ELECTORICAL EDITED GENERAL TEXT OF "声光詞譜" by CHARLIE ZHANG 2021 ver.0.02 03

 員頭環< TOP >九連環 SK01_04

SK01_03 算命曲(ソァンミンキョ)

 単に「算命」ともされる。『清楽曲譜』の解説に----

 算命曲ハ清初ノ頃ヨリ彼ノ国俗間ニ流行シタル楽曲ト察セラル。其後幾分カ改良シ来タリ。又我国ヘ伝来セシ已来幾分カ改良ヲ加ヒタル者ト思ハル。然レドモ其曲体ハ敢テ変換セズ,聊カ音譜ノ増減ヲ為シタル位ノコトト察セラル。此曲ハ小曲ニシテ深キ趣味ナキモ音譜ノ組〓〓ク,初心ノ者音階ヲ覚エルニハ至極有用ナルヲ以テ,先ズ清楽ヲ学ブ者ニハ此曲ヲ以テ学始メトス,歌詞ハ唱歌スレドモ,其功力ナシト察スルヲ以テ是レヲ略ス。

----とあるが,「清初ノ頃ヨリ彼ノ国俗間ニ流行シタル楽曲」 というのは,書いてある通りあくまでも著者の推測で,具体的な証拠があるわけではない。歌詞は盲目の辻占と女性の問答を娯しむごく通俗なコミックソングであり,ほぼ同じ内容の俗謡がごく近世まで大陸には伝えられていた。また 「歌詞ハ唱歌スレドモ,其功力ナシト察スル」 はふざけた内容であることを忌避したのか,あるいは単に俗語の言い回しを読み解くだけの知識や語学力がなかったものかは判然としないが,明治のいわゆる「清楽家」の多くの資質はほぼ後者である者が多いようだ。

 拍点は加藤先生所蔵『声光詞譜』(SK01_03),筆者蔵・写本『声光詞譜』和泉氏蔵版(SKM002_001),刊本・柚木『明清楽譜』(YNK005)の3資料に見られる。
 加藤先生の『声光詞譜』には符号も加えられているが,これについては後述する。まずは拍点の比較。

 基点資料とする加藤先生蔵版の付点は一部が欠けている。おそらく2符1点=1拍の箇所が複数あるので,読み解き時に紛らわしくないよう,出だしの1フレーズ以外の1符1拍の拍点を略したものだろう。曲尾「合。四合」の「合。」は,一度2拍としたうえで(後掲画像参照)下の点に消しを入れ,少し離して句点「。」の下に再度点を入れ直している。この資料においてこの距離の離れた2拍点は,符号の棒線と合わせ,2符が3・1拍,1半・半拍といった不均等な音長関係にあることを表している。従ってこの「合。四」は1拍半+半拍の2拍であろう。

  上−尺工|六−工○|工六工上|尺工尺○|
  尺六工工|上尺工尺○[|四仩伬仩四|合○四合−]|

  読み解き譜(1)『声光詞譜』SK01_03 拍点より。 MIDI

 和泉氏蔵版では,基本的に1拍の符にも拍点が打たれているが,ここでは前譜と比べた場合,各符の音長がほぼ2倍に拡大されており,拍点からの近世譜はいかのようになる----

  上−−−|尺−工−|六−工−|−○工−|
  六−工−|上−尺−|工−尺−|−○尺−|
  六−工−|工−上尺|工−尺−|−○[四−|
  仩伬仩−|四−合−|−四合−|−−]  |

  読み解き譜(2)写本『声光詞譜』SKM002_001 拍点より。 MIDI

 柚木『明清楽譜』の拍点は以下のような近世譜となる。

  上−尺工|六−工○|工六工上|尺工尺○|
  尺六工工|上尺工尺○[|四−仩伬|仩−四−|
  合−−四|合−−−]|

  読み解き譜(3)柚木『明清楽譜』YNK005 拍点より。 MIDI

 全体の音長が読み解き譜(1)のほぼ倍になっている和泉氏版に対し,柚木の版は繰り返し節の部分だけを倍の長さとしている。
 和泉氏蔵版は一文字が5ミリ角ていどの微細な文字で書かれている手写本であり,大振りな文字で印刷された『声光詞譜』刊本のように,拍点の手書位置を微妙にレイアウトすることができないので,分かりやすくするため全体を2倍の音長としているとも考えられるが,柚木の版はMIDIを聞き比べてもらうと分かるとおり,ほか2例と比べると,曲の前後のつながりが不自然である。

 沖野『清楽曲譜』の近世譜(OKINO_A001)は----

  上−尺工|六−工−|工六工上|尺工尺−|
  尺六工工|上尺工尺−[|四仩伬 仩四|合−四 合−|]

  近世譜 沖野『清楽曲譜』OKINO_A001 原縦書き。 MIDI

----となっており,これは句点を休符としていないだけで,内容は読み解き譜(1)とほぼ同様である。またこれらとほぼ同じ内容の譜が,箸尾竹軒『清楽独稽古』(M.39 近世譜)をはじめ,大塚寅蔵『明清楽独まなび』(M.42 指譜対照の数字譜)山田要三『明笛胡琴月琴』(M.33 2拍子,近世譜)などにも見られることから,連山派・梅園派における標準的な曲調はこちらのタイプのようであり,本稿では拍点からの再現である「読み解き譜(1)」を標準譜として採用したい。

 続いて符号による表現指示を見てみよう。
 平井明『月琴胡琴明笛独案内』(GKM002)は刊本で,符号を活字の記号に置き換えており,口拍子に直すなら音引き線が「ター」,傍点が「タン」,傍線が「タタ」に相当する。「タン」や「タタ」は「ター」よりは短い,といった程度の認識はあるらしきものの,音が1音宛切れる場合が「タン」,連続している場合が「タタ」というていどで,各符号にはきまった長さの基準はない。
 標準譜の曲調が既知であることを念頭に置いて,試みに符号を口拍子に変換してみよう。

 ター タタ ター ター。
 ター タン タン タン ター タン ター。
 タン タン タタ タタ タン タ。
(タン タタ タン タン ター タン ター)。

 1行が長いので,フレーズ毎で行替えしてある。標準譜の再現を聞きながら比べた時,違和感のあるのは,同じ「タタ」で4分x2と8分x2が隣り合わせている緑色の箇所くらいであるが,「音が連続する」という意味で,2符がスラーなりレガートなりで結ばれていると考えるならそれなりに理解はできる。
 標準譜では1・2拍である繰り返し節直前の「工尺。」が 「タン タ」 であるというのにも多少違和感があるが,「尺」のところに句点があり,明笛などでは息継ぎが入るため,実音が「工」より短くなることを表現したとも思えなくはない。ただMIDIによる再現上の実験から,ここを「尺工○|」ではなく「尺−工○|」とした場合も演奏は成立するようである。もっともこの場合は符号が「ター タ。」になる可能性も出てくるが,ここまでではなくとも「尺」をいくぶん長く引くような演出があったのかもしれない。
 以上をふまえ,本譜符号から読み取れる演出を標準譜に反映させたものが,こちらのMIDIである。

 加藤先生蔵版でも標準譜の曲調を念頭に,はらい線の符を「ター」,小朱点を「タン」,線で結ばれた2符を「タタ」,句点のついた無印の符をてきとうな長音(たいてい「ター」よりは長い)として口拍子に変換してみよう。

 ター ター タン ター ター。 タン タン タン タン タン
 タン ター。 ター タン タン タン タタ タン ター。
(ター タタ タン )。

 繰り返し節のところでいくつか,符号の不明な符があるため,ここは■に変えておく。

 はじめの1・2・4符に「音を引く」を表すはらい線があるので,この付記者の聞いた演奏では,出だしに大きなテンポの変化があった可能性がある。 すなわち,標準譜の冒頭より2小節目までが,4分の「尺」が長音に聞こえるくらい,おそらくは和泉氏蔵版の出だし 「上−−−|尺−工−|六−工−|−○」 ほどの長さで弾かれていたのだろう。
 つづいて「音を短く連続」の意味となる符間の棒線が付されているのが3箇所。ただし2行の 「上尺」 3行の 「仩伬」 がともに2符均等な音長で短くという意味なのに対し,3行 「合。四合」 の「四合」間のものは,曲末の「合」と「四」の間が短く「合。」との間が長い----「合。四」が3・1拍もしくは1拍半・半拍といった不均等な音長関係にあることを示すためのもので,ここの「合四」は口拍子の「タタ」にはあたらない。この付記者のきまりでは,「合。」の句点に墨のハネ線が重ねれば同じ意味であるはずだが,演奏上,特に留意を促したい部分であったため,あえて朱で符号を入れて強調したのであろう。またここの「合。」の句点はYNK005でもOKINO_A001でも無視されているが,「合四|」と連続して弾くのではなく「合の音でフレーズが切れる」ということであろうから,実演奏でも間にわずかな休符をはさみ,この間(ま)を少し強調するのがよかろう。これらから曲末の不明部分を補すと繰り返し節は 「(ター タタ タータン タン・ タ ター)。」 となると考える
 標準譜で中速が Tempo=100 のところ,冒頭2小節を Tempo=60 ほどに設定し,あとは上項同様口拍子に沿った実音・休止の調整を行う。これがこの資料の付記者の記憶にある曲調にもっとも近かろうと思われる。(MIDI

 筆者蔵・『声光詞譜』八木蔵版(SKY01_03)刊本の版は加藤先生のものと同じだが,年記がなく,書き込まれているのは拍点ではなく符号である。ここでは出だし1符にこの資料の符号で「音を切る」を意味するレ点が付いている。月琴における「返し撥」を指示する記号としても使われるこのレ点は,だいたいは小点の「タン」よりも実音の長い「ターン」という口拍子に相当するものであると考えられる。
 加藤先生蔵版の出だしが口拍子で言うなら「ター・タータン・ターター。」になるのに対し,こちらだと「ターン・タタ・ターター。」となる。この口拍子から考えると,こちらの出だしには,SK01_03のようなテンポの変化はなさそうである。
 「ターン」だと音を引くの「ター」より長そうにも見えるので音引き線を短くし「タ-ン」と表記しよう。

 タ-ン タタ・ター ター。 タタ タタ タ
 タ ター。 タタ タン タン タタ ター タ。
(タン タタ タン タン タ-ン タ タン)。

 1行目「工六」間の棒線から後,2行目「尺六」まで付記がないが,これはこのフレーズがみな同じ調子(「タタ」の連続)なので省略したものである。 「尺六」は「タタ」,「工工」は音を切って「タンタン」であるが,ここはおそらく4符同じ音長である。 つづく「上尺」は短く「タタ」。標準譜に従えばここは2符で1拍であるが,符号では4分x2も8分x2も,「音が連続している」ととらえられれば口拍子の「タタ」で構わないので音長の判別は難しい。 「工尺。」は「工」の音を引いて「ター」,「尺。」下に棒線が引かれているので,前の「工」をいくぶん長く引けという意味だろう。「工」を2拍「尺。」を1拍として調整する。 繰り返し節冒頭「四」は「音を引く」ではなく「短く切る」の小点。これはレ点よりも実音が短く休止が長い。さらに4符目の「仩」も同じ小点であるので,この部分は安易に音をつなげず,いくぶんスタッカート気味に演奏せよということだろう。
 曲尾「合。四合」は「合。」長く「四合」間短くで読み解き譜(1)の再現と変りはないが,曲末「合」下に,はらい線ではなく小点,横に小さく横棒線が付されているのは,繰り返しの一回目では短く,二回目では長くという指示と思われるので,実演奏では1回目が2拍(実音1拍休止1拍),2回目が4拍全符としていた,というあたりが読み解きとして妥当であろう。(MIDI


 筆致が荒く「朱点」と「はらい線」の区別がつきにくいが,筆者蔵・吉見『明清楽譜』(MG01_03)の出だしにも,八木蔵版のレ点と同様の意味を持つ「ハネ線」が付されている。その後の2符が「音を切る」の小点であるので,「ターン タタ ター。」ではなく「ターン タン タン ター。」で,真ん中の「尺工」が連続せず,スタッカート気味に1音宛切れるわけである。

 タ-ン タン タン ター タ。 タン タン タン タン タン
 タン タ。 タン タン タン タン タタ タン タ。
(タン タタ タン タン ター・タ ター)。

 3行「合。四」間には,この資料で不均等な音長関係を表す下垂波線がうっすらとではあるが句点に重ねられており,「四合」間には音を詰めろという意味の棒が引かれているので,ここは2符で「ター・タ」とはねるように弾く箇所である。あとは曲末が「音を引く」のはらい線で終わっているところがほかと少々異なるものの特に問題となる箇所はない。(MIDI

 加藤先生蔵版をのぞいては,いづれの符号も標準譜の曲調から逸脱するような点は特になく,出だしの変化もテンポを違えての演出の範囲のものと考えられる。その相違のほとんどは「音を引く」か「切る」か「連続させるか」といった発音のニュアンス的な指示が中心で,いづれも標準譜の曲調を修整せしめるような情報はふくまれていないものと考える。


 つぎに曲と歌詞の関係を調べてみよう。

 筆者所蔵では写本の和泉氏蔵版と『月琴胡琴明笛独案内』に歌詞対照譜がある。前者には漢字の歌詞とそのカナ読みが,後者には歌詞の読みをカナ書したもののみが工尺譜に付されている。そのほか国図の中井新六『月琴楽譜』,鷲塚俊諦『清楽歌譜』,長崎歴文の高柳精一『洋峨楽譜』坤の譜などが『声光詞譜』の曲と符字順列が一致するため参考となる。これらの対照譜における符音と歌詞の関係を表に組んでみると,以下のようになる----

中井
高柳
鷲塚
SKM002_001
GKM002
上尺[|仩伬−四]|
中井算命
高柳算命
鷲塚算命
SKM002_001算命
GKM002算命

 1マスが1拍である。曲尾の部分に若干の差異が見られる。すなわち,中井・高柳・鷲塚は「仩四」を「一」に「合四合」までを「声」に当てているが,和泉氏蔵版は「一」を「仩」2拍のみで発音,同じ小節の「四」から曲尾までを「声」とし,平井は「仩」を「一」,「四」を「声」にあて,残りの「合四合」は器楽のみの発音となっている。
 この2例も,差異のある位置や発音のタイミングは共通しているので,流派内に2つのパターンが流布されていた可能性もないではないが,筆者の入手できた範囲内でも3例が共通しており,符割りが2番の歌詞にされていることから除外したが,筆者蔵の写本『月琴哥譜備忘録』でも,歌詞と符音の関係は,中井らのパターンと共通している。

 以上から,標準的な歌唱に近いのは,上3例のパターンのほうであろうと推測される。

上尺[|仩伬−四|]
算命

    歌唱付再現mp3


 本曲の渓派と連山派における相違点は分かりやすいので,これが譜集に含まれている場合,筆者はその相違をもってして,譜集編者がどちらの流派により近い立場であったかを推測する,一つの基準としている。渓派の標準譜は以下----

  上−−−|尺−工−|六−−−|工−−−|
  工−六−|工−上−|尺−−工|尺−−○|
  尺−六−|工−工−|上−工六|尺−−○|
 [四−尺−|上−四−|合−−四|合−−○|]

  渓派標準譜 SG004 MIDI 解説

 繰り返し節で「六」以上の高音符が一つもないことが最も大きな相違である。この相違は連山派が本曲の歌唱と伴奏をユニゾンに近く演奏したのに対し,渓派はあくまでも歌の伴奏曲として演奏したところからきていると,筆者は考えている。連山派の場合は歌ナシ器楽のみ,もしくは歌のみでも演奏は成立しないでもないが,渓派の場合は歌や他の楽器と合わさって,ようやく1曲として成立するという構成となっているわけである。(参考・渓派「算命曲」 歌詞付再現mp3
 渓派の譜は笛譜に近く,実際の歌唱パートは繰り返し節を1オクターブ高く歌ったものと思われる。ここをオクターブあげると,譜は連山派のそれに近い「四−伬−|仩−四−|合−−四|合−−○|」となるのである。

  * 月琴は最低音が「上」なので,それより低い「合四」はオクターブ高い「六五」として弾く,そのため「四−尺−|上−四−|合−−四|合−−○|」と「四−伬−|仩−四−|合−−四|合−−○|」では異なる演奏となるが,笛では「四合」にはさまれた,あるいは隣り合わせた「伬」以上の符をオクターブ下げて吹くため,「四−尺−|上−四−|合−−四|合−−○|」と書いても「四−伬−|仩−四−|合−−四|合−−○|」と書いても演奏上は変わらない。

 員頭環< TOP >九連環 SK01_04