせた。資料上での出現頻度からすると「弄月」のほうが一般的であったようだが,アンサンブルとしての完成度はこちらとのほうが上であると作者は考える。(参考・『音楽雑誌』42 紗窓/弄月合奏譜 MIDI

 渓派の「紗窓」に関する記事は こちら,歌唱の再現は こちら である。


中山流水< TOP >流水 SK01_11