益智図
DRAGONL DRAGONR

卷首四圖詩文故事篇 器物篇卷尾附録

益智図って何?――

 「益智図」は「十五巧板」とも呼ばれる中国パズルの一種。下図のように切った板(材質は木,鉛,厚紙など)を組み合わせて,いろいろな「絵」をつくって遊ぶものです。古い版にはこれに,古典文学や故事を題材にした「型」の載っている本が,二冊くらいついてました。ヘッドランド先生によればパズル本体は,「型」の本を包んだ厚紙のケース(帙(チツ)と言いますが)の内側を,四角くくりぬいてはめこんであったそうです。

 まずなにはともあれ,右の図を参考に,パズルを作って遊んでみてくださいな。

 板のほうは現代でも,中国や欧米で「十五巧板」「益智図」,"CHINESE TANGRAM" "CHINESE PUZZLE" などの名前で見かけることもありますが,このサイトで紹介するような古いタイプ,古典をお題にした本のついているものに出会うことは,かなりマレです。
益智図

easy Tangram editor 2.13
NEWS!

コンピューター上で,この「益智図」をはじめ「七巧板」「清少納言智慧の板」「ラッキーパズル」など,多くのパズルを自由自在に遊べてしまえるフリーソフト(easy Tangram editor 2.13)が,パズルのHP
  
休日のタングラム
(http://www.kamakuranet.ne.jp/~usasan/index.html)

さんにて公開されております!解答作成にも最適!



誰が作ったの?――

 このパズル『益智図』の発案者は清末の文人,江蘇省祟明の人,童葉庚(字,松君。號,睫巣。又號,巣睫山人)。古典詩文から書画・金石にまで通じた多能の人であったらしい。その五子・童大年も,のち書家・篆刻家として名をなしております。( http:www.tongram.com/ には,その大年氏とこのパズルについての紹介記事があります)
 原本の序文・跋文によれば,葉庚がお役人をやめて故郷に戻り,病気の療養をしていたおり,家の子どもたちがあやとりをしたり,紙を折ったり切ったりしていろいろな形をつくったりして遊んでいるのを見て,それまでにあった七枚板のパズル「七巧板」を発展させ,考案したのがこの「益智図」だそうです。

例1  その成立は同治元年(1862)前後。自分で考えたり,子どもたちがたまたまこしらえたりした型の数々をまとめて,当初私家版として家蔵していたものを,友人たちの薦めによって,その十数年後の光緒四年(1878),上下二巻(上巻・詩文故事104図 下巻・器物 112図)として出版(巻尾に「瀛州童氏睫巣原本 虎林任有容齋鐫版」とあって,後者がその出版者のようです)。

 「益智図」は清末期の中国でよくはやり,ヘッドランドもこの「15個の魔法の組み木」は,もうほとんど幼児教育の定番みたいなものとなっており,何度も重版されている,というようなことを述べています。遠く日本でも,このパズルについて『世界遊戯大全』
(松浦政泰 明治40年刊)にはもうとりあげられていますから,ここからも当時の中国国内での流行ぶりがしのばれましょう。

 この流行もあって,その後,張莪夫という人が,西洋のアルファベットの型などを加えた版を出しているというが,今のところ詳細は不明。



何でワタシが……(わらべ唄屋の「益智図」物語)

 1901年,北京に住んでいたアメリカ人の宣教師 I・T・ヘッドランド先生が『中国の少年少女』で,このパズルについて一章まるまるついやしております。

 で,上にも触れたとおり,このパズルは15枚の板で作った「型」,とそれが何を題材にしているのかをあらわす,詩や故事の断片から成っているのですが,『中国の少年少女』のその章を訳すのに,わたしはハタと困ってしまいました。ヘッドランド先生はここで,そのパズルの型をいくつもいくつも紹介しているのですが,「それが何の型なのか?」を知るヒントが,先生自身によるそうした詞書の「英訳」しかないのです!そう,こんなふうな――

1-63u.html
 The old wife drew a chess-board
  On the cover of a book,
 While the child transformed a needle
  Into a fishing-hook.


 モトネタが,何やらカンブン(古典)の類であろうことは,一読間違いないのですが。なにせヘッドランド先生の訳が余りにも「上手」過ぎて,この英語の訳だけでは,もとの中国語(というか漢文)が,誰の何という文章なのか,さっぱり分かりません。

 「英語に訳されてしまったら分からんが,元の漢字ならカンタンに分かるわい!」

――と考えたワタクシは,ちょっとかマシな翻訳をするため。この「益智図」の原書,なるべくならヘッドランド先生が見たような古い版の「益智図」を探しておりました。それがようやく見つかったのが数年前のこと。

 ただ,ヘッドランド先生の本を読んで,わたしは「益智図」とは,中国でむかし「幼児」教育のために用いられた「パズル付きの玩具書」程度にしか考えておらず,その図本の詞書のモトネタ,内容についても,せいぜいがとこ,四書五経とか『唐詩選』ていどの,誰でも知ってるメジャーな本や文章を下敷きにしたものだろう。と予想していたのですが,

 さて開いてみてビックリ。

 それは幼児書どころか。まさに文人・知識人の遊興具。
 引用される古典,故事,詩歌の量といい,その知的レベルといい,ナミタイテイのものではありません。

 ――自慢ではありませんが,雑読家のワタクシ,節操もなく読み散らかした漢文・古典の類なら,原文一節読んで「こりゃアレだわ」と思い当てるのに,ちッとは自信があったのですが。さすがは科挙のあったアノ国の,当時一流の文化人の作であります……全二百数十図,さすがにまだ一部「原典不明」のまま。 『中国の少年少女』第6章の翻訳をはじめてから,3年もたちますが,ヘッドランド先生の英訳したものの中にさえ,原文は判明したものの,今度はその正体が分からない,というものがまだいくつか残っております。

 まあ現代の日本人が,清末の文人の古典知識とタメはれるわけもないのではありますが,「原典不明」のものについても鋭意調査を続けております。その点は何とぞ,ご容赦のほどを。


卷首四圖詩文故事篇 器物篇卷尾附録

はじめに END.