ELECTORICAL EDITED TEXT OF "声光詞譜(SK_***)" by CHARLIE ZHANG 2011 ver.0.02


[書誌情報]
 タイトル : 声光詞譜
 タイトルよみ : セイコウシフ
 責任表示 : 平井連山 撰/長原梅園・瀧野盧白 校
 出版事項 : 大坂:飛来堂(平井連山) 明11.1
 形態 : 3帖;
 装丁 : 和装
 NDC分類 : 768
 著者標目 : 平井,連山
 著者標目よみ : ヒライ,レンザン
 全国書誌番号 : −
 請求記号 :−
 西暦年 :1878

*奥付:明治十年十二月十七日御届/同 十一年一月十一日板権免許/大阪府下第一大区四小区/高麗橋二丁目四十三番地
*序文(壬申(M.5 1872))・易堂寺西鼎(寺西易堂),跋(年次同左)・盧白逸民(瀧野盧白)。

*帙の見返しに「大阪市西区江戸堀北通壱丁目貳拾八番飛来堂平井秀三」と朱印。人巻奥付に「飛来堂蔵版」と押印がある。同じ明治11年に出版された『明清楽教授本』中表紙にも「飛来堂」「連山蔵版」の印があり,柱書に「飛来堂蔵版」の表示があることなどから。これらの印も蔵書印ではなく,連山が出版時に使う版元表示の印と思われる。「平井秀三」は謎。
*巻末に「後編目次」
仁宗不諗母/雷神洞/碧破玉/桐城歌/双蝶翠/四不像/(翠賽英)碧破玉/(翠賽英)桐城歌/(翠賽英)双蝶翠/串珠連/烏夜啼/関雎/秋風辞/甘露殿/梁父唫/林冲夜本

*平井連山:平井連,1798-1886,画家平井均卿長女。連山派(大坂派)流祖。伝系は 金琴江−曽谷長春−平井連山・長原梅園。
*長原梅園:1823-1898,連山の妹。長原弥三郎と結婚。のち大阪で連山派をたて,東京にもどり富士見町にて教授。これにつき,連山派は東京においては大坂派・梅園派とも呼ばれた。息子,長原春田は文部省音楽取調掛に入る。
*瀧野盧白(盧白逸民):不明。
*寺西易堂:1826-1916,寺西鼎,漢学者・書画家。村瀬太乙・林鶴梁・藤森天山に学ぶ。出身は江戸,壮年より大坂に居し,大阪府勧業課長,大阪博物場長などを務める。


--------------------------------------------------------------------------


●符字右横に墨書で拍点。復元にあたっては1拍子1点を4分とした。
 最初の数曲以降は,長音のみに拍点がつく。特別な指示がない限り,無表記のものを4分として読み解いた。

●原譜「。」は,明笛におけるブレス箇所として,MIDIの上で反映されている。

●検索,変換の要から原譜では「工々」などとなっている繰り返しの符字は「工工」と本字に改めた。

●すでに入力の終わった沖野竹亭の『清楽曲譜』の版と合致する譜が多い。沖野の本ははじめから音長が付されているが,本稿で「上−−」「上−−−」となる長音を,「上−○」「上−−○」と休符混じりで表すことが多い。これらによっても拍子自体は変わらないので,比較上は同じものとした。

●短音を示す「−」の使用法に二種類ある。「工尺工−尺」の場合,指示がなければ「ed ed」で読み解き,後半の「工尺」は「レガート風になめらかにつなげる」の指示である。もう一つは拍点との組み合わせで,短音,もしくは半拍伸ばす指示である。後者については以下に別掲する。

●原譜に加えられた指示表現を本テキストでは次のように表記する。

  朱による斜線。符字の右下に付される。「ヘ」に近く書かれることもある。おろしバチ。義甲を上から下へふりおろして弦を弾く。
  同上。「レ」に近く書かれることもある。意味は墨書の「レ」と同じ。すくいバチ。義甲を下から上へ動かして糸をすくいとるように弾く。

  朱点(意図不明)。
  と同じ。
  不明。
  半拍子伸ばしの際に付される。三味線や太鼓などで同じような音長を「ターー・ン」と表現するが,たとえば「工3」とある場合,「工−−」と全伸ばしにするのではなく,「工−○」と尾に休符を入れるような弾き方を挿すものと思われる。

 [ … 又 繰り返し句。
 「 … 」 [ … 又 の繰り返し句を内に含む,さらに大きなくりかえしの起点と終点。

 工4,上3,尺2 「工」に墨点(拍点)4つ,「上」に墨点3つ,「尺」に墨点2つ。4/4のとき,工は全符,上は2分半,尺は2分。

 工1,工 どちらも工の4分。

 工1上−1尺/工上−1尺 「工」の横に1拍点,「上−尺」の「−」の横に1拍点。後半では「工」横の拍点は省略され「−」横の1拍点のみとなっていることが多い。3符字で2分,それぞれ4分8分8分。

 合1 1四−尺 「合」の横に1拍点,間隔をあけその下に,もしくは「四−尺」の「四」の上横に1拍点。合と四は,2符字で2分,それぞれ4分半と8分の関係となる。

近世譜記号凡例

  "|" : 小節の区切り。
  "−" : 前の音をのばす。
  "[..... ]" : "[ " から " ]" まで繰り返す。
  "[..:... ](.....)": 2度目は「:」以降を「(....)」で演奏する。
  "○" :休符。

  ■−−− 全符(4/4時)
  ■− 2分
  ■ 4分
  ■■ 8分
  ■■ 16分

  ■−−■ 2分半+4分
  ■−■ 4分半+8分
  −■ 8分半+16分

  ■|−− 符音が小節をまたぐ場合


●再現譜からMMLによるMIDI譜までの作業

 1)工尺譜から音長に関する以外の指示をはずす。

 C4D3EG4。C4四CD2DE
 G4。A3GEGD3。ED3C四2
 合2C3DC4。C2四合C2四合
 四上四尺上4。上四上2四合
 上2。工六尺1 1上−四C合4。五六
 工五六3。五六4

 2)「尺1 1上−四」など一括で変換できない部分を,手作業で修整したあと,音長の2を「−」,3を「−−」,4を「−−−」と変換する。

 C−−−D−−EG−−−。C−−−四CD−DE
 G−−−。A−−GEGD−−。ED−−C四−
 合−C−−DC−−−。C−四合C−四合
 四上四尺上−−−。上四上−四合
 上−。工六尺−上四C合−−−。五六
 工五六−−。五六−−−

 3)小節に分ける。

 C−−−|D−−E|G−−−。|C−−−|
 四CD−|DEG−|−−。A−|−GEG|
 D−−。E|D−−C|四−合−|C−−D|
 C−−−。|C−四合|C−四合|四上四尺|
 上−−−。|上四上−|四合上−。|工六尺−上
 四C合−|−−。五六|工五六−|−。五六−|
 −−○○|(再現譜A)

 *ここでは末尾が2分足りないため,休符を入れてある。拍子が著しくずれるような場合,他著の譜を参考にできればここで修整する。 この再現譜の素体A)から「。」を除いたものが,「再現譜」B)となる。

 C−−−|D−−E|G−−−|C−−−|
 四CD−|DEG−|−−A−|−GEG|
 D−−E|D−−C|四−合−|C−−D|
 C−−−|C−四合|C−四合|四上四尺|
 上−−−|上四上−|四合上−|工六尺−上
 四C合−|−−五六|工五六−|−五六−|
 −−○○|(再現譜B)

 4)MML譜への変換

 再現譜B)をコンピューターの読み込めるMML譜に変換する。

 >c2&c2< |>d2.e< |>g2&g2< |>c2&c2< |
 <a>>c< >d2< |>de< >g2&< |>g2< >a2&< |>ag< >eg< |
 >d2.e< |>d2.c< |<a2> <g2> |>c2.d< |
 >c2&c2< |>c2< <ag> |>c2< <ag> |<a>c <a>d |
 c2&c2 |c<a> c2 |<ag> c2 |eg d.c8 |
 <a>>c< <g2&> |<g2> ag |ea g2& |ga g2& |
 g2 r2 |

 このMML譜は,あくまで工尺譜の音階をそのまま変換したものであって,これをソフトに読み込ませても音の高低の急激な,不自然な曲にしか聞こえない。工尺譜は「パート分けのない総譜」であるので,実際の音楽に近い再現曲とするためには,ここから各楽器のパート譜をそれぞれ生成しなくてはならない。

 A)月琴のパート譜

 >c2&c2< |>d2.e< |>g2&g2< |>c2&c2< |
 a>c< >d2< |>de< >g2&< |>g2< >a2&< |>ag< >eg< |
 >d2.e< |>d2.c< |a2 g2 |>c2.d< |
 >c2&c2< |>c2< ag |>c2< ag |ac ad |
 c2&c2 |ca c2 |ag c2 |eg d.c8 |
 a>c< g2& |g2 ag |ea g2& |ga g2& |
 g2 r2 |(再現譜B>月琴のパート)

 これは単純に清楽月琴にはない「合」「四」と低い「乙」の音を,1オクターブ高い「六,五,乙」に変えるだけである。
 MMLでは再現譜B)から,<a><g><b>などより左右の< >をはずしたものを作ればよい。


 つぎに再現譜A)から笛のパートの譜を作る。
 フレーズの区切りである「。」は,工尺譜のうえでは一種のブレス記号のようなものだが,MIDIではここにややおおげさに休符を入れたほうがそれらしく聞こえるため,たとえば本来は全符である「G−−−。」は「Gの2分と2分の休符」つまり「G−○○」,2分音符の「上−。」は「上○」と同じものとして変換される。

 >c2&c2< |>d2.e< |>g2<r2 |>c2&c2< |
 <a>>c< >d2< |>de< >g2< |r2 >a2&< |>ag< >eg< |
 >d2< r4>e< |>d2.c< |<a2> <g2> |>c2.d< |
 >c2<r2 |>c2< <ag> |>c2< <ag> |<a>c <a>d |
 c2r2 |c<a> c2 |<ag> cr4 |eg d.c8 |
 <a>>c< <g2> |r2 ag |ea g2 |r4a g2& |
 g2 r2 |(再現譜A>笛譜ブレスつき)

 明笛の最低音は「合」であるから,月琴のパートと違って低音を高音にする必要がない。
 が,逆にこの笛では「合・四」と隣り合う,もしくはそれらにはさまれた高音を,正確に1オクターブ上に出すことは難しく,実際の演奏においてはやや高い,もしくは音量的に大きい程度にとどまることが多い。
 しかし機械音であるMIDIでは,こうした音の高低を正確に表現してしまうため,符字のとおりに再現するとかえって不自然に聞こえることが多い。
 そのあたりを考慮して,音階の高低の調整を行う。
 基本的には「。」で切られる同一フレーズ内に「合」「四」があれば,その部分の高音を1オクターブ下げるわけである。

 >c2&c2< |>d2.e< |>g2<r2 |c2&c2 |
 <a>c d2 |de g2 |r2 >a2&< |>ag< >eg< |
 >d2< r4e |d2.c |<a2> <g2> |c2.d |
 c2r2 |c2 <ag> |c2< <ag> |<a>c <a>d |
 c2r2 |c<a> c2 |<ag> cr4 |eg d.c8 |
 <a>c <g2> |r2 ag |ea g2 |r4a g2& |
 g2 r2 |(ブレスつき>音階の修整)

 この曲の場合,最高音に「六・五」のさらに上,つまり「合・四」からして2オクターブ上の高音が含まれている。
 楽器として出せない音ではないが,かなり難しい。再現した結果があまりに不自然であれば,残った高音もすべてオクターブ下げて修整することもある。



--------------------------------------------------------------------------

『声光詞譜』 明治11年版




●SK01_01 員頭 上尺上尺工工尺工尺六工六工六五六五六工尺尺工尺上四四上尺上尺  (* 韻頭)

上1尺1上1尺1工2。工1尺1工1尺1六1*。
工1六1工1六1。五2六1五1六1工1尺2。
尺1工1尺1上1四2。四1上1尺1上1尺4

上尺上尺|工−工尺|工尺六−|工六工六|
五−六五|六工尺−|尺工尺上|四−四上|
尺上尺−|−−○○|

cd cd |e2 ed |ed g2 |eg eg |
a2 ga |ge d2 |de dc |<a2> <a>c |
dc d2& |d2 r2 |

 再現曲

*符字順列は『清風雅譜』などと同じだが,原譜1L末「六1。」の音長は疑問。他例からして「六2。」の間違いと思われるため,再現譜では修整した。


SK01_02 員頭環 工工四尺工上合四上四上工六工尺上尺六工四尺工上合合四C四CC四合四合  (* 韻頭環)

工2工1四1尺1工1上4。合3四1上4。四2
上2。工1六1工1尺1上2尺2六2工4。四2
尺1工1上4。合2合1四1C4。四2C2C2
四2合2。四2合4

工−工四|尺工上−|−−合−|−四上−|
−−四−|上−工六|工尺上−|尺−六−|
工−−−|四−尺工|上−−−|合−合四|
C−−−|四−C−|C−四−|合−四−|
合−−−|

e2 e<a> |de c2& |c2 <g2&> |<ga> c2& |
c2 <a2> |c2 eg |ed c2 |d2 g2 |
e2&e2 |<a2> de |c2&c2 |<g2> <ga> |
>c2&c2< |<a2> >c2< |>c2< <a2> |<g2> <a2> |
<g2&g2> |

 再現曲

*符字順列上は大差がないが,音長の違いで再現してみると『清風雅譜』など渓派の「韻頭環」とはかなり違って聞こえる。


SK01_03 算命曲 上尺工六工工六工上尺工尺尺六工工上尺工尺 [四CDC四合四合 又

上2尺1工1六2工2。工
尺2。尺上−1尺工尺2。
[四C−1DC四合11。四−合2 又

上−尺工|六−工−|工六工上|尺工尺−|
尺六工工|上尺工尺−|[四CDC四|
−四合−|]

c2 de |g2 e2 |eg ec |de d2 |
dg ee |c8d8e d2 |[2 <a>>c8d8< >c<<a> |
<g.a8> <g2> ]|

 再現曲

*指示に朱入る。曲尾「合四合」の部分以外は『清楽曲譜』OKINO_A001 と同じ。


SK01_04 九連環 上上工尺工四上尺工上四合合CC合四四C四C四C合合四C四C合合工工尺工六五六工尺上尺上

上2上−工尺4。工2四−上尺−工上
四合2合2。C2C合四4。四C四
C四2C2合2合2。四C四C合2。
合2。工2工2尺工六2。五六工尺
上3。尺上

上−上工|尺−−−|工−四上|尺工上四|
合−合−|C−C合|四−−−|四C四C|
四−C−|合−合−|四C四C|合−合−|
工−工−|尺工六−|五六工尺|上−−尺|
上○○○|

c2 ce |d2&d2 |e2 <a>c |de c<a> |
<g2> <g2> |>c2< >c<<g> |<a2&a2> |<a>>c< <a>>c< |
<a2> >c2< |<g2> <g2> |<a>>c< <a>>c< |<g2> <g2> |
e2 e2 |de g2 |ag ed |c2.d |
cr2. |

 再現曲

*長音のみ拍点。朱の「−」はレガート的指示と見て,音長は変えなかった。曲調『清楽曲譜』OKINO_A001 と一致。


SK01_05 茉梨花 [工工六五C五六五六 又工合工合五C五六工尺工六工尺上尺上[工上尺尺工六五六五六工尺工六尺六工尺上上四上尺尺工上四合四合 又  (* 茉莉花)

[工2工六五2C五六3五六4 又 
工2合2工合五2C五六3。*工2尺2
工−六工−尺上3尺上4[工2上2尺2
尺工六2。五2/\六五−六工−尺工
六2。尺−六工−尺上2上4。四上尺3。*
尺工上四合3四合 又 

[工−工六|五−C五|六−−五|六−−−|]
工−合−|工合五−|C五六−|−○工−|
尺−工六|工尺上−|−尺上−|−−[工−|
上−尺−|尺工六−|五−六五|六工尺工|
六−尺六|工尺上−|上−−−|四上尺−|
−○尺工|上四合−|−四合−|]

[2 e2 eg |a2 >c<a |g2.a |g2&g2 |]
e2 <g2> |e<g> a2 |>c<a g2& |gr4 e2 |
d2 eg |ed c2& |cd c2& |c2 [2 e2 |
c2 d2 |de g2 |a2 ga |ge de |
g2 dg |ed c2 |c2&c2 |<a>c d2& |
dr4 de |c<a> <g2&> |<ga> <g2> |]

 再現曲

*指示「」は墨書の「レ」の上から朱で斜線,おそらくは消し線か「すくい」ではなく「おろし」で弾けという指示か。以降の流れから,原譜2L「C五六3。」と5L末「四上尺3。」の後に,再現譜では1拍子休符をはさんだ。また繰り返し後の拍子がずれるため,曲尾「四合」を「四合2」とする。


SK01_06 剪々花 四四合四四尺工上四CDC四合合CC四合工合合尺尺尺工六五六工尺上上尺上尺上四合合合四C四合C四合工尺上尺尺工合合工尺工合合

四2四合四2四2。尺3工−上4。四2C−
DC2四2合4合4。C−C2四合2工2
合4合4。尺4尺2尺−工六2五−六工2
尺2上2。上−尺上−尺上四合4。合2
合−四C2四2合4。C2四2合2工2尺2
上2。尺2尺−工合合2工尺2。工2合4
合4

四−四合|四−四−|尺−−工|上−−−|
四−CD|C−四−|合−−−|合−−−|
CC−四|合−工−|合−−−|合−−−|
尺−−−|尺−尺工|六−五六|工−尺−|
上−上尺|上尺上四|合−−−|合−合四|
C−四−|合−−−|C−四−|合−工−|
尺−上−|尺−尺工|合合−工|尺−工−|
合−−−|合−−−|

<a2> <ag> |<a2> <a2> |d2.e |c2&c2 |
<a2> >cd< |>c2< <a2> |<g2&g2> |<g2&g2> |
>cc2< <a> |<g2> e2 |<g2&g2> |<g2&g2> |
d2&d2 |d2 de |g2 ag |e2 d2 |
c2 cd |cd c<a> |<g2&g2> |<g2> <ga> |
>c2< <a2> |<g2&g2> |>c2< <a2> |<g2> e2 |
d2 c2 |d2 de |<gg2> e |d2 e2 |
<g2&g2> |<g2&g2> |

 再現曲

*符字の順列は『清楽曲譜』OKINO_A006 と完全に合致するが音長が異なる。


SK01_07 四季曲 上工尺工四上尺工尺上工尺工四CC四合上尺工六工上工尺工四上尺工尺上工尺工四CC四合四C四合工尺工尺工六五六工尺上尺上

上2工2尺工四上尺3工尺4。上2
工2尺工四CC四合4。上4尺2
工2六4工4。上2工2尺工四上尺3
工尺4。上2工2尺工四CC四
合4。四C四合。工2尺工2尺工
六2五六工尺上3。尺上*

上−工−|尺工四上|尺−−工|尺−−−。|
上−工−|尺工四C|C四合−|−−。上−|
−−尺−|工−六−|−−工−|−−。上−|
工−尺工|四上尺−|−工尺−|−−。上−|
工−尺工|四CC四|合−−−。|四C四合。|
工−尺工|−尺工六|−五六工|尺上−−。|
尺上−−|

c2 e2 |de <a>c |d2.e |d2&d2 |
c2 e2 |de <a>>c< |>c<<a> <g2&> |<g2> c2& |
c2 d2 |e2 g2& |g2 e2& |e2 c2 |
e2 de |<a>c d2& |de d2& |d2 c2 |
e2 de |<a>>c< >c<<a> |<g2&g2> |<a>>c< <ag> |
e2 de& |ed eg& |ga ge |dc2. |
dc2. |

 再現曲

*『清楽曲譜』OKINO_A010 とほぼ合致。曲尾「上」は同書に従い再現譜では「上3」とした


SK01_08 四季 CCED四CDCCED四四C合合合四CDDEGEGEDC四CD [CCED四四C合四C四合EE工六工六工尺上尺上 又

C2CED2四CD4。C2CE
D2四2四C合4。合2合四C4。D2
DEG4。E2GEDC四C
D4[C2CED2。四2四C合4。四
C四合E2E4。工2六4。工六工
尺上3尺上* 又

C−CE|D−四C|D−−−|C−CE|
D−四−|四C合−|−−合−|合四C−|
−−D−|DEG−|−−E−|GEDC|
四CD−|−−[C−|CED−|四−四C|
合−−−|四C四合|E−E−|−−工−|
六−−−|工六工尺|上−−尺|上−]○○|

>c2< >ce< |>d2< <a>>c< |>d2&d2< |>c2< >ce< |
>d2< <a2> |<a>>c< <g2&> |<g2> <g2> |<ga> >c2&< |
>c2< >d2< |>de< >g2&< |>g2< >e2< |>ge< >dc< |
<a>>c< >d2&< |>d2< [2 >c2< |>ce< >d2< |<a2> <a>>c< |
<g2&g2> |<a>>c< <ag> |>e2< >e2&< |>e2< e2 |
g2&g2 |eg ed |c2.d |c2] r2 |

 再現曲

*オリジナルの指示どおりだと末尾の「上」は1拍だが,繰り返し後の拍子が合わなくなるため,『清楽曲譜』OKINO_A015 に従い「上2」で再現譜を組んだ。原譜4Lの繰り返しの指示は『清楽曲譜』にはないが,同じ編者の『洋峨楽譜』OKINO_B010 には見られる。『清楽曲譜』の版は,この部分の一度目を「上−−○」で折り返し,最後は「上−」と違う音長でしめている。


SK01_09 中山流水 上尺上尺上尺工六工六工六五五六C五六CDEEDCDC四C四合工合五五六五六五六工尺工尺上四合

上2尺2上尺上尺。工2六2工六
工六五2五六。C2五六C2D2
E2EDC2DC四C四合
工2合2。五2五六五六五六工
尺工尺上2四2合4

上−尺−|上尺上尺|工−六−|工六工六|
五−五六|C−五六|C−D−|E−ED|
C−DC|四C四合|工−合−|五−五六|
五六五六|工尺工尺|上−四−|合−−−|

c2 d2 |cd cd |e2 g2 |eg eg |
a2 ag |>c2< ag |>c2< >d2< |>e2< >ed< |
>c2< >dc< |<a>>c< <ag> |e2 <g2> |a2 ag |
ag ag |ed ed |c2 <a2> |<g2&g2> |

 再現曲

*『清楽曲譜』OKINO_A004 と合致。


SK01_10 紗窓 六六工上尺工尺四CD四C合四合工工六工尺上工尺四CD四C合四合四四四C四合工合四C四合上工尺四上工尺四C合四合

六4六4工2上2尺2工2尺4。四2C2D2
四−C合3四合4。工2工2六4工2尺2
上2工2尺4四2C2D2四−C合3
合4。四4四4。四2C2四−合工−合四2
C−四−合4。上2工2尺2四2。上2工2尺2。
四−C合3四−合4

六−−−|六−−−|工−上−|尺−工−|
尺−−−|四−C−|D−四C|合−−四|
合−−−|工−工−|六−−−|工−尺−|
上−工−|尺−−−|四−C−|D−四C|
合−−四|合−−−|四−−−|四−−−|
四−C−|四合工合|四−C四|合−−−|
上−工−|尺−四−|上−工−|尺−四C|
合−−四|合−−−|

g2&g2 |g2&g2 |e2 c2 |d2 e2 |
d2&d2 |<a2> >c2< |>d2< <a>>c< |<g2.a> |
<g2&g2> |e2 e2 |g2&g2 |e2 d2 |
c2 e2 |d2&d2 |<a2> >c2< |>d2< <a>>c< |
<g2.a> |<g2&g2> |<a2&a2> |<a2&a2> |
<a2> >c2< |<ag> e<g> |<a2> >c<<a> |<g2&g2> |
c2 e2 |d2 <a2> |c2 e2 |d2 <a>>c< |
<g2.a> |<g2&g2> |

 再現曲

*『清楽曲譜』OKINO_A003 と合致。


SK01_11 流水 DDE合合四C合四CCDDE合合DE合四合EDCDECDGEEEGEGEDC合四CC合四C四C四合工工合工合四CC合

D2DE合2。合四C2合四C2
C2。D2DE合2合2。DE合2。四
合EDC2DEC4。DGE
E。EGEGEDC2。合四
C2C合四2C2。四C四合工2
工2。合工合四C2C合*

D−DE|合−合四|C−合四|C−C−|
D−DE|合−合−|DE合−|四合ED|
C−DE|C−−−|DGEE|EGEG|
EDC−|合四C−|C合四−|C−四C|
四合工−|工−合工|合四C−|C合−−|

>d2< >de< |<g2> <ga> |>c2< <ga> |>c2< >c2< |
>d2< >de< |<g2> <g2> |>de< <g2> |<ag> >ed< |
>c2< >de< |>c2&c2< |>dg< >ee< |>eg< >eg< |
>ed< >c2< |<ga> >c2< |>c<<g> <a2> |>c2< <a>>c< |
<ag> e2 |e2 <g>e |<ga> >c2< |>c<<g2.> |

 再現曲

*符字順列および音長,ほぼ『清楽曲譜』OKINO_A012「流水曲」と合致。同書を参考に再現譜では曲尾の「合」を「合3」とした。


●SK01_12 売脚魚 四C四CCDEC四合工合四CC四合C四合工合合CDEEDEE合E合DE合DEDEC四四合工合四C四  (* 平和調)

四C四3。*CC*D11E−C四合2。
工1 1合−四4。CC四合。*C四合*
工*合2合2。CDE4。EDE4*。E*
合E合DE合2。DEDE*
C四4。*四合工合四C四4

(再現譜1)
四C四−|−CCD|−EC四合|−工−合四|
−−−C|C四合C|四合工合|−合−C|
DE−−|−EDE|−−−E|合E合D|
E合−D|EDEC|四−−−|四合工合|
四C四−|−−○○|

(再現譜2)
○○四C|四−−○。|C−C−|D−EC四|
合−。工−合|四−−−。|C−C四|合−−−。|
四C四合|工−合−|合−。CD|E−−−。|EDE−|−−。○E|
−合E合|DE合−。|DEDEC|四−−−。|
四合工合|四C四−|−−○○|

(MML1)
<a>>c< <a2&> |<a>>c< >cd&< |>d8e8c< <ag&> |<g>e.<g8> <a&> |
<a2.>>c< |>c<<a> <g>>c< |<ag> e<g&> |<gg2> >c< |
>de2.&< |>ee< >de&< |>e2.e< |<g>>e< <g>>d< |
>e<<g2> >d< |>ed< >ec< |<a2&a2> |<ag> e<g> |
<a>>c< <a2&> |<a2> r2 |

(MML2)
r2 <a>>c< |<a2.>r4 |>c2< >c2< |>d.e8< >c<<a> |
<g2> e.<g8> |<a2&a2> |>c2< >c<<a> |<g2&g2> |
<a>>c< <ag> |e2 <g2> |<g2> >cd< |>e2&e2< |
>ed< >e2&< |>e2< r4>e&< |>e<<g> >e<<g> |>de< <g2> |
>de< >d8e8c< |<a2&a2> |<ag> e<g> |<a>>c< <a2&> |
<a2> r2 |

 再現曲(原譜どおり)  再現曲(修整版) 

*全体の譜は『清風雅譜』SG013「平和調」に近い。曲頭に休符を入れ,裏拍子から入るものなど,開始部分の変異が多い。原譜の音長ではどのように組んでも不自然なため,原譜どおりの音長からおこした再現譜のほか,他譜を参考に修整をほどこした版を置く。再現譜2:1L「四3。」の後に休符1を加える。同「CC」を「C2C2」に変更。2L「CC四合。」を「C2C四合4。」に変更。同末「C四合」を「四C四合」に,3L頭「工」を「工2」に,3L末「EDE4。E」,「E4。E」のあいだに1休符,末尾の「E」を「E2」に,4L末から5L「DEDEC四4。」を「DE1D−1EC四4。」に,


●SK01_13 哈々調 [四合四C工四C工工合四合工尺尺 又 上上尺四四C合工工六工尺尺工尺上上尺工上四工四C合合工合合C四C四C合合工合合C四工尺尺

[四1 1合−四C工四1−C工2。工合−
四−合工尺2尺2 又 上上尺2。四
四C合。工工六工尺。尺−1工
尺上上。尺−工上四工四C
合合。工合合。C四−C四−C
合合。工合合。C四工尺尺*

[四−合四C|工四C工−|工合四合工|尺−尺−|]
上上尺−|四四C合|工工六工|尺尺工尺上|
尺工上四|工四C合|合工合合|C四C四C合|
合工合合|C四工尺|尺−−−|

[2 <a.g8> <a>>c< |e<a8>>c8< e2 |e<g8a8> <g>e |d2 d2 |]
cc d2 |<aa> >c<<g> |ee ge |dd8e8 dc |
cd8e8 c<a> |e<a> >c<<g> |<g>e <gg> |>c<<a8>>c8< <a8>>c8<<g> |
<g>e <gg> |>c<<a> ed |d2&d2 |

 再現曲

*長音を原譜通りとし,「−」を短音の関係とした場合,参考とした類例『清楽曲譜』OKINO_A014 の版での1/2の拍子で再現できる。『清楽曲譜』の版では再現譜2L3小節目以降が1オクターブ高くなっている。一部に音長の不備があるか?再現した曲調にやや不自然な感がある。再現譜では『清楽曲譜』の例を参考に,曲尾の「尺」を「尺4」とした。


SK01_14 櫓歌 五六五六五工六工六上尺工尺尺六工工上工尺上尺上合四工上尺工上尺六工六工六上尺上尺上合四乙乙四乙乙四

五2六2五2六五。工六工−1六上
尺工尺2。尺六工工上工尺2。
上尺上合四2。工上尺2工上
尺2。六工六工六上尺2上尺
上合四2。乙乙四2乙四2

五−六−|五−六五|工六工六上|尺工尺−|
尺六工工|上工尺−|上尺上合|四−工上|
尺−工上|尺−六工|六工六上|尺−上尺|
上合四−|乙乙四−|乙乙四−|

a2 g2 |a2 ga |eg e8g8c |de d2 |
dg ee |ce d2 |cd c<g> |<a2> ec |
d2 ec |d2 ge |ge gc |d2 cd |
c<g> <a2> |<bb> <a2> |<bb> <a2> |

 再現曲

*『清楽曲譜』 OKINO_A008 に合致。


SK01_15 蝴蝶飛 [五五六五五六 又 六五上尺工尺工上四尺尺六工尺上尺上尺上工六五五C六凡工尺工尺乙五乙五五六五C六六五六五六

[五五六五五六 又2 六3五上4。
尺2工2尺工上2四4。尺2尺六工
尺上3。尺上尺上4。工六五2
C六4。凡2工2尺3工尺4。乙2五乙
五4。五六五C六4。六3五六五
六3

五五六五|五六五五|六五五六|−六−−|
五上−−|−尺−工|−尺工上|−四−−|
−尺−尺|六工尺上|−−尺上|尺上−−|
−工六五|−五C六|−−−凡|−工−尺|
−−工尺|−−−乙|−五乙五|−−−五|
六五C六|−−−六|−−五六|五六−−|

aa ga |ag aa |ga ag& |gg2. |
ac2.& |cd2 e& |ed ec& |c<a2.&> |
<a>d2 d |ge dc& |c2 dc |dc2.& |
ce ga& |aa >c<g& |g2. f& |fe2 d& |
d2 ed& |d2.b& |ba ba& |a2.a |
ga >c<g& |g2.g& |g2 ag |ag2. |

 再現曲

*冒頭の繰り返し尾「六」の拍点が「又」の横に付されている。初時は1拍,2度目が2拍と考え,再現譜を組んだが,やや不自然か。符字順列は『清楽曲譜』OKINO_A019 の例と合致するが,そちらの冒頭は単純な繰り返しとせず,「五五六五|五六−−|五五六五|五六−」と尾部の音長をはじめ長く,二度目を短くしている。

 五五六五|五六−−|五五六五|五六−六|
 五上−尺|工尺工上|−四−−|○尺−尺|
 六工尺上|−−尺上|尺上−−|○工−六|
 −五−五|C六−−|○凡−工|○尺−−|
 工尺−−|○上尺上|乙五−−|○六五六|
 五六−−|(『清楽曲譜』OKINO_A019 再現譜)


SK01_16 蓬莱嶋 上尺工合合DECCC上尺工合合五五合五五工合合上尺工工尺上上 [DEC五合五五五合五五工合合上上工六尺尺 又 

上4尺2工合合4。D3EC2C2C4。
上4尺2工合合4。五2五合五2五2
工合合4。上4尺4工2工尺上2上4
[D3EC2。五3合五2五2。五合五2
五2工合合4。上2上2工六尺2尺4
又 

上−−−|尺−工合|合−−−|D−−E|
C−C−|C−−−|上−−−|尺−工合|
合−−−|五−五合|五−五−|工合合−|
−−上−|−−尺−|−−工−|工尺上−|
上−−−|[D−−E|C−五−|−合五−|
五−五合|五−五−|工合合−|−−上−|
上−工六|尺−尺−|−−]○○|

c2&c2 |d2 e<g> |<g2&g2> |>d2.e< |
>c2< >c2< |>c2&c2< |c2&c2 |d2 e<g> |
<g2&g2> |a2 a<g> |a2 a2 |e<g> <g2&> |
<g2> c2& |c2 d2& |d2 e2 |ed c2 |
c2&c2 |[2 >d2.e< |>c2< a2& |a<g> a2 |
a2 a<g> |a2 a2 |e<g> <g2&> |<g2> c2 |
c2 eg |d2 d2& |d2 ] r2 |

 再現曲

*『増補改定・清風雅譜』SGB040 の版では原符1L末の「C」が一つ少ない。類例『清楽曲譜』OKINO_A048 は,符字ほぼ一致するも,拍子が2倍で近世譜が組まれている。


SK01_17 粲瓦礫 EGEDAAGEDED四合乙四合工尺工尺工尺工合工尺四CDC四C四合工合工合工合工合工合C四合工尺工合四CDD尺尺  (* 散花楽)

E2G2E2D2。A2AGE2D2E2
D2四2合2。乙2四合工2尺2。工2尺2
工2尺2工2合工尺4。四2C2D2C2
四2C四合4。工2合2工2合2。工合
工合工2合2。C2四2合工尺2。工
合四CD2D2。尺尺\/\/

E−G−|E−D−|A−AG|E−D−|
E−D−|四−合−|乙−四合|工−尺−|
工−尺−|工−尺−|工−合工|尺−−−|
四−C−|D−C−|四−C四|合−−−|
工−合−|工−合−|工合工合|工−合−|
C−四−|合工尺−|工合四C|D−D−|
尺−尺−|

>e2< >g2< |>e2< >d2< |>a2< >ag< |>e2< >d2< |
>e2< >d2< |<a2> <g2> |<b2> <ag> |e2 d2 |
e2 d2 |e2 d2 |e2 <g>e |d2&d2 |
<a2> >c2< |>d2< >c2< |<a2> >c<<a> |<g2&g2> |
e2 <g2> |e2 <g2> |e<g> e<g> |e2 <g2> |
>c2< <a2> |<g>e d2 |e<g> <a>>c< |>d2< >d2< |
d2 d2 |

 再現曲

*末尾「尺尺」指示「\/\/」が符字上に墨書でかかっており,長音ビブラートの指示と考えられる。原譜は拍点なしの1字1拍だが,その部分の音長を,『清楽曲譜』OKINO_A007 に従い2符ともに2分とすると,同書の例と完全に合致する。


SK01_18 柳青娘 四尺上尺六凡工尺工尺上尺C乙五 [六五六C上六五凡工尺凡六凡六五凡工尺工尺上尺C乙五 (*又)

四尺上尺六4。凡2工2尺3工尺4。
上尺C乙五4 [六2五2六4。C2上
六五4。凡2工2尺4。凡六凡六五4。
凡2工2尺3工尺4。上尺C乙五4

四尺上尺|六−−−|凡−工−|尺−−工|
尺−−−|上尺C乙|五−−−|[六−五−|
六−−−|C−上六|五−−−|凡−工−|
尺−−−|凡六凡六|五−−−|凡−工−|
尺−−工|尺−−−|上尺C乙|五−−−|]

<a>d cd |g2&g2 |f2 e2 |d2.e |
d2&d2 |cd >c<b |a2&a2 |[2 g2 a2 |
g2&g2 |>c2< cg |a2&a2 |f2 e2 |
d2&d2 |fg fg |a2&a2 |f2 e2 |
d2.e |d2&d2 |cd >c<b |a2&a2 |]

 再現曲

*『明清楽之栞』MS021および『清楽曲譜』OKINO_A057 (OKINO_A063 には「尺合調・柳青娘」)に同題の曲譜は見られるが,曲調はいづれもこれとかなり異なる。


●SK01_19 高山流水 DDE合C合四C合四CC合DDE合合DE合四合EDC合四CCCCDECCDGEEEEEGEGEDC合四CC四四CC四C四合工工合工合四CC合

D2DE合C合四C2。合四
C2C合。D2DE合2合2。DE
合2。四合EDC2合四C2C2。
CCDE。CCDGEE
EE。EGEGEDC2合
四C2C2。四四CC四C四
合工工合工合四C2C合

D−DE|合C合四|C−合四|C−C合|
D−DE|合−合−|DE合−|四合ED|
C−合四|C−C−|CCDE|CCDG|
EEEE|EGEG|EDC−|合四C−|
C−四四|CC四C|四合工工|合工合四|
C−C合|

>d2< >de< |<g>>c< <ga> |>c2< <ga> |>c2< >c<<g> |
>d2< >de< |<g2> <g2> |>de< <g2> |<ag> >ed< |
>c2< <ga> |>c2< >c2< |>cc< >de< |>cc< >dg< |
>ee< >ee< |>eg< >eg< |>ed< >c2< |<ga> >c2< |
>c2< <aa> |>cc< <a>>c< |<ag> ee |<g>e <ga> |
>c2< >c<<g> |

 再現曲

*古琴などの「高山流水」とは曲調が異なる。曲尾が多少不自然で,単純に「合」を伸ばしてもまとまりは良くない。全体の音長の参考にできる資料は現在のところ少ないが,岡本純『清楽の栞 続編』(HANK_B009)の9曲目に同題の譜があり,だいたいの音長が分かるため,これと対照してみた。

 DD−E合−C合−四上合−四上上−合。尺尺−工合
 合尺−工合−合四−合工−尺上合−四上上。上−上尺−
 工上−上尺−六工工工工工六*工−六工−尺上−上合−
 四上上。四−四上−上四−C四−合工−工合−工合−
 四上上−合。

一部の表現が異なるが,全体の符字の流れにはさほどの変化はなく,「−」を短音の印とすると,その箇所は本書の例とほぼ一致する。ただし3行目「工」の連弾から「工六」にかけての部分は指示がないため,そのままだとすべて2分となるが,本書の例では4分の連弾となっている。本書の例を参考に組んだ再現譜は以下の通り。

 D−DE|合C合四|上−合四|上−上合|
 尺−尺工|合−合−|尺工合合|四合工尺|
 上−合四|上−上−|上上尺工|上上尺六|
 工工工工|工六工六|工尺上上|合四上−|
 上−四四|上上四C|四合工工|合工合四|
 上−上合|


●SK01_20 新声高山 上合四上上DE合上合四上上四C合工合乙四四四合四四合四C四合工工工六五六尺尺工六五六尺工六六五六工尺上合四上上四C合工合工尺工上上上尺工工尺工工尺工六六五六工尺上合四上上四C合工合尺工合合尺工合合四合工尺上合四上上  (* 関門流水)

上2合四上2上2D3E合4。上2合
四上2上2「四C合2工2合乙四4。
四四合四四合2。* 四C四合
工2工工六五六2。尺2尺工六
五六2。尺工六六五六工尺
上2合四上2上2。四C合2工2合2。
工2尺工上4。上2上* 尺工3。工尺
工工尺工六六五六工尺
上2合四上2上2。四C合2工2合2。
尺3工合2合2。尺工合合四合
工尺上2。合四上2上2」

(再現譜1)
 上−合四|上−上−|D−−E|合−−−|
 上−合四|上−上−|「四C合−|工−合乙|
 四−−−|四四合四|四合−四|C四合工|
 −工工六|五六−尺|−尺工六|五六−尺|
 工六六五|六工尺上|−合四上|−上−四|
 C合−工|−合−工|−尺工上|−−−上|
 −上尺工|−−工尺|工工尺工|六六五六|
 工尺上−|合四上−|上−四C|合−工−|
 合−尺−|工合−合|−尺工合|合四合工|
 尺上−合|四上−上|−」○○○|

(再現譜2・修整版)
上−合四|上−上−|D−−E|合−−−|
上−合四|上−上−|「四C合−|工−合乙|
四−−−|四四合四|四合−−|四C四合|
工−工工|六五六−|尺−尺工|六五六−|
尺工六六|五六工尺|上−合四|上−上−|
四C合−|工−合−|工−尺工|上−−−|
上−上−|尺工−−|工尺工工|尺工六六|
五六工尺|上−合四|上−上−|四C合−|
工−合−|尺−−工|合−合−|尺工合合|
四合工尺|上−合四|上−上−」|

c2 <ga> |c2 c2 |>d2.e< |<g2&g2> |
c2 <ga> |c2 c2 |[2 <a>>c< <g2> |e2 <gb> |
<a2&a2> |<aa> <ga> |<ag2.> |<a>>c< <ag> |
e2 ee |ga g2 |d2 de |ga g2 |
de gg |ag ed |c2 <ga> |c2 c2 |
<a>>c< <g2> |e2 <g2> |e2 de |c2&c2 |
c2 c2 |de2. |ed ee |de gg |
ag ed |c2 <ga> |c2 c2 |<a>>c< <g2> |
e2 <g2> |d2.e |<g2> <g2> |de <gg> |
<ag> ed |c2 <ga> |c2 c2 ]|

 再現曲

*『清楽曲牌雅譜』には「関門流水 一名新声高山」とある。「  」で囲まれた指示は,『明清楽譜摘要』(佐々木僊 M.10)『袖珍月琴譜めくら杖』(野村正吉 M.18)にも見える。後出の例から[  ]より大きな繰り返し指示,コーダにあたるものと考えられるが,この曲では[ ]による繰返しがその中に内包されていないため,不明である。原譜そのままで再現譜を組むと,3L末から4Lにかけてより,拍子と曲が微妙にズレる(再現譜1)。このあたりに拍点・指示の間違いがあるのだろう。原譜3L「四合2。」は「四C合2。」か「四2合2。」もしくは「四合3。」であろう,再現譜では指示に近い「四合3。」として拍子に合わせた。7L「上2上」は前後の類似フレーズから「上2上2」と思われる。


SK01_21 朝天子 四合工合上五工六尺工六上上四合四乙乙四乙乙四 [尺尺上工尺四上C五C五五上五六五六工六工六工六尺六工合合C四合工六工六工六尺工上上尺四上合合四C上尺工六工六工六尺六工工合四上合合四C尺尺上尺尺上尺合四乙乙四乙乙四 (*又)

四3合工2合2上2五4。工2六2尺2工−
六上4。上2四2合2四4。乙2乙2四2乙2
乙2四4 [尺4*尺4。上2工2尺2四2上4。C2
五−C五3五2。* 上2五−六五2六2。工2
六2工2六2工−六尺2六2工4。合4合2*
C2四2合2。工2六2工2六2工−六尺2
工2上4。上2尺2四2上2合2合−四C4。
上2尺2工2六2工2六2工−六尺2六2
工4。工2合2四2上2合2合−四C4。尺−
尺上2尺尺上2。尺2合2四4。乙2乙2
四2乙2乙2四4

四−−合|工−合−|上−五−|−−工−|
六−尺−|工六上−|−−上−|四−合−|
四−−−|乙−乙−|四−乙−|乙−四−|
−−[尺−|−−尺−|−−上−|工−尺−|
四−上−|−−C−|五C五−|五−上−|
五六五−|六−工−|六−工−|六−工六|
尺−六−|工−−−|合−−−|合−C−|
四−合−|工−六−|工−六−|工六尺−|
工−上−|−−上−|尺−四−|上−合−|
合四C−|−−上−|尺−工−|六−工−|
六−工六|尺−六−|工−−−|工−合−|
四−上−|合−合四|C−−−|尺尺上−|
尺尺上−|尺−合−|四−−−|乙−乙−|
四−乙−|乙−四−|−−]○○|

<a2.g> |e2 <g2> |c2 a2& |a2 e2 |
g2 d2 |eg c2& |c2 c2 |<a2> <g2> |
<a2&a2> |<b2> <b2> |<a2> <b2> |<b2> <a2&> |
<a2> [2 d2& |d2 d2& |d2 c2 |e2 d2 |
<a2> c2& |c2 >c2< |a>c< a2 |a2 c2 |
ag a2 |g2 e2 |g2 e2 |g2 eg |
d2 g2 |e2&e2 |<g2&g2> |<g2> >c2< |
<a2> <g2> |e2 g2 |e2 g2 |eg d2 |
e2 c2& |c2 c2 |d2 <a2> |c2 <g2> |
<ga> >c2&< |>c2< c2 |d2 e2 |g2 e2 |
g2 eg |d2 g2 |e2&e2 |e2 <g2> |
<a2> c2 |<g2> <ga> |>c2&c2< |dd c2 |
dd c2 |d2 <g2> |<a2&a2> |<b2> <b2> |
<a2> <b2> |<b2> <a2&> |<a2> ] r2 |

 再現曲

*『清楽曲譜』OKINO_A023 の例と比較すると,繰返しがなく,数箇所「上」が1オクターブ高い「C」になっていることを除けば,符字はほぼ一致する。再現譜に組むと『清楽曲譜』とくらべ,拍子が半小節ぶんずれ,音長がところどころ異なるが,さほど不自然なところはない。原譜3L「[ 」直後の「尺」の拍点が符字前後に分かれて書かれているが,『清楽曲譜』の例から「尺4」と定めた。4L「五3五2。」のは3つめの拍点にかかっており,そのままだとここから拍子がずれるため,これは消し線だと思われる。5L末「合合」,上の「合」の横に墨滲みがあり拍点を判別し難いが,おそらく「合4合2」であろう。


SK01_22 二王引 五六工六尺合四C上工尺工尺上四合工合C合四CD合D尺工尺上四合四合工工尺工上四合四CD合D尺工上四合合乙四尺四上

五2六2工2六2尺2合−四C4。上2工2
尺工尺上四2合工合4。C2
四C2。D−合D2。尺1 1工−尺上四
合−四−合2。工工尺工上2。四合
四−C2。D−合D2。尺1 1工−上四合2
合乙四2。尺四上4

五−六−|工−六−|尺−合四|C−−−|
上−工−|尺工尺上|四−合工|合−−−|
C−合四|C−D合|D−尺−工|尺上四合|
四合−工|工尺工上|−四合四|C−D合|
D−尺−工|上四合−|合乙四−|尺四上−|
−−○○|

a2 g2 |e2 g2 |d2 <ga> |>c2&c2< |
c2 e2 |de dc |<a2> <g>e |<g2&g2> |
>c2< <ga> |>c2< >d<<g> |>d2< d.e8 |dc <ag> |
<ag2> e |ed ec& |c<a> <ga> |>c2< >d<<g> |
>d2< d.e8 |c<a> <g2> |<gb> <a2> |d<a> c2& |
c2 r2 |

 再現曲

*「−」の指示のうち「尺1 1工−尺」「尺1 1工−上」の二箇所は墨線,ほかは朱線で演奏上のレガート的指示と思われ,音長には反映されないものとした。


SK01_23 補矼匠 CDEGC四CDDEGAGEGDEDC四合CDCC四合C四合四上四尺上上四上四合上工六尺上四C合五六工五六五六

C4D3EG4。* C4四CD2DE
G4。A3GEGD3。ED3C四2
合2C3DC4。C2四合C2四合
四上四尺上4。上四上2四合
上2。工六尺1 1上−四C合4。五六
工五六3。五六4

C−−−|D−−E|G−−−|C−−−|
四CD−|DEG−|−−A−|−GEG|
D−−E|D−−C|四−合−|C−−D|
C−−−|C−四合|C−四合|四上四尺|
上−−−|上四上−|四合上−|工六尺−上
四C合−|−−五六|工五六−|−五六−|
−−○○|

>c2&c2< |>d2.e< |>g2&g2< |>c2&c2< |
<a>>c< >d2< |>de< >g2&< |>g2< >a2&< |>ag< >eg< |
>d2.e< |>d2.c< |<a2> <g2> |>c2.d< |
>c2&c2< |>c2< <ag> |>c2< <ag> |<a>c <a>d |
c2&c2 |c<a> c2 |<ag> c2 |eg d.c8 |
<a>>c< <g2&> |<g2> ag |ea g2& |ga g2& |
g2 r2 |

 再現曲

*冒頭の数フレーズは『清風雅譜』SG018,『清楽曲譜』OKINO_A022 ともに1オクターブ低い。前半は異なるが,後半の曲調はそれらの類例とそれほどの違いはない。画像では原譜1L「CDEG。C」の二番目の「C」は拍点が5つあるように見えるが,最後の1つはヨゴレのようで,ここは4拍としたほうが拍子に適する。


●SK01_24 桃林宴 [合四合四C上工六尺尺工尺工上尺工上四四C合工五六 又[合工六尺合合四C上尺上尺工五六工工六尺尺工上尺尺工上四四C合工五六 又

[合* 四2合四C2。上2工六尺4。尺
工尺工上4。尺工上2四2。四C
合2工五六4 又[合2工六尺4。合2
合四C4。上尺上尺工4。五六
工2工六尺4。尺工上2尺4。尺工
上2四2。四C合2工五六4 又

[合−四−|合四C−|上−工六|尺−−−|
尺工尺工|上−−−|尺工上−|四−四C|
合−工五|六−−−]|[合−工六|尺−−−|
合−合四|C−−−|上尺上尺|工−−−|
五六工−|工六尺−|−−尺工|上−尺−|
−−尺工|上−四−|四C合−|工五六−|
−−]○○|

[2 <g2> <a2> |<ga> >c2< |c2 eg |d2&d2 |
de de |c2&c2 |de c2 |<a2> <a>>c< |
<g2> ea |g2&g2 ]|[2 <g2> eg |d2&d2 |
<g2> <ga> |>c2&c2< |cd cd |e2&e2 |
ag e2 |eg d2& |d2 de |c2 d2& |
d2 de |c2 <a2> |<a>>c< <g2> |ea g2& |
g2 ]r2 |

 再現曲

*出だしの音長は『清楽曲譜』OKINO_A020 および 町田桜園『銀笛独案内』(林盛林堂 大正4年)では「合2四2合四C4」となっている。岡本純『清楽の栞 続編』HANK_B002 のように「合−四合−四C。」と,同じ音長の繰り返しと見られるものもあるが,以降の拍子との適合,また2字めの「四」が「四2」であることなどから,前2書の音長と同じく「合2四2」のほうが可能性は高いとみて,再現譜ではここを修整してある。


SK01_25 万寿寺宴 C四合C上上工尺合工尺上C四合C工六工尺工六工尺工六工尺上上尺工尺上四四C四合合合工尺上尺 (白) DDEDEGEDCDC合合工尺上尺 (白) DDEDEGEDCDC合合工尺合合工尺合合C四合工合合工尺上尺工工六工尺工六工六工上工尺上四四C四合D乙四D乙四合合工尺上尺上尺

C2四−合C4。上2上−工尺4。合2
尺上4。C2四−合C4。工−六工−尺
工−六工−尺工−六工−尺上4。上−
尺工2尺上四2。四−C四2合4。合2
合工−尺3上尺4 (白) D2D−ED4。
E−GE−DC3DC4。合2合工−
尺3上尺4 (白) D2D−ED4。E−G
E−DC3DC4。合2合工尺4。合2
合工尺4。合2合−C四2合−工合2
合工−尺4。上−尺工2。工−六工−尺
工−六工−六工4。上2工2尺上四2。
四−C四2合4。D2乙2四4。D2乙2四4。
合2合−工尺3。上尺3。上尺4

C−四合|C−−−|上−上工|尺−−−|
合−工尺|上−−−|C−四合|C−−−|
工六工尺|工六工尺|工六工尺|上−−−|
上尺工−|尺上四−|四C四−|合−−−|
合−合工|尺−−上|尺−−−|
(白)
D−DE|D−−−|EGED|C−−D|
C−−−|合−合工|尺−−上|尺−−−|
(白)
D−DE|D−−−|EGED|C−−D|
C−−−|合−合工|尺−−−|合−合工|
尺−−−|合−合C|四−合工|合−合工|
尺−−−|上尺工−|工六工尺|工六工六|
工−−−|上−工−|尺上四−|四C四−|
合−−−|D−乙−|四−−−|D−乙−|
四−−−|合−合工|尺−−上|尺−−上|
尺−−−|

>c2< <ag> |>c2&c2< |c2 ce |d2&d2 |
<g2> ed |c2&c2 |>c2< <ag> |>c2&c2< |
eg ed |eg ed |eg ed |c2&c2 |
cd e2 |dc <a2> |<a>>c< <a2> |<g2&g2> |
<g2> <g>e |d2.c |d2&d2 |
(白)
>d2< >de< |>d2&d2< |>eg< >ed< |>c2.d< |
>c2&c2< |<g2> <g>e |d2.c |d2&d2 |
(白)
>d2< >de< |>d2&d2< |>eg< >ed< |>c2.d< |
>c2&c2< |<g2> <g>e |d2&d2 |<g2> <g>e |
d2&d2 |<g2> <g>>c< |<a2> <g>e |<g2> <g>e |
d2&d2 |cd e2 |eg ed |eg eg |
e2&e2 |c2 e2 |dc <a2> |<a>>c< <a2> |
<g2&g2> |>d2< b2 |<a2&a2> |>d2< b2 |
<a2&a2> |<g2> <g>e |d2.c |d2.c |
d2&d2 |

 再現曲



●SK01_26 青陽寿 四四上尺工上六五六尺尺工六工尺上四上尺上工工六尺上四工工尺上四C合四合四C合六五六工六工尺上工工四尺上六尺工上四五五六五尺上五五六工六工工尺上工尺四上工六尺上四尺上

四2四上尺3工上4。六2五2六4。尺2
尺2工六工尺上3。四上3尺上4。
工2工六尺1 1上−四4。* 工2工2尺2* 上
四C合4。四1 1合−四* C合4。六2五2
六4。工六工尺上4。工2工2四尺
上4。六2尺工上2四4。五五六五
尺上3。五五六工六工4。*工1 1尺−
上工尺四上4。工六尺1 1上−四
尺上4

四−四上|尺−−工|上−−−|六−五−|
六−−−|尺−尺−|工六工尺|上−−四|
上−−尺|上−−−|工−工六|尺−上四−|
−−工−|工−尺上|四C合−|−−四−合
四C合−|−−六−|五−六−|−−工六|
工尺上−|−−工−|工−四尺|上−−−|
六−尺工|上−四−|−−五五|六五尺上|
−−五−|五六工六|工−−−|工−尺上工|
尺四上−|−−工六|尺−上四尺|上−−−|

<a2> <a>c |d2.e |c2&c2 |g2 a2 |
g2&g2 |d2 d2 |eg ed |c2.<a> |
c2.d |c2&c2 |e2 eg |d.c8 <a2&> |
<a2> e2 |e2 dc |<a>>c< <g2&> |<g2> <a.g8> |
<a>>c< <g2&> |<g2> g2 |a2 g2& |g2 eg |
ed c2& |c2 e2 |e2 <a>d |c2&c2 |
g2 de |c2 <a2&> |<a2> aa |ga dc& |
c2 a2 |ag eg |e2&e2 |e.d8 ce |
d<a> c2& |c2 eg |d.c8 <a>d |c2&c2 |

 再現曲

*現在までのところ,他に音長のわかる資料がないため,正確な再現は不能。原譜3〜4L,一部の指示・拍点が薄墨で書かれている。意図不明。そのうち,3L末「尺」の拍点はないほうが以降の拍子とずれが出ない。7L「五五六工六工4。」,他曲の類似フレーズとの比較などから「五2五六工六工4。」の可能性が高い。


SK01_27 松山流水 合四C合四C[四C合工合上五合五尺尺尺尺尺六工工工六工六工尺上合四C合四C四C合工合乙四乙乙尺尺乙尺乙四合四合四合上五合五尺尺尺尺工六工尺上尺上尺上合四乙乙四合四合四合上五合五尺尺尺尺尺六工工工六工六工尺上尺上尺上 (*又)

合−四C2合四C4[四C合2工2
合2。上2五−合五尺尺4。尺2尺2。尺
六工工工六工六工尺上2。
合四C2合四C4。四C合2工2
乙四4。乙2乙2尺2尺2。乙尺乙
四合3四合四合4。上2五合五
尺尺4。尺2尺2。工六工尺上3
上尺上4。合2四2乙2乙2四2合3
合四合4。上2五−合五尺尺4。尺2
尺2。尺六工工工六工六工
尺上3。尺上尺上4

○○合四|C−合四|C−−−|[四C合−|
工−合−|上−五合|五尺尺−|−−尺−|
尺−尺六|工工工六|工六工尺|上−合四|
C−合四|C−−−|四C合−|工−合乙|
四−−−|乙−乙−|尺−尺−|乙尺乙四|
合−−四|合四合−|−−上−|五合五尺|
尺−−−|尺−尺−|工六工尺|上−−尺|
上尺上−|−−合−|四−乙−|乙−四−|
合−−四|合四合−|−−上−|五合五尺|
尺−−−|尺−尺−|尺六工工|工六工六|
工尺上−|−尺上尺|上−−−|]

r2 <ga> |>c2< <ga> |>c2&c2< |[2 <a>>c< <g2> |
e2 <g2> |c2 a<g> |ad d2& |d2 d2 |
d2 dg |ee eg |eg ed |c2 <ga> |
>c2< <ga> |>c2&c2< |<a>>c< <g2> |e2 <gb> |
<a2&a2> |<b2> <b2> |d2 d2 |<b>d <ba> |
<g2.a> |<ga> <g2&> |<g2> c2 |a<g> ad |
d2&d2 |d2 d2 |eg ed |c2.d |
cd c2& |c2 <g2> |<a2> <b2> |<b2> <a2> |
<g2.a> |<ga> <g2&> |<g2> c2 |a<g> ad |
d2&d2 |d2 d2 |dg ee |eg eg |
ed c2& |cd cd |c2&c2 |]

 再現曲

*原譜1Lの「 [ 」がないだけで,符および音長は『清楽曲譜』OKINO_A039「松林流水」とほぼ完全に一致する。再現譜では『清楽曲譜』の例に合わせて,出だしを裏拍子からとした。


SK01_28 新流水 尺尺工六五六凡工尺四上尺尺工六工六上工尺上四C合四合四工合尺工尺工合合尺工六工六上工尺上四C合四合四工合尺工尺工四尺上合乙四乙四合四乙四合四上四C四合工上尺工合工合尺四上尺

尺−尺工五2六2。凡2工2尺2四−
上尺4。尺2工−六工−六上2工2
上四−C合4。四1 1合−四合4。尺3
工尺3工合2合2。尺2工−六工−六
上2工2尺上四C合4。四1 1合−四
工合4。尺3尺3工四2尺2上4。合2
乙2四1 1乙−四−合四1 1乙−四−合四
上4。四−C* 四合工4。上−尺工2合2
工2。合2尺2四−上尺4

尺尺工六|五−六−|凡−工−|尺−四上|
尺−−−|尺−工六|工六上−|工−尺上|
四C合−|−−四−合|四工合−|−−尺−|
−工尺−|−工合−|合−尺−|工六工六|
上−工−|尺上四C|合−−−|四−合四工|
合−−−|尺−−工|尺−−工|四−尺−|
上−−−|合−乙−|四−乙四合|四−乙四合|
四上−−|−四C−|四合工−|−−上尺|
工−合−|工−合−|尺−四上|尺−−−|

dd eg |a2 g2 |f2 e2 |d2 <a>c |
d2&d2 |d2 eg |eg c2 |e2 dc |
<a>>c< <g2&> |<g2> <a.g8> |<a>e <g2&> |<g2> d2& |
de d2& |de <g2> |<g2> d2 |eg eg |
c2 e2 |dc <a>>c< |<g2&g2> |<a.g8> <a>e |
<g2&g2> |d2.e |d2.e |<a2> d2 |
c2&c2 |<g2> <b2> |<a.b8> <ag> |<a.b8> <ag> |
<a>c2.& |c<a> >c2< |<ag> e2& |e2 cd |
e2 <g2> |e2 <g2> |d2 <a>c |d2&d2 |

 再現曲

*曲後半に些少相違があるが,譜は『増補改定・清風雅譜』SGB024「流水調」とほぼ同じ。原譜8L「四−C」を「四−C2」とすると,以降が拍子に合う。


●SK01_29 林氏流水 合四合四C合四CC四CDDE合合四CDDE合合四C合四CC四合工合DDE合合DE合四合EDCDEC四CDDE合合四C合四CC四合EDC上尺上上尺工六尺六工工尺工尺工六五六工尺上尺工上四CDDE合C合四C合四CC四合工合乙四四合四合四C四C四合工工六五六尺尺工六五六尺工六五六工尺上尺工上

合四2* 合四C2合四C2C2。四
CD2DE合2合2。四CD2D
E合2。合2四C2* 合四C2C2。四2
合2工2合2。D2DE合2合2。DE
合2。四合EDC2DEC4。四
CD2DE合2。合四C2合四
C2C2。四2合2E2D2C4。上尺上2。
上尺工2六2尺六工4。工尺工2
尺工六2* 五六工尺上2尺工
上4。四CD2DE合2。C2合四
C2合四C2C2。四2合2工2合乙
四4。四合四2合四C2。四C四
合工2工2六五六2。* 尺2尺工六
五六2。* 尺工六2五六工尺上2
尺工上4

合−四−|合四C−|合四C−|C−四C|
D−DE|合−合−|四CD−|DE合−|
合四C−|合四C−|C−四−|合−工−|
合−D−|DE合−|合−DE|合−四合|
EDC−|DEC−|−−四C|D−DE|
合−合四|C−合四|C−C−|四−合−|
E−D−|C−−−|上尺上−|上尺工−|
六−尺六|工−−−|工尺工−|尺工六−|
五六工尺|上−尺工|上−−−|四CD−|
DE合−|C−合四|C−合四|C−C−|
四−合−|工−合乙|四−−−|四合四−|
合四C−|四C四合|工−工−|六五六−|
尺−尺工|六五六−|尺工六−|五六工尺|
上−尺工|上−−−|

<g2> <a2> |<ga> >c2< |<ga> >c2< |>c2< <a>>c< |
>d2< >de< |<g2> <g2> |<a>>c< >d2< |>de< <g2> |
<ga> >c2< |<ga> >c2< |>c2< <a2> |<g2> e2 |
<g2> >d2< |>de< <g2> |<g2> >de< |<g2> <ag> |
>ed< >c2< |>de< >c2&< |>c2< <a>>c< |>d2< >de< |
<g2> <ga> |>c2< <ga> |>c2< >c2< |<a2> <g2> |
>e2< >d2< |>c2&c2< |cd c2 |cd e2 |
g2 dg |e2&e2 |ed e2 |de g2 |
ag ed |c2 de |c2&c2 |<a>>c< >d2< |
>de< <g2> |>c2< <ga> |>c2< <ga> |>c2< >c2< |
<a2> <g2> |e2 <gb> |<a2&a2> |<ag> <a2> |
<ga> >c2< |<a>>c< <ag> |e2 e2 |ga g2 |
d2 de |ga g2 |de g2 |ag ed |
c2 de |c2&c2 |

 再現曲

*現在までのところ正確な音長の参考となる資料が他にないため,岡本純『清楽の栞』HANK_B004 の譜を参考に,各符字の長短を比較検討し,再現譜では原譜1L「合四2」は「合2四2」,3L「合2四C2」を「合四C2」とした。また『清楽の栞』では,9L「尺工六2」はすべて長音に,また13L「工2工2六五六2。」は「工工六五−六。」,13〜14L「工六五六2。」は「工六五−六。」となっているが,本書の例のほうが,他の流水調の曲などにある類似のフレーズと合い,拍子の流れとも,また「。」によるフレーズの区切りとも応ずる。


●SK01_30 漫波流水 [DDE合合四C合四CC 又 四C合工合尺尺工合四合尺工合四合工尺CC合四CCDDE合合四C合四CC四C合工合尺尺工合四合尺工合四合工尺CC合四CCDDE合合四C合四CCCC合四CCECDGEEEDEDE合四合EDCC合四CCDDE合合四C合四CC四C合工合尺尺工合四合尺工合四合工尺CC合四CCDDE合合四C合四CCCC合四CCEC合乙四四合四合四C四C四合工工合四合尺尺工合四合尺工合四合工尺CC合四CC  (* 漫板流水)

[D2D−E合2。合四C2合四C2
C2。 又 四C合2工2合2。尺2尺−工
合四合2。尺工合2四合工尺
C−C合四C2−C2。D2D−E合2。
合四−C2合四C2−C2。四C合2
工2合2。尺2尺−工合四合2。尺工
合2。四合工尺C−C合四C2
C2。D2D−E合2。合四C2合四
C2−C2。C−C合四C2−C2。E2C2
DGEEEDE2DE合2。
四合EDC−C合四C2−C2。
D2D−E合2。合四−C2合四C2−
C2。四−C合2工2合2。尺2尺−工合
四合2。尺工合2。四合工尺C−
C合四C2C2。D2D−E合2。合
四−C2合四C2−C2。C−C合四
C2C2。E2C2合乙四2。四合四2
合四C2。四C四合工2工2
四合2。尺2尺−工合四合2。尺工
合2。四合工尺C−C合四C2−
C2

[D−DE|合−合四|C−合四|C−C−]|
四C合−|工−合−|尺−尺工|合四合−|
尺工合−|四合工尺|CC合四|C−C−|
D−DE|合−合四|C−合四|C−C−|
四C合−|工−合−|尺−尺工|合四合−|
尺工合−|四合工尺|CC合四|C−C−|
D−DE|合−合四|C−合四|C−C−|
CC合四|C−C−|E−C−|DGEE|
EDE−|DE合−|四合ED|CC合四|
C−C−|D−DE|合−合四|C−合四|
C−C−|四C合−|工−合−|尺−尺工|
合四合−|尺工合−|四合工尺|CC合四|
C−C−|D−DE|合−合四|C−合四|
C−C−|CC合四|C−C−|E−C−|
合乙四−|四合四−|合四C−|四C四合|
工−工−|合四合−|尺−尺工|合四合−|
尺工合−|四合工尺|CC合四|C−C−|

[2 >d2< >de< |<g2> <ga> |>c2< <ga> |>c2< >c2<]|
<a>>c< <g2> |e2 <g2> |d2 de |<ga> <g2> |
de <g2> |<ag> ed |>cc< <ga> |>c2< >c2< |
>d2< >de< |<g2> <ga> |>c2< <ga> |>c2< >c2< |
<a>>c< <g2> |e2 <g2> |d2 de |<ga> <g2> |
de <g2> |<ag> ed |>cc< <ga> |>c2< >c2< |
>d2< >de< |<g2> <ga> |>c2< <ga> |>c2< >c2< |
>cc< <ga> |>c2< >c2< |>e2< >c2< |>dg< >ee< |
>ed< >e2< |>de< <g2> |<ag> >ed< |>cc< <ga> |
>c2< >c2< |>d2< >de< |<g2> <ga> |>c2< <ga> |
>c2< >c2< |<a>>c< <g2> |e2 <g2> |d2 de |
<ga> <g2> |de <g2> |<ag> ed |>cc< <ga> |
>c2< >c2< |>d2< >de< |<g2> <ga> |>c2< <ga> |
>c2< >c2< |>cc< <ga> |>c2< >c2< |>e2< >c2< |
<gb> <a2> |<ag> <a2> |<ga> >c2< |<a>>c< <ag> |
e2 e2 |<ga> <g2> |d2 de |<ga> <g2> |
de <g2> |<ag> ed |>cc< <ga> |>c2< >c2< |

 再現曲

*段に分けていないだけで,符字順列,曲調は『清楽曲譜』OKINO_A018 と完全に一致。


---vol.1 end---



SK02_01 員頭串 [尺工尺工上四上工四上 又 四上工六尺四上工六尺工尺工上四合四上尺上五六工六五C六工六尺  (* 韻頭串)

[尺2工2尺工上2四上工四上4。
又 四上工六尺4。四上工六
尺4。工2尺工上3。* 四2合四上3
上4。五六工六五3C六2。工六
尺4

[尺−工−|尺工上−|四上工四|上−−−]|
四上工六|尺−−−|四上工六|尺−−−|
工−尺工|上−−−|四−合四|上−−尺|
上−−−|五六工六|五−−C|六−工六|
尺−−−|

[d2 e2 |de c2 |<a>c e<a> |c2&c2 |]
<a>c eg |d2&d2 |<a>c eg |d2&d2 |
e2 de |c2&c2 |<a2> <ga> |c2.d |
c2&c2 |ag eg |a2.>c< |g2 eg |
d2&d2 |

 再現曲

*原譜二箇所「上」が「C」となっている以外,符字順列は『清風雅譜』SG003 と同じだが,音長があちこち異なる。現在所蔵する渓派の譜から再現される曲は,フレーズに緩急のつく部分が多く,後半に拍子との乖離の見られるものもある。それらと比べると,本書の版は全体に音長が均等でゆるやか,拍子にもより合致している。原譜3L「工2尺工上3。」は,以降の流れからみて「工2尺工上4。」が正しいと思われる。


●SK02_02 員頭連 [合合四CC四C合合四C合 又 上工尺四C合合四C合合合四CC四CDEDC四C合工合工合工上尺工四上尺尺工上尺工上四C合合四C合  (* 韻頭連)

[合2合四CC四C合2合。四−1
C−合4 又 上2工2尺2。四C合2合。
四−C−合4。* 合2合四CC。四C
DEDC四−1C−合4。工2合2工
合工上尺工四上尺4。尺工
上2尺工上2。四C合2合。四−1C−
合4

[合−合四|CC四C|合−合四C|合−−−|]
上−工−|尺−四C|合−合四C|合−−−|
合−合四|CC四C|DED四C|合−−−|
工−合−|工合工上|尺工四上|尺−−−|
尺工上−|尺工上−|○○四C|合−合四C
合−−−|

[2 <g2> <ga> |>cc< <a>>c< |<g2> <g><a8>>c8< |<g2&g2> |]
c2 e2 |d2 <a>>c< |<g2> <g><a8>>c8< |<g2&g2> |
<g2> <ga> |>cc< <a>>c< |>de8d8< >c<<a8>>c8< |<g2&g2> |
e2 <g2> |e<g> ec |de <a>c |d2&d2 |
de c2 |de c2 |r2 <a>>c< |<g2> <g><a8>>c8< |
<g2&g2> |

 再現曲

*現在のところ,ほかに音長の分かる資料がないため,再現された曲調の正確さは不明。原譜1〜3Lにある二箇所の「四−C−合4。」は,4L・6Lにある「四−1C−合4」と同じフレーズと見たほうが曲調が自然。4L「DEDC」のところで拍子が乱れるため,再現譜ではここを「DED(de8d8)」と縮めて調節し,6L「尺工上2。」から曲尾にかけての流れが悪いため,「。」を拡大解釈し,ブレイク的な2分の休符を挿入した。


●SK02_03 夏門流水 工合工合工尺工尺上合尺工合工合工尺工尺上合四工尺上合尺工尺上合四 [合合四合四合合 又 工尺上尺尺工上尺尺上尺四四乙乙四合四合乙四合四上尺上  (* 厦門流水)

工2合2工合工尺工尺上合
尺4。工2合2工合工尺工尺上
合四4。工尺上合尺4。工尺上
合四4[合2合四合四合2合4 又 
工2尺2上4。尺2尺工上4。* 尺尺上2
尺2四4四2。乙2乙2四2合3四合4。乙2
四2合2四2。* 上3尺上4

工−合−|工合工尺|工尺上合|尺−−−|
工−合−|工合工尺|工尺上合|四−−−|
工尺上合|尺−−−|工尺上合|四−−−|
[合−合四|合四合−|合−−−|]工−尺−|
上−−−|尺−尺工|上−−−|尺尺上−|
尺−四−|−−四−|乙−乙−|四−合−|
−四合−|−−乙−|四−合−|四−上−|
−尺上−|−−○○|

e2 <g2> |e<g> ed |ed c<g> |d2&d2 |
e2 <g2> |e<g> ed |ed c<g> |<a2&a2> |
ed c<g> |d2&d2 |ed c<g> |<a2&a2> |
[2 <g2> <ga> |<ga> <g2> |<g2&g2> |] e2 d2 |
c2&c2 |d2 de |c2&c2 |dd c2 |
d2 <a2&> |<a2> <a2> |<b2> <b2> |<a2> <g2&> |
<ga> <g2&> |<g2> <b2> |<a2> <g2> |<a2> c2& |
cd c2& |c2 r2 |

 再現曲

*後半の音長が異なるほか,符字の順列は『清楽曲譜』OKINO_A011,『洋峨楽譜』OKINO_B009とほぼ同じ。5L「尺2尺工上。」最後の「上」の拍点が指示書き込みと重なり見づらいが「上4」だとすると,拍子に変なずれが生じない。6L頭「尺2四4四2。」『洋峨楽譜』ではここを「尺2四2四2。」としている。このままでもさほどに悪くはないが,多少の不自然さは残る。渓派系の「夏門流水」ではこの部分に「尺」がなく「四4四2」となっており,拍子との乖離はない。


SK02_04 久聞 D合CDDEC四合CCDEC合四合CCDEDCEC四合工工合四C工合四合D合CDDEC四合CCDEC合四合(白) 工工合四C工合四合D合CDDEC四合工合工合四工合工合四工合四C工合EDEGEDCDCDDE合工合四C工合四合

D2合CD4。DEC四合4。C2
C−DE2C2合3四合4。C2C−D
E2D2。CEC四合4。工2工−合
四2C−工合3四合4。D2合CD4
DEC四合4。C2C−DE2C2
合3四合4。(白) 工2工−合四2C−工
合3四合4。D2合CD4。DEC
四合4。工2合−工合2四2。工2合−工
合2四2。工2合2四2C−工合4。E2D2
E−GEDC3DC4。D2D−E
合4。工2合2四2C−工合3四合4

D−合C|D−−−|DEC四|合−−−|
C−CD|E−C−|合−−四|合−−−|
C−CD|E−D−|CEC四|合−−−|
工−工合|四−C工|合−−四|合−−−|
D−合C|D−−−|DEC四|合−−−|
C−CD|E−C−|合−−四|合−−−|
(白) 
工−工合|四−C工|合−−四|合−−−|
D−合C|D−−−|DEC四|合−−−|
工−合工|合−四−|工−合工|合−四−|
工−合−|四−C工|合−−−|E−D−|
EGED|C−−D|C−−−|D−DE|
合−−−|工−合−|四−C工|合−−四|
合−−−|

>d2< <g>>c< |>d2&d2< |>de< >c<<a> |<g2&g2> |
>c2< >cd< |>e2< >c2< |<g2.a> |<g2&g2> |
>c2< >cd< |>e2< >d2< |>ce< >c<<a> |<g2&g2> |
e2 e<g> |<a2> >c<e |<g2.a> |<g2&g2> |
>d2< <g>>c< |>d2&d2< |>de< >c<<a> |<g2&g2> |
>c2< >cd< |>e2< >c2< |<g2.a> |<g2&g2> |
(白) 
e2 e<g> |<a2> >c<e |<g2.a> |<g2&g2> |
>d2< <g>>c< |>d2&d2< |>de< >c<<a> |<g2&g2> |
e2 <g>e |<g2> <a2> |e2 <g>e |<g2> <a2> |
e2 <g2> |<a2> >c<e |<g2&g2> |>e2< >d2< |
>eg< >ed< |>c2.d< |>c2&c2< |>d2< >de< |
<g2&g2> |e2 <g2> |<a2> >c<e |<g2.a> |
<g2&g2> |

 再現曲

*最終行頭「合。」の後に「白(せりふ)」がないほかは,『清楽曲譜』OKINO_A049 と曲譜部分の符字の順列・音長ともに完全に一致。


●SK02_05 嗩吶皮 上工六尺四上尺六工尺工四上尺四上尺上四合CC五六五六六六五上工六尺四上尺

上2工六尺2。四1−上尺1。2六工尺
工2。四上尺2四−上尺1。2上2四合
C2C五六1 1五−六六2。六2五上2
工六尺2。四1−上尺1 2

上−工|六尺−|四上尺○|○六工|
尺工−|四上尺|−四上尺|○○上|
−四合|C−C|五六−五|六六−|
六−五|上−工|六尺−|四上尺−|
−○○|

c2 e |g d2 |<a8>c8 dr4 |r4g e |
d e2 |<a> cd& |d<a8>c8 d |r2 c& |
c <ag> |>c2< >c< |a g.a8 |g g2 |
g2 a |c2e |g d2 |<a8>c8 d2& |
d r2 |

 再現曲

*1箇所「上」がオクターブ上の「C」になっているほか符字は『清楽曲譜』OKINO_A009 に一致。1L中央,2L中央と曲尾の「四−上尺」1Lと曲尾のものにはいづれも「−」に1拍点,「尺」の横に1拍点,「。」に2拍点が打たれる。2L中央では「四−上」の間に拍点がなく,棒線にも消したような痕がある。『清楽曲譜』では先の「四−上尺」前者2箇所をともに「四上尺−−−」,後者を「四上尺○○」としている。『清楽曲譜』はこれを4拍子の曲として譜を組んでいるが,本譜で同様に再現譜を組むと,後半で著しく拍子と乖離してしまう。『清楽曲譜』において全符の「尺」が3拍点となっていること,またそうした特殊な拍点法が譜末まで統一されているところなどから,3拍子の曲と考え再現譜を組んでみたところ,原譜「。」のうち,1箇所を除くほとんどが小節の区切りと一致し,いくぶんか自然な再現となった。本譜に関する限りは可能性が高いが,本書の中にも他に例がなく,比較できる資料も現在のところ少ないため確証はない。


SK02_06 相思曲 五上C五六五六工工上尺六工工尺上尺工六尺六工上尺工六尺乙尺乙四合六工尺六六工尺乙尺尺乙四尺尺乙乙五尺乙五五五五五乙五乙五上乙五

五4上2。C五六五六4。工2工2上2
尺2六2工4。工3尺−上尺工4。六2尺
六工4。上1 1尺−工六尺4。乙尺乙
四合4。六2工尺六−六工尺乙
尺−尺乙四4。尺2尺2乙2乙2五−尺
乙2五4。五2五2五4。五乙五乙五4
上2乙2五4

五−−−|上−C五|六五六−|−−工−|
工−上−|尺−六−|工−−−|工−−尺|
上尺工−|−−六−|尺六工−|−−上−尺
工六尺−|−−乙尺|乙四合−|−−六−|
工尺六六|工尺乙尺|尺乙四−|−−尺−|
尺−乙−|乙−五尺|乙−五−|−−五−|
五−五−|−−五乙|五乙五−|−−上−|
乙−五−|−−○○|

a2&a2 |c2 >c<a |ga g2& |g2 e2 |
e2 c2 |d2 g2 |e2&e2 |e2.d |
cd e2& |e2 g2 |dg e2& |e2 c.d8 |
eg d2& |d2 <b>d |<ba> <g2&> |<g2> g2 |
ed gg |ed <b>d |d<b> <a2&> |<a2> d2 |
d2 b2 |b2 ad |b2 a2& |a2 a2 |
a2 a2& |a2 ab |ab a2& |a2 c2 |
b2 a2& |a2 r2 |

 再現曲

*他に音長のわかる資料は現在のところ手元にないが,再現された曲調に,いちおう不自然さはない。


SK02_07 竹林流水 DDE合合四C合四CC 「CC合四C [合合四合四合合 又 EDECC合DDEC上尺上CDEGDGEEDEEEEEEDEGGAGEDCC合DDE合合C合C合C合合D合D合D合DGDG六六DDDDDDDD [EEDEED 又 [合凡合凡合C合 又 CC合C合 [DDDD合D合 又 D合D合DD合DDDDDDD [EEDEED 又 EGEEEEEEEGEGEDCC合DDE合」 

D2DE合2。合四C2合四C2
C2 「CC合四C4 [合2合四合
四合2合4。又 E2DEC2C合
D2DEC4。上尺上2。CDE2
G2DGE4。EDEEEE
EEDEGGAGED
C2C合D2DE合4。合C合
C合C合2。合D合D合D
合2。DGDG六六D2。DD
DDDDD3* [EEDEE
D。又2* [合凡合凡合C合2 又 
C2C合C合2 [DDDD合
D合2 又 D合D合DD合2。
DDDDDDD3* [EED
EED 又2* EGEEEE
EE。EGEGEDC2C
合D2DE合」 

D−DE|合−合四|C−合四|C−C−|
「2 CC合四|C−−−|[合−合四|合四合−|
合−−−]|E−DE|C−C合|D−DE|
C−−−|上尺上−|CDE−|G−DG|
E−−−|EDEE|EEEE|DEGG|
AGED|C−C合|D−DE|合−−−|
合C合C|合C合−|合D合D|合D合−|
DGDG|六六D−|DDDD|DDD−|
−EED|EEDE|EDEE|D−[合凡|
合凡合C|合− ]C−|C合C合|−[DDD|
D合D合|− ]D合D|合DD合|−DDD|
DDDD|−−EE|DEED|EEDE|
ED−E|GEEE|EEEE|GEGE|
DC−C|合D−D|:E合] |(E合−−−) 

>d2< >de< |<g2> <ga> |>c2< <ga> |>c2< >c2< |
[2 >cc< <ga> |>c2&c2< |[2 <g2> <ga> |<ga> <g2> |
<g2&g2> ] |>e2< >de< |>c2< >c<<g> |>d2< >de< |
>c2&c2< |cd c2 |>cd< >e2< |>g2< >dg< |
>e2&e2< |>ed< >ee< |>ee< >ee< |>de< >gg< |
>ag< >ed< |>c2< >c<<g> |>d2< >de< |<g2&g2> |
<g>>c< <g>>c< |<g>>c< <g2> |<g>>d< <g>>d< |<g>>d< <g2> |
>dg< >dg< |gg >d2< |>dd< >dd< |>dd< >d2&< |
>de< >ed< |>ee< >de< |>ed< >ee< |>d2< [2 <g>f |
<g>f <g>>c< |<g2>] >c2< |>c<<g> >c<<g&> |<g>[2 >d< >dd< |
>e<<g> >d<<g&> |<g>]>d< <g>>d< |<g>>d< >d<<g&> |<g>>d< >dd< |
>dd< >dd&< |>d2< >ee< |>de< >ed< |>ee< >de< |
>ed2< >e< |>ge< >ee< |>ee< >ee< |>ge< >ge< |
>dc2< >c< |<g>>d2< >d< |:>e<<g>] >e<<g2&g2> | 

 再現曲

*出だしの数フレーズと,繰り返し指示の有無以外は,『清楽曲譜』OKINO_A071「竹陰流水」と符字順列・音長ともに近い。同じ編者の『洋峨楽譜』では,本書と同じく「竹林流水」と題されている。再現譜では「  」ではさまれた部分を,内側に小さな繰り返し句([  又)を複数含む,大きな繰り返しの指示と見た。10〜11L,14〜15Lの「D3」および「D又2」には,読み解き上多少疑念が残るが,再現した曲調の上ではさほどの不自然さはない。また「D又2」2箇所は繰り返し後のフレーズ末の音長が変わるという指示で,譜の中間だと分かりにくくなるため,再現譜では[  ]中に入れず二度書いてある。曲尾「合」を『清楽曲譜』は「合2」,箸尾竹軒『手風琴独案内』の数字譜対照工尺譜では「合4」としている。このままだと多少まとまりがわるいので,繰り返し後には「合4」とした。こちらはいつもMML的表記としてある。


●SK02_08 二反 工六工尺上工尺工尺上四尺合 [工六工上尺四上尺合尺六工六工尺上工工尺上四合四C上工尺上四C合合四C尺合上四上尺上尺六工六工尺上工工尺上四合四C上工尺上四C合

工2六2工2尺2。工−尺工−尺上−
四尺 [工。四
合。尺六−工六工上。工
上−四合−四C。上
上−四C。合四−C尺合。上
上。尺
。工上−四合−四C。上
上−四

工−六−|工−尺−|上−−−|工尺工尺|
上四尺−|合−−−|−−−−[工−六−|
工−上−|尺−−−|四−上−|尺−−−|
合−−−|尺−六工|六−工−|尺−上−|
−−工−|工−尺−|上四合四|C−−−|
上−工−|尺−上四|C−合−|−−−−|
−−合−|四C尺−|合−−−|−−−−|
上−四−|上−−−|尺−上−|尺−六−|
工−六−|工−尺−|上−−−|工−工−|
尺−上四|合四C−|−−上−|工−尺−|
上四C−|合−−−|]

e2 g2 |e2 d2 |c2&c2 |ed ed |
c<a> d2 |<g2&g2&> |<g2&g2> |[2 e2 g2 |
e2 d2 |d2&d2 |<a2> d2 |d2&d2 |
<g2&g2> |d2 ge |g2 e2 |d2 c2& |
c2 e2 |e2 d2 |c<a> <ga> |>c2&c2< |
d2 e2 |d2 c<a> |>c2< <g2&>|<g2&g2&> |
<g2> <g2> |<a>>c< d2 |<g2&g2&> |<g2&g2> |
d2 <a2> |c2&c2 |d2 d2 |d2 g2 |
e2 g2 |e2 d2 |c2&c2 |e2 e2 |
d2 c<a> |<ga> >c2&< |>c2< d2 |e2 d2 |
c<a> >c2< |<g2&g2> |]

 再現曲

*『清楽曲譜』OKINO_A041 の譜と比べると,符字順列上の違いはわずかであるが。本書の譜では最初の数譜以外に音長を示す拍点が打たれおらず(朱による指示はやたらと多いが),そのままでは曲の態をなさない。『清楽曲譜』はこれを2拍子の曲として近世譜を組んでいるが,それだと本譜冒頭の拍点と合わないため,同書の譜を長音箇所の参考とし,符の長さを二倍にして4/4の再現譜としてみた。


SK02_09 梅花流水 合四合四上 [DDE合C合D合C合四C四四CDEGEDCC合DDE合D合D合DE合E合E合EEEGEDCC合DGDGECDCDEEGEGEDCC合DDE合C合D合C合四C合四乙乙四合四合四合上尺上尺上尺工六工六工六五五六五C五六乙尺乙五六六六六五五六五五六五C五六工六工尺六六六DEDE六六六工尺工尺六六六五六EDCC合四C合四C

合* 四2合四上4 [D2D−E。合−C−
合−D−合C−合四−C4。四2
D4。E−GE−DC2C−合D2D−
合4。DD合D−E合2。E
合E合。E−EC2
C−合DGDGE4。C−DC−
DE−E−G2。E−GE−DC2C−
合D2D−E。合−C−合D−合−C−
四−C4。合2四2乙2乙2四2合3四−
合四−合4。上−尺上−尺上2尺2。工
−六工−六工2六2。五2六五−C
五−六乙尺乙五六4。六−六−六。
五−五−六五−五六2。五−C五−六
工−六工−尺六−六−六2。D−ED−
E六−六−六2。工−尺工−尺六−六
六2。五−六EC2C−合。四−C
合−四−C4

○○合−|四−合四|上−−−|[D−DE|
合C合D|合C合四|C−−−|四−四C|
D−−−|EGED|C−C合|D−DE|
合−−−|D合D合|DE合−|E合E合|
EEEG|EDC−|C合DG|DGE−|
−−CD|CDEE|G−EG|EDC−|
C合D−|DE合C|合D合C|合四C−|
−−合−|四−乙−|乙−四−|合−−四|
合四合−|−−上尺|上尺上−|尺−工六|
工六工−|六−五−|五六五C|五六乙尺|
乙五六−|−−六六|六五五六|五五六−|
五C五六|工六工尺|六六六−|DEDE|
六六六−|工尺工尺|六六六−|五六ED|
C−C合|四C合四|C−−−]|

r2 <g2> |<a2> <ga> |c2&c2 |[2 >d2< >de< |
<g>>c< <g>>d< |<g>>c< <ga> |>c2&c2< |<a2> <a>>c< |
>d2&d2< |>eg< >ed< |>c2< >c<<g> |>d2< >de< |
<g2&g2> |>d<<g> >d<<g> |>de< <g2> |>e<<g> >e<<g> |
>ee< >eg< |>ed< >c2< |>c<<g> >dg< |>dg< >e2&< |
>e2< >cd< |>cd< >ee< |>g2< >eg< |>ed< >c2< |
>c<<g> >d2< |>de< <g>>c< |<g>>d< <g>>c< |<ga> >c2&< |
>c2< <g2> |<a2> <b2> |<b2> <a2> |<g2.a> |
<ga> <g2&> |<g2> cd |cd c2 |d2 eg |
eg e2 |g2 a2 |ag a>c< |ag bd |
ba g2& |g2 gg |ga ag |aa g2 |
a>c< ag |eg ed |gg g2 |>de< >de< |
gg g2 |ed ed |gg g2 |ag >ed< |
>c2< >c<<g> |<a>>c< <ga> |>c2&c2< ]|

 再現曲

*いくつかのフレーズでこちらのほうが単純になっているが,符字順列は『清楽曲譜』OKINO_A034「梅下流水」とほぼ同じ。指示はないが,『清楽曲譜』に従い,出だしを裏拍子から,頭の「合」を2拍とした。その方が以下の流れが良く,リズムとも合致する。原譜タイトル下に「有米女史」とあり。『月琴楽譜』(永田祗 M.20)『明清楽譜』(吉見重三郎 M.10)でも同じ。作者名か。


SK02_10 久聞歌 四上尺四C合四合尺四上尺尺工上四合尺尺工六工工尺上四C合 [合合四C四C合四合 又 尺尺工上上合四尺工上四工合四合

四上尺2。四C合四合4。尺2四
上尺4。尺工上四合4。尺2尺工
六2工工尺上四C合4 [合2合
四C2四C合四合4 又 尺2尺
工上2上合四2尺工上2。四工
合3四合*

四上尺−|四C合四|合−−−|尺−四上|
尺−−−|尺工上四|合−−−|尺−尺工|
六−工工|尺上四C|合−−−|[合−合四|
C−四C|合四合−|−−]尺−|尺工上−|
上合四−|尺工上−|四工合−|−四合−|
−−○○|

<a>c d2 |<a>>c< <ga> |<g2&g2> |d2 <a>c |
d2&d2 |de c<a> |<g2&g2> |d2 de |
g2 ee |dc <a>>c< |<g2&g2> |[2 <g2> <ga> |
>c2< <a>>c< |<ga> <g2&> |<g2>] d2 |de c2 |
c<g> <a2> |de c2 |<a>e <g2&> |<ga> <g>r4 |

 再現曲

*符字順列『清楽曲譜』OKINO_A016 に一致するが,一部フレーズの音長は異なる。曲尾「合」のみ,類例に従い「合4」とした。


SK02_11 親母鬧 上上尺工六工工尺六工尺上四合工合四合四上尺上 [合四C四C四合工尺工六工尺上 又 尺上

上上尺工六2工2。工1 1尺−六工−1
尺上2。四1 1合−工合四2合四上3
尺上4 [合四C2。四C四合工2
尺工六2工尺上3 又* 尺上4

○○上上|尺工六−|工−工−尺|六工尺上−|
−合工合|四−合四|上−−尺|上−−−|
[合四C−|四C四合|工−尺工|六−工尺|
:上−−−]|(上−−尺|上−−−|)

r2 cc |de g2 |e2 e.d8 |ge8d8 c2 |
<a.g8> e<g> |<a2> <ga> |c2.d |c2&c2 |
[2 <ga> >c2< |<a>>c< <ag> |e2 de |g2 ed |
:c2&c2] |c2.d |c2&c2 |

 再現曲

*『清楽曲譜』OKINO_A046 は,原譜4Lの「六」を「合」とするほか,繰り返しの後の「尺上」がない。『清楽曲譜』に従い,出だしを裏拍子からとし,また4L「上3 又」は,「上3」を単純に繰り返しただけだと以降の拍子がずれる。『清楽曲譜』にはない「尺上」が,直後にあることから,ここは再現譜2Lの「上−−尺|上−−−|」と同じフレーズで終結するものと思われる。そこでここは「上4 又3」に変更して,再現譜を組んだ。


●SK02_12 巧韻串 [C五六C五六 又 工六工上尺工尺CC五C五六工六工上尺工尺 [六五C 又 尺五六尺五六上上上尺工六工尺上尺上四合四C工六工五六

[C2五六C五六2 又 工六工
上尺工尺4。CC五C五六*
工六工上尺工尺4 [六1 1五−C。*
又 尺五六2尺五六2。上4上4。上
尺工六工尺上尺上四合
四C工六。* 工五六*

[C−五六|C五六−]|工六工上|尺工尺−|
−−CC|五−C五|六−工六|工上尺工|
尺−−−|[六−五C−]|尺五六−|尺五六−|
上−−−|上−−−|上尺工六|工尺上尺|
上四合四|C工六−|工五六−|

[2 >c2< ag |>c<a g2 ]|eg ec |de d2& |
d2 >cc< |a2 >c<a |g2 eg |ec de |
d2&d2 |[2 g.a8 >c2< ]|da g2 |da g2 |
c2&c2 |c2&c2 |cd eg |ed cd |
c<a> <ga> |>c<e g2 |ea g2 |

 再現曲

*繰り返し指示があったりなかったりしているが,符字順列は基本的に『増補改定清風雅譜』SGB036 と同じである。そのままで再現した場合,曲調はきわめて不自然で拍子にも合わないため,拍点等の補筆が不完全であると考えられる。ほかに音長の分かる例がないため,現在のところ正確な曲調は不明。2L「CC五C五六」,以降が1〜2Lの「工六工上尺工尺4。」と同じなので,冒頭のフレーズのヴァリエと考え,音長を「CC五2C五六2」と変更。3L末「C。」を「C2。」に変更。4〜6L「上尺工六工尺上尺上四合四C工六。」は,ほぼ同じフレーズが『清楽曲譜』OKINO_A072「仙楽殿(=月宮殿)」に「上尺工六|工尺上尺|上四合四|C工合−|」とあるので,これを参考に末尾の「六。」を「六2。」とした。また曲尾「工五六」は「工五六2」とする。


SK02_13 月花集 四四上四合四四上尺工上四四C四合工合合四C四C合合尺尺尺工六五六工尺上上工尺工上四合合 [合合四C四合四C四C四合工工五六工尺六五六 又 

四4上四合四4。* 四3上尺3工
上4。四2四2C四合工合2。合四
C2四C合4合4。尺4尺2尺工六2
五六工2尺2上2。上工尺工上
四合4合4 [合2合四C2四2。合四
C2四C四合工2工2五六工
尺六3五六4 又 

四−−−|四上四合|四−−−|四−−上|
尺−−工|上−−−|四−四−|C四合工|
合−合四|C−四C|合−−−|合−−−|
尺−−−|尺−尺工|六−五六|工−尺−|
上−上工|尺工上四|合−−−|合−−−|
[合−合四|C−四−|合四C−|四C四合|
工−工−|五六工尺|六−−五|六−−−]|

<a2&a2> |<a>c <ag> |<a2&a2> |<a2.>c |
d2.e |c2&c2 |<a2> <a2> |>c<<a> <g>e |
<g2> <ga> |>c2< <a>>c< |<g2&g2> |<g2&g2> |
d2&d2 |d2 de |g2 ag |e2 d2 |
c2 ce |de c<a> |<g2&g2> |<g2&g2> |
[2 <g2> <ga> |>c2< <a2> |<ga> >c2< |<a>>c< <ag> |
e2 e2 |ag ed |g2.a |g2&g2 ]|

 再現曲

*原譜1L「合四4。」の「。」の左横に3拍点,うち1拍点を胡粉で消した痕あるも意味不明。そこを除くと『清楽曲譜』OKINO_A021 と,符字順列・音長ともに完全に一致。


SK02_14 清元流水 [C合四CDDE合 又 上上尺工合合四C上上尺工工合C四四四CDEDDDE合C合四C凡工六上上尺工乙乙四乙上尺工乙乙四乙乙四乙乙四乙DED乙四合CC合四CC合四CDDE合CC合四CC合四C凡工六上上尺工乙乙四乙上尺工乙乙四乙乙四乙乙四乙DED乙四合CC合四C

[C2合四C4。D2DE合4 又 上2
上尺工4。合2合四C4。上2上尺
工4。工2合C四4。四2四CD3E
D4。D2DE合4。C2合四C4。凡2
工六上4。上3尺工4乙2乙四乙4。
上3尺工4乙2乙四乙4。乙四乙
乙四乙D2ED乙四合4。C
C合四C4。C2合四C4。D2D
E合4。CC合四C4。C2合四
C4。凡2工六上4。上3尺工4乙2乙
四乙4。上3尺工4乙2乙四乙4。乙
四乙乙四乙D2ED乙四
合4。CC合四C4

[C−合四|C−−−|D−DE|合−−−]|
上−上尺|工−−−|合−合四|C−−−|
上−上尺|工−−−|工−合C|四−−−|
四−四C|D−−E|D−−−|D−DE|
合−−−|C−合四|C−−−|凡−工六|
上−−−|上−−尺|工−−−|乙−乙四|
乙−−−|上−−尺|工−−−|乙−乙四|
乙−−−|乙四乙乙|四乙D−|ED乙四|
合−−−|CC合四|C−−−|C−合四|
C−−−|D−DE|合−−−|CC合四|
C−−−|C−合四|C−−−|凡−工六|
上−−−|上−−尺|工−−−|乙−乙四|
乙−−−|上−−尺|工−−−|乙−乙四|
乙−−−|乙四乙乙|四乙D−|ED乙四|
合−−−|CC合四|C−−−|

[2 >c2< <ga> |>c2&c2< |>d2< >de< |<g2&g2> ]|
c2 cd |e2&e2 |<g2> <ga> |>c2&c2< |
c2 cd |e2&e2 |e2 <g>>c< |<a2&a2> |
<a2> <a>>c< |>d2.e< |>d2&d2< |>d2< >de< |
<g2&g2> |>c2< <ga> |>c2&c2< |f2 eg |
c2&c2 |c2.d |e2&e2 |<b2> <ba> |
<b2&b2> |c2.d |e2&e2 |<b2> <ba> |
<b2&b2> |<ba> <bb> |<ab> >d2< |>ed< <ba> |
<g2&g2> |>cc< <ga> |>c2&c2< |>c2< <ga> |
>c2&c2< |>d2< >de< |<g2&g2> |>cc< <ga> |
>c2&c2< |>c2< <ga> |>c2&c2< |f2 eg |
c2&c2 |c2.d |e2&e2 |<b2> <ba> |
<b2&b2> |c2.d |e2&e2 |<b2> <ba> |
<b2&b2> |<ba> <bb> |<ab> >d2< |>ed< <ba> |
<g2&g2> |>cc< <ga> |>c2&c2< |

 再現曲

*現在までのところ,他に音長の分かる資料はないが,再現された曲調にさほどの不自然さはない。


SK02_15 如意串 工尺五六工六上工六尺工五六工六尺上四合四C尺工四上尺工尺上四合工合四四C六五六工五六五六DDE合合四C合四CD四四C合尺工上四四C合四乙乙四合四合乙尺四合四C工六工尺上

工2尺2。五六工六上2工六尺4。
工2五2六2工六尺上四合四2
C2。尺工四上尺工尺上四
合工合四2四C六2五2六2工2
五2六2五2六4。D2DE合2。合四
C2合四C2D2。四2四C合2尺
工上2四2四C合2四2。乙2乙2四2
合3四合4。乙尺四2合四C2工
六工尺上4

工−尺−|五六工六|上−工六|尺−−−|
工−五−|六−工六|尺上四合|四−C−|
尺工四上|尺工尺上|四合工合|四−四C|
六−五−|六−工−|五−六−|五−六−|
−−D−|DE合−|合四C−|合四C−|
D−四−|四C合−|尺工上−|四−四C|
合−四−|乙−乙−|四−合−|−四合−|
−−乙尺|四−合四|C−工六|工尺上−|
−−○○|

e2 d2 |ag eg |c2 eg |d2&d2 |
e2 a2 |g2 eg |dc <ag> |<a2> >c2< |
de <a>c |de dc |<ag> e<g> |<a2> <a>>c< |
g2 a2 |g2 e2 |a2 g2 |a2 g2& |
g2 >d2< |>de< <g2> |<ga> >c2< |<ga> >c2< |
>d2< <a2> |<a>>c< <g2> |de c2 |<a2> <a>>c< |
<g2> <a2> |<b2> <b2> |<a2> <g2&> |<ga> <g2&> |
<g2> <b>d |<a2> <ga> |>c2< eg |ed c2& |
c2 r2 |

 再現曲

*一箇所「上」が「C」となるほか,『清楽曲譜』OKINO_A035 と符字順列はほぼ同じ。数箇所音長が異なる。


●SK02_16 二凡 工六工尺工上尺工尺工六尺尺上四上尺尺工合合工六工上尺尺工尺上四上尺尺工合合尺六工六工尺工上工尺工六尺尺上乙四合合合合四C尺工合合C四C尺工上尺工六工尺工上合四C合工尺工六尺尺上四尺工合合

工2六2工2尺工上4尺4。工尺工
六尺2尺上四2上2尺2尺工合4
合4。工2六2工2上2尺4。尺工尺上
四2上2尺2尺工合4合4。尺2六2工2
六2工2尺工上4。工尺工六尺2
尺上乙2四2合4合4。合2合四C2
尺工合4合4。C2四2C4。尺工上2
尺工六2工2尺工上2合四C2
合4。工尺工六尺2尺上四2尺
工合4合4

工−六−|工−尺工|上−−−|尺−−−|
工尺工六|尺−尺上|四−上−|尺−尺工|
合−−−|合−−−|工−六−|工−上−|
尺−−−|尺工尺上|四−上−|尺−尺工|
合−−−|合−−−|尺−六−|工−六−|
工−尺工|上−−−|工尺工六|尺−尺上|
乙−四−|合−−−|合−−−|合−合四|
C−尺工|合−−−|合−−−|C−四−|
C−−−|尺工上−|尺工六−|工−尺工|
上−合四|C−合−|−−工尺|工六尺−|
尺上四−|尺工合−|−−合−|−−○○|

e2 g2 |e2 de |c2&c2 |d2&d2 |
ed eg |d2 dc |<a2> c2 |d2 de |
<g2&g2> |<g2&g2> |e2 g2 |e2 c2 |
d2&d2 |de dc |<a2> c2 |d2 de |
<g2&g2> |<g2&g2> |d2 g2 |e2 g2 |
e2 de |c2&c2 |ed eg |d2 dc |
<b2> <a2> |<g2&g2> |<g2&g2> |<g2> <ga> |
>c2< de |<g2&g2> |<g2&g2> |>c2< <a2> |
>c2&c2< |de c2 |de g2 |e2 de |
c2 <ga> |>c2< <g2&> |<g2> ed |eg d2 |
dc <a2> |de <g2&> |<g2> <g2&> |<g2> r2 |

 再現曲

*すでに入力済みのどの「二凡」および「二凡調」とも合致しない。4/4で組んだ場合,後半で2拍のズレがあるが,フレーズに類似点の多い『清楽曲譜』OKINO_A068 は2拍子の曲として譜が組まれているので,この曲も同様かもしれない。


●SK02_17 漳州曲 CDEDCD六五六CDEDC合四CC合四CC合四五C五六 [EGEDCD 又 工六工尺上上合DDE合四四CC四C四C四合工工合工合四CC合DDEGEGEDCC合DDE合合

C2DED2C2D4。六2五2六4。C2*
DED2C合四4。C2C合四4
C2C合四4。五2C2五2六2 [EG
EDC2D4 又 工六工尺上2
上合D2DE合4。四四CC
四C四C四合工工合工*
合四C2C合。* D2DEG4。E
GEDC2C合D2DE合2
合4

C−DE|D−C−|D−−−|六−五−|
六−−−|C−DE|D−C合|四−−−|
C−C合|四−−−|C−C合|四−−−|
五−C−|五−六−|[EGED|C−D−|
−−]工六|工尺上−|上合D−|DE合−|
−−四四|CC四−|C−四C|四合工−|
工−合工|合四C−|C合D−|DEG−|
−−EG|EDC−|C合D−|DE合−|
合−−−|

>c2< >de< |>d2< >c2< |>d2&d2< |g2 a2 |
g2&g2 |>c2< >de< |>d2< >c<<g> |<a2&a2> |
>c2< >c<<g> |<a2&a2> |>c2< >c<<g> |<a2&a2> |
a2 >c2< |a2 g2 |[>eg< >ed< |>c2< >d2&< |
>d2<]eg |ed c2 |c<g> >d2< |>de< <g2&> |
<g2> <aa> |>cc< <a2> |>c2< <a>>c< |<ag> e2 |
e2 <g>e |<ga> >c2< |>c<<g> >d2< |>de< >g2&< |
g2< >eg< |>ed< >c2< |>c<<g> >d2< |>de< <g2> |
<g2&g2> |

 再現曲

*1L末「C2」,拍点は「C1 1」に近いが,続く「DE」に棒線がばいためそのままとする。原譜6L,まったく拍点がなく,この部分の曲調は不自然である。符字順列から類例を探すと,本書の「流水曲」にほぼ同じものが見つかった,符字の一致は次行のフレーズの区切れまで続いていることから,同様の曲調である可能性は高い。そこから再現譜では6Lを「四2C2四C四合工2工2合工」と読み解いてみた。音長の分かる例は初めてなので,正確かどうかは分からない。


SK02_18 平板調 合合合四C合四C尺六工工尺工六尺工上四上四合C四合工尺上四C合尺工尺尺工合四C合四C上尺工六工六工尺上上上四合C合四C上四上上尺工六尺上四C合四C四合工合四CC四合工上尺尺工六四上上工六尺

合2合2。合C2C4。尺2六2
工2工2尺2。工上2四4。上2
尺1 1上−四
合4。尺尺2。尺合2
C4。上2尺2工2六2。工
上4。上2合4。C2C4。上
上2。上1 1尺−工尺1 1上−四
合4。四工2合2。四
合4。工2上2尺4。尺2
上2。工尺4

合−合−|合四C−|合四C−|−−尺−|
六−工−|工−尺−|工六尺工|上−四−|
−−上−|四合C四|合工尺−上|四C合−|
−−尺工|尺−尺工|合−四C|合四C−|
−−上−|尺−工−|六−工六|工尺上−|
−−上−|上四合−|−−C−|合四C−|
−−上四|上−上−尺|工六尺−上|四C合−|
−−四C|四合工−|合−四C|C四合−|
−−工−|上−尺−|−−尺−|工六四上|
上−工六|尺−−−|

<g2> <g2> |<ga> >c2< |<ga> >c2&< |>c2< d2 |
g2 e2 |e2 d2 |eg de |c2 <a2&> |
<a2> c2 |<ag> >c<<a> |<g>e d.c8 |<a>>c< <g2&> |
<g2> de |d2 de |<g2> <a>>c< |<ga> >c2&< |
>c2< c2 |d2 e2 |g2 eg |ed c2& |
c2 c2 |c<a> <g2&> |<g2> >c2< |<ga> >c2&< |
>c2< c<a> |c2 c.d8 |eg d.c8 |<a>>c< <g2&> |
<g2> <a>>c< |<ag> e2 |<g2> <a>>c< |>c<<a> <g2&> |
<g2> e2 |c2 d2& |d2 d2 |eg <a>c |
c2 eg |d2&d2 |

 再現曲

*いくつかのフレーズが単純化され,数箇所「上/C」の入れ替わりはあるが,基本的な曲調は『清楽曲譜』OKINO_A027 とほとんど変わりがない。


●SK02_19 洋々流水 C合四C合四尺四尺上四合乙乙四乙乙四乙乙四乙乙四C合四C合四CC四合工工尺工工尺上尺上尺上工工合乙四合乙四 [六工工工五六 又 C合四C合合合合合合四C上工尺上工尺DEDEDEE乙尺乙乙尺乙六工六上尺上尺上尺尺尺尺尺

C2合2。四
合3。乙四3。乙
四3。C2合2。四
合2。工尺2。
工2。合
四2 [六工2六2 3 又* 
C2合2。合
C。上尺2。D
E2。乙乙。乙
乙2。六尺3。上尺3。上
尺3

C−合四|C合−四|尺四尺上|四合−−|
乙乙四乙|乙四−−|乙乙四乙|乙四−−|
C−合四|C合−四|CC四合|−工工尺|
工工尺−|上尺上尺|上工工−|合乙四合|
乙四−六|工工−工|五六−六|工工−工|
五六−−|C−合四|C合−合|合合合合|
四C上工|尺上工尺|−DED|EDEE|
−乙尺乙|乙尺乙−|六工六上|尺−−上|
尺−−上|尺尺尺尺|尺−−○|

>c2< <ga> |>c<<g2> <a> |d<a> dc |<ag2.> |
<bb> <ab> |<ba2.> |<bb> <ab> |<ba2.> |
>c2< <ga> |>c<<g2> <a> |>cc< <ag&> |<g>e ed |
ee d2 |cd cd |ce e2 |<gb> <ag> |
<ba2> g |ee2 e |ag2 g |ee2 e |
ag2. |>c2< <ga> |>c<<g2> <g> |<gg> <gg> |
<a>>c< ce |dc ed& |d>d< >ed< |>ed< >ee&< |
>e<b db |bd b2 |ge gc |d2.c |
d2.c |dd dd |d2.r4 |

 再現曲

*原譜6L,「六又」の「六」,右に2拍点,左下に3拍点。1度目は2拍で,2度目は3拍で弾く指示と見て,再現譜ではこのフレーズを繰り返し表記にしていない。冒頭より曲調にやや不自然さは残るが,現在のところほかに音長の分かる例が無いため,正確なところは不明。


SK02_20 清音流水 合四合四C合四C [尺尺工合合四上合四上四C合工合尺工六五六尺工六五六工尺上合四C尺尺工合合四上合四上四合工尺上上四上上尺六尺六工工尺工尺工六五六工尺上合四C尺尺工合合四上合四上四C工合乙四四合四合四C四C四合工工六五六尺尺工六五六尺工六六五六工尺上合四C

合四2。* 合四C2合四C4 [尺2尺
工合2。合四上2合四上4。四C
合2工2合2。尺3工六五六2。尺工
六2五六工尺上2合四C4。尺2
尺工合2。合四上2合四上4。四2
合2工2尺2上4。上四上2上2。尺2六2
尺六工4。工尺工2尺工六2五
六工尺上2合四C4。尺2尺工
合2。合四上2合四上4。四C(合2)* 工2
合乙四4。四合四2合四C2。四
C四合。工2工2六五六2。尺2尺
工六五六2。尺工六六五六
工尺上2合四C4

合−四−|合四C−|合四C−|−−[尺−|
尺工合−|合四上−|合四上−|−−四C|
合−工−|合−尺−|−工六五|六−尺工|
六−五六|工尺上−|合四C−|−−尺−|
尺工合−|合四上−|合四上−|−−四−|
合−工−|尺−上−|−−上四|上−上−|
尺−六−|尺六工−|−−工尺|工−尺工|
六−五六|工尺上−|合四C−|−−尺−|
尺工合−|合四上−|合四上−|−−四C|
工−合乙|四−−−|四合四−|合四C−|
四C四合|工−工−|六五六−|尺−尺工|
六五六−|尺工六六|五六工尺|上−合四|
C−−−]|

<g2> <a2> |<ga> >c2< |<ga> >c2&< |>c2< [2 d2 |
de <g2> |<ga> c2 |<ga> c2& |c2 <a>>c< |
<g2> e2 |<g2> d2& |de ga |g2 de |
g2 ag |ed c2 |<ga> >c2&< |>c2< d2 |
de <g2> |<ga> c2 |<ga> c2& |c2 <a2> |
<g2> e2 |d2 c2& |c2 c<a> |c2 c2 |
d2 g2 |dg e2& |e2 ed |e2 de |
g2 ag |ed c2 |<ga> >c2&< |>c2< d2 |
de <g2> |<ga> c2 |<ga> c2& |c2 <a>>c< |
e2 <gb> |<a2&a2> |<ag> <a2> |<ga> >c2< |
<a>>c< <ag> |e2 e2 |ga g2 |d2 de |
ga g2 |de gg |ag ed |c2 <ga> |
>c2&c2< ]|

 再現曲

*原譜9L「(合2)」は墨による加筆指示。ただし,ここに「合2」を挿入せよということなのか,「C」と「合」を入れ替えろという指示なのか分からないため,再現譜では省いた。「流水調」で類似の出だしを持つ例,また後の流れから考えて,頭の「合」は「合2」が適当。曲調の大半がほぼ一致することから「徳健流水」(本書だと SK02_22)のヴァリエーションの一つと思われる。


●SK02_21 着中四季 C四合工合合DDC四C合合合四CDDEGAGEDCDEC四C合工合合CDEC四C合工合合四C合工合四合工尺上上上上上DDE合四合四C四C四合工合工尺C四合合DDDDDCDE合工合合四C合工合四合工尺上上上上上DDE合四合四C四C四合工合工尺C四合合

C2四2合工合4合4。D4D4C2四
C合4。合2合四C4。D2DEG2
AGE2D2C2。DEC2四C
合工合4合4。C2DEC2四C
合工合4合4。四C合工合4。四2
合2工2尺2上4上4。上2上4上4。D2D
E合2。四2合四C2。四C四合
工合工尺C四合4合4。D4D4
D2D4D4。C2DE合工合4合4。
四C合工合4。四2合2工2尺2上4
上4。上2上4上4。D2DE合2。四2合
四C2。四C四合工合工尺
C四合4合4

○○C−|四−合工|合−−−|合−−−|
D−−−|D−−−|C−四C|合−−−|
合−合四|C−−−|D−DE|G−AG|
E−D−|C−DE|C−四C|合工合−|
−−合−|−−C−|DEC−|四C合工|
合−−−|合−−−|四C合工|合−−−|
四−合−|工−尺−|上−−−|上−−−|
上−上−|−−上−|−−D−|DE合−|
四−合四|C−四C|四合工合|工尺C四|
合−−−|合−−−|D−−−|D−−−|
D−D−|−−D−|−−C−|DE合工|
合−−−|合−−−|四C合工|合−−−|
四−合−|工−尺−|上−−−|上−−−|
上−上−|−−上−|−−D−|DE合−|
四−合四|C−四C|四合工合|工尺C四|
合−−−|合−−−|

r2 >c2< |<a2> <g>e |<g2&g2> |<g2&g2> |
>d2&d2< |>d2&d2< |>c2< <a>>c< |<g2&g2> |
<g2> <ga> |>c2&c2< |>d2< >de< |>g2< >ag< |
>e2< >d2< |>c2< >de< |>c2< <a>>c< |<g>e <g2&> |
<g2> <g2&> |<g2> >c2< |>de< >c2< |<a>>c< <g>e |
<g2&g2> |<g2&g2> |<a>>c< <g>e |<g2&g2> |
<a2> <g2> |e2 d2 |c2&c2 |c2&c2 |
c2 c2& |c2 c2& |c2 >d2< |>de< <g2> |
<a2> <ga> |>c2< <a>>c< |<ag> e<g> |ed >c<<a> |
<g2&g2> |<g2&g2> |>d2&d2< |>d2&d2< |
>d2< >d2&< |>d2< >d2&< |>d2< >c2< |>de< <g>e |
<g2&g2> |<g2&g2> |<a>>c< <g>e |<g2&g2> |
<a2> <g2> |e2 d2 |c2&c2 |c2&c2 |
c2 c2& |c2 c2& |c2 >d2< |>de< <g2> |
<a2> <ga> |>c2< <a>>c< |<ag> e<g> |ed >c<<a> |
<g2&g2> |<g2&g2> |

 再現曲

*現在のところ正確な音長の分かる資料が他にない。岡本純『清楽の栞 続編』 HANKB_007 が,何とか符の長短を比較できる資料である。
 C四合−工合合。DDC四−C合。合合−四C。D
 D−EGAGEDCDEC。四−尺合−工合合。
 CD−EC四−C合−工合合。四−C合−工合。四
 合工尺上上。上上上。DDE合四合−四C四−C
 四−合工−六工−尺C−四合合DDDD。CD−E
 合−工合合。四−C合−工合四合工尺上上。上上
 上。DD−E合四合−四C。四−C四−合工−合工−
 尺C−四合合。(『清楽の栞 続編』「着中四季」)

 本書の譜を参考に,長音のうちの全音符の箇所を書き換え,再現譜に起こすと以下のようになる。

 ○○C−|四−合工|合−−−|合−−−|
 D−−−|D−−−|C−四C|合−−−|
 合−合四|C−−−|D−DE|G−A−|
 G−E−|D−C−|D−E−|C−四尺|
 合工合−|−−合−|−−C−|DEC−|
 四C合工|合−−−|合−−−|四C合工|
 合−−−|四−合−|工−尺−|上−−−|
 上−−−|上−上−|−−上−|−−D−|
 D−E−|合−四−|合四C−|四C四合|
 工六工尺|C四合−|−−合−|−−D−|
 −−D−|−−D−|−−D−|−−C−|
 DE合工|合−−−|合−−−|四C合工|
 合−−−|四−合−|工−尺−|上−−−|
 上−−−|上−上−|−−上−|−−D−|
 DE合−|四−合四|C−四C|四合工合|
 工尺C四|合−−−|合−−−|

 原譜3L末の「四C」が「四尺」になっていること,7L頭「工合」が「工六」,同尾〜8Lの「D」が一つ足りないなど小差異はあるが,長音の箇所に関しては,『清楽の栞』のほうがやや多いもののだいたい一致する。なおどちらの場合も,出だしを裏拍子からとした方が,それ以降の符が拍子と合致する。


SK02_22 徳健流水 合合合四C合四C [工尺工合合四C合四C四C合工合尺工六五六尺工六五六工尺上合四C工尺工合合四C合四C四合工尺上上四上上尺六尺六工工尺工尺工六五六工尺上合四C工尺工合合四C合四C四C合工合乙四四合四合四C四C四合工工六五六尺工六五六尺工六五六工尺上合四C(*又)

合2合2合四C2合四C3 [工−尺3
工合2合四C2四上四C4四C
合2工2合2尺3工六五六2。尺工
六2五六工尺上2四尺合四C3。工−
尺3工合2。合四C2四上四C4。四2
合2工3上4。上上2上2。尺2六2
尺六工4。工尺工2尺工六2五
六工尺上2合四C3。工−尺3
合2。合四C2四上四C4。四C合2
工2合乙四4。四合四2合四C2。
四C四合工2工2六五六2。尺3
工六五六2。尺工六2。五六工
尺上2。合四C3

合−合−|合四C−|合四C−|−[工尺−|
−工合−|合四C−|合四C−|−−四C|
合−工−|合−尺−|−工六五|六−尺工|
六−五六|工尺上−|合四C−|−工尺−|
−工合−|合四C−|合四C−|−−四−|
合−工−|−尺上−|−−上四|上−上−|
尺−六−|尺六工−|−−工尺|工−尺工|
六−五六|工尺上−|合四C−|−工尺−|
−工合−|合四C−|合四C−|−−四C|
合−工−|合乙四−|−−四合|四−合四|
C−四C|四合工−|工−六五|六−尺−|
−工六五|六−尺工|六−五六|工尺上−|
合四C−|−] ○○○|

<g2> <g2> |<ga> >c2< |<ga> >c2&< |>c< [2 ed2& |
de <g2> |<ga> >c2< |<ga> >c2&< |>c2< <a>>c< |
<g2> e2 |<g2> d2& |de ga |g2 de |
g2 ag |ed c2 |<ga> >c2&< |>c<e d2& |
de <g2> |<ga> >c2< |<ga> >c2&< |>c2< <a2> |
<g2> e2& |ed c2& |c2 c<a> |c2 c2 |
d2 g2 |dg e2& |e2 ed |e2 de |
g2 ag |ed c2 |<ga> >c2&< |>c<e d2& |
de <g2> |<ga> >c2< |<ga> >c2&< |>c2< <a>>c< |
<g2> e2 |<gb> <a2&> |<a2> <ag> |<a2> <ga> |
>c2< <a>>c< |<ag> e2 |e2 ga |g2 d2& |
de ga |g2 de |g2 ag |ed c2 |
<ga> >c2&< |>c<] r2. |

 再現曲

*再現譜では原譜の装飾音書き込みは無視した。繰り返し指示がなく,「尺3工合」が「尺2尺工合」になっているほかは,『清楽曲譜』のものと符字順列,曲調上さほどの違いはない。SK02_20「清音流水」と曲調ほぼ同じ。


SK02_23 四季如意 上工六尺工四上尺工六尺上工六尺工四CC四合C合四C合C合C合DD凡合凡合CC合合C合D合E合GEDCC合DEDEDEGEDCC合DDE合上四上尺尺工六工上工六尺工四上尺工尺C合四C合C合C合DD凡合凡合CC合合C合D合E合GEDCC合DEDEDEGEDCC合DDE合上工六尺工四CC四合四C四合工尺工尺工六五六工尺上合四C合四C

上2工六尺工四上尺2工六
尺4。上2工六尺工四CC四
合4。C2合−四C4。合C−合C−合
D−D2。凡合凡合CC合2。合
C合D合E合2。G2EDC2
C−合DEDED3*。E−GE
DC2C−合D2D−E合4。上−四
上2。尺2尺−工六2工4。上2工−六尺−
工四−上尺3工尺4。C合−四C4。*
合C−合C−合D−D2。凡合凡
合CC合2。合−C合D合
合2。G2EDC2C−合D−ED−
E−D4。E−GE−DC2C−合D2
D−E合4。上2工−六尺−工四C
C四合4。四C四合工−尺工2
尺工六2。五−六工−尺上2。合−四
C2。合−四C4

上−工六|尺工四上|尺−工六|尺−−−|
上−工六|尺工四C|C四合−|−−C−|
合四C−|−−合C|合C合D|D−凡合|
凡合CC|合−合C|合D合E|合−G−|
EDC−|C合DE|DED−|−−EG|
EDC−|C合D−|DE合−|−−上四|
上−尺−|尺工六−|工−−−|上−工六|
尺工四上|尺−−工|尺−−−|C−合四|
C−−−|合C合C|合DD−|凡合凡合|
CC合−|合C合D|合E合−|G−ED|
C−C合|DEDE|D−−−|EGED|
C−C合|D−DE|合−−−|上−工六|
尺工四C|C四合−|−−四C|四合工尺|
工−尺工|六−五六|工尺上−|合四C−|
合四C−|−−○○|

c2 eg |de <a>c |d2 eg |d2&d2 |
c2 eg |de <a>>c< |>c<<a> <g2&> |<g2> >c2< |
<ga> >c2&< |>c2< <g>>c< |<g>>c< <g>>d< |>d2< f<g> |
f<g> >cc< |<g2> <g>>c< |<g>>d< <g>>e< |<g2> >g2< |
>ed< >c2< |>c<<g> >de< |>de< >d2&< |>d2< >eg< |
>ed< >c2< |>c<<g> >d2< |>de< <g2&> |<g2> c<a> |
c2 d2 |de g2 |e2&e2 |c2 eg |
de <a>c |d2.e |d2&d2 |>c2< <ga> |
>c2&c2< |<g>>c< <g>>c< |<g>>d< >d2< |f<g> f<g> |
>cc< <g2> |<g>>c< <g>>d< |<g>>e< <g2> |>g2< >ed< |
>c2< >c<<g> |>de< >de< |>d2&d2< |>eg< >ed< |
>c2< >c<<g> |>d2< >de< |<g2&g2> |c2 eg |
de <a>>c< |>c<<a> <g2&> |<g2> <a>>c< |<ag> ed |
e2 de |g2 ag |ed c2 |<ga> >c2< |
<ga> >c2&< |>c2< r2 |

 再現曲

*類例は『清楽曲譜』OKINO_A040「四節如意」,『洋峨楽譜』では同じ譜が「四季如意」と題されている。原譜6L「D。」の拍点が薄く,消されているようにも見える。3拍点だが『清楽曲譜』の例に従い再現譜では4拍点に修整。9L「C合−四C4。」,最初の「C」を2拍点に変更。


●SK02_24 渓庵流水 尺尺合合四C六C五五C工六尺上四合四C尺四C四D四四CDDD四合四合四C尺上五六工六五尺上四上尺上尺工上尺上五六五六工五六五C六乙五五C五六工尺五C六工五六五六工六五五六凡工尺上尺工五C六六五CDC五六五六五尺乙工五五C工尺工六五上工尺五尺上四尺上尺工六尺

尺2尺2合2。合四−C2六−C五4。五2
C2。工六尺1 1上−1四−合1四−C。* 尺
四3。C四3。D四4。四2C2D2。DD
四合。四合−1四−C。尺−1上* 五2六2
五1。* 尺上四3。* 上2尺* 上尺
工2。上尺上五六。五2六2工2五2
六2。五C六2乙2−五4。五2C2。五2六−
工* 尺五C六2工五六2。五六
工六五2五2六3(//)。* 凡工2尺上尺
上尺工2。五2C2六2。六五CDC五
六2五2六3。* 五尺乙工五2。五C2*。
工−尺工−六五−上工−尺−五4。尺
上四2。尺上尺2工六尺4

尺−尺−|合−合四|C−六C|五−−−|
五−C−|工六尺−上|四合四C尺|四−−C|
四−−D|四−−−|四−C−|D−DD|
四合四合四|C尺上五−|六−工六|五−尺上|
四−−−|上−−尺|上尺工−|上尺上五|
六−五−|六−工−|五−六−|五C六−|
乙−五−|−−五−|C−○五|−六工尺|
五C六−|工五六−|五六工六|五−五−|
六−−○|凡工−尺|上尺工−|五−C−|
六−六五|CDC五|六−五−|六−−○|
五尺乙工|五−五C|工尺工六五上工尺|五−−−|
尺上四−|尺上尺−|工六尺−|−−○○|

d2 d2 |<g2> <ga> |>c2< g>c< |a2&a2 |
a2 >c2< |eg d.c8 |<a><g8a8> >c<d |<a2.>>c< |
<a2.>>d< |<a2&a2> |<a2> >c2< |>d2< >dd< |
<ag> <a><g8a8> |>c<d8c8 a2 |g2 eg |a2 dc |
<a2&a2> |c2.d |cd e2 |cd ca |
g2 a2 |g2 e2 |a2 g2 |a>c< g2 |
b2 a2& |a2 a2 |>c2< r4a& |ag ed |
a>c< g2 |ea g2 |ag eg |a2 a2 |
g2.r4 |fe2 d |cd e2 |a2 >c2< |
g2 ga|>cd< >c<a |g2 a2 |g2.r4 |
ad be |a2 a>c< |e8d8e8g8 a8c8e8d8 |a2&a2 |
dc <a2> |dc d2 |eg d2& |d2 r2 |

 再現曲

*符字順列は『清楽曲譜』OKINO_A053「渓氏流水」,『清風雅譜』SG027 等とほぼ同様だが,『清楽曲譜』の例は各符の音長がほぼ半分になっている。原譜,音長指示が複雑かつ難解。原譜2L「尺1 1上−1四−合1四−C。」の部分を,『清楽曲譜』は「尺上四合四C(音長を2倍にした場合,以下同)」とするが,『清風雅譜』では「尺−上合四C」としている。原譜の指示は後者と同じものと思われる。4L「四合−1四−C。尺−1上」は『清楽曲譜』『清風雅譜』ともに「四合四尺上」。5L「五2。」は墨点一つと朱点一つに見えるのだが,類例の音長から2拍としたほうがよい。同行「四3。」は他例「四4。」,以下の拍子がずれるのでここは「四4。」のほうが都合が良い。またその直後の「上2尺」は「上3尺」,6L「五六。」は「五六2。」のほうが良い。7〜8L「五2六−工」,他譜では「五3六工」としているものが多い。かなりはっきり書かれているため,前の「。」を休符として「○五2六工」としておく。9L「五2五2六3。」,「六3」は他譜「六4」なので「。」を休符とする。11L「六2五2六3。」も同前。同行「五C2。」も他譜と同じく「五C。」としなければ,次の8分音符の連続へのつながりが悪い。12L「工−尺工−六五−上工−尺−五4。」の棒線で結ばれている部分をすべて8分音符として読み解くのはよい。また同フレーズ末尾の「五4。」は,他例では2拍のことが多いがとりあえずこのままにしておく。


●SK02_25 娥々流水 尺尺合四C合四C四C合工合尺工上C五C五五六工尺工六工上工尺工尺上四C合四C尺尺合四C合四C五五六五尺上六五上尺上尺尺工六工尺上合四乙合乙四C四合四C上尺工六尺尺C五C五六工工尺六C五六工尺工六工尺上上四上上C四合四C合四乙乙四合四合五尺乙五凡工尺工尺尺尺工六工尺上五尺上上尺工六尺尺C四合四C工上尺尺工六尺四上尺  (* 峨々流水)

尺2尺2。合四C2合四C4。四C
合2工2合2。尺3工上4。C2五C五2
五六。工3尺工六工4。上2工2尺
工尺上四C合四C4。尺2尺2
合四C2合四C4。五2五六五
尺上4。六3五上3尺上4。尺2尺2工
六工尺上4。合2四2乙2合乙四4。
C四合四C4。上1 1尺−工六尺2
尺4。C2五C五3六工2工2尺2六3。
C五3六工2尺工六2工尺上4。
上四上2上4。C四合四C4。合2
四2乙2乙2四2合3四合4。五尺乙2
五4。凡2工2尺3工尺4。尺2尺2工六
工尺上2五尺上4。上1 1尺−工六
尺2尺4。C四合四C4。工2上2尺4。
尺2工六尺2四上尺4

尺−尺−|合四C−|合四C−|−−四C|
合−工−|合−尺−|−工上−|−−C−|
五C五−|五六工−|−尺工六|工−−−|
上−工−|尺工尺上|四C合四|C−−−|
尺−尺−|合四C−|合四C−|−−五−|
五六五尺|上−−−|六−−五|上−−尺|
上−−−|尺−尺−|工六工尺|上−−−|
合−四−|乙−合乙|四−−−|C四合四|
C−−−|上−尺工六|尺−尺−|−−C−|
五C五−|−六工−|工−尺−|六−−C|
五−−六|工−尺工|六−工尺|上−−−|
上四上−|上−−−|C四合四|C−−−|
合−四−|乙−乙−|四−合−|−四合−|
−−五尺|乙−五−|−−凡−|工−尺−|
−工尺−|−−尺−|尺−工六|工尺上−|
五尺上−|−−上−尺|工六尺−|尺−−−|
C四合四|C−−−|工−上−|尺−−−|
尺−工六|尺−四上|尺−−−|

d2 d2 |<ga> >c2< |<ga> >c2&< |>c2< <a>>c< |
<g2> e2 |<g2> d2& |de c2& |c2 >c2< |
a>c< a2 |ag e2& |ed eg |e2&e2 |
c2 e2 |de dc |<a>>c< <ga> |>c2&c2< |
d2 d2 |<ga> >c2< |<ga> >c2&< |>c2< a2 |
ag ad |c2&c2 |g2.a |c2.d |
c2&c2 |d2 d2 |eg ed |c2&c2 |
<g2> <a2> |<b2> <gb> |<a2&a2> |>c<<a> <ga> |
>c2&c2< |c.d8 eg |d2 d2& |d2 >c2< |
a>c< a2& |ag e2 |e2 d2 |g2.>c< |
a2.g |e2 de |g2 ed |c2&c2 |
c<a> c2 |c2&c2 |>c<<a> <ga> |>c2&c2< |
<g2> <a2> |<b2> <b2> |<a2> <g2&> |<ga> <g2&> |
<g2> ad |<b2> a2& |a2 f2 |e2 d2& |
de d2& |d2 d2 |d2 eg |ed c2 |
ad c2& |c2 c.d8 |eg d2 |d2&d2 |
>c<<a> <ga> |>c2&c2< |e2 c2 |d2&d2 |
d2 eg |d2 <a>c |d2&d2 |

 再現曲

*タイトル下に「梅園女史」とある。長原梅園の作曲。再現された曲譜に一応不自然なところはないが,現在ほかに音長の分かる例がないため,正確なところは不明。


SK02_26 新西皮 六六六尺工六六六C六C五六工六六六 [C五六工六尺 又 [六六工六工尺上 又 工六尺五六工五六六六工六工尺上EGEDC工六尺五六工五六六六工六工尺上EGEDC工六尺

六2六六尺工六六六3。C2六
C五六工六六六2 [C五六
工六尺3 又2* [六六工六工尺
上2 又 工六尺4。五六工五六
六六2。工六工尺上4。EGE
DC2。工六尺4。五六工五六
六六2。工六工尺上4。EGE
DC2。工六尺4

六−六六|尺工六六|六−−C|−六C五|
六工六六|六−C五|六工六尺|−−C五|
六工六尺|−−六六|工六工尺|上−六六|
工六工尺|上−工六|尺−−−|五六工五|
六六六−|工六工尺|上−−−|EGED|
C−工六|尺−−−|五六工五|六六六−|
工六工尺|上−−−|EGED|C−工六|
尺−−−|

g2 gg |de gg |g2.>c&< |>c<g >c<a |
ge gg |g2 >c<a |ge gd& |d2 >c<a |
ge gd& |d2 gg |eg ed |c2 gg |
eg ed |c2 eg |d2&d2 |ag ea |
gg g2 |eg ed |c2&c2 |>eg< >ed< |
>c2< eg |d2&d2 |ag ea |gg g2 |
eg ed |c2&c2 |>eg< >ed< |>c2< eg |
d2&d2 |

 再現曲

*繰り返しの指示がないだけで,符字順列は『清楽曲譜』OKINO_A065 と同じ。ただし何箇所か音長が異なる。原譜3L「尺3 又2」は一度目を「尺3」二度目を「尺2」で弾く指示だと思われるが,繰り返し末を「尺2」とすると以下の拍子がずれるため,再現譜では無視した。再現譜上で比較すると,『清楽曲譜』の版では,本譜1L2〜3C,5L1Cの「六六六−」が,出だしのフレーズと同じ「六−六六」になっているところだけが異なる。


●SK02_27 二凡串 合尺六工尺上四合四上尺工上 [尺工尺工尺上四合工尺六工尺上四合四上尺工上合上合四C合尺六工工工尺上四尺上工尺工六尺上四尺上工六尺上乙四合合四上合四C合 (*又)

合2尺六工尺上2。四合−1四上2。
尺1 1工−上2 [尺1 1工−尺1 1工−尺1 1上−四
合。工1 1尺−六1工1−尺−上2。四1合−1四
上1* 尺1 1工−上1合1 1。上* 合2四C合2。
尺2六2工2。工工1−尺上2四尺上2。
工1 1尺工−六* 尺1 1上−四尺上2。工
六尺1 1上−乙四合2。合1 1四−上。* 合−
四C合1 1 (*又)*

合−尺六|工尺上−|四合四上−|尺−工上−|
[尺−工−工|尺−上四合|工−尺工尺|上−四合四
上−尺−工|上−合−上|合−四C|合−尺−|
六−工−|工工尺上−|四尺上−|工尺工六−上
四尺上−|工六尺−上|乙四合−|合−四上−|
合四C合−]

<g2> dg |ed c2 |<a><g8a8> c2 |d.e8 c2 |
[2 d.e8 d.e8 |d.c8 <ag> |e.d8 ge8d8 |c2 <a><g8a8> |
c2 d.e8 |c2 <g.>c8 |<g2> <a>>c< |<g2> d2 |
g2 e2 |ee8d8 c2 |<a>d c2 |e8d8e8g8 d.c8 |
<a>d c2 |eg d.c8 |<ba> <g2> |<g.a8> c2 |
<g8a8>>c< <g2> ]|

 再現曲

*指示が複雑で,しかも音長の分かる例が他にないため,再現された曲調が正確かどうかは不明。『増補改定 清風雅譜』(明17)のものとは符が異なる。原譜4L頭「上1」は拍点下に消したような痕がある。ここは「上2」のほうが拍子がくずれない。同行「尺1 1工−上1合1 1。上」「上1」の拍点下にもにじみ,ここも「上2」のほうが流れに合う。「合1 1」の拍点は上下に分かれて書かれている。「合2。上」とした場合,次のフレーズへの流れが悪いため,音長的には「合−上」で読み解き,「合」と「上」の間には小休符があるものと考える。6L「工1 1尺工−六」は読み解きにくい。全体で2拍点とするなら「工尺工六」,「工−六」の「工」の横に拍点がある場合は「工−尺工六」だと考えられるが,前者の方が拍子に合い,また「二凡調」中の類似フレーズにも合致する。7L「合1 1四−上。」の「上。」は「上2。」のほうが都合が良い。7Lから最終行にかけても難解で,「合−四」の棒線は墨書であるので,音長に関係あるはずだが,拍子の指示がない。「合四C合2」というところで読み解いておく。


●SK02_28 断板 [尺六六尺工工 又 [尺六工六 又 [尺六工六 又 尺工尺上四四C六五六C四C四合工工六尺工尺六尺工工尺上四上工尺工尺上四四C六五六工工尺工尺尺工尺尺上四合四上尺上尺上CC乙四四合四四合工四合四合四合 [工六工六工六上尺四上四上尺工上尺工尺 又 上四上上四上尺六工工尺上四上尺工六尺上四C合合合四C四C四上上合四合

[尺六2工2 又 [尺
又 [尺−六工−六 又 尺工尺
上四2。四C六五六4。* C2四C
四合工2六尺工尺4。六2尺*
工2尺上四上4。工2尺工尺
上四2。四C六五六4。工2工2
工尺2。尺尺2。尺上四−合四−
上3。* 尺上4。C2C2乙2四2
合四2四合工2四2合3。四合四
合4 [工2六2工2六2工−六上2尺4。四2
上2四2上2。尺工上2尺3工尺4 又 
上四上2。上四上2。尺2六2工
尺3上四4。上2尺2工六尺3上四
C合4。合2合四C3四C4。四上
上2。合3四合4

[尺六六−|尺工工−]|[尺六工六]|[尺六工六]|
尺工尺上|四−四C|六五六−|−− C−|
四C四合|工−工六|尺工尺−|−−六−|
−尺工−|工尺上四|上−−−|工−尺工|
尺上四−|四C六五|六−−−|工−工−|
尺工尺−|尺工尺−|尺上四合四|上−−尺|
上尺上−|−−C−|C−乙−|四−四合|
四−四合|工−四−|合−−四|合四合−|
−−[工−|六−工−|六−工六|上−尺−|
−−四−|上−四−|上−尺工|上−尺−|
−工尺−|−−]上四|上−上四|上−尺−|
六−工工|尺−−上|四−−−|上−尺−|
工六尺−|−上四C|合−−−|合−合四|
C−−四|C−−−|四上上−|合−−四|
合−−−|

[2 dg g2 |de e2 ]|[2 dg eg ]|[2 dg eg ]|
de dc |<a2> <a>>c< |ga g2& |g2 >c2< |
<a>>c< <ag> |e2 eg |de d2& |d2 g2& |
gd e2 |ed c<a> |c2&c2 |e2 de |
dc <a2> |<a>>c< ga |g2&g2 |e2 e2 |
de d2 |de d2 |dc <a><g8a8> |c2.d |
cd c2& |c2 >c2< |>c2< <b2> |<a2> <ag> |
<a2> <ag> |e2 <a2> |<g2.a> |<ga> <g2&> |
<g2> [2 e2 |g2 e2 |g2 eg |c2 d2& |
d2 <a2> |c2 <a2> |c2 de |c2 d2& |
de d2& |d2 ]c<a> |c2 c<a> |c2 d2 |
g2 ee |d2.c |<a2&a2> |c2 d2 |
eg d2& |dc <a>>c< |<g2&g2> |<g2> <ga> |
>c2.<<a> |>c2&c2< |<a>c c2 |<g2.a> |
<g2&g2> |

 再現曲

*現在のところほかに音長の分かる類例が少ないため正確な曲調は不明。再現譜にはまだ一部不自然なところが残る。3L「四C六五六4」末尾「六4」拍点ににじみ,「六3」かもしれない。4L末「六2尺」は「六3尺」と思われる。7〜8L「尺上四−合四−上3。」,「−」はいずれも朱線だが,類似フレーズとの比較から「四合四上3。」である可能性が高い。


●SK02_29 二凡断 六六五五六工六五五五六五上五五六工六尺工上四 [上四上五五六五尺上五五五六工六尺工上四六尺工上四五五六五尺上尺上五尺上五六凡工尺六C五六工工工尺上工尺四上工尺工尺上五尺乙工五六六凡工尺尺乙尺四合四C乙四合四上尺上乙尺凡工尺四上尺尺尺六工尺上六五六工尺凡工尺工尺乙四乙乙四尺上乙四合四上尺上乙四五尺乙五乙乙凡工尺工尺五尺乙五乙乙

六2六2。五2五六工六五2五2五4。
六3五上4。五2五六工4。六2尺工
上2四4 [上四上4。五2五六五尺
上4。五2五2五4。六2工六尺工上2
四4。六2尺工上2四4。五2五六五
尺上3尺上4。五尺上五六4。凡2
工2尺2六3。C五3六工2工4。工1 1尺−
上工尺四上4。工2尺工尺上
五尺乙工五4。六2六2凡2工2尺2
尺4。乙尺四2合1 1四−C2乙四合
四上3尺上4。乙尺凡工尺2四
上尺4。尺2尺六工尺上4。六3五
六工尺4。凡2工2尺工尺乙四4。
乙2乙2四尺上4。乙四合四上3
尺上乙四4。五尺乙五乙2乙4。
凡2工2尺工尺2。五尺乙五乙2
乙4

六−|六−|五−|五六|
工六|五−|五−|五−|
−−|六−|−五|上−|
−−|五−|五六|工−|
−−|六−|尺工|上−|
四−|−−|[上四|上−|
−−|五−|五六|五尺|
上−|−−|五−|五−|
五−|−−|六−|工六|
尺工|上−|四−|−−|
六−|尺工|上−|四−|
−−|五−|五六|五尺|
上−|−尺|上−|−−|
五尺|上五|六−|−−|
凡−|工−|尺−|六−|
−C|五−|−六|工−|
工−|−−|工−尺|上工|
尺四|上−|−−|工−|
尺工|尺上|五尺|乙工|
五−|−−|六−|六−|
凡−|工−|尺−|尺−|
−−|乙尺|四−|合−四
C−|乙四|合四|上−|
−尺|上−|−−|乙尺|
凡工|尺−|四上|尺−|
−−|尺−|尺六|工尺|
上−|−−|六−|−五|
六工|尺−|−−|凡−|
工−|尺工|尺乙|四−|
−−|乙−|乙−|四尺|
上−|−−|乙四|合四|
上−|−尺|上乙|四−|
−−|五尺|乙五|乙−|
乙−|−−|凡−|工−|
尺工|尺−|五尺|乙五|
乙−|乙−|−−]|

g2 |g2 |a2 |ag |
eg |a2 |a2 |a2& |
a2 |g2& |ga |c2& |
c2 |a2 |ag |e2& |
e2 |g2 |de |c2 |
<a2&> |<a2> |[2 c<a> |c2& |
c2 |a2 |ag |ad |
c2& |c2 |a2 |a2 |
a2& |a2 |g2 |eg |
de |c2 |<a2&> |<a2> |
g2 |de |c2 |<a2&> |
<a2> |a2 |ag |ad |
c2& |cd |c2& |c2 |
ad |ca |g2& |g2 |
f2 |e2 |d2 |g2& |
g>c< |a2& |ag |e2 |
e2& |e2 |e.d8 |ce |
d<a> |c2& |c2 |e2 |
de |dc |ad |be |
a2& |a2 |g2 |g2 |
f2 |e2 |d2 |d2& |
d2 |<b>d |<a2> |<g.a8> |
>c2< |<ba> |<ga> |c2& |
cd |c2& |c2 |<b>d |
fe |d2 |<a>c |d2& |
d2 |d2 |dg |ed |
c2& |c2 |g2& |ga |
ge |d2& |d2 |f2 |
e2 |de |d<b> |<a2&> |
<a2> |b2 |b2 |<a>d |
c2& |c2 |<ba> |<ga> |
c2& |cd |c<b> |<a2&> |
<a2> |ad |ba |b2 |
b2& |b2 |f2 |e2 |
de |d2 |ad |ba |
b2 |b2& |b2 ]|

 再現曲

*現在のところ他に音長の分かる例がないため,再現された曲調が正確かどうかは不明。タイトル下に「盧白」とある。「盧白逸民」の作曲であろう。12L頭「上」の左に三拍点が見えるが,おそらく他折からの墨染み。4/4で再現譜を組むと,大体は合うが何箇所か拍子のずれるところが出てくる。『清楽曲譜』OKINO_A068「二凡調」の付注に「初心ノ者ハ曲中大ニ弾方ニ苦シム所アリ…四分ノ二ノ拍子ヲ以テ奏ス可シ。」とある。他書近世譜では4/4であるものが多く,これもあくまで2/4の方が弾きやすいという初心者向けの注ではあるが,実際にMIDIで再現してみた場合,4/4でも不自然さはさほどないが,2/4のほうがより聞き取りやすかったため,再現譜およびMIDIは2/4で組んでみた。一部のフレーズにまだ不自然さが感じられる。


SK02_30a 尼姑思還(第一排) 「五C五C六五五工六工六尺工工五C五工六工五六五五 [CDC乙五 又 五六工六五六五CC五C五六工工工六工尺上尺六尺工工」 (* 三五七)

「五2C2五C六2五4五4。工2六2工
六尺2工4工4。五2C2五4。工2六2工4。
五3六五2五4 [C2DC乙五 又 
五六工六五2六五C2C2。五
C五六工2工2。工六工尺上
尺六尺工2工4」

[五−C−|五C六−|五−−−|五−−−|
工−六−|工六尺−|工−−−|工−−−|
五−C−|五−−−|工−六−|工−−−|
五−−六|五−五−|−−[C−|DC乙五]|
五六工六|五−六五|C−C−|五C五六|
工−工−|工六工尺|上尺六尺|工−工−|
−−]○○|


SK02_30b 尼姑思還(第二排) 六五CC五六五工六工五六工尺工六工尺上四上工尺工六工尺上四上 (* 三五七)

六1 1五−C2。C五六2。五工六2工
五六2。工尺工−1六工−1尺上四
上2。工尺工−1六工−1尺上四上2

−五C−|C五六−|五工六−|工五六−|
工尺工六工尺|上四上−|工尺工六工尺|上四上−|

[2 a2 >c2< |a>c< g2 |a2&a2 |a2&a2 |
e2 g2 |eg d2 |e2&e2 |e2&e2 |
a2 >c2< |a2&a2 |e2 g2 |e2&e2 |
a2.g |a2 a2& |a2 [2 >c2< |>dc< ba ] |
ag eg |a2 ga |>c2< >c2< |a>c< ag |
e2 e2 |eg ed |cd gd |e2 e2& |e2 ] r2 |

g.a8 >c2< |>c<a g2 |ae g2 |ea g2 |
ed e8g8e8d8 |c<a> c2 |ed e8g8e8d8 |c<a> c2 |

 再現曲

*繰り返しの指示の有無をのぞけば,符字順列は『清楽曲譜』OKINO_A069 とほぼ一致。ただし『清楽曲譜』はこれを二拍子の曲として組み,音長を半分としている。


SK02_31 魚心調 六五六六工六尺上尺工六尺尺尺尺工六尺工尺尺尺工六五六工尺工尺上四乙合四四乙四乙四合工合四乙合乙四四工尺工尺尺乙乙四乙乙乙四合四合合四乙工合工尺工尺尺乙乙四乙乙乙四合四合合乙乙乙四合工工合乙四合工工尺工尺六六工六尺四乙六工尺

六1 1五六1六2* 工2六尺4。上2尺1工1*
六1尺1尺1。2* 尺1尺2工2六1尺3工1尺2。
尺1尺 1工六。* 五1六1工1尺1工1尺1
上1四 1乙合1四4。四1乙1四 1乙−四 1
合工1合1四−1乙合−1乙四1四2。工1
尺1 1工−尺1尺2。乙1乙1四1乙1乙1乙1
四1合21四−1合* 合2。四1乙1工1合2工1
尺1 1工尺1尺2。* 乙1乙1四1乙1乙1乙1
四1合1 1四−合1* 合2。乙1乙1乙* 四1合1
工1工1合1。乙1四1合1工1工1尺1 1工−
尺4。六1六−1工六1* 尺4。四1 1乙−六1工1
尺4

−五六六|−工−六|尺−−−|上−尺工六|
尺尺○○|尺尺−工|−六尺−|−工尺−|
尺工六五|六工尺工|尺上四乙合|四−−−|
四乙四乙四合|工合四乙合乙|四四−工|尺−工尺尺|
−乙乙四|乙乙乙四|合−四合合|−四乙工|
合−工尺|−工尺尺−|乙乙四乙|乙乙四合|
−四合合−|乙乙−四|合工工合|乙四合工|
工尺−工尺|−−−六|−六工六尺|
−−−四|−乙六工尺|−−−○|

g.a8 g2 |g2 e2 |gd2. |dc.d8 e |
gd dr4 |r4d d2 |e2 gd& |d2 ed& |
dd d8e8g |ag ed |ed c<a8b8> |<ga2.&> |
<ga> <b><a8b8> |<a8g8>e <g><a8b8> |<g8b8><a> <a2> |ed.e8 d |
d2 <bb> |<ab> <bb> |<a><g.a8> <g> |<g2> <ab> |
e<g2> e |d.e8 dd& |d<b> <ba> |<bb> <ba> |
<g.a8> <gg&> |<gb> <b2> |<ag> ee |<gb> <ag> |
ee d.e8 |d2&d2 |g.g8 eg |d2&d2 |
<a.b8>ge |d2&d2 |

 再現曲

*冒頭から指示が複雑,しかもなぜか拍点が薄墨で書かれており,非常に読みずらい。1L「六1 1五六1六2」はいままでの表記だと「六1 1五−六」と短音の後に「−」が付いたが,本譜では混在している。『清楽曲譜』OKINO_A052 で「六1六2」は「六2六2」となっているが,『清風雅譜』SG015 などでは最初の「六」は短く,次が長いので,このままでもよい。同行「上2尺1工1」,「上」が2拍点に見えるが,尺の拍点がやや不自然な位置にあり,類例から見て「上1 1尺−工」が正しいと思われる。2L「六尺尺。」「。」に2拍点,直前の「尺」は1拍,休符が2拍という指示であろう。3L「尺1尺 1工」4L「上1四 1乙」「乙1四 1乙」は,後ろの1拍点が符字の中間に打たれており,いずれも「○1○−1○」と同じく4分8分8分の指示と考えられる。7L「四1合2 1四−1合合2。」,最初の「合」横に2拍点次の「四」の上に1拍点,9L「四1合1 1四−1合」は2番目の「合」の拍点がやや上に打たれているが,いずれも同じく「四1合1 1 四」で読んでよいようだ。8L「尺1 1工尺1」,「尺1 1工−尺」に同じ。9L「乙1乙1乙四1合1」,3番目の「乙」に朱斜線で消しが入っている。『清楽曲譜』では「乙乙2四合」となっており,「乙」が一つ少ない代わりに長音となっているのでこれに従っておく。11L「六1六−1工六1」二番目の拍点が棒線横にあるので「六六工六」だが,それだと以下の拍子がくずれる。「六1 1六−工六」の間違いと思われる。棒線は朱線。指示が不安定なため難解だが,読み解いた結果の再現譜は『清楽曲譜』の例とほとんど違いがないものとなった。


---vol.2 end---



SK03_01 将軍令 尺工上工尺尺工上尺四四上尺尺四尺上四合凡合四尺上四合四合六五六工六五六五C尺上四四C四合凡工尺六尺六工尺上尺工上上尺工六尺尺工上尺凡六凡六尺工上尺尺工上尺六六凡六五五尺上五六凡六五尺上五六五六六五CC五C六五尺上四尺上尺工尺

尺3上2工2尺4。尺3上1 尺1* 四4
四2上2尺2尺2。四−四合1 1
合。四−尺上四合3四合4。六2五2
五2六五C2。尺四2
四2C2四2合2凡2工1尺1 *六2。尺
上2上3。* 上尺−工六
尺4。尺工上2尺4。凡2六2凡2六2尺−
工−上2尺4。尺工−上−尺六4。六2
五4。五尺上五六2凡六五
尺上五六3五六4。六2五2C2−C2
五C2* 六五2。尺上四2。尺上尺3*
尺4

尺−−工|上−工−|尺−−−|尺−−工|
上−尺−|四−−−|四−上−|尺−尺−|
四尺上四|合−凡合|四尺上四|合−−四|
合−−−|六−五−|六−工六|五−六五|
C−尺上|四−四−|C−四−|合−凡−|
工−尺−|六−尺六|工尺上−|尺工上−|
−−上尺|工六尺−|−−尺工|上−尺−|
−−凡−|六−凡−|六−尺工|上−尺−|
−−尺工|上尺六−|−−六−|凡六五−|
−−五尺|上五六−|凡六五尺|上五六−|
−五六−|−−六−|五−C−|C−五−|
C六五−|尺上四−|尺上尺−|−工尺−|
−−○○|

d2.e |c2 e2 |d2&d2 |d2.e |
c2 d2 |<a2&a2> |<a2> c2 |d2 d2 |
<a>d c<a> |<g2> f<g> |<a>d c<a> |<g2.a> |
<g2&g2> |g2 a2 |g2 eg |a2 ga |
>c2< dc |<a2> <a2> |>c2< <a2> |<g2> f2 |
e2 d2 |g2 dg |ed c2 |de c2& |
c2 cd |eg d2& |d2 de |c2 d2& |
d2 f2 |g2 f2 |g2 de |c2 d2& |
d2 de |cd g2& |g2 g2 |fg a2& |
a2 ad |ca g2 |fg ad |ca g2& |
ga g2& |g2 g2 |a2 >c2< |>c2< a2 |
>c<g a2 |dc <a2> |dc d2& |de d2& |d2 r2 |

 再現曲

*『清楽曲譜』OKINO_A070 の例は三拍子の曲とし,各符の音長が半分になっている。『清楽曲譜』の近世譜を,本譜に沿って二倍の音長に直し,4/4で再現譜に組むと----

 尺−−工|上−工−|尺−−−|尺−−工|
 上−尺−|四−−−|四−上−|尺−尺−|
 四尺上四|合−凡合|四尺上四|合−−四|
 合−−−|六−五−|六−工六|五−六五|
 C−尺上|四−四−|C−四−|合−凡−|
 工−尺−|六−尺−六|工尺上−|尺工上−|
 −−上尺|工六尺−|−−尺工|上−尺−|
 −−凡−|六−凡−|六−尺工|上−尺−|
 −−尺工|上尺六−|−−六−|凡六五−|
 −−五尺|上五六−|凡六五尺|上五六−|
 −五六−|−−六−|五−C−|C−五−|
 C−六五−|尺上四尺|上−尺−|
 −工尺−|

となる。本項目再現譜の不明箇所は,この修整した再現譜を参考にした。1L「尺3工上1 尺1」,朱点と拍点の間隔がせまい。ともに「上」「尺」の拍点と考え「尺3工上2尺2」とする。4L「六工六」,「六2工六」のほうが良い。5L「凡2工1尺1 」,1Lと同じく朱点の位置がおかしい。「凡2工2尺2」とする。6L「尺工上3。」,「上3」だと以降の拍子がずれる。「上4」にする。11L頭「五C2」ではなく「五2C」。同行末「尺」の拍点位置に墨ヨゴレ,判読不能につき類例から「尺3」と判断。渓派の資料ではふつうに四拍子の曲であるが,比較すると「凡」が多用されているなど,曲調上の相違点がある。


SK03_02 二凡調 工六工尺上工尺工六尺上四尺合工六工上尺四上尺合尺六工六工尺上工尺工六尺上四合四上工六尺上四尺合 [尺尺尺工尺上四尺六工工工工尺上工尺四上合四C合工尺上四合四C工六尺上四尺合工六尺上四六工六五五五尺上尺上尺上乙合乙四乙四合四乙尺四合四合四C合工尺上四合四C工六尺上四尺合上尺工六五六工尺尺尺乙四合四C上尺上四合合四C尺合C四C尺上尺六工尺四合四C工尺工六尺上四合四C工六尺上四尺合

工2六2工2尺2上4。工尺工六尺3
上四2尺2合4。工2六2工2上2尺4。四2
上2尺4合4。尺3六工2六2工2尺2上4。
工尺工六尺3上四2合四上4。
工2六2尺3上四2尺2合4 [尺2尺2尺
工尺1 1上−四4。尺2六2工工工。* 工1 1
尺−上工尺四上2。合1 1四−C2。合
工尺1 1上−四合−四* C2。工六尺1 1
上−四尺合3。* 工3六尺上四4。六2
工2六2五2五2五2。尺上尺2。上尺
上2。乙2合乙四4。乙2四2合2四2。乙
尺四2合2四2。合四C2。合工尺1 1
上−四合−四C2。工六尺1 1上−四
尺合4。上2尺2工2六3。五2六工2尺4。
尺2尺2。乙2四2合四C4。上尺上
四合2。合1 1四−C尺合4。C四C2。
尺上尺六工尺。四合−四C2。
工−尺工−六尺1 1上−。四合−四C2。
工六尺1 1上−四尺合4

工−六−|工−尺−|上−−−|工尺工六|
尺−−上|四−尺−|合−−−|工−六−|
工−上−|尺−−−|四−上−|尺−−−|
合−−−|尺−−六|工−六−|工−尺−|
上−−−|工尺工六|尺−−上|四−合四|
上−−−|工−六−|尺−−上|四−尺−|
合−−−|[尺−尺−|尺工尺−上|四−−−|
尺−六−|工−工−|工−工−尺|上工尺四|
上−合−四|C−合工|尺−上合四|C−工六|
−上四尺|合−−−|工−−六|尺上四−|
−−六−|工−六−|五−五−|五−尺上|
尺−上尺|上−乙−|合乙四−|−−乙−|
四−合−|四−乙尺|四−合−|四−合四|
C−合工|尺−上合四|C−工六|尺−上四尺|
合−−−|上−尺−|工−六−|−五−六|
工−尺−|−−尺−|尺−乙−|四−合四|
C−−−|上尺上四|合−合−四|C尺合−|
−−C四|C−尺上|尺六工尺|四合四C−|
工尺工六|尺−上合四|C−工六|尺−上四尺|
合−−−]|

e2 g2 |e2 d2 |c2&c2 |ed eg |
d2.c |<a2> d2 |<g2&g2> |e2 g2 |
e2 c2 |d2&d2 |<a2> c2 |d2&d2 |
<g2&g2> |d2.g |e2 g2 |e2 d2 |
c2&c2 |ed eg |d2.c |<a2> <ga> |
c2&c2 |e2 g2 |d2.c |<a2> d2 |
<g2&g2> |[2 d2 d2 |de d.c8 |<a2&a2> |
d2 g2 |e2 e2 |e2 e.d8 |ce d<a> |
c2 <g.a8> |>c2< <g>e |d.c8 <a><g8a8> |>c2< eg |
d.c8 <a>d |<g2&g2> |e2.g |dc <a2&> |
<a2> g2 |e2 g2 |a2 a2 |a2 dc |
d2 cd |c2 <b2> |<gb> <a2&> |<a2> <b2> |
<a2> <g2> |<a2> <b>d |<a2> <g2> |<a2> <ga> |
>c2< <g>e |d.c8 <a><g8a8> |>c2< eg |d.c8 <a>d |
<g2&g2> |c2 d2 |e2 g2& |ga2 g |
e2 d2& |d2 d2 |d2 <b2> |<a2> <ga> |
>c2&c2< |cd c<a> |<g2> <g.a8> |>c<d <g2&> |
<g2> >c<<a> |>c2< dc |dg ed |<a><g8a8> >c2< |
ed eg |d.c8 <a><g8a8> |>c2< eg |d.c8 <a>d |
<g2&g2> ]|

 再現曲

*『清楽曲譜』OKINO_A068 は2拍子の曲とするが,各符の音長は単純に二倍にはなっておらず,部分的には一致する箇所もあり,全体的にみて比較すると両譜の関係は非常に複雑である。『清楽曲譜』の注に「此曲ハ通常拍子ニテハ奏シルタキ所アリ。故ニ四分ノ二ノ拍子ヲ以テ奏ス可シ。」とある。たしかに拍子のとりにくい曲であり,本格的には途中で何度か拍子の変わる,いわゆる変拍子の曲として演奏されるものかとも考える。 原譜6L「尺2六2工工工。」は「尺2六2工2工2工2。」,8L「尺1 1上−四合−四」,「尺1 1上−四1合−1四」と思われる。9L「上−四尺合3」,以下の流れから「上−四尺合4」が適当。12〜13L「尺1 1上−四合−四」,8Lと同じ。18L「尺1 1上−。四合−四」も8Lと同じ。17L「四合−四C2。」は『清楽曲譜』より「四1合−1四C3。」とする。


●SK03_03 清平調 五合五工合上五五上尺上五合工合五合工尺上尺尺工合五工合合工合五上五合工合五合工尺上尺尺工合五工合合工合五上五合工合五合工尺上尺尺合工合五五上五合工乙五合工尺上尺尺

五合五工合。上五五。上尺
上五合工。合五合工尺上
尺尺。[工合五工合合。工合
五上五合工。合五合工尺
上尺尺。工合五工合合。工
合五上五合工。合五合工
尺上尺尺。合工合五五。上
五合工。乙五合工尺上尺


合五工1合。上五1五1。上尺1
上五1合1工1。合五1合1工
尺1。[工五工合合1。工合1
五1上1五1合1工1。合五1合1工
尺1尺1。(|)工合五工合合1。工
合1五1上1五1合1工1。合五1合1工
尺上1尺1尺1。(])合1工1合1五五1。上
五合工1。乙五1合1工尺1
尺1

五−−−|合−−−|五−工−|合−上−|
五−−−|五−−−|上−尺上|五−合−|
工−−−|合−五合|工−−−|尺−−−|
上−−−|尺−−−|尺−−−|工−−−|
合−−−|五−工−|合−−−|合−−−|
工−合−|五−上−|五−合−|工−−−|
合−五合|工−−−|尺−−−|上−−−|
尺−−−|尺−−−|工−−−|合−−−|
五−工−|合−−−|合−−−|工−合−|
五−上−|五−合−|工−−−|合−五合|
工−−−|尺−−−|上−−−|尺−−−|
尺−−−|合−工−|合−五−|−−五−|
−−上−|五−合−|工−−−|乙−五合|
工−−−|尺−−−|上−−−|尺−−−|
尺−−−|

a2&a2 |<g2&g2> |a2 e2 |<g2> c2 |
a2&a2 |a2&a2 |c2 dc |a2 <g2> |
e2&e2 |<g2> a<g> |e2&e2 |d2&d2 |
c2&c2 |d2&d2 |d2&d2 |e2&e2 |
<g2&g2> |a2 e2 |<g2&g2> |<g2&g2> |
e2 <g2> |a2 c2 |a2 <g2> |e2&e2 |
<g2> a<g> |e2&e2 |d2&d2 |c2&c2 |
d2&d2 |d2&d2 |e2&e2 |<g2&g2> |
a2 e2 |<g2&g2> |<g2&g2> |e2 <g2> |
a2 c2 |a2 <g2> |e2&e2 |<g2> a<g> |
e2&e2 |d2&d2 |c2&c2 |d2&d2 |
d2&d2 |<g2> e2 |<g2> a2& |a2 a2& |
a2 c2 |a2 <g2> |e2&e2 |b2 a<g> |
e2&e2 |d2&d2 |c2&c2 |d2&d2 |
d2&d2 |

 再現曲

*歌詞のカナ書が付され,音長等の指示が読み取りにくい。すべて墨書,しかも他の例と違う形式の指示のようだ。原譜のままでは読み解き不能につき,音長は『清楽曲譜』OKINO_A081 の類例によった。2L,繰り返しの起点「[ 」が書かれているが『清楽曲譜』の例にはない。5L符字間を横線で区切る,意味不明。7L,繰り返しの終点「 ]」のようだが不明。


●SK03_04 耍歌 [尺尺工尺 又 尺尺工四上尺尺尺工尺尺四上尺尺四上尺 [尺工尺上尺 又 工六工工六上尺工上尺 [工六工六上尺 又 尺尺尺工上尺上尺上尺尺尺上四四上尺 [尺工尺上尺 又 尺尺尺尺尺工尺尺工六六工尺工尺上工尺 [工六工六上上尺 又 尺尺尺尺尺工尺尺工六六工尺工尺上工尺上工尺上尺上尺上尺上尺上尺上尺尺上四四上尺尺尺尺尺尺工尺尺工六六工尺尺上尺工六六工尺上工尺上工尺 [六工六工六上尺 又 尺尺尺尺尺尺工尺上四四上尺 [尺工尺上尺 又 尺尺尺尺尺工尺尺工六六工尺上工尺尺尺工尺上四四上尺工六工六上上尺工六工六上尺尺尺尺尺尺尺尺尺尺工尺上四四上尺工六工六上尺工六工六上尺尺尺工尺尺工六六工尺上工尺上工尺尺工上四四上尺工六工六上尺工六工六上尺工六工六上尺尺尺工尺尺工六六工尺尺四上尺尺四上尺上工尺上工尺六工六上尺工上尺

[尺尺工尺 又 尺尺工2。四上
尺4。尺2尺工* 尺尺2四上尺4。尺4
四上尺4 [尺2工尺* 上尺4 又 工
六工工六4。上尺工上尺4 [工
六工六上2尺2 又 尺尺尺2工
上尺2。上尺上尺。尺尺上2。四
四2上尺4 [尺1 1工−尺上尺4 又 尺
尺尺2。尺尺2工。尺2尺工六2六
工尺4。工1 1尺−上工尺4 [工六工
六上上尺2 又 尺尺尺2。尺尺2
工。尺2尺工六2六工尺3*。工1 1尺−
上工尺4。上工尺2。上尺上尺
上尺上尺上尺上尺。尺2上2
四四2上尺4。尺尺尺2。尺尺2工。
尺2尺工六2六工尺4。尺1 1上−尺
工六2六工尺4。上工尺2。上工
尺2 [六工六2工2六2上2尺2 又 尺
尺尺2。尺尺尺工尺2上2四四2
上尺4 [尺1 1工−尺上尺4 又 尺尺
尺2尺尺2工尺2尺工六2六工
尺4。上工尺2。尺尺2工尺2上2四
四2上尺4。工六工六上上尺2。
工六工六上2尺2。尺尺尺尺
尺尺尺尺尺工尺2上2四四2
上尺4。工六工六上2尺2。工六
工六上2尺2。尺尺2工尺2尺工
六2六工尺4。上工尺2。上工尺2。
尺工上2四四2上尺4。工六工
六上2尺。* 工六工六上2尺2。工
六工六上2尺2。尺尺2工尺2尺
工六2六工尺4。尺四上尺3。* 尺4
四上尺4。上工尺2。上工尺2。六
工六上尺工上尺4*

[尺尺工尺]|尺尺工−|四上尺−|−−尺−尺
工尺尺−|四上尺−|−−尺−|−−四上|
尺−−−|[尺−工尺上|尺−−−]|工六工工|
六−−−|上尺工上|尺−−−|[工六工六|
上−尺−]|尺尺尺−|工上尺−|上尺上尺|
尺尺上−|四四−上|尺−−−|[尺−工尺上|
尺−−−]|尺尺尺−|尺尺−工|尺−尺工|
六−六工|尺−−−|工−尺上工|尺−−−|
[工六工六|上上尺−]|尺尺尺−|尺尺−工|
尺−尺工|六−六工|尺−−−|工−尺上工|
尺−−−|上工尺−|上尺上尺|上尺上尺|
上尺上尺|尺−上−|四四−上|尺−−−|
尺尺尺−|尺尺−工|尺−尺工|六−六工|
尺−−−|尺−上尺工|六−六工|尺−−−|
上工尺−|上工尺−|[六工六−|工−六−|
上−尺−]|尺尺尺−|尺尺尺工|尺−上−|
四四−上|尺−−−|[尺−工尺上|尺−−−]|
尺尺尺−|尺尺−工|尺−尺工|六−六工|
尺−−−|上工尺−|尺尺−工|尺−上−|
四四−上|尺−−−|工六工六|上上尺−|
工六工六|上−尺−|尺尺尺尺|尺尺尺尺|
尺工尺−|上−四四|−上尺−|−−工六|
工六上−|尺−工六|工六上−|尺−尺尺|
−工尺−|尺工六−|六工尺−|−−上工|
尺−上工|尺−尺工|上−四四|−上尺−|
−−工六|工六上−|尺−工六|工六上−|
尺−工六|工六上−|尺−尺尺|−工尺−|
尺工六−|六工尺−|−−尺−|四上尺−|
−−尺−|−−四上|尺−−−|上工尺−|
上工尺−|六工六−|上尺工上|尺−−−|

[2 dd ed ]|dd e2 |<a>c d2& |d2 d.d8 |
ed d2 |<a>c d2& |d2 d2& |d2 <a>c |
d2&d2 |[2 d.e8 dc |d2&d2 ]|eg ee |
g2&g2 |cd ec |d2&d2 |[2 eg eg |
c2 d2 ]|dd d2 |ec d2 |cd cd |
dd c2 |<a><a2> c |d2&d2 |[2 d.e8 dc |
d2&d2 ]|dd d2 |dd2 e |d2 de |
g2 ge |d2&d2 |e.d8 ce |d2&d2 |
[2 eg eg |cc d2 ]|dd d2 |dd2 e |
d2 de |g2 ge |d2&d2 |e.d8 ce |
d2&d2 |ce d2 |cd cd |cd cd |
cd cd |d2 c2 |<a><a2> c |d2&d2 |
dd d2 |dd2 e |d2 de |g2 ge |
d2&d2 |d.c8 de |g2 ge |d2&d2 |
ce d2 |ce d2 |[2 ge g2 |e2 g2 |
c2 d2 ]|dd d2 |dd de |d2 c2 |
<a><a2> c |d2&d2 |[2 d.e8 dc |d2&d2 ]|
dd d2 |dd2 e |d2 de |g2 ge |
d2&d2 |ce d2 |dd2 e |d2 c2 |
<a><a2> c |d2&d2 |eg eg |cc d2 |
eg eg |c2 d2 |dd dd |dd dd |
de d2 |c2 <a><a&> |<a>c d2& |d2 eg |
eg c2 |d2 eg |eg c2 |d2 dd& |
de d2 |de g2 |ge d2& |d2 ce |
d2 ce |d2 de |c2 <a><a&> |<a>c d2& |
d2 eg |eg c2 |d2 eg |eg c2 |
d2 eg |eg c2 |d2 dd& |de d2 |
de g2 |ge d2& |d2 d2 |<a>c d2& |
d2 d2& |d2 <a>c |d2&d2 |ce d2 |
ce d2 |ge g2 |cd ec |d2&d2 |

 再現曲

*現在のところほかに音長の分かる類例なし。原譜2L「尺2尺工」,「尺1 1尺−工」と思われる。3L「尺2尺工」,「尺」の拍点が通常より下に,若干間を空けて打たれており7Lの「尺1 1尺−工」と同じと思われる。11L「工尺3。」以下が拍子からはずれるので「工尺4。」とする。30L「上2尺。」,続くフレーズと同じと見て「上2尺2。」とする。31L「尺四上尺3。」このままだと流れが悪く,以下も拍子をはずれる,続くフレーズとほぼ同じものであることから「尺2四上尺4。」と修整する。曲尾「工六上尺工上尺4」,4Lに同様のフレーズがあり「工六2上尺工上尺4」とした。


SK03_05 武鮮花 [DED合CDDC四C合工合合DEC四C合工合CDEGEGED四CDDCC四合工合合上四上DDEGGEC四C四合尺尺DDE合合DE合四合EDC四C合工合合 又 DED合CDDC四C合工合合 (白) DED合CDDC四C合工合合 (白) DED合CDDC四C合工合合 (白)DED合CDDC四C合工合合 (白) DED合CDDC四C合工合合DEC四C合工合上尺工六工尺上尺四合工合C四合工合四CC四合尺工合C四合工合四CC四合尺尺DDE合合DE合四合EDC四C合工合合

[D3ED2合CD4D4。C2四C
合2工2合4合4。D3EC4。四C合
工合4。C2DEG2E2G2E2D2
四CD4D4。C2C四合2工2合4
合2。上四上1D* D3EG4。G4E4
C4。四C四合尺4尺4。D2DE
合2合2DE合2。四合EDC4。
四C合工合4合4 又 
D3ED2合CD4D4。C2四C
合2工2合4合4 (白) D3ED2合C
D4D4。C2四C合2工2合4合4 (白)
D3ED2合CD4D4。C2四C
合2工2合4合4 (白)D3ED3* 合C
D4D4。C2四C合2工2合4合4 (白)
D3ED2合CD4D4。C2四C
合2工2合4合4。D3EC4。四C合
工合4。上2尺工2六工尺* 上3尺
四2合2。工2合3C四合工2合3四
C3。C四合尺4。工2合3C四合
工2合3四C3。C四合尺4尺4。D2
DE合2合2。DE合2。四合E
DC4。四C合工合4合4

[D−−E|D−合C|D−−−|D−−−|
C−四C|合−工−|合−−−|合−−−|
D−−E|C−−−|四C合工|合−−−|
C−DE|G−E−|G−E−|D−四C|
D−−−|D−−−|C−C四|合−工−|
合−−−|合−上四|上−D−|D−−E|
G−−−|G−−−|E−−−|C−−−|
四C四合|尺−−−|尺−−−|D−DE|
合−合−|DE合−|四合ED|C−−−|
四C合工|合−−−|合−−−]|

D−−E|D−合C|D−−−|D−−−|
C−四C|合−工−|合−−−|合−−−|
(白)
D−−E|D−合C|D−−−|D−−−|
C−四C|合−工−|合−−−|合−−−|
(白)
D−−E|D−合C|D−−−|D−−−|
C−四C|合−工−|合−−−|合−−−|
(白)
D−−E|D−合C|D−−−|D−−−|
C−四C|合−工−|合−−−|合−−−|
(白)

D−−E|D−合C|D−−−|D−−−|
C−四C|合−工−|合−−−|合−−−|
D−−E|C−−−|四C合工|合−−−|
上−尺工|六−工尺|上−−尺|四−合−|
工−合−|−C四合|工−合−|−四C−|
−C四合|尺−−−|工−合−|−C四合|
工−合−|−四C−|−C四合|尺−−−|
尺−−−|D−DE|合−合−|DE合−|
四合ED|C−−−|四C合工|合−−−|
合−−−|

[2 >d2.e< |>d2< <g>>c< |>d2&d2< |>d2&d2< |
>c2< <a>>c< |<g2> e2 |<g2&g2> |<g2&g2> |
>d2.e< |>c2&c2< |<a>>c< <g>e |<g2&g2> |
>c2< >de< |>g2< >e2< |>g2< >e2< |>d2< <a>>c< |
>d2&d2< |>d2&d2< |>c2< >c<<a> |<g2> e2 |
<g2&g2> |<g2> c<a> |c2 >d2< |>d2.e< |
>g2&g2< |>g2&g2< |>e2&e2< |>c2&c2< |
<a>>c< <ag> |d2&d2 |d2&d2 |>d2< >de< |
<g2> <g2> |>de< <g2> |<ag> >ed< |>c2&c2< |
<a>>c< <g>e |<g2&g2> |<g2&g2> ]|

>d2.e< |>d2< <g>>c< |>d2&d2< |>d2&d2< |
>c2< <a>>c< |<g2> e2 |<g2&g2> |<g2&g2> |
(白)
>d2.e< |>d2< <g>>c< |>d2&d2< |>d2&d2< |
>c2< <a>>c< |<g2> e2 |<g2&g2> |<g2&g2> |
(白)
>d2.e< |>d2< <g>>c< |>d2&d2< |>d2&d2< |
>c2< <a>>c< |<g2> e2 |<g2&g2> |<g2&g2> |
(白)
>d2.e< |>d2< <g>>c< |>d2&d2< |>d2&d2< |
>c2< <a>>c< |<g2> e2 |<g2&g2> |<g2&g2> |
(白)

>d2.e< |>d2< <g>>c< |>d2&d2< |>d2&d2< |
>c2< <a>>c< |<g2> e2 |<g2&g2> |<g2&g2> |
>d2.e< |>c2&c2< |<a>>c< <g>e |<g2&g2> |
c2 de |g2 ed |c2.d |<a2> <g2> |
e2 <g2&> |<g>>c< <ag> |e2 <g2&> |<ga> >c2&< |
>cc< <ag> |d2&d2 |e2 <g2&> |<g>>c< <ag> |
e2 <g2&> |<ga> >c2&< |>cc< <ag> |d2&d2 |
d2&d2 |>d2< >de< |<g2> <g2> |>de< <g2> |
<ag> >ed< |>c2&c2< |<a>>c< <g>e |<g2&g2> |
<g2&g2> |

 再現曲

*一部の表現,台詞の入る箇所の違いをのぞき,曲譜部分の符字順列は『清楽曲譜』OKINO_A075 とほぼ同じ。同書を参考に再現譜では原譜5L「上四上1D」は「上四上2D2」,13L「D3ED3」は「D3ED2」と修整する。17L「上2尺工2六工尺」以降,参考とした『清楽曲譜』の例自体が拍子からはずれ,多少疑わしい。この部分は3L「C2DEG2E2」のオクターブ下げたヴァリエーションと思われるため「上2尺工六2工尺」と修整。


SK03_06a 金銭花(第一排) [尺工六五工六尺工工上尺尺六工六尺工工上尺上上尺上工尺上四C合上尺上五五六工六五五六工尺尺上四尺上上尺工尺上四C合上尺上五五六工六五五六工尺 又  (* 金線花,金剪花)
SK03_06b 金銭花(第二排) CC四四合四合合C四合工合C四合工合尺工六尺六工尺上四上六工六六上四上上六工尺上尺工五六尺工六尺六工尺上四上乙四合C四C六六尺六工上尺工尺  (* 金線花,金剪花)
SK03_06c 金銭花(第三排) 四上尺工上尺六工尺工尺工上尺四上尺工上尺[C四C合四合 又 五工六五工六工六工六上尺  (* 金線花,金剪花)

[尺3工六2五工六2。尺工工上
尺4。尺六工六尺工工上尺4。
上上尺2。上工尺上四−C合2。*
上尺2上2。五五−1六工六五五
六工尺4。尺1 1上−四尺上2上2。尺
工尺上四−1C合2。上尺2上2。五
五−1六工六。五五六工尺4 又

(第二排)
C2C2四2四2合1 1四−合合2。C四
合工2合4。C四合工3合2。尺工
六2。尺六工尺上四上2。六工
六六上四上上2。六工尺上
尺工2。五2六2尺工六2。尺六工
尺上四上2。乙四合2。C四C2。
六2六2尺六工上尺工尺4

(第三排)
四上尺工* 上尺4。六2工2尺工
尺工* 上尺4。四上尺工* 上尺4。
[C四C2合四合2 又 五工六2
五工六2。工六工−六* 上尺3工尺

(第一排)
[尺−|−工|六−|五工|
六−|尺工|工上|尺−|
−−|尺六|工六|尺工|
工上|尺−|−−|上上|
尺−|上工|尺上|四C合|
−上|尺−|上−|五五六
工六|五五|六工|尺−|
−−|尺−上|四尺|上−|
上−|尺工|尺上|四C合|
−上|尺−|上−|五五六
工六|五五|六工|尺−|
−−]|

(第二排)
C−|C−|四−|四−|
−四|合合|−C|四合|
工−|合−|−−|C四|
合工|−−|合−|尺工|
六−|尺六|工尺|上四|
上−|六工|六六|上四|
上上|−六|工尺|上尺|
工−|五−|六−|尺工|
六−|尺六|工尺|上四|
上−|乙四|合−|C四|
C−|六−|六−|尺六|
工上|尺工|尺−|−−|

(第三排)
四上|尺工上|尺−|−−|
六−|工−|尺工|尺工上|
尺−|−−|四上|尺工上|
尺−|−−|[C四|C−|
合四|合−]|五工|六−|
五工|六−|工六|工六上|
尺−|−−|

[2 d2& |de |g2 |ae |
g2 |de |ec |d2& |
d2 |dg |eg |de |
ec |d2& |d2 |cc |
d2 |ce |dc |<a8>>c8<<g&> |
<g>c |d2 |c2 |aa8g8 |
eg |aa |ge |d2& |
d2 |d.c8 |<a>d |c2 |
c2 |de |dc |<a8>>c8<<g&> |
<g>c |d2 |c2 |aa8g8 |
eg |aa |ge |d2& |
d2 ]|

(第二排)
>c2< |>c2< |<a2> |<a2> |
<g.a8> |<g><g&> |<g>>c< |<ag> |
e2 |<g2&> |<g2> |>c<<a> |
<g>e& |e2 |<g2> |de |
g2 |dg |ed |c<a> |
c2 |ge |gg |c<a> |
cc& |cg |ed |cd |
e2 |a2 |g2 |de |
g2 |dg |ed |c<a> |
c2 |<ba> |<g2> |>c<<a> |
>c2< |g2 |g2 |dg |
ec |de |d2& |d2 |

(第三排)
<a>c |d8e8c |d2& |d2 |
g2 |e2 |de |d8e8c |
d2& |d2 |<a>c |d8e8c |
d2& |d2 |[2 >c<<a> |>c2< |
<ga> |<g2> ]|ae |g2 |
ae |g2 |eg |e8g8c |
d2& |d2 |

 再現曲

*『清楽曲譜』OKINO_A043 に従い2拍子として組んだ。『清楽曲譜』の版では第一排の曲頭が「尺−工」になっているほか,いくつかのフレーズに装飾音が入る。原譜3L「四−C合2」,「四−C」に音長の指示はないが,6L「四−1C合2」と同様と見た。第二排は符字順列完全に一致。2L「合工2合4。」「合4」に見えるが『清楽曲譜』では「合3」,同行の「C四合工3合2。」の「工3」も「工2」になっているが,合わせると拍子の辻褄は合うので音長は原譜のままとした。第三排も繰り返しの指示をのぞけば一致。原譜1L「四上尺工」,『清楽曲譜』によれば「四上尺−1工」。2Lの二箇所も同様。以下が拍子からはずれるため,指示はないが修整。4L「工−六」,棒線横に拍点はないが,『清楽曲譜』の例から「工−1六」であると考える。曲尾の「工尺」は墨書の装飾音,再現譜には加えなかった。おそらく「尺3工−1尺」という指示か。「尺3」を「尺4」に修整。


SK03_07a 銀紐糸(第一排) 五六工六尺工上尺尺工六凡工六尺工工上尺上上四上四上尺工上C四C四C四合工合四C合尺工六尺工六尺工工上尺五乙五合工六五乙五合工六尺六尺六工尺上尺工上
SK03_07b 銀紐糸(第二排) 五六五六工尺六尺工尺上上尺上四尺上四合工尺工上尺上四合 [乙乙乙尺乙五六 又 
SK03_07c 銀紐糸(第三排) 上工工工六五上工工工六五C工工五CC六五五工六工六上尺尺尺上尺尺尺尺尺尺尺尺

五2六2工2六2尺工上2尺4。尺工
六2凡工六2。尺工工上尺4。上2
上2四2上2。四上尺工上4。C四
C2。四C四合工合四C合4。
尺工六2尺工六2。尺工工上
尺4。五乙五合工2六2。五乙五
合工2六2。尺2六2。尺六工尺上2
尺工上3

(第二排)
五六3五六工尺4。六2尺工1 1尺−*
上上2。尺2上四尺上四合3。工
尺3工上尺上四合4 [乙2乙2乙
尺乙五六2 又4

(第三排)
上工工2工六五2。上工工2工
六五2。C2工2工2。五CC六五2。
五工六2工六2*。上尺尺尺。上
尺尺尺。尺2尺2尺2尺2尺2。

五−六−|工−六−|尺工上−|尺−−−|
尺工六−|凡工六−|尺工工上|尺−−−|
上−上−|四−上−|四上尺工|上−−−|
C四C−|四C四合|工合四C|合−−−|
尺工六−|尺工六−|尺工工上|尺−−−|
五乙五合|工−六−|五乙五合|工−六−|
尺−六−|尺六工尺|上−尺工|上−−○|

(第二排)
五六−−|五六工尺|−−六−尺|工−尺上上|
−尺−上|四尺上四|合−−工|尺−−工|
上尺上四|合−−−|[乙−乙−|乙尺乙五|
:六− ]|(六−−−|)

(第三排)
上工工−|工六五−|上工工−|工六五−|
C−工−|工−五C|C六五−|五工六−|
工六−−|上尺尺尺|上尺尺尺|尺−尺−|
尺−尺−|尺−○○|

a2 g2 |e2 g2 |de c2 |d2&d2 |
de g2 |fe g2 |de ec |d2&d2 |
c2 c2 |<a2> c2 |<a>c de |c2&c2 |
>c<<a> >c2< |<a>>c< <ag> |e<g> <a>>c< |<g2&g2> |
de g2 |de g2 |de ec |d2&d2 |
ab a<g> |e2 g2 |ab a<g> |e2 g2 |
d2 g2 |dg ed |c2 de |c2.r4 |

ag2. |ag ed& |d2 g.d8 |e.d8 cc&|
cd2 c |<a>d c<a> |<g2.>e |d2.e |
cd c<a> |<g2&g2> |[2 b2 b2 |bd ba |
:g2 ] |g2&g2 |

ce e2 |eg a2 |ce e2 |eg a2 |
>c2< e2 |e2 a>c< |>c<g a2 |ae g2 |
eg2. |cd dd |cd dd |d2 d2 |
d2 d2 |d2 r2 |

 再現曲

*第一排,第二排『清楽曲譜』OKINO_A045 と符字順列一致。第一排尾,「上3」のままだが休符を追加。第二排は一部の音長が異なり曲調は違って聞こえる。1L「尺4。六2尺工1 1尺−」,「六2」の拍点が離れて書かれているため「尺4。六1 1尺工1 1尺−」と思われる。『清楽曲譜』の例も『清風雅譜』SG020 の類例も,以降が微妙に拍子からはずれており,疑問がある。本譜もそのままだと1/4拍ずれる。そこで同フレーズの「尺4。」は『清楽曲譜』の例では「尺○○」で3拍であることから,さらにこれを修整すると,ほぼ拍子と合う。第三排は後半少しく異なる,原譜3L「工六2。」を『清楽曲譜』の例より「工六3。」に修整。『清楽曲譜』は本譜曲尾の「尺2」を8分音符の連弾に分解し,トレモロ的な終曲としている。


●SK03_08a 西皮調(オリジナル版) 六六尺工六C六C五六工尺工六五六尺工六五六工尺上尺尺工五六 [工六工尺上又 六六工六上上四上上六工六工尺上尺上四合四合合合工四上尺尺尺四上尺工尺工尺上四工尺上四C合五六工六尺六工六尺工六五六工尺上尺尺工五六 [工六工尺上 又 六六工六上上四上上六工六工尺上尺上四合四合四合合工合四四乙乙五五六六六五五六工五六五六工五六 [工六工尺上 又 六六工六上上四上上六工六工尺上尺上四合四合合上上工工六尺工六工尺上五六工五六 [工六工尺上 又 六六工六上上四上上六工六工尺上尺上四合四合四合合 又 合四乙乙五五五工六五

六六尺工六。C六C五六
工。尺工六五六。尺工六五
六工尺上。尺尺工五六 [工
六工尺上。又 六六工六上。
上四上上。六工六工尺。上
尺上四合四合合*。合
工四上尺。尺尺四上尺。工
尺工尺上四。工尺上四C
合。五六工六尺。六工六尺
工六五六工尺上。尺尺工
五六 [工六工尺上 又 六六
工六上。上四上上。六工六
工尺上。尺上四合四合四*
合合。*工合四四乙乙五五
六。六六五五六工五六。五
六工五六 [工六工尺上 又 
六六工六上。上四上上。六
工六工尺上尺上四合四*
合合上上工工六尺。工六
工尺上。五六工五六 [工六
工尺上 又 六六工六上。上
四上上。六工六工尺上尺
上四合四合四合合* 又 合
四乙乙五。五五工六五

●SK03_08b 西皮調(修整版) 六六尺工六C六C五六工尺工六五六尺工六五六工尺上尺尺工五六 [工六工尺上又 六六工六上上四上上六工六工尺上尺上四合四工尺六合工四上尺尺尺四上尺工尺工尺上四工尺上四C合五六工六尺六工六尺工六五六工尺上尺尺工五六 [工六工尺上 又 六六工六上上四上上六工六工尺上尺上四合四工尺合工合四四乙乙五五六六六五五六工五六五六工五六 [工六工尺上 又 六六工六上上四上上六工六工尺上尺上四合四工尺六上上工工六尺工六工尺上五六工五六 [工六工尺上 又 六六工六上上四上上六工六工尺上尺上四合四工尺六 又 合四乙乙五五五工六五

六2六2尺工六3。([)* C2六2C五六
工2。尺工六五六2。尺工六2
六工尺上4。尺−尺工六4 [工
六工尺上4。又 六六工六上4。
上四上2上2。六2工六工尺。上2
尺2上2四2合3四工尺六4。* 合2
工2四上尺4。尺2尺2四上尺4。工2
尺工尺上四2。工2尺上四C
合4。五六工六尺4。六工六2尺
工六2五六工尺上4。尺尺工
五六4 [工六工尺上2 又4* 六六
工六上4。上四上2上2。六2工六
工尺上2。尺2上2四2合3四工尺*
合4。* 工2合2四2四2乙乙五五*
六4。六2六2五2五六工2五2六4。五
六工五六4 [工六工尺上2 又4*  
六六工六上4。上四上2上2。六2
工六工尺上2尺2上2四2合3四工*
尺六4([)上2上2工2工六尺4。工六
工尺上4。五六工五六4 [工六
工尺上2 又4 六六工六上4。上
四上2上2。六2工六工尺上2尺2
上2四2合3四工尺六4* 又 合2
四2乙2乙2五4。五2五2工六五3

六−六−|尺工六−|−[C−六|−C五六|
工−尺工|六五六−|尺工六−|五六工尺|
上−−−|尺尺工五|六−−−|[工六工尺|
上−−−]|六六工六|上−−−|上四上−|
上−六−|工六工尺|上−尺−|上−四−|
合−−四|工尺六−|−−合−|工−四上|
尺−−−|尺−尺−|四上尺−|−−工−|
尺工尺上|四−工−|尺上四C|合−−−|
五六工六|尺−−−|六工六−|尺工六−|
五六工尺|上−−−|尺尺工五|六−−−|
[工六工尺|:上−](上−|−−)六六|工六上−|
−−上四|上−上−|六−工六|工尺上−|
尺−上−|四−合−|−四工尺|合−−−|
工−合−|四−四−|乙乙五五|六−−−|
六−六−|五−五六|工−五−|六−−−|
五六工五|六−−−|[工六工尺|:上−](上−|
−−)六六|工六上−|−−上四|上−上−|
六−工六|工尺上−|尺−上−|四−合−|
−四工尺|六−−−|[上−上−|工−工六|
尺−−−|工六工尺|上−−−|五六工五|
六−−−|[工六工尺|:上−](上−|−−)六六|
工六上−|−−上四|上−上−|六−工六|
工尺上−|尺−上−|四−合−|−四工尺|
六−−−]|合−四−|乙−乙−|五−−−|
五−五−|工六五−|−]○○○|

g2 g2 |de g2& |g[2 >c2<g& |g>c< ag |
e2 de |ga g2 |de g2 |ag ed |
c2&c2 |dd ea |g2&g2 |[2 eg ed |
c2&c2 ] |gg eg |c2&c2 |c<a> c2 |
c2 g2 |eg ed |c2 d2 |c2 <a2> |
<g2.a> |ed g2& |g2 <g2> |e2 <a>c |
d2&d2 |d2 d2 |<a>c d2& |d2 e2 |
de dc |<a2> e2 |d<a> c>c< |<g2&g2> |
ag eg |d2&d2 |ge g2 |de g2 |
ag ed |c2&c2 |dd ea |g2&g2 |
[2 eg ed |:c2 ] c2& |c2 gg |eg c2& |
c2 c<a> |c2 c2 |g2 eg |ed c2 |
d2 c2 |<a2> <g2&> |<ga> ed |<g2&g2> |
e2 <g2> |<a2> <a2> |bb aa |g2&g2 |
g2 g2 |a2 ag |e2 a2 |g2&g2 |
ag ea |g2&g2 |[2 eg ed |:c2 ] c2& |
c2 gg |eg c2& |c2 c<a> |c2 c2 |
g2 eg |ed c2 |d2 c2 |<a2> <g2&> |
<ga> ed |g2&g2 |[2 c2 c2 |e2 eg |
d2&d2 |eg ed |c2&c2 |ag ea |
g2&g2 |[2 eg ed |:c2 ] c2& |c2 gg |
eg c2& |c2 c<a> |c2 c2 |g2 eg |
ed c2 |d2 c2 |<a2> <g2&> |<ga> ed |
g2&g2 ] |<g2> <a2> |<b2> <b2> |a2&a2 |
a2 a2 |eg a2& |a] r2.|

 再現曲

*原譜には別紙を貼り付けるなどして,大幅な修正が加えられている。音長は修正後の曲譜のものであるため,上段に修正前の印刷された曲譜符字を,ベタ打ちと原譜レイアウトで加えてある。原譜1L「六。C」の間に繰り返しの起点指示,墨書で書き込み。曲尾からの起点。6L「四合四合合」の上に「四工尺六4」紙貼り。7L「尺。尺尺」,後ろの「尺尺」にはもと4拍点,うち2つを3重線で消してある。11L「工尺上 又 」は「上」の右横に4拍点,左下に2拍点。これは左から読んで最初は2拍点,二度目が4拍点と読むべき。以前の用例によって「工尺上2 又4 」で統一する,16L目も同じ。13L末「四合四」の上に「四工尺」紙貼り。14L頭「合合。」二つ目の「合」に白紙貼り。「乙2乙2五2五2」の拍点に薄く朱で消し線。18L末「四」に「四工」と紙貼り。19L頭「合合」に「尺六4」と紙貼り。20L「[ 」を朱書。23L「又」の起点。23L「合四合合」に紙貼り「工尺六4」。24L「五。五五」の後ろ2字,もと4拍点,朱消し線で2拍点に修正。

*紙貼りで修正された箇所のいくつかは『清楽曲譜』OKINO_A042 の譜と一致する。『清楽曲譜』の例と比べると,音長及び繰り返し指示は異なるが,拍子はほぼ適正な範囲におさまった。一部の音長にまだ不自然さはあるが,再現譜はある程度信用できるようだ。



[声光詞譜 END]