CHRLIE ZHANG'S LIFE WITH CONFUCIOUS #004


 論語巻第六 先進第十一 十二

 季路問事鬼神。
 子曰,未能事人,焉能事鬼,曰敢問死,
 曰未知生,焉知死。

 季路,鬼神に事(つか)へんことを問う,子いわく,
 いまだ人に事うること能はず,焉(いずく)んぞ鬼に事へん。
 いわく敢へて死を問う,いわく,いまだ生を知らず,
 焉んぞ死を知らん。

――――――――――― life with Conficious ―――――――――――
Charlie said:

――廃虚の窓ガラスが砕け散った。

若造どもの数はせいぜい五六人だが,全員にウージーのおまけが付いている。

こちらの頼りはマイクのトンプソン一丁。
俺のディティクティヴも,弾はあと十発あるかどうかだ。

「さあてマイク,どうすりゃ生き延びられると思うね?」

景気よく一連外にぶっぱなしながら,マイクが怒鳴った。

「いっそ,悪魔に魂でも売ってみたらどうだ!」

笑いながら,俺は言った。

「今まで人に売ったこともないのに,今さら悪魔が買ってくれると思うか?」
「ハッ!…ちげぇねえ。」

ドダダダダッ!……ふたたび,弾の嵐が襲ってくる。
とっさに沈めた俺の頭上で,ボロけたカーテンがレールごと引き散切れ,
床を転げて飛んでいった。
壁に背を当ててずりあがりながら,声低くマイクが言った。

「なあチャーリー,死んだらどうなると思う?」

マイクが囮となり,窓づたいに出たり入ったりしている隙に,
俺は窓枠の下を這いながら,壁にできた小さなひび割れ
のところまでたどりついた----奴等の死角,そうして俺からは丸見えだ。
最初の一人に狙いをつけ,俺はさっきの質問に答えた。

「今,どうやったら生きのびられるかも
分からんでいるのに,
死んでから先のことなんぞ……分からんよ。」


たん――聞きなれたリボルバーの乾いた響き。
重なり合ってこちらを伺っていた奴等が,二人同時に倒れる。
俺の目も腕も,まだまだ捨てたものじゃない。

第三話TOP第五話