CHRLIE ZHANG'S LIFE WITH CONFUCIOUS #007

 論語巻第五 子罕第九 九

 子曰,鳳鳥不至,
 河不出図,吾已矣夫。

 子いわく,鳳鳥至らず,河図を出ださず。
 吾れ已(や)んぬるかな。

――――――――――― life with Conficious ―――――――――――
Charlie said:

足を棒にして何度も街じゅうを回ったが,
なんの手がかりも掴めなかった。
あてどもなく彷徨ううち,
気がつけば俺は河岸の遊歩道にさまよい出ていた。

川面に漂う,
捨てられた玩具のアヒルさえ,
俺の方へ流れてきたかと思うと,
沈みながら離れてゆく。

機密文書は何処へいったのか?

――ちえっ…どうしようもねえ。

最後の一本になったタバコをくわえ,
火を点けようとうつむいた時。
河口から上ってきた河船が,台船を曳いて通り過ぎ,
プラスチックのアヒルは波間に消えた。

ちょうどその時,
向こう岸のホームレスの小屋から,
ある男がそっと出ていったのを,
俺の眼は見逃さなかった。

第六話TOP第八話