ELECTORICAL EDITED TEXT OF "『清風柱礎』(富田寛 SC000)" by CHARLIE ZHANG 2017 ver.0.02


SC061 阿船串< TOP >立板 SC063


SC062 漳州曲

 「漳州」は大陸の地名,福建省の南部。
 歌詞のみではあるが,亀齢軒斗遠の『花月琴譜』(天保3)にはすでに紹介されている古曲である。曲題読み,連山派・中井新六『月琴楽譜』に「シャンチウキョ」,鷲塚俊諦『清楽歌譜』に「シャンチュキョ」とあり,いづれも清楽における中国語読みに近い。

 7行目「合四仩仩合」17Gは「合四仩」をいづれも1符1拍点とするが,17Y・31Bは「合四」「仩合」を1拍点2符,真ん中の「仩」を1符1拍点とし,以降の拍子が17Gと逆転している。この箇所の17Gの付点には,本来不要なはずの「四仩」間の付線があるなど不自然な点が認められるため,17Y・31Bの付点がより正確なものと考えられる。 曲尾「合合」,17Gと31Bはいづれも1符1拍点上付で均等な2分2分,17Yははじめの「合」を上付,次を下付の4分2分半とする。
 7行目「合四仩」の部分をのぞけば,拍点位置ならびに付線は3本ほぼ一致し,曲尾の音長をのぞいては,17Yと31Bの付点は一致する。2分2分と4分2分半では,後者のほうが再現上,いくぶん曲のしめくくりらしく聞こえるが,資料が少ないので何とも言えない。

  仩−伬仜|伬−仩−|伬−−○|六−−五|
  六−−○|仩−伬仜|伬−上合|四−−○|
  仩−仩合|四−−○|仩−仩合|四−−○|
  五−仩−|五−六−|仜𠆾仜伬|仩−伬○|
  仜𠆾仜伬|仩−伬−|工六工尺|上−上合|
  伬−伬仜|合−−○|四四仩仩|四仩四仩|
  四合工工|合工合−四−仩−|仩合伬−|
  伬仜𠆾−|−○仜𠆾|仜伬仩−|仩合伬−|
  伬仜合−合○  |(17G) ■ 再現曲
  仩−伬仜|伬−仩−|伬−−○|六−−五|
  六−−○|仩−伬仜|伬−上合|四−−○|
  仩−仩合|四−−○|仩−仩合|四−−○|
  五−仩−|五−六−|仜𠆾仜伬|仩−伬○|
  仜𠆾仜伬|仩−伬−|工六工尺|上−上合|
  伬−伬仜|合−−○|四四仩仩|四仩四仩|
  四合工工|合工合四|仩−仩合|伬−伬仜|
  𠆾−−○|仜𠆾仜伬|仩−仩合|伬−伬仜|
  合合−○|(17Y) ■ 再現曲



 31Bは117Yの曲尾が17Gと同じく2分2分となっているだけなので,近世譜と再現曲は省略する。また31Bでは原譜2行真中「上合四」の「上」の横に,朱字で「仩」が書き込まれている。通常「上」真横の「仩」は装飾音ではなく,月琴で高音第3フレットを押さえたまま低音開放弦と合わせ弾きするオクターブユニゾンの指示であることが多いが,ふつうこうした効果付演奏は,同様の箇所で複数回繰り返されるものであるのに対し単独であること,連山派の諸譜,また渓派でも村田きみ『清楽雅譜』(M.15)および一色親子『清楽譜』(乾 M.20)などで,該当の符が 「仩」 となっていることから見ると,修正,もしくは 「仩で弾いても良い」 という意味の付記ととらえたほうが良いものと思われる。

 一色親子『清楽譜』所載の譜には頭点が付されている。『清風柱礎』では展開されている,3〜4行目「仜𠆾仜伬仩伬」が繰り返し表示となっているところも村田きみ『清楽雅譜』の譜と同じである。上にも書いたように1符の高低が異なるほか,曲尾は2分2分,4分2分半の2パターンが考えられるため頭点だけだと判別がつかない。また付線もないため正確な音長関係の分からないところもあるが,拍点の位置は17Y・31Bのものと一致し,同様の曲調であったものと推測される。


 本曲は渓派の第一楽譜『清風雅譜』には収録がない。一方,連山派では第一楽譜集『声光詞譜』にすでに見られ,譜集における収録例も,渓派より格段に多い。


  仩−伬仜|伬−仩−|伬−−○|六−五−
  六−−○|仩−伬仜|伬−合|四−−○|
  仩−仩合|四−−−|仩−仩合|四−−○|
  五−仩−|五−六−|[仜𠆾仜伬|仩−伬−
  −○]工六|工尺上−|上合伬−|伬仜合−|
  −○四四|仩仩四仩|四仩四合|工工合工|
  合四仩−|仩合伬−|伬仜𠆾−|−○仜𠆾|
  仜伬仩−|仩合伬−|伬仜合−合−−○
  (『声光詞譜』「漳州曲」SK02_17)  ■ 再現曲


 『清風柱礎』の付点例と比較すると,上記のとおり,1符「上」が「仩」になっているほか,数箇所音長に差異があるが,曲調上それほどの違いはない。また,上記した村田きみや一色の譜集のものが,こちらの系統に近いものとなっているところから考えても,渓派における本曲は,本来同派に伝承せられたものではなく,連山派から小改造のうえ移植せられたものである可能性が高い。
 このことは『清風雅唱 外編』における歌詞対照譜で,これを「富田先生撰」としていることからもうかがい知られる。「富田先生」はもちろん本書の編者,渓蓮斎・富田寛。 文意的には「富田先生が作った(自作の)曲」ともとられかねない文章だが,上に書いたよう,本曲が日本に紹介された時期は比較的古く,『清風雅唱』以前の連山派の諸譜にも採られているのだからそれはない。なればこれは「富田渓蓮斎の編曲による新来の曲」という意味となろう。以下17Yの付点による再現を基礎として,『清風雅唱 外編』の譜を参考に,渓派における歌曲としての再現を試みてみよう。

  サア チャンリー ピャウラン ジュー スャウ ヤ
(1)紗 帳 裡 飄 蘭 麝 哨 吓
  ゴー ウー クヮン パァスャウチュイニョ ピー マン ヤウ
  我 負 慣 把 簫 吹 玉 臂 忙 揺
  キン レン カウ キュイナン ナン エン エン レ  レ
  金 蓮 高 挙 南 々 燕 々 嚦 々
  イン シン ハウ ズウギュインズイ コウ イン ニャン (ア ヽ)
  鶯 声 好 似 君 瑞 過 鶯 娘
  チュインテン ダウ リイ カイ  アイ ヤ
(2)春 天 桃 李 開 哎 吓
  エン ヤンヒイ(ヤ)シュイデ ミイ フヮア ヤ
  鴛 鴦 戯 水 蝶 迷 花 吓
  トウ ズヒンラン デャウコウ フェンズャンゼエ イヽ ツウ ヤ
  多 情 郎 跳 過 粉 墻 折 一 枝 吓
  ピン ポ  パア ピイ ジン マァ ヤ (ア ヽ)
  並 不 怕 被 人 罵 吓
  チュインライ ペ フヮア カイ  アイ ヤ
(3)春 来 百 花 開 哎 吓
  ズヒン ラン ポ  ズウ ヅュウ ケン テン ヤ
  情 郎 不 是 愁 更 添 吓
  エヽ スャンスゥ ズヒンラン ヨン ズゥ キュイ ヌ キュイ ヤ
  也 想 思 情 郎 永 是 去 奴 去 吓
  ツァウ ワン ヌ ヒャン パァ パァ ヤ (ア ヽ)
  早 還 奴 香 罷 怕 吓
(大意)
(1)絹のとばりに蘭麝かおる ほのか
  手練れの笛をちょと吹けば 彼女の踊るたおやかに
  み足も高くふりあげて にぎやかそらにさえずる
  鳥の声 きみのようだよ 鶯鶯さん

(2)春のみ空に花の咲く あいや
  鴛鴦水と戯れて 蝶々は花に迷います
  浮気男の垣根を越えて 花を一枝散らします
  バレたら怒られちゃうからね

(3)春がきました百花の開く あいや
  いとしの貴男 これ以上悲しまないで
  いつまでも 思っているからハンカチの
  残り香あるうち 帰ってきてね

  ■ 歌曲再現(MP3)

 「鶯娘」とあり「跳過粉墻」とあるからには『西廂記』に引っ掛けている(『清風雅譜』「茉莉花」の項目参照)とは思うが,内容から考えると,男と女の関係を歌ったふつうの戯れ歌と言ったほうが良い。
 第1段2行目「把」にあたる音が『清風柱礎』で「上」になっている箇所である。ご覧のように歌詞対照譜では村田きみや連山派諸譜と同じく「仩」となっている。ここが「上」だと演奏上若干不自然さがあるため,単なる間違いではないかと思われるが,『清風柱礎』における変更は,あるいは単独での器楽演奏を意図した上での小編曲であったのかもしれない。また1段同行「忙」の音が「仩五」となっている。『清風柱礎』およびほか2段の該当箇所は「仩合」であり,再現上も不自然なため間違いとは思われるが,再現では歌唱パートにのみこれを残してある。
 さらに,音長こそ違うものの,『声光詞譜』の例でも,曲尾「合合。」は17Yと同じく不均等関係となっている。そこから考えると,やはり17Yの付点が渓派における標準に近いものかと言えようが,2分2分なり4分2分半という音長は,清楽曲として「曲尾らしい」ものではない。 本曲が歌曲としては本来,3段まであるものであることを考えると,1・2,2・3段間の曲尾は17G・31Bの2分2分,3段目の曲尾,さらに言うなら最後の「合。」のみを延ばす,という形式がもっとも「曲尾らしい」。上の歌曲再現ではその部分だけ変更して,そうした構成に組んだ。
 通常の工尺譜付点法では,こうした構成上の演出を表現する手段はない。曲尾部分に備考を追記するのがせいぜいのところであろう。曲調を教えるうえで,歌曲であることを前提にしたなら,基本曲尾は2分2分として教授し「3度目には曲尾を延ばす」と口頭で伝える程度であろうし,歌ナシ単体の器楽曲とした場合には,それだけで曲として成り立つ最後の一段のパターンを抜き出して教えるだろう。 前者の場合,付点は17Y・31Bのようになるだろうし,後者の場合は『声光詞譜』の例のようになろう。ここから考えると17Yの曲尾はどうにも中途半端である。もしかすると,2つのパターンの間で逡巡した挙句,その中間的な音長に落ち着いてしまったものかもしれない。

 連山派では中井新六の『月琴楽譜』(M.11),高柳精一『洋峨楽譜』(坤 M.17)に歌詞対照譜が見える。渓派の歌詞にある「アア」などの付飾音がない。
 ほか二派に比べると,長崎派における本曲の流布については資料が少ないためはっきりとしない。筆者の知る資料では河副作十郎『清楽曲牌雅譜』(M.10)の例がほとんど唯一である。『清風雅唱』で読み仮名にのみ見える付飾音が,ここでは「啊呀」「啊啊呀」と漢字で書かれ,歌詞の読みは長崎派風,一部の符にオクターブ高低の差異もある,ほかに例がないのでこれが同流伝来の曲であるのか,河副による新来の曲であるのかについては分からない。

 付飾音以外の諸本歌詞の差異は以下。
 亀齢軒斗遠『花月琴譜』は,1段目「南南」を「喃喃」で表記。
 中井新六1段目「忙揺」の「揺」の読みを「ニャン」とする。この段の最後が「娘」で「ニャン」なのでそこと間違ったか。「揺」の方音に当該の音のないことは当たり前として,いづれにせよ他例なく誤植か間違いと考えられる。3段末「香罷怕」を「香羅怕」とし,読みを「ヒャンルウパア」とふる。高柳精一『洋峨楽譜』(坤 M.17)も同じ。
 河副作十郎,1段目「我負慣把」を「我肩慣把(ゴムイクワンパア)」とする。これは『花月琴譜』が「負」を異体字で表記しているものを誤読したものかとも思われるが,「肩」は普通語で「jian1」,方音でも「キャン」か「ギャン」に近い音で「ムイ」にはならない。「負」を「ヒイ」か「ヒウ」と書いたものの誤植であろうか。ほか歌尾を『月琴楽譜』と同じく「香羅怕」とする。鄭錦揚(後述)は「香羅怕」を「香羅帕」の間違いでは,としている。これだと「かぐわしい羅紗のハンカチ」となり,別れ際に「奴(旧時の女性の一人称)」が自分の残り香のついたハンカチを男に渡したのだと考えればよく,もっとも分かりやすい。
 村上復雄『明楽花月琴詩譜』(M.11)および鷲塚俊諦『清楽歌譜』(坤 M.14)の歌詞(第1段のみ)は『清風雅唱 外編』と同じ。ただし村上の曲譜は不完全なものである。

 鄭錦揚「『洋峨楽譜・坤』所載 "漳州曲" 初探」(『音楽芸術』2003年4期)に,著者による五線譜訳譜が見える。文中に楽曲復元の方法や過程などの説明がないので詳細は不明だが,ここにある五線譜は本書の付点による再現とは曲調がまったく異なる。
 題にある『洋峨楽譜・坤』は高柳精一が明治17年に出版した清楽曲譜集で,その歌詞対照譜はおそらく,中井新六『月琴楽譜』の譜を引き写したものと思われる。この『洋峨楽譜・坤』に付点はついていないが,高柳精一は連山派,もしくは梅園派の清楽家と思われるので,その曲調は上記『声光詞譜』の付点から再現した版に近いものだったと考えられるのだが,さまざまに考えた結果,おそらくこれは日本の清楽式の付点法によったものではなく,著者が中国の工尺譜と同じに,歌詞対照譜の符字の間隔によって各符音長を推測してしまったためであろうと考えられる。
 大陸の歌詞対照譜では,打楽器の拍子を表す記号の「板・眼」と,符字間の空白の広い狭いによって音長を読み解くのであるが,日本の清楽の歌詞対照譜はその形式をとっておらず,ある文字に何音が付せられているかと,その音の長短には何ら関係がない。彼の再現では最初の6音はみな同じ長さ,7・8音がその半分の長さとなっているが,付点では2・3音が8分,6音目が全符で,7・8音は2分半4分の不均等関係となっている。また『清楽柱礎』や『月琴楽譜』ではどの段も曲調は同じだが,彼の再現ではすべてが異なっている。これは『洋峨楽譜・坤』が全段を歌詞対照としていることに起因するものだろう。付されている曲譜は同じだが,文字のレイアウトの関係で,符間の間隔がそれぞれ違ってしまっているからだ。
 ただし著者は本曲と福建の「大渓出有渓辺沙」など「褒歌(福建民謡の一種,二人で互いに唱えあう問答形式の歌唱)」との類似関連についても語っているので,そのあたりからの推測復元も混じっているかもしれない。

SC062 漳州曲 CDEDCD六五六CDED上合四CC合四CC合四五C五六EGEDCDEGEDCD工六工尺上上合DDE合四四CC四C四C四合工工合工合四CC合DDEGEGEDCC合DDE合合
C D E D C D。六 五 六。C
D E D 上 合 四。C C 合 四。
C C 合 四。五 C 五 六 E G
E D C D。E G E D C D

工 六 工 尺 上 上 合 D D E
合。四 四 C C 四 C 四 C 四
合 工 工 合 工 合 四 C C 合
D D E G。E G E D C C
合 D D E 合 合。
C−DE|D−C−|D−−○|六−−五|
六−−○|C−DE|D−上合|四−−○|
C−C合|四−−○|C−C合|四−−○|
五−C−|五−六−|EGED|C−D○|
EGED|C−D−|工六工尺|上−上合|
D−DE|合−−○|四四CC|四C四C|
四合工工|合工合四|C−C合|D−DE|
G−−○|EGED|C−C合|D−DE|
合−合○|
c2 de |d2 c2 |d2.r4 |g2.a |
g2.r4 |c2 de |d2 c<g |a2.>r4 |
c2 c<g |a2.>r4 |c2 c<g |a2.>r4 |
a2 c2 |a2 g2 |eg ed |c2 dr4 |
eg ed |c2 d2 |eg ed |c2 c<g> |
d2 de |<g2.>r4 |<aa> cc |<a>c <a>c |
<ag> ee |<g>e <ga> |c2 c<g> |d2 de |
g2.r4 |eg ed |c2 c<g> |d2 de |
<g2 g>r4 |
>c2 de |d2 c2 |d2.<r4 |g2.a |
g2.r4 |>c2 de |d2< cg |a2.r4 |
>c2 c<g |a2.r4 |>c2 c<g |a2.r4 |
a2 >c2< |a2 g2 |>eg ed |c2 d<r4 |
>eg ed< |>c2 d2< |eg ed |c2 cg |
>d2 de< |g2.r4 |aa >cc |a>c< a>c< |
ag ee |ge ga |>c2 c<g |>d2 de< |
>g2.<r4 |>eg ed |c2 c<g |>d2 de< |
g2 gr4 |

SC061 阿船串< TOP >立板 SC063