ELECTORICAL EDITED TEXT OF "『清風柱礎』(富田寛 SC000)" by CHARLIE ZHANG 2017 ver.0.02


SC052 遊板< TOP >三字令 SC054


SC053 巧韻串

 1行目いちばん下の「仩 五 六。仩」17Gは最初のものと同じ拍点配置で「仩−五六|○仩」,17Yは「仩」と「六」に上付の1拍点を付し「仩五 六○仩|」と1小節にまとめている。続く2行目「五 六。」,17Gは「五」に付点,付線で結んで4分4分,17Yは「五」にオモ1,「六」にウラ下付1で4分2分半。曲調が冒頭だけで大きく異なる。 4行目「六 五 仩。」2箇所,17Gは「六五」を結んで4分4分,17Yは「五仩」を結んで4分半8分とする。同行〜5行「尺 五 六。」2箇所も,17Gは「尺五」を結んで4分4分,17Yは「五六。」を結んで4分半8分。 6行目「上 尺 上 四」,17Yは「上四」間に付線がないので,不均等音長の可能性はあるが,ほかに特記なく,1拍点4符なので基本8分均等としか読み解けない。 同行「合 四 仩。」17Yは3連とし,通常1符3連は読み解き不能だが,この場合はおそらく休符を含む8分x4と考えて良いと思う。17Gは「四仩」間を空けて「仩」と次の符を結んでいる。おそらく17Yと同じ8分x4の読み解きで良いと思うが,句点を休符と考えず無視するならば,8分4分8分すなわち 「 」 という可能性も一応考えられる。 6〜7行「工 六 工。」17Gは「工六」を結んで8分8分4分(8分+8分休符),17Yは3連とするがこれも前同様末尾が句点なので17Gと同じ読み解きとなる。句点をどのように考えるかの違いであろう。

  仩− 五六|○仩 五六|仩− 五六○仩 五六
  工六 工上|尺工 尺○|仩仩 五仩五六|工六 工上|
  尺工 尺○|六五 仩○|六五 仩○|尺五 六○|
  尺五 六○|上−−○|上−−○|上尺 工六|
  工尺 上尺上四合四仩○ 工六工○|五六−○|(17G)
  ■ 再現曲
  仩− 五六|○仩 五六|仩五 六○仩五六−○
  工六 工上|尺工 尺○|仩仩 五仩五六|工六 工上|
  尺工 尺○|−五 仩○|−五 仩○|−五 六○|
  −五 六○|上−−○|上−−○|上尺 工六|
  工尺 上尺上四合四仩○ 工六工○|五六−○|(17Y)
  ■ 再現曲

 31Bは拍点間隔が2倍,符音はほか2例の半分である。上掲2本を参考に読み解いたものを以下左に,それをもとに比較のため音長を拡大した版を右に記す。

  仩五六 ○仩五六|−○仩五六|○仩五 六○|
  工六工上 尺工尺○仩仩五仩五六 工六工上
  尺工尺○ −五仩○−五仩○ 尺五六○
  −五六○ 上○|上○ 上尺工六
  工尺上尺上四合四仩○工六工○ |(31B)
  ■ 再現曲
  仩− 五六|○仩 五−−−○|仩− 五
  −○ 仩五|六−−○|工六 工上|尺工 尺○|
  仩仩 五仩五六|工六 工上|尺工 尺○|−五 仩○|
  −五 仩○|尺五 六○|−五 六○|上−−○|
  上−−○|上尺 工六|工尺 上尺上四合四仩○ 工六工○
  五六−○|(31B 音長拡大版)

 1行目,二番目の「仩五六。」の休符は上掲2本では無視したのだが,こちらの付点だと「六。」が下付点で拍子を渡るため,「六」の音の一部として入れてある。さらにこの箇所は,こちらの版では「六」がオモ下付1拍点,次の「仩」にウラ上付1拍点,「六。仩五六」までで1小節を形成するので,「六」はその前の小節から含めて8分+2分の長さとなる。通常,清楽曲ではあまり考えられない音長関係であり,再現でもやや不自然さがあるため,拍点位置もしくは上付下付の表記に間違いがあろうかと思われる。
 5行目「尺合六。上。」でオモ>オモと渡って破綻。曲尾の「五六。」付線等の指示がないので基本的には読解不能,句点を無視して4分4分か,句点を加えて4分8分8分,あるいは8分8分4分。上掲2本の譜を参考にした場合は,8分4分に8分の休符となる。

 冒頭部分をのぞけば,全体的には17Gの付点から推測されたものに近い。ただし,原譜4行目の「六五」の音長関係は17Yと同じなのに,4〜5行目の「尺五」ははじめが4分4分,次が4分半8分になっているなど,両方のパターンが混在しているとも言える。

 渓派では本書のほか『増補改定 清風雅譜』,村田きみ『清楽雅譜』,楢崎富『清風雅譜 月琴独稽古』にも収録される。いづれも付点なし。 一色親子『清楽譜』(乾)には頭点のみの付点譜があるが,この曲の音長は難解なので今回は再現不能である。ただし「六五仩」「尺五六」が繰り返し表示になっているところから,元になっているのは『増補改定 清風雅譜』の譜と思われる。 ほか,岡本半渓『清楽の栞』に「長恨歌」の後弾として本曲同様の譜が見られる。冒頭の繰り返しが少ないが,符字はだいたい一致する。これも付線とカナ文字による音長補足はついているが,付線は『清風柱礎』の例とは合わず,現状再現不能である。
   


 連山派で本曲は『声光詞譜』にすでに見られるほか,この系統の譜集にはよく見かける曲の一つとなっている。しかし『声光詞譜』の付点は不完全なのか,曲尾が不明。『声光詞譜』と符字順列同じ付点譜が柚木友月『明清楽譜』にも見えるが,これも途中から拍子との間に微妙な乖離がある。どうやらこちらの派内でも,曲調にかなりのゆらぎがあったようだ。
 渓派のものにない特徴としては,冒頭の「仩五六」の繰り返しがまったく同じパターンであることがあげられる。また繰り返し節「六五仩○」の「六五」が『清風柱礎』の17Y/31Bと同じく不均等関係となっている。

 [仩−五六|仩五六−|]工六工上|尺工尺−|
  −○仩仩|五仩五六|工六工上|尺工尺−|
  −○[六−五|仩○]尺五|六−|尺五六○|
  上−−−|上−−○|上尺工六|工尺上尺|
  上四合四|仩工六○|工五六|(『声光詞譜』SK02_12)
  ■ 再現曲
 [仩−五六|仩五六−|]工六工上|尺工尺−|
  −○仩仩|五仩五六|工六工上|尺工尺−|
  −○六−|−五仩−|六−−五|仩−尺五|
  六−尺−|五六−上|−−○上|−−○上|
  尺工−六|工尺上尺|上四合四|仩工六工|
  五六−−|−   | (柚木友月『明清楽譜』YNK021)
  ■ 再現曲
   


 長崎派では「二凡(雷神洞)」などの長曲中の曲牌として,題に「串」のない「巧韻」が収録されているほか,河副作十郎『清楽曲牌雅譜』に「巧韻串」,山下松琴『大清楽譜』に「巧韻」と独立した曲としての収録がある。付点がなく再現できないものが多いが,符字順列で見る限り「上/仩」間の変換はあるものの,渓派の「巧韻串」と余り変わらないもののようである。

 曲題読み,楢崎富『清風雅譜 月琴独稽古』は「巧韻」と題し「カウイン」とふる。鷲塚俊諦『清楽歌譜』では「コウインカン」。長崎歴文『西奏楽意譜』(写本 中村18:57)では「巧韻」に「コイン」とある。この資料では,読みがなから長音濁点を省いた古い形式の表現が使われているので,これも実際は「コーイン」であろう。
 曲題は「超絶技巧曲」のような意味合いだろうとは思われる。再現を聞き,一定のリズムにおいて自分で演奏してみる限りにおいては,どこがそうなのかは分からないが,渓派・連山派の曲調がどれも一致しないところからすると,実際に演奏されていたものは,よほどに難しい拍子だったのかもしれない。大陸の曲牌中に類似の例が見出せないので,今のところこれ以上の詳細は不明である。

SC053 巧韻串 C五六C五六C五六C五六工六工上尺工尺CC五C五六工六工上尺工尺六五C六五C尺五六尺五六上上上尺工六工尺上尺上四合四C工六工五六
C 五 六。C 五 六。C 五 六。C
五 六。工 六 工 上 尺 工 尺。C
C 五 C 五 六 工 六 工 上 尺
工 尺。六 五 C。六 五 C。尺 五
六。尺 五 六。上。上。上 尺 工 六
工 尺 上 尺 上 四 合 四 C。工
六 工。五 六。
C−五六|○C五六|C−五六|○C五六|
工六工上|尺工尺○|CC五C五六|工六工上|
尺工尺○|六五C○|六五C○|尺五六○|
尺五六○|上−−○|上−−○|上尺工六|
工尺上尺上四合四工六工|五六−○|
>c2< ag |r4>c< ag |>c2< ag |r4>c< ag |
eg ec |de dr4 |>cc< a8>c8<a8g8 |eg ec |
de dr4 |ga >c<r4 |ga >c<r4 |da gr4 |
da gr4 |c2.r4 |c2.r4 |cd eg |
ed c8d8c8<a8> |<g8a8>c e8g8e |ag2 r4 |
>c2< ag |r4>c< ag |>c2< ag |r4>c< ag |
eg ec |de dr4 |>cc< a8>c8<a8g8 |eg ec |
de dr4 |ga >c<r4 |ga >c<r4 |da gr4 |
da gr4 |c2.r4 |c2.r4 |cd eg |
ed c8d8c8a8 |g8a8>c< e8g8e |ag2 r4 |

SC052 遊板< TOP >三字令 SC054