原著者序
中国語版 日本語版

PREFACE

  There are probably more nursery rhymes in China than can be found in England and America. We have in our possession more than six hundred, collected, for the most part in two out of the eighteen provinces, and we have no reason to believe that we have succeeded in getting any large proportion of what those two provinces contain.
  In most of the rhymes there are features common to those of our own "Mother Goose," among which are those reffering (1) to insects, (2)animals, (3)birds, (4) persons, (5) children, (6) food, (7)parts of the body, (8) actions, such as patting, grabbing, tickling, etc., (9) professions, trades and business.
  We have tried to reproduce the meaning of the original as nearly as possible; this has not always been an easy task. Let it be understood that these rhymes make no pretentions to literary merit, nor has the translator made any attempt at regularity in the meter, because neither the original or our own "Mother Goose" is regular. Our desire has been to make a translation which is fairly true to the original, and which will please Engish-speaking children. The child, not the critic, has always been kept in view.
  Attention is called to the affection manifested in such rhymes as "Sweeter than Sugar,""Sweet Pill,""Little Fat Boy,"and"Baby is Sleep-ing." There is no language in the world, we venture to believe, which contains children's songs expressive of more keen and tender affection than those we have mentioned. This fact, more than any other, has stimulated us in the preparation of these rhymes. They have been prepared with the hope that they will present a new phase of Chinese home life, and lead the children of the West to have some measure of sympathy and affection for the children of the East. The compilation was much facilitated by the work done by Baron Vitali, of the Italian Legation in Peking; Rev.Arthur H. Smith, author of "Chinese Characteristics;" Miss Mabel Whitting, of Peking; Miss Mitchell, of Chinkiang; Mrs.McClure, of Honan; Miss Chalfant of Shantung; Mr. Chao Tsz-chi, Chinese Consul at New York; Mr. Yamamoto, of Peking; and Rev. Chauncy Goodrich, of T'ung Chou, while the entire work is due to the fact that our attention was called by Mrs. C.H. Fenn, of Peking, to her old nurse repeating these rhymes to her little boy.
  The illustrations have all been prepared by the translator specially for this work.
I.T.H  October,1900



中国的兒歌序
(『歌謡週刊』1-21(1923.6.3) 訳・周作人)

 或者在中國比英・美能找出較多的兒歌。我們得到六百多,大部分從十八省中的兩省収集來的,而且我們沒有理由相信我們已經能够得到這兩省所有的大部分。
 這些歌謡的大部分有些個内容與我們的兒歌相同的,就中乃是那些關於:(1)昆蟲,(2)動物,(3)鳥,(4)人,(5)小孩,(6)食品,(7)身體的部分,(8)行動,如,拍,敲之類,(9)職業,売買和工作。
 我們勉力把原作的意思譯得愈相近愈好;這個並非是一件容易事。要請大家明白,這些歌謡並沒有以文學自居,譯者也沒有求音韵的合法,因為不論原文的或我們自己的兒歌沒有是合法的。我們的希望是使我們的翻譯與原文極相合,並能使用英文的小孩們歡喜,我們所永遠放在心裏的,是小孩子,並不是批評家。
 我們要注意「冰糖加玫瑰」「順氣丸」「小胖小子」和「我的孩子睡眠覺了」這幾篇歌謡所表現出來的感情。我們敢信世界上再沒有別國的兒歌,比以上所擧的幾種歌謡,能够表現出更深更濃的感情的。這種事實最引起我們來編輯這些個歌謡的興趣。我們編這本書希望表現出中國家庭的別一方面,並使西洋的小孩對於東方的小孩也有些同情和好意。
 這書的編輯,因了意大利駐中國公使 Vitale男爵,『中國人的特色』的著者Arther H.Smith牧師,北京的Mabel Whiting小姐,鎮江的Mitcell小姐,河南的Mc Clure夫人,山東的Chalfant小姐,中國駐紐約的領事周自齊先生,北京的山本先生,和通州的Chauncey Goodrich牧師諸人的著作,所以容易得多。可是這著作的動因,却在於北京的C.H.Fenn夫人,她使我們注意到她的一個奶媽子,給她的孩子背這些歌謡。
 這些挿畫都是著者為這種著作特別預備的。
何徳蘭(Isaac Taylor Headland)  一九○○年,十月



序文
(日本語訳)

 中国にはおそらく,英国とアメリカのを合わせたより,もっと多くのわらべ唄があると思う。
 わたしはもう六百首以上もの唄を集めたが,それらは中国十八の省のうち,ほんの二つの省で集められたものに過ぎず,さらにはその二省で歌われている唄の何割というほどでもないのだ。
 ものは「中国のわらべ唄」とはいえ。われらが「まざあ・ぐうす」のお唄と同じで,やはり――(1)昆虫・ (2)動物・ (3)鳥・ (4)人・ (5)子ども・ (6)食べ物・ (7)身体の部分・ (8)動作(たとえば,つかむ・たたく・くすぐる,というような。) そして,(9)職業,取引および商売――といったようなことをうたっているものが多い。
 今回の翻訳にあたって,わたしは出来うるかぎりオリジナルの意味合いを再現しようとつとめた。が,それはまったく楽な仕事ではなかった。
 知っておいてもらいたのだが,こうしたわらべ唄は一般に,「何ら文学上の価値のないモノ」と考えられている。だもので,ふつう,翻訳家の方々は手を出そうとしない。「中国のわらべ唄」にせよ,「まざあ・ぐうす」のお唄にせよ,だが――どちらも「ふつう」じゃない文学とされているからである。
 わたしが望むところは,中国語の原意をわずかにせよ伝え得ていて,しかも英語圏の子どもたちがいくらかでも喜んでくれるような翻訳をすることであるから。訳すにあたっても評論家や批評家ではなく,つねに子どもたちを読者として念頭においている。
 ただ,たとえば "Sweeter than Sugar","Sweet Pill","Little Fat Boy,"とか"Baby is Sleep-ing"。
 こうした唄の愛情表現には,目をみはるものがある。あえて言えば,わたしはこれらの唄にあるもの以上に,するどく,優しい愛情の言語表現は,世界中どこにもないのじゃないかと思っている。
 それは,わたしがこれら「中国のわらべ唄」を翻訳・紹介しようと思い立ったきっかけでもある。
 願わくば,この小著によって,中国の人々の日々の生活について,新たな視点が与えられ,西洋の子どもたちが,東洋の子どもたちにも,共感と友愛の念を有するようになってほしいものである。
 まずは北京イタリア公使館のヴィターレ男爵とその著作に謝辞をささげたい。そして『中国人気質』の著者であらせられるアーサー・H・スミス牧師,北京在住のマーベル・ウィッティン女史,鎮江のミッチェル女史,河南のマクレアー夫人,山東省のチャルファント嬢,ニューヨークの中国領事であるチャオ・ツーチ氏,北京のヤマモト氏,ならびに通州のカウンシー・グッドリッチ牧師などの各氏から,多大のご助力をいただいたことにも。
 そして最後に,北京のC・H・フィン夫人のところの「ばあや」に。彼女がこの家の小さなぼうやにこうした唄を唱えてあげていたのが,今回この本が誕生することとなった,すべての始まりであったのだ。
 なお書中の写真・イラストはすべて,この本のために訳者が用意したものである。
1900年10月 I.T.H(Isaac Taylor Headland)