ELECTORICAL EDITED TEXT OF "『清風柱礎』(富田寛 SC000)" by CHARLIE ZHANG 2017 ver.0.02


SC028 < TOP >班本二王 SC030


SC029 青陽寿

 曲題読み,鷲塚俊諦『清楽歌譜』は「ツインヤンシウ」とする。ほぼ中国語読み。常磐津の曲名に「せいようことぶき」として同じものがあるが,関係性は不明。「青陽」は春の異名,この場合曲題は「春のめでたさ」といった意味となる。 ただし同時期に大陸では「青陽扇」「青陽姐」という曲が流行していた。これらに関連する曲だとすると「青陽」は大陸の地名(安徽省)。その歌にうたわれている繊細な作りの扇が名物である。

 3行目末「尺 上」,17Gは4分4分,17Yは4分半8分とする。 4行目末「六 五」,17Gは「六」に2拍点で2分半4分,17Yは各々1拍点で2分2分。 17G,5行目「工 工」間に不要な付線。3行目の「工 工」と間違えたものか。 6行目「四。五 五 六」に付点の相違,17Gは全符2分4分4分,17Yは全符4分4分2分。 7行目「五 五 六」を17Yは1拍点3連とする。17Gの「五 六」を結び4分8分8分とするに従う。 続く「工 六 工。」,17Gは「六 工」を結び4分半8分全符,17Yは「工 六」を結んで4分4分全符とする。 8行目頭「上 工 尺」,17Gは付線ナシ,17Yは「工 尺」を結んで「上 工」を4分半8分とする。続く「四 上。」,拍点位置に違い。17Gは「上。」にウラオモ2拍点,17Yは「四」ウラ1,「上。」に下付オモ1。上と合わせた「上 工 尺 四 上。」の音長関係が2本で異なる。
 31Bは拍点の間隔が広くなっている。3〜4行目「尺 上 四 仩」1拍点4符だが,付線から見て音長の関係は17Yに同じと考えられる。7行目,こちらも「五 五 六」を3連とする。音長の関係は17Gから類推。1拍点で5符,8分16分16分8分8分。より後期の付点法なら「五 六」間を二重線にするところで通常だと音長関係は分からない。 7〜8行目「工 尺 上 工 尺 四 上。」6符を付線で結び5連とする,これも通常は読み解けない。オモテ拍点のついたはじめの「工」と続く「尺」の間が空いているので,ここの不均等関係はそのままだが,8行目頭「上 工」が均等か不均等か,付点からは不明。「工 尺 上 工」は8分16分8分8分とも8分16分8分16分とも読み解ける。17Yの例から推して後者とする。 8行目〜曲尾「尺 上 四 尺 上。」,「尺」から「尺」までがウラ1拍点,「上 四 尺 上。」が付線で結ばれ4連となっている。8分半16分8分8分2分だが,これも他例がないと読み解くのは難しい。

  四−四上|尺−−工|上−−○|六−−五|
  六−−○|尺−尺−|工六工尺|上−−四|
  上−−尺|上−−○|工−工六|尺上四−|
  −○工工|尺上四仩|合○四合|四仩合−|
  −−六−−五六−|−○工六|工尺上−|
  −○工−|工−四尺|上−−○|六−尺工|
  上−四−|−○五−五六五尺|上−−○|
  五五六 −六|工−−○|工−尺−工−四 上−
  −○工六|尺−上 四尺|上−−○|(17G)
  四−四上|尺−−工|上−−○|六−−五|
  六−−○|尺−尺−|工六工尺|上−−四|
  上−−尺|上−−○|工−工六|尺上四−|
  −○工工|−上 四仩|合○四合|四仩合−|
  −−六−五−六−|−○工六|工尺上−|
  −○工−|工−四尺|上−−○|六−尺工|
  上−四−|−○五五六−五尺|上−−○|
  五五六 工六|工−−○|工−尺−工尺−四上
  −○工六|尺−上 四尺|上−−○|(17Y)

  四四上−工|上○六−五|六○尺尺|工六工尺−四
  上−尺 上○|工工六 尺上四|○工工 −上四仩|合四合 四仩合|
  −六五六|○工六 工尺上|○工 工四尺|上○六尺工
  上四○五|五六五尺 上○|五六工六工○|−尺−工 尺四
  ○工六 −上四尺|上○|(31B)
      ■ 17G 再現曲  ■ 17Y 再現曲  ■ 31B 再現曲

 上にも書いたように,部分的に単体では読み解き不能の個所もあるが,拍点・付線の関係から比較して,31Bの例は17Yを音長半分として4/4で組み直したものと基本的に一致する。 ただし,再現の比較からすると,近世譜8行4小節目「尺 四 上」の音長関係は,17Yのものより17G,もしくは31Bのものが自然である。31Bの符間の長短の関係が,ほかはほぼ17Yの譜と一致するも,ここだけは17Gに近いものとなっていることから考えると,17Yのこの部分の付点は誤記である可能性もある。ここだけは4分4分全符,もしくは4分半8分全符のほうが標準に近と思われる。
 以上のことから,「尺 四 上」の部分を除けば,全体として渓派の標準に近いのは17Yの譜で,31Bとの関係から,実際の演奏における拍子はこの半分,テンポとして考えると2倍の速度であったものと推測される。音長関係が多少複雑なため,教授・練習の折には17Yの拍子で教えたものであろう。


 筆者の手元にある渓派系の資料からこれ以上のことは分からないが,幸い,一部の音長は異なるものの,渓派・連山派の譜はともに符字順列が完全に一致するので,そちらの例がいくぶんかの類証となろう。たとえば『声光詞譜』の例----

  四−四上|尺−−工|上−−○|六−五−|
  六−−○|尺−尺−|工六工尺|上−○四|
  上−−尺|上−−○|工−工六|尺−上 四−|
  −−工−|工−尺上|四仩合−|−○ 四−合
  四仩合−|−○六−|五−六−|−○工六|
  工尺上−|−○工−|工−四尺|上−−○|
  六−尺工|上−四−|−○五五|六五尺上|
  −○五−|五六工六|工−−○|工−尺 上工|
  尺四上−−○工六|尺−上 四尺|上−−−|

  ■ 再現曲

 8行1小節目の「五」は原譜では無印1拍だが,以降が1拍ズレになってしまうので『明清楽譜』(柚木友月 YNK040)などから修正した。ちなみにそちらでも,件の「尺 四 上」の関係は31Bと同じ2符均等短,1符長音である。
 
SC029 青陽寿 四四上尺工上六五六尺尺工六工尺上四上尺上工工六尺上四工工尺上四C合四合四C合六五六工六工尺上工工四尺上六尺工上四五五六五尺上五五六工六工工尺上工尺四上工六尺上四尺上
四 四 上 尺 工 上。六 五 六。尺
尺 工 六 工 尺 上 四 上 尺 上。
工 工 六 尺 上。四。工 工 尺 上
四 C 合。四 合 四 C 合。六 五
六。工 六 工 尺 上。工 工 四 尺

上。六 尺 工 上 四。五 五 六 五
尺 上。五 五 六 工 六 工。工 尺
上 工 尺 四 上。工 六 尺 上 四
尺 上。
四−四上|尺−−工|上−−○|六−−五|
六−−○|尺−尺−|工六工尺|上−−四|
上−−尺|上−−○|工−工六|尺上四−|
−○工工|尺−上 四C|合○四合|四C合−|
−−六−|五−六−|−○工六|工尺上−|
−○工−|工−四尺|上−−○|六−尺工|
上−四−|−○五五|六−五尺|上−−○|
五六 工六|工−−○|工−尺−工|尺四上−|
−○工六|尺−上 四尺|上−−○|
<a2> <a>c |d2.e |c2.r4 |g2.a |
g2.r4 |d2 d2 |eg ed |c2.<a> |
c2.d |c2.r4 |e2 eg |dc <a2& |
a>r4 ee |d.c8 <a>c |<g>r4 <ag> |<a>c <g2& |
g>r4 g2 |a2 g2& |gr4 eg |ed c2& |
cr4 e2 |e2 <a>d |c2.r4 |g2 de |
c2 <a2& |a>r4 aa |g2 ad |c2.r4 |
ag8a8 eg |e2.r4 |e.d8 c.e8 |d <a> c2& |
cr4 eg |d.c8 <a>d |c2.r4 |
a2 ac |d2.e |c2.r4 |g2.a |
g2.r4 |d2 d2 |eg ed |c2.a |
c2.d |c2.r4 |e2 eg |dc a2& |
ar4 ee |d.c8 a>c< |gr4 ag |a>c< g2& |
gr4 g2 |a2 g2& |gr4 eg |ed c2& |
cr4 e2 |e2 ad |c2.r4 |g2 de |
c2 a2& |ar4 aa |g2 ad |c2.r4 |
ag8a8 eg |e2.r4 |e.d8 c.e8 |da c2& |
cr4 eg |d.c8 ad |c2.r4 |

SC028 < TOP >班本二王 SC030