ELECTORICAL EDITED TEXT OF "『清風柱礎』(富田寛 SC000)" by CHARLIE ZHANG 2017 ver.0.02


SC063 立板< TOP >修板 SC065


SC064 二凡串

 曲題読み,鷲塚俊諦『清楽歌譜』「ルウハンクワン」とあるを見るのみ。渓派では「二凡調」を「ニハンチャウ」,「如意串」を「ニョイカン」と読んでいるところから見て,おそらく「ニハンカン」と思われる。
 おそらくは「二凡調風の曲」,という意味。「二凡調」からインスパイヤされた曲,もしくはヴァリエーションであろう。

 17G,5行目「仩 合。」間に付線。1拍点2拍点なので本来は不要。7行目「乙 四 合。」を3連とする。「乙 四」1拍点,「合。」2拍点のため不要,意図不明。
 17Y,1〜2行目「合 四 上 尺 工」の付点に不備。「合」ウラ>オモ2拍点,「四 上」無印,「尺 工」2符オモ1拍点,「合」「尺」でオモ>オモと渡り破綻。おそらく「上」にウラ1拍点の付け忘れ。 2行目「上 合 四 仩」,「合 四」に付点なく,「上」「仩」で拍点がウラ>ウラと渡り破綻。「合 四」の2符オモ1拍点の付け忘れと思われる。3行目「合 工」,17Gはどちらも1符2拍点,17Yは各々1符1拍点。6行目「尺 上 四」,17Gは付線ナシ,17Y「上 四」間に付線。読み解き変わらず。

  合−−−|尺−−六|工−尺−|上−−○|
  四−合−四−上−|尺工上−|合−−○|
  上−−−|合四仩−|合−−○|尺−工−|
  尺−工−|尺上四−|合−−−工−−−
  尺−−六|工−尺−|上−−○|四−合−|
  四−上−|尺工上−|合−−○|上−−−|
  合四仩−|合−−○|尺−−六|工−−○|
  四−仩−|合−−○|工尺工六|尺−−上
  四−合四|仩−−○|工−六−|尺−−上|
  乙−四−|合−−○|合−−四|仩−−−|
  合四仩−|合−−○|(17G) ■ 再現曲
  合−−−|尺−−六|工−尺−|上−−○|
  四−合−−四上−|尺工上−|合−−○|
  上−−−|合四仩−|合−−○|尺−工−|
  尺−工−|尺上四−|合−工−|尺−−六|
  工−尺−|上−−○|四−合−|四−上−|
  尺工上−|合−−○|上−−−|合四仩−|
  合−−○|尺−−六|工−−○|四−仩−|
  合−−○|工尺工六|尺−−上|四−合四|
  仩−−○|工−六−|尺−−上|乙−四−|
  合−−○|合−−四|仩−−−|合四仩−|
  合−−○|(17Y) ■ 再現曲


 31Bは拍点間広く符音が半分だが,全体に均等ではなく,出だしの数小節はほか2本と同じとなっている。 6行目「尺 上」,ほか2本は不均等音長となっているが,付線がないため4分4分の均等とする。

  合−−−|尺−−六|工− 尺−|上○ 四
  尺工上|合○ 上−|合四仩 合○|尺工 尺工|
  尺上合工|尺−六 工尺|上○ 四合|四上 尺工上|
  合○ 上−|合四仩 合○|尺−六 工○|四仩 合○|
  工尺工六 尺上|四合四 仩○|工六 尺−上|乙四 合○|
  合−四 仩−|合四仩 合○|(31B)

 出だし3小節と,5行1小節目の「尺上」をのぞけば,各符の音長関係は上2本のどちらかとだいたい一致する。

 31Bの例から考えて,本来は17G・17Yの付点の2倍の拍子で演奏されるもので,通常の付点では教授と読解に難があるため,符音を拡大したものだろう。3本の付点の比較から,上2本で食い違った「合四」と「合工」は,どちらも2分2分の均等な音長関係が妥当。また出だし4小節はごく緩いテンポで,そこから中速。さらに17Gと17Yとの比較からすると,4行3小節目の「合 工」のところでもテンポの緩急がつけられていた可能性がある。
 以上を考慮の上,渓派の標準的な曲調を近世譜で表すと以下のようになる----

  合−−−|尺−−六|工−尺−|上−−○|
  四−合−四−上−|尺工上−|合−−○|
  上−−−|合四仩−|合−−○|尺−工−|
  尺−工−|尺上四−|合−工−|尺−−六|
  工−尺−|上−−○|四−合−|四−上−|
  尺工上−|合−−○|上−−−|合四仩−|
  合−−○|尺−−六|工−−○|四−仩−|
  合−−○|工尺工六|尺−−上|四−合四|
  仩−−○|工−六−|尺−−上|乙−四−|
  合−−○|合−−四|仩−−−|合四仩−|
  合−−○|(SC064 標準譜) ■ 再現曲(緩急つき)

 同じ渓派でも『増補改定 清風雅譜』(M.17)および一色親子『清楽譜』(乾 M.20 頭点のみ)に収録された譜は,『清風柱礎』のものと少し異なる。

 符字順列で比較すると以下の箇所に差異がある。

[清風柱礎]
  合尺六工尺上四合四尺工上合合四仩合 尺工尺工尺上四合工尺六工尺上四合四尺工上合合四仩合尺六工四仩合工尺工尺上四合四仩工六尺上乙四合合四仩合四仩合

[増補改訂]
  合尺六工尺上四合四尺工上合合四仩合尺工尺工尺上四合工尺六工尺上四合四尺工上合合四仩合尺六工四仩合工尺工尺上四尺上 工六尺上乙四合合四仩合四仩合

[一色]
  合尺六工尺上四合四尺工上合合四仩合尺工尺工尺上四合工尺六工尺上四合四尺工上合合四仩合尺六工四仩合工尺工 尺上四尺上 工六尺上乙四合合四仩合四仩合

 このうち「上/仩」についてはオクターブ関係なので,さほどの問題ではないが,曲前半に繰り返しの起点があることと,後半に1箇所,まったく異なる部分がある。
  筆者所有の『増補改訂』には付点がないので,本来そのままでは曲調の再現が不能だが,後半の1箇所3符以外は符字順列が完全に一致するところから,仮に各符の音長関係が標準譜と同じであるとすると,次のような再現譜を組むことが出来る。

  合−−−|尺−−六|工−尺−|上−−○|
  四−合−|四−仩−|尺工上−|合−−○|
  上−−−|合四仩−|合−−○|尺−工−|
  尺−工−|尺上四−|合−工−|尺−−六|
  工−尺−|上−−○|四−合−|四−上−|
  尺工上−|合−−○|上−−−|合四仩−|
  合−−○|尺−−六|工−−○|四−仩−|
  合−−○|工尺工六|尺−−上|四−尺−
  上−−○|工−六−|尺−−上|乙−四−|
  合−−○|合−−四|仩−−−|合四仩−|
  合−−○| (『増補改定 清風雅譜』推測譜) ■ 再現曲

 一色の例は,頭点を参考に近世譜を組むと,いちおう以下のようになる。『清風柱礎』の版と比べると,後半部分にかなりの差異があるが,原譜の付点が31Bと同じく,読み解きの難しい拍点間隔の広いパターンとなっているうえ,正確な音長関係の手掛かりとなる付線も付されていないため,この再現はあまりあてにならない。おそらくは,上にあげた『増補改訂』の再現譜の「上」が3箇所「仩」となり,8行2小節目が「工尺工六|」から「工尺工−|」になっているだけであろう。

  合− 尺−六|工尺 上○|四合 四仩|尺工上 合○|
  仩− 合四仩|合○[尺工|尺工 尺上四|合○ 工尺六
  工尺 上○|四合 四仩|尺工 上−|合−−○|
  仩− 合四仩|合○ 尺−六|工− 四仩|合○ 工尺工尺
  −上四 尺上|○工 六尺|−上乙 四合|○合 四仩|
  −合四|−○] |

 連山派では「二凡串」と題される曲は,第一楽譜『声光詞譜』(地 SK2_027)にすでに取り上げられている。曲の前半に繰り返しの起点があるあたりは,渓派の『増補改訂』や一色の譜と同じだが,こちらはこちらでまた符が異なっている。そのほか,柚木友月『明清楽譜』(YNK022)の譜が付点付きである。

 2派の曲譜を符字順列で比較すると,以下のようになる。

[清風柱礎]
  合尺六工尺上四合四上尺工上合上合四仩合  尺工尺工尺上四合工尺六工尺上四合四上尺工上合上合四仩合尺六工四仩合    工尺工六尺上四合四仩工六尺上乙四合合四仩合四仩合

[声光詞譜]
  合尺六工尺上四合四上尺工上       尺工尺工尺上四合工尺六工尺上四合四上尺工上合上合四仩合尺六工工工尺上四尺上工尺工六尺上四尺上 工六尺上乙四合合四上合四仩合]


[増補改訂]
  合尺六工尺上四合四尺工上合上合四仩合 [尺工尺工尺上四合工尺六工尺上四合四上尺工上合上合四仩合尺六工四仩合    工尺工六尺上四尺上工六尺上乙四合合四合四仩合]

[声光詞譜]
  合尺六工尺上四合四尺工上       [尺工尺工尺上四合工尺六工尺上四合四上尺工上合上合四仩合尺六工工工尺上四尺上工尺工六尺上四尺上工六尺上乙四合合四合四仩合]

 『清風柱礎』の版とも『増補改訂』の版とも一致する箇所は多いが,フレーズ単位でのはっきりとした差異があり,同じ曲というよりは,伝系の違う同題のヴァリエーションと見たほうが良い。
 加藤先生からいただいた『声光詞譜』(上左画像)の譜の付点は『清風柱礎』の31Bと同じく符音の短い版であり,指示が複雑なので,そのままでは読み解けない。これに対し,柚木『明清楽譜』(上右画像)の付点は,17G・17Yと同じようなテンポになっているらしく各符の音が長い。
 まずはここから読み解いてゆこう。ただし原譜の付点に従うと,10行1小節目の「合」から後が1拍,拍子からずれる。国図の画像だとこの符の付点は3点に見えるが,おそらくは4点であろう。これのみ修正して組んだ近世譜は以下左,それを単純に音長半分にして組み直したのが右の譜である。

  合−−−|尺−六−|工−尺−|上−−○|
  四−合四|上−−○|尺−−工|上−−○|
 [尺−−工|尺−−−|工−尺−|−上四−|
  合−工−|尺六工尺|上−−−|四−合四|
  上−尺−|−工上−|合−−○|上−合−|
  合四仩−|合−−○|尺−−−|六−−−|
  工−−○|工−工尺|上−−−|四−尺−|
  上−−○|工−−尺|工六尺−|尺上四−|
  尺−上−|−○工−|六−尺−|尺上乙−|
  四−合−−−合−|合四上−|合四仩−|
  合−−−|](柚木『明清楽譜』「二凡串」YNK022)
  合− 尺六|工尺 上○|四合四 上○|尺−工 上○|
 [尺−工 尺−|工尺−上 四|合工 尺六工尺|上− 四合四
  上尺 −工上|合○ 上合|合四仩 合○|尺− 六−|
  工○ 工工尺|上− 四尺|上○ 工−尺工六尺上四|
  尺上○ 工|六尺 尺上乙|四合− 合|合四合四仩|
  合−|](柚木『明清楽譜』音長縮小版)

  ■ 再現曲

 右の譜を参考にすると,『声光詞譜』の付点の難読解個所がだいたい読み解ける。
 3行目「工 尺 六 工 尺」,柚木の版(音長縮小版)だと「工」は1拍(4分)「尺六工尺」で2拍(8分x4)だが,こちらは「工尺」で2拍,「六工尺」で2拍となっている。「工尺」2拍で2拍目の点が「工尺」の間にあり,「尺」は付線で次の符と結ばれているので,これは不均等な音長関係を表している。すなわち4分半8分である。付点自体はそう読み解けるが,これに従うと以下に1拍4分の不自然なずれが生じるので,柚木の版と同じく「工」を4分「尺六工尺」を8分4連とする。
 「六」は横に点があるので1拍4分,「工尺」は付線で結ばれ,中間に点があるので8分8分となる。
 4行目「合 四 仩」,「合」2拍で2点目が「四」との間にある。「合四仩」間に付線はないが,「合四」は4分半8分と見て良い。

  合− 尺六|工尺 上○|四合四 上○|尺−工 上○|
 [尺−工 尺−|工尺−上 四|合尺六工尺|上○ 四合四
  上尺 −工上|合○ 上仩 合○|尺− 六−|
  工○ 工工尺|上− 四尺|上○ 工−尺工六四|
  尺上○ 工|六乙|四合○ 合四仩|
  合−|] (『声光詞譜』「二凡串」地 SK2_027)

  ■ 再現曲
  合−−−|尺−六−|工−尺−|上−−○|
  四−合四|上−−○|尺−−工|上−−○|
 [尺−−工|尺−−−|工−尺−|−上四−|
  合−工−|尺六工尺|上−−−|四−合四|
  上−尺−|−工上−|合−−○|上−合−
  四仩−|合−−○|尺−−−|六−−−|
  工−−○|工−工尺|上−−−|四−尺−|
  上−−○|工−−尺|工六尺−上四−|
  尺−上−|−○工−|六−尺−上乙−|
  四−合−|−○合−四上−|合四仩−|
  合−−−|](『声光詞譜』音長拡大版)

 オレンジで表示した4箇所は,柚木『明清楽譜』の譜(音長縮小版)と異なる箇所。柚木の版では,すべて同音の符が重なっている。いづれもが不均等な音長の符が拍子をまたいでいるので,拍子に合わせにくいため,長音/短音という関係を,長音/短音(同音)短音とすることで,発音のタイミングを分かりやすくしたものであろう。


SC064 二凡串 合尺六工尺上四合四上尺工上合上合四C合尺工尺工尺上四合工尺六工尺上四合四上尺工上合上合四C合尺六工四C合工尺工六尺上四合四C工六尺上乙四合合四C合四C合
合 尺 六 工 尺 上。四 合 四 上

尺 工 上 合。上 合 四 C 合。尺
工 尺 工 尺 上 四 合 工 尺 六
工 尺 上。四 合 四 上 尺 工 上
合。上 合 四 C 合。尺 六 工。四
C 合。工 尺 工 六 尺 上 四 合

四 C。工 六 尺 上 乙 四 合。合
四 C 合 四 C 合。
合−−−|尺−−六|工−尺−|上−−○|
四−合−|四−上−|尺工上−|合−−○|
上−−−|合四C−|合−−○|尺−工−|
尺−工−|尺上四−|合−工−|尺−−六|
工−尺−|上−−○|四−合−|四−上−|
尺工上−|合−−○|上−−−|合四C−|
合−−○|尺−−六|工−−○|四−C−|
合−−○|工尺工六|尺−−上|四−合四|
C−−○|工−六−|尺−−上|乙−四−|
合−−○|合−−四|C−−−|合四C−|
合−−○|
<g2&g2> |d2.g |e2 d2 |c2.r4 |
<a2 g2 |a2> c2 |de c2 |<g2.>r4 |
c2&c2 |<ga> c2 |<g2.>r4 |d2 e2 |
d2 e2 |dc <a2 |g2> e2 |d2.g |
e2 d2 |c2.r4 |<a2 g2 |a2> c2 |
de c2 |<g2.>r4 |c2&c2 |<ga> c2 |
<g2.>r4 |d2.g |e2.r4 |<a2> c2 |
<g2.>r4 |ed eg |d2.c |<a2 ga> |
c2.r4 |e2 g2 |d2.c |<b2 a2 |
g2.>r4 |<g2.a> |c2&c2 |<ga> c2 |
<g2.>r4 |
g2&g2 |d2.g |e2 d2 |c2.r4 |
a2 g2 |a2 c2 |de c2 |g2.r4 |
c2&c2 |ga >c2< |g2.r4 |d2 e2 |
d2 e2 |dc a2 |g2 e2 |d2.g |
e2 d2 |c2.r4 |a2 g2 |a2 c2 |
de c2 |g2.r4 |c2&c2 |ga >c2< |
g2.r4 |d2.g |e2.r4 |a2 >c2< |
g2.r4 |ed eg |d2.c |a2 ga |
>c2.<r4 |e2 g2 |d2.c |b2 a2 |
g2.r4 |g2.a |>c2&c2< |ga >c2< |
g2.r4 |

SC063 立板< TOP >修板 SC065