CHRLIE ZHANG'S LIFE WITH CONFUCIOUS #003


 論語巻第五 子罕第九 三十

 子曰,知者不惑,仁者不憂,勇者不懼。
 子曰く,知者は惑はず,
 仁者は憂へず,
 勇者は懼(おそ)れざるなり。

――――――――――― life with Conficious ―――――――――――
Charlie said:

奴等の放った追手から俺達は逃げ続けた。

すでに四人ほども倒したが,まだしつこく追ってくる奴がいる。
三人…か。この雨の中,コブ付きで走り回るというのも,さすがに辛い。
角を曲がったところで工事現場に転げこみ,
積まれていた大きな土管にもぐりんだ――まさしく袋のネズミ,って奴だな。
裁判まで,あと2時間。
この坊主の証言に,すべてがかかっている。
裁判所まで,あと2ブロック。
いきなりいなくなった大事な証人を探し,
警察も必死で走り回っているようだが,
おそらくは間に合うまい。

足音が迫ってくる。
この何日もの間に経験した疲労と雨と寒さと恐怖。
絶望に打ちひしがれ,
今にも倒れ崩れそうな小さな命をコートの中に抱いて,
俺は言った。

「いいか坊主,覚えておけ。
頭が良ければ,迷わなくてすむ。
肝がすわってれば,心配しなくてすむ。
それで少しの勇気があれば,
――何もコワくないものだ。」


入口の傍に一台のトラックが停まっていた。
荷台には廃材がうず高く積まれ,
都会の業者らしいぞんざいさで
細いワイヤーによって括りつけられている。

連中が物騒なものを手に迫ってきた,
俺はわざと奴等に見える位置に立つ。
奴等がとびこんできた瞬間,
俺は射った。
ワイヤーの,留め金を。

第二話TOP第四話