CHRLIE ZHANG'S LIFE WITH CONFUCIOUS #005

 論語巻第二 里仁第四 七
 子曰,人之過也,各於其党,観過斯知仁矣。

 子いわく,人の過(あやま)つや,
 おのおのその党に於いてす。
 過ちを観て
 斯に仁を知る。

 論語巻第二 里仁第四 八
 子曰,朝聞道,夕死可矣。

 子いわく,朝(あした)に道を聞かば,
 夕べに死すとも可なり。

――――――――――― life with Conficious ―――――――――――
Charlie said:

俺は銃を構え,
コンテナの影から街燈の下へ,ゆっくりと踏み出した。
奴の唇から笑みが消え,顔からはたちまち血の気が失せた。
「どうして……分かった?」

「どんな奴でも,かならずヘマをやらかす。
そのしくじりをじっくり追ってゆけば,
そいつがどこのどなたで,本当はどんな奴だったかなんて,
いずれは知れるというものさ。」


手下どもが銃を抜き,俺と奴との間に立ちふさがった。
「まあいい!…どちらにせよ,アナタはここで死ぬんだから。」
銃声は3発。
ただし奴等の銃は一丁も火を吹いていない。

その前に,俺の弾が奴等の銃をふッ飛ばしたからだ。
地面に転がった輸入物のピストルを,軽く蹴りのけて海に落とすと,
俺は奴の額に銃口をつきつけ,言った。

「おまえが "真実" ってやつを教えてくれるなら,
俺は豪華なディナーをふいにしても構わないと思ってる。


――さあ,話してもらおうか。」

第四話TOP第六話