ELECTORICAL EDITED TEXT OF "『清風柱礎』(富田寛 SC000)" by CHARLIE ZHANG 2017 ver.0.02

付録・『清風雅唱 外編』拾遺


INTRODUCTIN< TOP >INDEX 付録_INDEX


SCS005 万寿寺宴
 曲題読み,中井新六『月琴楽譜』で「ワンシウズウエン」,鷲塚俊諦『清楽歌譜』で「ワンシウシウエン」。中国語読みとしては中井のほうがやや近いが,清音の目立つ北方風の発音だとこの中間と言ったところ。
 国図アーカイブ『清風雅唱 外編』は乱丁本で,58〜59コマと33〜34コマをつなぎ合わせると1曲の譜が完成する。渓派の集では,ほか村田きみ『清楽雅譜』(M.15)に素譜,一色親子『清楽譜 乾』(M.20)に頭点付きの譜が見える。そのほか長崎歴文所蔵『清風雅譜』(得我女史画 手写本 中村18:51)に,オモテウラの拍点のそろった付点譜が見える。
 

 『清風雅唱 外編』の4行目下,割行になっているところの冒頭 「上 工 尺 上 四。」 が,この2譜では 「上 工 尺 上 四」 となっている。長崎歴文の『清風雅譜』(写本)の譜でもここは同様だが,曲末のほうに出てくる同じフレーズ(『雅唱』だと22行目割行中)の 「上 工 尺 上 四。」 が「上 工 尺 上 四」 である。付点から音長関係を見ると 「上 工 尺 上」 は2分・2分4分4分,「上 工 尺 上」 は4分半8分・2分4分4分となっているので,この 「」 はよくある装飾音とも捉えられる。ここからこれはあくまでも個人的なアレンジの範囲で,特にとりあげるほどの差異とは考えられない。

 いっぽう,10行目「客問其謂対道」の後に,『外編』以外の譜では 「合 合 工 尺 上 尺」 というフレーズが入ることになっている。『外編』でも同じような流れの17行目には見られるし,同様の歌詞対照譜である,中井新六『月琴楽譜』などの譜(右画像参照)にも見えるので,ここは単純に,1フレーズを誤って欠落しただけであろうと思われる。再現曲では補しておきたい。


 資料間で差異のもっとも大きいのが,句点の位置である。
 『外編』の場合は歌詞対照譜のため,レイアウトが特殊であまり参考にならないが,村田と一色のものには類似が見受けられる。5行目の 「合 工 尺 上 尺」 は最初のセリフ部分にかかる箇所で,末尾の「尺」は長音になるが,ここに句点を入れているのは村田の譜のみである。「フレーズの区切り」という意味では句点が入っておかしくはないが,構成から考えると,この「尺」はセリフの頭にかかるくらいでもよいので,休符としての句点は不要と思われる。 曲尾近く 「尺 乙 四」 が繰り返される箇所,『外編』は二番目の 「尺 乙 四」 にも句点を付しているが,これは歌唱のみの句点で,演奏は休符をはさまず,音をつなげる形で曲尾まで弾き通すものと思われる。この2箇所の全符長音のみ句点はなしとする。

 この句点の比較と,長崎歴文手写本『清風雅譜』(得我女史)および一色『清楽譜』の付点を参考に,この曲の渓派における標準的な付点譜を再現すると,以下左のようになり,これをもとに近世譜を組むと右のようになる。

 
  仩−四合|仩−−○|上−上工|尺−−○|
  合−工尺|上−−○|仩−四合|仩−−○|
  工六工尺|工六工尺|工六工尺|上−−○|
  −尺工−|尺上四○|四仩四−|合−−○|
  合−合工|尺−−上|尺−−−
  (白)
  伬−伬仜|伬−−○|仜𠆾仜伬|仩−−伬|
  仩−−○|合−合工|尺−上−|尺−−○|
  (白)
  伬−伬仜|伬−−○|仜𠆾仜伬|仩−−伬|
  仩−−○|合−合工|尺−−○|合−合工|
  尺−−○|合−合仩|四−合工|合−合工|
  尺−−○|上−尺工○|工六工尺|工六工六|
  工−−○|上−工−|尺上四−|四仩四−|
  合−−○|伬−乙−|四−−○|伬−乙−|
  四−−−|合−合工|尺−−上|尺−−上|
  尺−−○| (渓派標準譜)■ 再現曲

 この標準譜の曲調をもとに,『清風雅唱 外編』の歌詞対照譜を用いて,本曲の渓派における歌曲としての再現を試みてみよう。

  イゥ ハン イュイ ワン シゥ ズゥ ダーウ ヒン スー スェン ネン イェン ヒィ
  有 漢 ,万 寿 寺 道 彬 師 僧 能 言 戯。
  ウヲ イュイ ケ  トイ ダン ハン ミャウ ルウ ツェン キュイ
  或 与 客 対 談,旁 猫 兒 蹲 居。

     ジン イェン キー ユウ  ウ  デ  ウヽ ツウ ミャウ ルウ イ  ユウ ズゥ
 (白1)人 言 鶏 有 五 徳,吾 此 猫 兒 亦 有 是

  ケ  ウェンキィ ヲイ トイ ダウ
  客 問 其 謂 対 道

     ツウ ミャウ ルウ カン シュウ ウヽ プウ ズゥ ジン
 (白2)此 猫 兒 看 鼠 無 捕 是 仁,
         シュウ ライ ト キィ ジー ツエ ジャン ズゥ ニィ
         鼠 来 奪 其 食 則 譲 是 義,
    ユウ ケ ヨェ ショエン フハン ツェウ チュ ズウ リィ
    有 客 設 饌 方 走 出 是 礼,
         スイ ザン ジー ウ  チィ ネン ツェ ジー ズゥ ツー
         雖 蔵 食 物 置 能 竊 食 是 智,
    トン ライ  ジ サウ ズゥ スィン
    冬 来 入 竈 是 信。

  ケ  テン ゼー タウ ダイ スヤウ ダイ スヤウ ダイ スヤウ
  客 聴 絶 倒 大 笑,大 笑,大 笑,
   イ  ハ   イ  ハ ア ハ   イ  ハ ア
  [口|以][口|以] 哈,哈 [口|以] 哈,
   イ   ハ   イ   イ  ハ  イ
  [口|以][口|以][口|以][口|以]

   ■ 歌唱再現

    万寿寺の 道彬和尚さん頓智者。
        猫をかたえの 語りぐさ

    「ニワトリの五徳そなうと人言うが
         うちの猫めもリッパなもので。」

    ゆえをお客の問うたれば

    「ネズ見て捕らず,これ仁なり。
        エサをもゆずる,これ義なり。
      客は出迎え,これ礼なり。
        盗み食いする,これ智なり。
      冬にゃカマドにもぐりこむ,これ信なり。」

    お客の聞いて大爆笑,ああ大爆笑。
      いひひのひ いひひのひ のひ

 有漢子:「子」なら音は「ツ」だが中井『月琴楽譜』や鷲塚『清楽歌譜』では「于」となっている。「漢子」でも「おとこのひと」の意味になるが,「于(う/おいて)」の間違いであろう。「ある男が,万寿寺」という古典的表現。
 五徳:儒教的な五つの良い徳性。仁義礼智信。ニワトリにも五徳あり:「鶏/五徳」で検索すると出て来る。
 冬にゃカマドにもぐりこむ:宮沢賢治の童話に出て来る「カマド猫」というのを思い出してもらいたい。暖を求めての行為だが,中に居るのに気付かないで,煮炊きのために火を着けられたら,当然エラいことになる。そうされないとニンゲンを「信じている」ので「"信"がある」ということ。

 明・馮夢龍『古今譚概』に見える笑話(巻26「猫五徳」)を下敷きにしたものか。そこでは和尚の名前が「道彬師僧」ではなく単に「彬師」となっている。

 万寿僧彬師嘗対客,猫踞其旁,謂客曰:人言鶏有五徳,此猫亦有之;見鼠不捕仁也,奪其食而譲之義也,客到設饌斯出礼也,蔵物甚密而能竊食知也,毎冬月輒入竈信也。

 他派の資料としては加藤徹先生所蔵の『声光詞譜』(天 SK01_25)と柚木友月『明清楽譜』(YNK067)に,連山派系の付点譜が見える。
  
 この二つの資料からは,ほぼ同じ曲調が再現されるので,連山派内できまった演奏スタイルが確立されていたことは間違いない。

  仩−四合|仩−−○|上−上工|尺−−○|
  合−工尺|上−−○|仩−四合|仩−−○|
  工六工尺|工六工尺|工六工尺|上−−○|
  上尺工−|尺上四|四仩四−|合−−○|
  合−合工|尺−−上|尺−−○|
  (白1)
  伬−伬仜|伬−−○|仜𠆾仜伬|仩−−伬|
  仩−−○|合−合工|尺−−上|尺−−○|
  (白2)
  伬−伬仜|伬−−○|仜𠆾仜伬|仩−−伬|
  仩−−○|合−合工|尺−−○|合−合工|
  尺−−○|合−合仩|四−合工|合−合工|
  尺−−○|上尺|工六工尺|工六工六|
  工−−○|上−工−|尺上四−|四仩四−|
  合−−−|伬−乙−|四−−○|伬−乙−|
  四−−○|合−合工|尺−−上|尺−−上|
  尺−−○|

  渓派の譜との差異は,句点の位置のほかには2箇所4分半8分の音長関係が,4分4分となっている点だけである。
 連山・梅園派の譜集に収録するものが渓派より多いこと。またその譜に差異がほとんどないこと,さらには渓派の同系である長崎派の集に見られない曲であることなどから考え,渓派におけるこの曲は,連山派より移植せられた楽曲であると思われる

SCS005 万寿寺宴 C四合C上上工尺合工尺上C四合C工六工尺工六工尺工六工尺上上尺工尺上四四C四合合合工尺上尺(白)DDEDEGEDCDC合合工尺上尺(白)DDEDEGEDCDC合合工尺合合工尺合合C四合工合合工尺上尺工工六工尺工六工六工上工尺上四四C四合D乙四D乙四合合工尺上尺上尺
C 四 合 C。上 上 工 尺。合 工
尺 上。C 四 合 C。工 六 工 尺
工 六 工 尺 工 六 工 尺 上。上
尺 工 尺 上 四。四 C 四 合。合
合 工 尺 上 尺(白)D D E D。
E G E D C D C。合 合 工
尺 上 尺。(白)D D E D。E G
E D C D C。合 合 工 尺。合
合 工 尺。合 合 C 四 合 工 合
合 工 尺。上 尺 工。工 六 工 尺
工 六 工 六 工。上 工 尺 上 四
四 C 四 合。D 乙 四。D 乙 四
合 合 工 尺 上 尺 上 尺。
C−四合|C−−○|上−上工|尺−−○|
合−工尺|上−−○|C−四合|C−−○|
工六工尺|工六工尺|工六工尺|上−−○|
−尺工−|尺上四○|四C四−|合−−○|
合−合工|尺−−上|尺−−−|
(白)
D−DE|D−−○|EGED|C−−D|
C−−○|合−合工|尺−上−|尺−−○|
(白)
D−DE|D−−○|EGED|C−−D|
C−−○|合−合工|尺−−○|合−合工|
尺−−○|合−合C|四−合工|合−合工|
尺−−○|上−尺工○|工六工尺|工六工六|
工−−○|上−工−|尺上四−|四C四−|
合−−○|D−乙−|四−−○|D−乙−|
四−−−|合−合工|尺−−上|尺−−上|
尺−−○|
c2 <ag> |c2.r4 |c2 ce |d2.r4 |
<g2> ed |c2.r4 |c2 <ag> |c2.r4 |
eg ed |eg ed |eg ed |c2.r4 |
c.d8 e2 |dc <a>r4 |<a>c <a2 |g2.>r4 |
<g2> <g>e |d2.c |d2&d2 |r2 r2
//(白)//
d2 de |d2.r4 |eg ed |c2.d |
c2.r4 |<g2 g>e |d2 c2 |d2.r4 |r2 r2
//(白)//
d2 de |d2.r4 |eg ed |c2.d |
c2.r4 |<g2 g>e |d2.r4 |<g2 g>e |
d2.r4 |<g2 g>c |<a2 g>e |<g2 g>e |
d2.r4 |c.d8 er4 |eg ed |eg eg |
e2.r4 |c2 e2 |dc <a2 |a>c <a2 |
g2.>r4 |d2 <b2 |a2.>r4 |d2 <b2 |
a2&a2 |g2 g>e |d2.c |d2.c |
d2.r4 |
>c2< ag |>c2.<r4 |c2 ce |d2.r4 |
g2 ed |c2.r4 |>c2< ag |>c2.<r4 |
eg ed |eg ed |eg ed |c2.r4 |
c.d8 e2 |dc ar4 |a>c< a2 |g2.r4 |
g2 ge |d2.c |d2&d2 |r2 r2
//(白)//
>d2 de |d2.<r4 |>eg ed |c2.d |
c2.<r4 |g2 ge |d2 c2 |d2.r4 |r2 r2
//(白)//
>d2 de |d2.<r4 |>eg ed |c2.d |
c2.<r4 |g2 ge |d2.r4 |g2 ge |
d2.r4 |g2 g>c< |a2 ge |g2 ge |
d2.r4 |c.d8 er4 |eg ed |eg eg |
e2.r4 |c2 e2 |dc a2 |a>c< a2 |
g2.r4 |>d2< b2 |a2.r4 |>d2< b2 |
a2&a2 |g2 ge |d2.c |d2.c |
d2.r4 |

INTRODUCTIN< TOP >INDEX 付録_INDEX