ELECTORICAL EDITED GENERAL TEXT OF "声光詞譜" by CHARLIE ZHANG 2021 ver.0.02 08

 四季曲< TOP >中山流水 SK01_09

SK01_08 四季(スイキイ)

 曲題は「四節」とされることも。「四季如意」「四季自在」「四節如意」もしくは「福州四季」などと同系の曲が多い。曲としては「九連環」の派生形の一つである。「四季曲」との関係は 前項 参照。
 曲題読み,中井『月琴楽譜』で「スウキイ」,鷲塚『清楽歌譜』(M.14),鈴木孝道『月琴独習自在』(M.26),平井明『月琴胡琴明笛独案内』(M.30),筆者蔵『声光詞譜』和泉氏蔵版は「スイキイ」もしくは「スイキー」だが,「四」を「スイ」と読むのは連山派の工尺符の読み(渓派ではスウまたはスー)で,普通語的には中井の「スウ」のほうが近いが,派内では「スイキイ」のほうが多かったようだ。穎川藤左衛門『からのはうた』(M.12 流派不明,原著者は長崎の人。)は「そうきい」。

 拍点は加藤先生所蔵『声光詞譜』(M.11 SK01_08),筆者蔵『声光詞譜』和泉氏蔵版(SKM011_007),刊本・柚木『明清楽譜』(YNK075)の3資料より。

 柚木の譜で「𠆾」が1符,オクターブ下の「六」に替っているほか,符字に差異はない。この入れ替わりは当時の活字や印刷環境に起因するものかとも考えられるが,ここのフレーズは,内に低音の「合四」を含んでいるので,「六/𠆾」の差異は,月琴では多少影響があるものの,明笛ではどちらで書かれていても出す音は同じである。

 加藤先生蔵版は前曲などと同様,曲尾を不定拍長音として拍点を付していないが,それをのぞき無印=1拍とした場合の音長の関係は他譜と一致する。
 これらのほか,町田桜園『月琴独習新譜雑曲』(M.29)にも歌詞対照の拍点譜があるが,柚木の譜と同じく,4行1,繰り返し起点直前の「伬」に句点が付いているだけで,拍点は和泉氏蔵版のものと差異がない。
 他譜の例を参考に加藤先生蔵版『声光詞譜』の無印の曲尾を4拍とし,拍点から近世譜を組むと,以下のようになる----

  仩−仩仜|伬−四仩|伬−−○|仩−仩仜|
  伬−四−|四仩合−|−○合−|合四仩−|
  −伬−|伬仜𠆾−−○仜−|𠆾仜伬仩|
  四仩伬−|−[仩−|仩仜伬|四−四仩|
  合−−○|四仩四合|仜−仜−|−○工−|
  六−−|工六工尺|上−−尺|上−−−

  読み解き譜(1 標準譜)『声光詞譜』M.11 SK01_08 拍点より,修整後。 MIDI

となる。緑色の部分が符字の異同・句点の有無の差異のあった箇所だが,曲尾と句点位置をのぞき,音長の関係は3譜一致しているので,これをそのまま標準譜と考えてもよかろう。

 沖野『清楽曲譜』の近世譜(OKINO_A015)は----

  仩−仩仜|伬−四仩|伬−−○|仩−仩仜|
  伬−四−|四仩合−|○○合−|合四仩−|
  ○○伬−|伬仜𠆾−|○○仜−|𠆾仜伬仩|
  四仩伬−|○○仩−|仩仜伬|四−四仩|
  合−−○|四仩四合|仜−仜−|○○工−|
  六−−○|工六工尺|上−−尺|上−−○
  仩−仩仜|伬四−|四仩合−○○四仩|
  四合仜−|仜−−○|工−六−|○○工六|
  工尺上−|○尺上−

  近世譜 沖野『清楽曲譜』 OKINO_A015 原縦書き。 MIDI

----と,繰り返し節を展開し,曲尾を1度目4拍,終止で2拍とすることで拍子に合わせているが,これはいささか作為的な修整である。また,読み解き譜(1)で4拍の箇所がいくつか,実音2拍+休符2拍に替っているが,これも前曲で触れたよう,この編者の近世譜における固有の癖なので,さほど気にせずともよい。拍点譜で繰り返し節中にある「合。」4拍を,1度め3拍+休符1拍,2度めを実音2拍+休符2拍としているのも,演奏にメリハリをつけるための演出の一種であろう。これも曲尾が2拍であるところ以外,曲調は上記の読み解き譜(1)と同様である。

 続いて,符号による演奏指示を見てゆこう。
 まず加藤先生蔵『声光詞譜』の原譜(下左)の符号は,6行2の3拍「上」にあるハネ線のみである。

 これは演奏中の要注意箇所を付記したものにすぎない。
 対して,筆者蔵『声光詞譜』八木蔵書版(SKY01_08 上右)の符号は全曲をなぞったもので,口拍子に直すと以下のようになる----

 タタ タター タタター。 タタ
 ター タン・タタ タ-ン。 タ〜タ タター。 ター
 タタタ-ン。 ター タタタン・タン タタ
 ター [タタ タター。 タン・タタタ-ン。  タ
 タ タタン・ター タ-ン。 ター タ-ン。 タタ タ
 タン・タ〜タタ-ン]

「仩仩仜」3箇所の「仩仩」が,連続する短音を表すことの多い棒線で結ばれている。この箇所は標準譜ではいづれも2・1・1拍であるので,記譜者の演奏が標準譜と同じなら 「-」 と付されるのが本来なら妥当なところだろう。また同じ符音・音長関係の箇所が均しく同様になっているので,単純な間違いとも思われない。とりあえずは,標準譜を基に「仩仩」を2・1拍から1・1拍とし「仜」との間に休符を一つはさむことで拍を調節し,MIDIに組んでみよう> MIDI

 鈴木孝道『月琴独習自在』(M.26)の譜(左画像)でも,この3箇所の「仩仩」には2符に同じ符号が使われている。左譜の符号を口拍子に直すと次のようになろう----

 タン タン タタ タタター。
 タン タン タタ タン タンタ ターン。
 タン タン タター。
 タン タタタ タン タタタタ タタター
タン タン タタ タンタタター。
 タン タン タン タン タン ターン。
 タン タンタタタ タター。タター

 1行の長さが『声光詞譜』と異なるため,フレーズ毎で行替えをしている。
 短音のことが多い棒線(タ)に比べると,「音を切る」の小点(タン)のほうが,口拍子上少しだけ長いものに感じられないでもないので,いくぶん違和感はなくなるが,この『月琴独習自在』の符号指示はかなり簡素なものであるため,実際の演奏で「ターン タン タタ」だったのを平たくして付せられたものである可能性もないではない。こちらの再現では実験として,「仩仩」を2・2拍に伸ばし(標準譜では2・1拍),棒線で結ばれている「仜伬」を1・1拍(標準譜では1・2拍)に縮めてみる > MIDI

 拍点・付点資料では音長関係にブレがあまりなく,どれからもほぼ同様の曲調が再現されるが,手書きの符号のみならず,こうして刊本に印されたものにも同じような指示があるところを見ると,再現MIDIのように「仩仩」を1・1もしくは2・2拍で演奏するような演奏が,あるていどの範囲で実際に行われていた可能性は高い。

 一方,同じ刊本でも平井明『月琴胡琴明笛独案内』(GKM006)の符号からは,標準譜に近い音長関係が示唆される。口拍子に変換したものは以下----

 ター タ タター タタター。
 ター タ タター ター タ タ ター。
 ター タタター。
 ター タタター タ− タタタタタタター
ター タ タター タータタター。
 タン タン タン ター ター。
 ター タータタタター。タター]

 「仩仩」3箇所は「音を引く」の符号(手書きだと「はらい線」に相当)と無印で通常は前者のほうが音が長い。標準譜の再現と合わないのは赤文字のところくらいである。ここは『声光詞譜』で「四仩四合」となっているが,この資料では「四仩合」と,誤植なのか1符少ない。この部分を除けば,口拍子上はおおむね標準譜と同様の曲調をなぞっていると言える。(譜に欠落あるためMIDI再現はしない)


 最期に,吉見『明清楽譜』(MG01_08)の符号を見てみよう。

 タ-ン タタタン タタター。 タ-ン タ
 タン ター タタター。 タ-ン タタター。 タ-ン
 タタター。 タ-ン タタタタタタ
 ター。[タ-ン タタタン。 タ-ン タタター。 タ
 タタタタ ター。 タン・ター。 タタタ
 タ タ〜タター]

 筆致のせいで多少小点(タン)なのかハネ線(タ-ン)なのか迷う部分があり,2行6「合」の符号が若干かすれ気味で,ハネ線か3・1拍の下垂波線(タ〜)か微妙なところではあるが,それぞれ無難にハネ線として処理した場合には,上のようにほぼ標準譜の曲調を無理なく表現したものとなる。

 以上,拍点からも符号の指示からも,標準譜に設定した読み解き譜(1)から大きく逸脱するような再現は得られない。3箇所の「仩仩」2・1拍を1・1もしくは2・2拍とするアレンジが存在していた可能性は高いが,これが派内で「一般的」といえるほど広まっていたというほどにも思えないため,「標準的な曲調」としては読み解き譜(1)でじゅうぶんであろうかと思われる。
 加藤先生蔵の『声光詞譜』は曲末「上尺上」3・1・4拍の「上尺」3・1拍間にのみハネ線を入れていることははじめのほうでも触れたが,筆者蔵の写本『声光詞譜』和泉氏蔵版でもおなじ符号が同じ箇所に見える(こちらの符号はあと「合。合合」と同じ符の続く2・3フレーズの間に中点のみ)。はじめは曲中同様の不均等な音長関係にある箇所が他にないため,単に注意を喚起したものであろうと思われたが,平井明と鈴木孝道の譜でも「上尺」間に『声光詞譜』の譜にはない句点がはさまれており,沖野『清楽曲譜』では繰り返しの1回目は「上−−尺上−−○|」2回目では「上−○尺上−−○」と3拍1拍の間に小休止を入れて音色を変えていることから考えると,もとはこうした演出を意図する指示だったのかもしれない。
 あとは繰り返し節直前の 「𠆾仜伬仩四仩伬−−−」 あたりを音を連続させなめらかに弾くという指示は,符号譜でおおむね共通していることから,これはあるていど一般的な演出であったのかもしれない。以上,すでに述べたよう,どれも標準譜の曲調に大きな影響を与えるほどのものではなく,MIDIによる再現ではさほど顕著に反映できない演出指示が多いが,実演奏に際しては,曲の流れの一部として,いちおう頭にとどめておくと良いかもしれない。


 歌詞対照譜は筆者蔵・写本『声光詞譜』(SKM011_007),平井明『月琴胡琴明笛独稽古』(GKM006)のほか,中井新六『月琴楽譜』,高柳精一『洋峨楽譜』坤,鷲塚俊諦『清楽歌譜』,鈴木孝道『月琴独習自在』などがある。最初のほうで少し触れた町田桜園『月琴独習新譜雑曲』も加え,それぞれの歌詞と発音位置を比較してみよう。

中井
高柳
鷲塚
町田
鈴木
SKM011_007
GKM006
中井
高柳
鷲塚
町田
鈴木 
SKM011_007 
GKM006 
𠆾𠆾
中井 
高柳 
鷲塚 
町田 
鈴木 
SKM011_007 
GKM006 
[仩
中井[蝴
高柳[蝴
鷲塚[蝴
町田[蝴
鈴木[蝴
SKM011_007[蝴
GKM006[蝴
中井
高柳
鷲塚
町田成 対 *
鈴木
SKM011_007
GKM006
中井 
高柳 
鷲塚 
町田
鈴木 
SKM011_007 
GKM006 


 中井・高柳・鷲塚の歌詞に対する符割りはほぼ完全に一致する。このタイプでは町田桜園の譜のみ歌詞尾「成対」のかかる位置を曖昧にしているが,他譜はすべて「六。」4拍で歌詞を終え,以降は捨て弾きとしている。

 鈴木以下3譜は中井らのものとは別タイプと思われ,7小節めまでは一致しているが,中間にやや変異がある。2つのタイプの差異は語間音の「阿」を2音で「アア」と発音するか,あくまでも1字1音の「ア」とするかの違いで,後者には歌唱が文字上の伝承となってからの作為がやや感じられなくもない。

 2つのタイプが流布されていたとは言えるものの,資料を越えて符割りにゆるぎがほとんど見られないことから,連山派における本曲の「標準的な」歌唱の符割りは,上表の上から3つ,中井らのタイプであったと考えて差し支えない。

 歌唱再現mp3

𠆾𠆾
 
[仩
[蝴
 


 渓派における本曲の類曲は 「四季曲」 である。『声光詞譜』における前曲(SK01_07)と同名であるが,曲の構成上は前半が連山派の「四季」に近く後半は「四季曲」に近い別曲となっている。

 上−上工|尺−四上|尺−工−|尺−−○|
 上−上工|尺−四仩|−四合−|−○上−|
 −−尺−|工−六−|−−工−|−−上−|
 工−尺−|四上尺−|工−尺−|−○[上−|
 上工尺−|四仩−四|合−−○|四仩四合|
 工尺工○|尺工六−|五六工尺|上−−尺|
 上−−○|]

 渓派『清風雅譜』SG011「四季曲」 MIDI

 連山派系の資料でも多少の混乱はあるが,同派では「四季」が歌詞付で「四季曲」は器楽曲とされている。渓派の場合,太田連『清楽雅唱』(上)にこれに歌詞を付けた対照譜が(渓派「四季曲」歌唱再現 mp3)あるので,本曲が類曲として比定されるわけだが,ほぼ一致するのは出だし部分くらいで,後半は前曲(SK01_07)のほうと一致するところが多い。
 歌唱の再現では渓派のほうが低音と高音の往来が多く,連山派のほうがほぼ高音でまとまっている。冒頭のほうで述べたように,本曲はもともと「九連環」から派生したものであるが,大陸の「九連環」に属する派生曲は歌唱における女性の高音域のコロラチュオを聞かせどころとするものであるから,この点では連山派のメロディのほうが,いくぶんその伝承上の原型をとどめていると言えなくもない。ただし,渓派の譜が低音を中心に構成されているのは,ひとつに渓派の成り立ちから考え,当初その担い手の中心が煎茶・漢文趣味の男性陣であったため,原歌で必要とされるような高音が出せなかったということにも起因しているのかもしれない。

 上でも触れたように,連山派の「四季」は渓派のものより高音符が多くなってはいるが,明笛では多く「合四」に隣り合わせた,あるいははさまれた「五」以上の符(ニンベンが付く)が1オクターブ低い音で演奏されるものである。そのため明笛のパートを工尺譜として書きだすと,以下のように渓派の「四季曲」に近いものとなる。

  上−上工|尺−四上|尺−−○|上−上工|
  尺−四−|四上合−|−○合−|合四上−|
  −○尺−|尺工六−|−○工−|六工尺上|
  四上尺−|−−[上−|上工尺○|四−四上|
  合−−○|四上四合|工−工−|−○工−|
  六−−○|工六工尺|上−−尺|上−−−]

  SK01_08(標準譜)明笛パート変換後

 あくまで愚考ではあるが,ここから考えると同じ系の曲が伝承されたものの,その時期か伝承者が主とした使用楽器の違いにより,渓派・連山派で曲調の差異が広がっていった,というようなことも想像されなくはない。

 四季曲< TOP >中山流水 SK01_09