ELECTORICAL EDITED TEXT OF "『清風柱礎』(富田寛 SC000)" by CHARLIE ZHANG 2017 ver.0.02


SC009 燕子門< TOP >富貴連 SC011


SC010 八板

 17Yは付点なし。原譜3行目末,17G「oo上」に対して31Bは「o上 四o上」。31Bは「上 四」が4分半8分となる。付線の違いは数箇所あるが,読み解き上の相違はこの一点のみで,あとは完全に一致する。17Gの付点で4/4で近世譜に組むと以下のようになる。

  工−工−|尺六工尺|上−上−|−○尺工|
  尺上四合|仩−四合|工−工−|−○合四|
  上○工尺|上−四尺|上四上−|上−−○|
  ■ 再現曲

 31Bの場合はこれの3行3小節が「上−四上−|」となるわけである。
 長崎歴文『西奏楽意譜』(写本 中村18:13)に,符字順列のほぼ一致する譜(付点句点ナシ。原譜2行目の「仩」が「上」になっている)が見える。現在手持ちの資料中で,本曲に関する他の資料はその程度しかない。

 同題の曲は連山派の沖野竹亭『清楽曲譜』(OKINO_A013),柚木友月『明清楽譜』(YNK069)などにも見られるが,いづれも本書のものと譜の一致しない同題異曲である。

  仜−仜−|四仩伬仜|仩上仩上|合四合四|
  仩上仩上|四−仩−|仩伬仜−|伬−−○|
  仜−仜−|四仩伬仜|仩上仩上|合四合四|
  仩上仩上|四−尺−|上−四−|合−−○|
  ■ 再現曲

 そのほか松本藤七『明清楽譜』(人 M.22)に「八板起首」という曲が見えるが,これも符字順列上の共通点はあるものの,別の曲である。

 「八板」というのは中国民楽では,各楽器の古典曲中によく見られる曲題である。二胡にも古箏にも琵琶にも「八板」もしくは「老八板」と題される曲がある。だいたいは耳心地の良い,流れるようなパッセージを主体とした曲であり,渓派のものと聞き比べるに今一つ共通点は見いだせない。
  『音楽雑誌』44に「清国江蘇省蘇州府人揚静文氏より直伝」として「花八板」という曲が紹介されている。清楽・明清楽の「八板」とは直接関係はないが,出だしはオクターブ低いものの,曲調の骨子は『清楽曲譜』などに見える「八板」のそれに近い。本当の意味での「清国の音楽」である「清楽」が,このころにはまだ伝来し続けていたということである。
 ■ 再現曲
SC010 八板 工工尺六工尺上上尺工尺上四合C四合工工合四上工尺上四尺上四上上
工 工 尺 六 工 尺 上 上。尺 工
尺 上 四 合 C 四 合 工 工。合
四 上。工 尺 上 四 尺 上 四 上
上。
工−工−|尺六工尺|上−上−|−○尺工|
尺上四合|C−四合|工−工−|−○合四|
上○工尺|上−四尺|上四上−|上−−○|
e2 e2 |dg ed |c2 c2& |cr4 de |
dc <ag> |c2 <ag> |e2 e2& |er4 <ga> |
cr4 ed |c2 <a>d |c<a> c2 |c2.r4 |
e2 e2 |dg ed |c2 c2& |cr4 de |
dc ag |>c2< ag |e2 e2& |er4 ga |
cr4 ed |c2 ad |ca c2 |c2.r4 |

SC009 燕子門< TOP >富貴連 SC011