りん ろん ター
玲瓏塔
たー りん ろん
塔玲瓏
りんろん パオたー シーサン つぉん
玲瓏寶塔十三層

〈THE PAGODA〉
TT
HE dragon pagoda,
 It touches the sky,
The dragon pagoda,
 Thirteen stories high.

リンロン塔
タアリンロン
リンロン塔は
十三階。
Cmg043.jpg

 「玲瓏(ling2long2)」は玉の触れ合って鳴る音。細工物などの精巧な様もあらわす。英訳 ‘pagoda’ は東洋風の塔を指す語。
 似た音の単語を並べて唱えにくくした,長い「舌もじり」唄(繞口令=早口唄)の一部。先行するヴィターレの版(V067-098)ではこの後に――

たアちィエンヨウツオミャオ
…塔前有座廟
ミヤオナイヨウらオスぉん
廟内有老僧
らオスぉんタんワンチャん
老僧當萬丈
とゥティヨウりゥミん
徒弟有六名
イーコチィアオ ちィんとウお
一個叫青頭愕
イーコチィアオ おとウちィん
一個叫愕頭青
イーコシ スぉんスぉんティエン
一個是僧僧點
イーコシ ティエンティエンスぉん
一個是點點僧
…塔の前には
おみやがござる
おみやの中に
おいぼれ坊主
おいぼれ坊主が
寺の主
弟子の坊主が
六人ござる
一人ァ青ぼけ
一人ァぼけ青
一人ァ坊ちょび
一人ァちょび坊
イーコ ペンふゥるゥパア
一個奔葫蘆把
イーコ パアふゥるゥペン
一個把葫蘆奔
ちィんとウお ほイターちィん
青頭愕會打磬
おとウちィん ほイパんシぉん
愕頭青會捧笙
スぉんスぉんティエン ほイちウクゥアン
僧僧點會吹管
ティエンティエンスぉん ほイチュあんチョん
點點僧會撞鐘
ペンふゥるゥパア ほイシュオファ
奔葫蘆把會説法
パアふゥるゥペン ほイニィエンチィん
把葫蘆奔會念經
一人ァぽんひょうたん
一人ァひょうたんぽん
青ぼけコヮンと
鉢鳴らしゃ
ぼけ青しゃらんと
琴をひく
坊ちょびヒョウと
笛を吹き
ちょび坊ボワンと
鐘を打つ
ぽんひょうたん
説教すれば
ひょうたんぽんが
念仏唱う


――と続いている。本書のような3行のみの短い版は,他にほとんど例がなく,またヘッドランド自身 "…Boy and Girl" p.24 で「"舌もじり"の唄は中国語にも英語にもあるが,こうしたものを他の言語でそのまま再現・翻訳することは,どだい不可能事である。」とサジを投げているので(もちろんわたしの上の訳も文字の「意味」をなぞっているだけで,本来の「早口」唄の調子は再現できてない。あしからず。),これはいわゆる‘shorter variation’ではなく,転載,しかもそのサワリだけを訳してみたものとも考えられる。
 類例は少ないが,『兒歌三百首』(阮可章 1990 p.135) に,河南省の例として,「林棱寺(りんりょうじ)」で始まるこんな唄が見える。

りンろぉんシ シーりンろぉん
林棱寺,寺林棱,
りンろぉんシーりーイーらオスぉん
林棱寺裏一老僧。
らオスぉんティツチょんパアコ
老僧弟子整八個,
パアコティツトウヨウミん
八個弟子都有名。
ターティツチィアオコ ポぉんふゥるゥパル
大弟子叫個蹦葫蘆把兒,
ポぉんふゥるゥパル ほイほァほァル
蹦葫蘆把兒,會畫畫兒。
アルティツチィアオコ パアふゥるゥポぉん
二弟子叫個把葫蘆蹦。
パアふゥるゥポぉん ほイティエントぉん
把葫蘆蹦,會點燈。
サンティツチィアオコ ピんパオピェン
三弟子叫個兵包扁,
ピんパオピェン ほイかンイェン
兵包扁,會看眼。
りんりょうじ
じりんりょう
りんりょうじの
おぼうさん
お弟子は八人
おりまする
八人お弟子は
みなりっぱ
一番弟子は
ぽんふるぱあ
ぽんふるぱあ
絵がかける
二番弟子は
ぱあふるぽん
ぱあふるぽん
灯をとぼす
三番弟子は
ぴんぱおぴぇん
ぴんぱおぴぇん
目がはしこい

スぅティツチィアオコ ピェンパオピん
四弟子叫個扁包兵,
ピェンパオピん ほイターティん
扁包兵,會打釘。
ウーティツチアオコ ちィんチャーらン
五弟子叫個青査爛,
ちィんチャーらン ほイポォスゥアン
青査爛,會剥蒜。
りゥティツチィアオコ らンチャーちィん
六弟子叫個爛査青,
らンチャーちィん ほイポォつォん
爛査青,會剥葱。
ちィティツチィアオコ トぉんタークゥ
七弟子叫個登打鼓,
トぉんタークゥ ほイてィアオウゥ
登打鼓,會跳舞。
パアティツチィアオコ クゥタートぉん
八弟子叫個鼓打登,
クゥタートぉん ほイちウトぉん
鼓打登,會吹燈。
四番弟子は
ぴぇんぱおぴん 
ぴぇんぱおぴん
釘打ちはやい
五番弟子は
ちんちゃーらん 
ちんちゃーらん
ニンニクむける
五番弟子は
らんちゃーちん
らんちゃーちん
ネギむける
七番弟子は
とんたーくー
とんたーくー
舞いおどる
八番弟子は
くーたーとん
くーたーとん
灯を絶やす


 「塔」の出てくる早口唄で流布しているものにはもうひとつ,

 パイシーたア パイシータア
 白石塔,白石搭,
 パイシータア パイたア
 白石搭白塔,
 タアはオパイシーたア
 搭好白石塔,
 シーたアパイヨウタア
 石塔白又大。
しろいしとう しろいいしのせて
しろいいしつんでしろいとう
うまくつめたらしろいしとう
いしとうしろくまたでかい

  (『大同民間歌謡集成』 p.271)

というのもある。
――――――――――――――――――――――――


シィアオパイつァル   ティーリー ほァン
小白菜兒 地裏黄
ちィパー スィル   りーラ ニャン
七八歳兒離了娘
ハオハォル ケンチョ   ティエティエ クオ
好好兒跟着爹爹過
ヨウぱァ ティエティエ   ちゥ ホゥニャン
又怕爹爹取後娘
ちゥラ ホゥニャン  サンネン チョン
娶了後娘三年整
ヤンラコ シォンティ  ピー ウォ ちァん
養了個兄弟比我強
ターちー つァイ ウォ パオたン
他吃菜我泡湯
くーくー てィーてィー シャんチンニャん
哭哭啼啼想親娘


〈THE LITTLE ORPHAN〉
LL
IKE a little withered flower,
That is dying in the earth,
I am left alone at seven
By her who gave me birth.

With my papa I was happy
But I feared he'd take another,
But now my papa's married
And I have a little brother.

And he eats good food,
While I eat poor,
And cry for my mother,
Whom I'll see no more.

ちいさなハクサイ まだ黄色
七歳八歳お母は死ぬる
お父のいい子で過ごしてきたが
後妻(あとぞえ)とったらなんとしょう
もらって三年したならば
生まれた兄弟にゃかなわない
あっちにゃおかず,わたしにゃお汁
えんえんしくしくおッ母思う

 中国北部で広く歌われている民謡。有名な革命現代劇「白毛女」の挿入歌,「北風吹」のメロディはここからとられている。
 「小白菜(xiao3bai2cai4)」が,ちょっとナゾである。最近聞いたところでは,現在中国の人の大半は「小さなハクサイ」の歌,だと思っているそうである。
 辞書には「小白菜」茎の白いチンゲンサイ――「パクチョイ」――のこと,ともあり,むかし田舎のあちこちの市場で「"小白菜兒歌"の小白菜はどっち?」と聞いてまわったときは,わたしたちの言うハクサイ(「大白菜(da4-)」という)ではなく,コマツナに似た青菜の類(「しゃおぱいつぁい」(北の発音)「しょーぽーつぉい」(南の発音))のことだと教わったのだけれどねえ…。
 ヘッドランド(1900)は "little withered flower" と訳しているが,ヴィターレの版(1898)では "little cabbege" になっている。ただの菜っぱをキャベツと見間違うわけはないから,これはやっぱりふつうに「ハクサイ」と訳した方が良さそうだ。

 有名な唄なので,ちょっと真面目に解説させていただくと――
 「小白菜兒歌」と呼ばれるものはおよそ三つの系統に分けられる。

 (a). 小白菜―○歳×歳 母親と死別―父親が後妻を娶るの恐い―
 (b). 小白菜―父親が後妻を娶るのが恐い―
 (c). 小白菜―奴打燒餅看親家―

(b)類は(a)類を短くした派生型だと思われるし,(c)類は歌い出しは同じで時に混同されるが,内容的には(a)の「小白菜兒歌」とは別の歌と考えられる。ただし,歌詞的にはこの(a)類のなかにふくまれるが,『中国の民謡と童謡』(p.247)に見えるこの唄のように――

 小小白菜,就地黄,
 三歳孩兒沒有娘。
 跟着爹爹,還好過,
 但怕爹爹娶後娘。
 沒娘娶了,三年正,
 生了個兄弟叫孟良。
 母親做的,龍鬚麺,
 孟良吃麺俺喝湯。
 端起碗來,涙汪汪,
 擱下碗想親娘。
 後娘問俺哭什麽?
 俺説碗底燙得手心慌。
 ちいさなハクサイ まだ黄色
 子ども三歳 母はなし
 父ちゃと仲良く暮らしてた
 父ちゃの後妻とり ただこわい
 母ちゃが逝んで 三年ちょうど
 生まれたおとと 名は孟良
 まま母こさえた細そうめん
 おととは麺で わしゃおつゆ
 お碗あげては 流るるナミダ
 お碗おろせば 思はる母ちゃ
 まま母言うた なにを泣く?
 おいら答えた お碗でやけど
 『中国の民謡と童謡』(p.247)

新しく生まれた弟の名前を「孟良」(meng4liang2)もしくは「孟粱」とする一群がある。「一棵白菜就地黄…」と歌い出すこともある。「孟良」「孟粱」は「楊家将」(宋の武将,楊業の一家のお話,中国では講談や芝居で有名)に出てくる,かなり乱暴な猛将の名前を借りたもので,内容的には同じようなものだが,これらとは別の系統と思われる「菠菜葉兒,就地黄…(ほうれんそう まだ黄色)」とか「井裏開花孤朶長…(井戸のお花はのびても無駄よ)」ではじまる,同様の継子いじめの民謡中に,むしろ多く類例があるところを見ると,純粋なヴァリエーションというよりは,派生型,もしくは混合型ととらえたほうがよいようである。
(2005.0626 改訂)
――――――――――――――――――――――――
『中国兒童民歌選集』(河北省 p.12)
 cf./ヴァリエーションと分類は別表"ORPHAN.txt"。  メロディーから言うと,(a)類では左の『中国兒童民歌選集』(河北省 p.12)などに見られるものが最もポピュラーである。上記『中国の民謡と童謡』のものと聞き比べてもらえると,この二首が系統を異にするのでは?という説も少しか説得力が増すかもしれない。
 もう一曲,『中国兒童民歌選集』(p.14) のもの。こちらは歌詞に変わったところはないが,採集地が南方なためか,よくあるこの歌のメロディーとは異なっている。これも付しておこう。
 小白|菜,心裏|黄,|跟着爹爹,|還好過,|--
 就怕爹爹|討後娘。|--
 討後娘,|三年過,|--|生個弟弟,|比我強。|--
 弟吃麺,|我吃湯,|拿起個碗來,|涙汪汪。|--
 (『中国兒童民歌選集』 p.14 江西省)
『中国兒童民歌選集』(p.14)

――――――――――――――――――――――――


038-046
ふーティん メンワイ  レン ヤオコウ
忽聽門外人咬狗
ナーちィメンらイ  かイかイショウ
拿起門來開開手
シーちィコウらイ  ターチュヮんとウ
拾起狗來打磚頭
ヨウペイチュヮんトウ  ヤオらショウ
又被磚頭咬了手
ちィーら チィアオツ  タイら マー
騎了轎子擡了馬
ちュイら クー  ター らーパー
吹了鼓打喇叭

〈MIXED〉
JJ
ust outside my door,I head someone say,
A man bit a dog in a dangerous way;
Such a message I n'er for a moment could stand,
So I took up the door and I opened my hand,
I snatched up the dog I should say double-quick
And threw him with all of my force at brick;
The brick--I'm afraid you will not understand--
I found in a moment had bitten my hand;
I mounted a chair,on a horse I was borne,
I blew on a drum,and I beat on a horn.

ヒトがイヌ噛み お外で騒ぎ
お手々をあけて 扉でひらき
わんこ拾って レンガをたたき
したらレンガが お手々噛み
輿にまたがり お馬をかつぎ
太鼓吹き吹き ラッパをたたき

 前の「玲瓏塔(036-043)」と同じで,こういう「コトバ遊び」の唄は本来,他の国のコトバには翻訳不能なので,訳文のヘンなとこは勘弁してください。
 「顛倒歌(dian1dao3ge1)」「反唱歌(fan3chang4ge1)」と呼ばれる「さかさ唄」の一つ。「轎子(jiao4zi)」は日本でいうところの「輿」(こし)というもの。時代劇でよく見るカゴのような下乗せ式ではなく,お祭りの御神輿のような上乗せ式で,人が何人かで肩に担いだり,馬やラバの背に乗せるなどして人を運ぶ。戸板に棒を打ち付けただけのようなものから,椅子や屋根のついた豪勢なものまで各種ある。
 劉半農は「謌謠選」(No.102 『北大日刊』1919.3.14)のなかで,この唄をとりあげ「"又被磚頭…"以下は,本来別個の唄なのを,一つにしてしまったのじゃないか?」と言っている。じっさい『歌謡週刊』(2-8 1936.5.23)「河北歌謡」や『北京民間兒歌選』(王文宝 1982 p.105)には,これの最初四句だけのヴァリエーションも見えるが,「又被磚頭…」以下だけの例というのは見たことがないので,この説には賛成しかねる。『中国廿省兒歌集』(1923 廿省1-02)には,こうした「おかしな表現」の総集編といった感のある,こんな長い唄が収録されている。

 高粱高,高粱樹上結花椒,
 猛虎下了天鵝蛋,
 耗子咬着大貍猫,
 官兒來了!官兒來了!
 騎着板凳,拉着轎,
 吹銀鑼兒,打喇叭,
 [銀鑼到了馬底下,]*
 東西道兒南北走,
 忽聴門外人咬狗,
 拿起狗來砍磚頭,
 又給磚頭咬兩口,
 大馬騎在人背上,
 口袋駝着毛驢兒走。(北京)
 コウリャン高い みのるはサンショ
 トラがうむのは ハクチョウのタマゴ
 ネズミ噛むのは どらのネコ
 下に下にと お役人
 またがる椅子が 輿を挽く
 ドラを吹き吹き ラッパをたたき
 門がお馬の下にくる
 東西道を南北あるき
 門出りゃ ヒトがイヌを噛み
 イヌを拾って レンガに投げ
 レンガにまたまた 噛みつかれ
 おウマまたがる ヒトの背に
 フクロがロバを しょって行く

 「銀鑼到了馬底下」のところは,たぶん他の類例に見える「門樓到了馬底下(門がお馬にたどりつく)」とかの間違いだと思う――「銀鑼」が二回出てくるのがそもそも不自然だし,「鑼(luo)」と「樓(lou)」の音が近いから。
 「高粱高」のかわりに「地梨樹結桃(くわいに桃の実がなった)」という出だしのものもある。この「高粱結花椒」「東西道南北走」「人咬狗」といった表現は,こうしたさかさ唄や,ホラをたてならべたホラ吹き唄によく見られる代表的なものだが,世の中のでたらめさ,理不尽さの暗喩のようなものとして,大人の民謡の出だしに用いられることもある。
 「さかさ唄」で,ほかによく見られるものとしては,こういうタイプもある――

 反唱歌,倒起頭,
 爺十六,娘十七,
 哥哥十八,我十九,
 記得外公娶外婆,
 我在轎子前頭打大鑼。

 さかさか小唄 さかさにうたう
 お父さま十六 お母さま十七
 お兄さま十八で,わしゃ十九
 今もはっきり覚えているが
 お舅さまの嫁どりの日に
 わたしゃお轎(かご)の前にいて
 銅鑼をガンガン打っていた
 
(河北省 『中国廿省兒歌集』(廿省3-27),訳は『支那民謡とその国民性』(七里重恵 昭13年 p.212)より)

――――――――――――――――――――――――
 cf./『繞口令』(呉超 1983 中国民間文藝出版)p.77「忽聽門外人咬狗,擧起門來拉開手,拾起狗來打磚頭,又被磚頭咬了手,騎了轎子擡了馬,吹了鼓打喇叭。」


シィアオクーニャん ツオイームー
小姑娘作一夢
ムーチィエン ぽーぽ  らイシアティん
夢見婆婆來下定
チェンチィンてィアオ クオチィンてィアオ
眞金條 裹金條
チャーほァル ちィウンツ    シューほァル アオ
扎花兒裙子 綉花兒袄

〈THE LITTLE GIRL'S DREAM〉
TT
HERE was a little girl
 and she dreamed
  folks say,
That her future mother-in-law
came one day
And gold and plated
presents brought,
And a flowered gown and embroidered coat.
Cmg047.jpg


女の子の 見る夢は
どこかのおばさん やってきて
金ののべ棒 黄金の祝い
花のもすそに 花うわぎ

 将来を夢見る女の子の唄。
 「眞金條(zhen1gjin1tiao2)」「裹金條(guo3jin1tiao2)」は結納の祝いの品としての金の延べ棒。金むくの延べ棒(真金條)と,それを模した金めっきの棒(裹金條)。「扎花(zha1hua1)兒裙子」「綉花(xiu4hua1)兒袄」ともに花模様を刺繍したスカート,上着。いづれもハレの着物。
――――――――――――――――――――――――


040-048
クヮんクヮんちゃー
光光碴
クヮんクヮんちゃー
光光碴
ミャオりーほぉシャん  メイとウファー
廟裏和尚沒頭髪
ニーりャオチュアン  ウォーりャオワァー
你撂磚 我撂瓦
タンター ほぉシャん とゥナオクヮー
單打和尚禿腦瓜

〈PAT A CAKE〉
PP
at a cake, pat a cake,
 Little girl fair,

There's priest in the temple
Without any hair.

You take a tile,
And I'll take a brick,
And we'll hit the priest
In the back of the neck.

ちん・かん・てん ちん・かん・てん
お寺の和尚サに無いのは毛
あんたはつぶて おいらはかわらけ
和尚サのつんつる おツムをねらえ

 出だしの「光光碴」というのはシンバルの音の口真似。もちろん文字では「クヮン」という音と頭が「光」るのをかけてもあると思う。からかい唄だが,英訳の "PAT A CAKE" というのは日本の「せっせっせ」などと同じ手合わせ唄の出だしであるから,調子の良い文句として,そうした遊びに用いられていた例はあったかもしれない。
 親に孝養を尽くし,家を大事にする儒教的道徳感から見れば,家も家族も捨てて「出家」する,というのは最大の親不孝なこと――とまで書かなくとも,聖職者がからかいの種になるのは,いづこの国でも同じである。先行するヴィターレの例(V094-096)では,出だしが「禿禿鍤,光光鍤…(tu-tu-cha guang-guang-cha)」,末句が「…單打和尚的禿光把兒。(和尚サのつるぴか狙い撃て)」となっている。
 和尚さんには悪いが,この類にはけっこう傑作が多い。たとえば『北平歌謡集』(平109-058)のこれなぞ,わたしのもっとも好きな唄の一つである。

ドぅんドぅんちゃー ドぅんドぅんちゃー
 鼕鼕擦,鼕鼕擦,
 ミャオりーほぉシャん スゥらサン
 廟裏和尚死了三,
 サンたイター   サンマイター
 三擡的,三埋的,
 はイヨウサンちィ  プゥらイター
 還有三起不來的。
 どんどんじゃん どんどんじゃん
 お寺の和尚さん三人死ぬる
 三人かついで 三人埋めた
 そいでからたぁれも起きてこぬ

――訳してしまうとたわいもないのだが,中国語で読むと「三擡的,三埋的(サンタイダ サンマイダ)」というところが「ナンマイダ」にひっかけてあって,口の中で転がしているうち,けっこうニヤリ。
――――――――――――――――――――――――


ちィンシーほン   ちィちょんちィアオ
秦始皇 砌城牆
ちィアオとゥル アイ
牆頭兒矮
トんル チャイ
磴兒窄
タん チョ ターツ   クオ プーらイ
擋着韃子過不來

〈THE GREAT WALL〉
TT
HE wily Emperor,Ch'in Shih Huang,
 He built a wall both great and strong;
The steps were narrow,but the wall was stout,
So it kept the troublesome Tartars out.
Cmg049a.jpg

Cmg049b.jpg
秦の始皇帝 築いたお城
壁はひくいよ
通路はせまい
それでもダッタン はいれない

 劉半農は「謌謡選」No.104 (『北大日刊』1919.3.18)で,この唄について「なぞなぞではないか?」としている。たぶん短すぎて,意味がよく分からないと思ったためであろうが,先行するヴィターレの版(V135-184)では,この後に――

…後來有個孟姜女
 千里來尋夫
 對着牆一哭
 哭了一聲天兒
 哭塌了半邊兒
 のちに來たりし孟姜女
 千里果てより夫をたずね
 壁に向かってひとすじ涙
 天よ!と一つ声をあぐ
 泣いて壊したその一隅

――という節が続いている。つまり,これはいわゆる「孟姜女哭崩城」をもとにした歌の断片なのである。
 「孟姜女(meng4jiang1nü)」の物語というのは,「孟姜」という美女が,万里の長城の工事にかりだされた夫を探し,旅をするお話しで。長城にたどりついたものの,夫はすでに亡く,長城の下で夫の名を呼んで泣くと,壁の一部が崩れて夫の遺体と対面する,という悲劇。中国でもっともよく知られた説話の一つである。
 『歌謡週刊』(1-87 傅振倫「歌諺的起源」)に,本書のものよりさらに一行少ない「秦始皇,砌城牆,牆頭兒矮,擋着韃子過不來。」という版が見えるから,こういう短いものも実際歌われていたようだが,ヘッドランドのこの例にだけ関して言えば,ヴィターレのものからの断片的な転載である疑いもある。全部訳するにはどうしても,背景にある「孟姜女」の物語を解説しなければならないから。
 上記『歌謡週刊』の記事で,傅振倫は「韃子(ターツ)とは韃靼(ダッタン)人のことである。"韃靼"という国は唐末にはすでにあって,明代まで続き,清の滅すところとなった(つまり清代にはもうなかった)。ゆえに,わたしはこの歌は,最近出来たものではないと思う。」と述べているが,「韃子(da2zi)」("達子"とも書く)は近世の北京でも,蒙古人や西北異民族一般をひっくるめ,いささか卑下していうコトバとして普通に使われていた語なので(他の歌にも例がある),これもどうかとは思う。
――――――――――――――――――――――――


てィエつァントウ
鐡蠶豆
ターパルチュワ
大把兒抓
ちィゥ  ら コ   シィ フル
娶了個媳婦兒
チィウ プヤオ マー
就不要媽
ヤオマー チィウシュワちゃー
要媽就耍叉
シュワちゃー チィウフェンチィアー
耍叉就分家

〈A DILEMMA〉
HH
ard worm beans
Without any bother,
A wife he has married
And doesn't want his mother.
He must leave his mother,
Or quarrel with his wife,
And thus they are separated
All their life.

そらまめァ つまみ
嬶(カカ)いりゃ 母(ハハ)いらぬ
母いりゃもめる
もめりゃあ おわかれ

 「娶了個媳婦不要媽」という句は,本書053-061の唄にも見られる。詳しいヴァリエーションについてはそちらを参照のこと。実母の嘆きを歌った民謡の一つの典型である。
 ヴィターレはこの唄に関して「この唄のはじめの2句は,"頭子"と呼ばれるもので,後の歌詞とは何の関係も無いようである。」と注している。中国の歌謡研究には今もそんなふうに,こうした序句・起句をひとからげに,意味が無い,とか,たんに口触りの良い句を付けただけと,半ばほっぽらかすような傾向があるのだが,かならずしもそうでないような場合もあるだろうし,本当はあまりよろしいことではない。
 歌謡研究の先輩,英国の伝承歌謡の研究書なぞを読むと,こうした句は一つの唄例においては意味を成さなくても,ヴァリエーションを集めて見ると何らかの意味合いが浮かび上がってくる,ということがよく書いてある。
 たとえば,この唄は同類のなかではヴァリエーションが少ないが,柿崎 進『中国の民謡と童謡』(p.123)に次のような例がある――

 落花生,大把抓,
 娶了媳婦忌了媽,
 媽媽要打架,
 打架要出家。
 南京豆はわしづかみ
 嫁取りやおつ母が邪魔になる
 おつ母が喧嘩をしたいなら
 喧嘩をしたらすぐ分家

 ソラマメ(揚げて塩を振ったやつ)もピーナッツも,もっとも一般的な「お茶の子」のひとつである。「茶菓子」というほどのモノでさえなく,茶店によってはお茶のおまけのタダの品として,碗に盛られて出されることもある。しかれば,この序句は,お茶を飲みながら,喋りながら,ポリポリと知らないうちに食べているような軽いもの(しかもカラはそこらに投げ捨て)――「母親」はその程度の存在――というような暗喩からひっついたものだと思われるのである。
 もちろん,屁理屈だが,如何。
――――――――――――――――――――――――
 cf./『通縣志要』(北京 民30年)に「乾蠶豆,大把抓,娶了媳婦忘了媽。」,また断片だが,朱介凡『我歌且謡』(1959 p.14)には「小蠶豆,大把抓,娶了媳婦忘了媽…」というヴァリエーションが見える。典拠不詳,全文未詳。


シィアオアルコォ
小二哥
 ちー ファル トゥオ
 吃飯兒多
ちー ワんら  ファン
吃完了飯
ター らオ ぽー
打老婆

〈CRUEL LITTLE GLUTTON〉
HH
E ate too much,
 That second brother,
And when he had eaten
 He beat his mother.

Cmg051.jpg
 おチビさんったら
  大食い
   ご飯食べたら
    母さんぶった…

 ヘッドランドは "…Boy and Girl" のなかで,「良いわらべ唄」が世間に流行するうち改悪されていった例の一つとしてこの唄をあげ「これ(4行)がオリジナルで,のちここに韻も意味合いも調子もなんもかも無視して(rhyme nor reason)唄句が加えられた…」として,その後に2節8句の「悪い」部分が訳されている。
 そうした文章から見て本書の例は,おそらくヘッドランド自身の採集によるものではなく,先行するヴィターレの収集(V019-032)から拝借転載して,切り刻んだものと思われるが,『歌謡週刊』2-19(范岱青 「河北兒歌」)にも,本書と同じ長さの版が見えるので,もしかすると,こういうヴァリエーションもあったのかもしれない。
 ヴィターレの本から,削除されたその「悪い」部分を足すなら――

…打的老婆上窗戸,
  窗戸沒有檔兒,
 打的老婆照鏡兒,
  鏡子沒有底兒,
 打的老婆唱曲兒,
  曲兒沒有頭兒,
 打的老婆耍猴兒,
  猴兒沒有圏兒,
 打的老婆鑽天兒。
…ぶたれて母さん窓まで跳んだ
  窓には格子ありません
 ぶたれて母さん鏡見た
  鏡にゃ台がありません
 ぶたれて母さん唄歌う
  唄のしまいをしりません
 ぶたれて母さん猿回し
  くぐらすその輪がありません
 ぶたれて母さん天国へ。

――となる。まあ,この手の唄の中では特に言うほど「ひどく」はない。
ヘッドランド先生ほど倫理的な論拠を背負っていないので,これだけで「小二哥」の数行がこの類の「起源」となるかどうかについてははっきり言えないが,この後半部分「打老婆…」というくりかえしは,「羊巴巴蛋,用脚撮…」とか「羊糞彈,使脚蹉…」という出だしではじまる,別のからかい唄にも見られるから,たしかにこの部分は,同様のからかい唄の「よくある」文句が,後からひっついたのだと考えられないこともない。ただし李家瑞によれば,おそらく,これらより少し古い清代の唱本に,

 小二哥,吃飯多;
 人來了,蓋上鍋;
 人走了,打老婆;
 打的老婆上窗戸,
 窗戸沒蹬兒,
 打的老婆照鏡兒;
 鏡兒沒底兒,
 打的老婆唱曲兒。
 ちびさん どえらく飯食うた
 ひとが来たなら ナベにフタ
 ひとが行ったら 嬶ぶった
 …(以降同様)…
 (李家瑞 「乾隆以來北平兒歌嬗變擧例」 loc.)

という例があるそうだから,文献上はこの長いもののほうが古いことになる。
 「小二哥」は次男坊の呼称,この場合は「あぶれ者」程度の罵言。「羊巴巴蛋(yang2ba1badan4)」と「羊糞彈(yang2fen4dan4)」はともに「ヒツジのひりだしたやつ」「ヒツジのンコめ」といった意味の罵言である。
――――――――――――――――――――――――


ティ トん クル
剔燈棍兒
ター トん ほァル
打燈花兒
イェ イェル  シュン らコ   ほウ ナイ ナイ
爺爺兒尋了個後奶[奶]
イェンヨウシィエ
眼又斜
ツゥイヨウワイ
嘴又歪
ちィ た  イェイェル  チィん ファー タイ
氣的爺爺兒竟發獃

〈UNFORTUNATE〉
HH
E pulled up the wick
With the candlestick
knife,
And found he had married
A bald-headed wife.

Her eyes were askew,
And her mouth was awry,
And the silly old fellow
Was so mad he could cry.

灯芯ちょん切り
たてたは灯火(あかり)
じいさんもろた その後妻
なんとあちゃ目で 口曲がり
じいさん目ェむき大怒(いか)り

 原書の3行目は「…後奶(hou4nai3)」で終わっているのだが,唱えてみると不自然だし,後出のヴァリエーションの多くは,ここを「…後奶奶(hou4nai3nai)」としているので,とりあえずは後の例に合わせて補足してみた。先行するヴィターレの版(V016-027)は,ここを「爺爺兒尋了個禿奶奶兒(tu1nai3nai)」としており,本書でも‘A bald-headed wife’と訳されているが,おそらくこの英訳は,面白くするためのヴィターレからの流用だろう。もっとも「禿後奶(tu1hou4nai3)」であった可能性はあろうか。
 出だしの「剔燈棍,打燈花(灯芯を切り,灯火をたてる)」というところは,後の採集例には「撥燈棍,打撥花(灯芯を引き出し,灯火を立てる)」となっているものが多い。むかしの灯火は油に植物性の縄などをひたしたものが一般的だった。これはいづれも灯かりを明るくするための行為。前者は炭化して火勢の弱まった部分を切り取り,新しい部分に灯火を付け直すこと,後者は灯芯自体を引っ張り出して,火の付いている部分を長くするわけである。李家瑞「乾隆以來北平兒歌嬗變擧例」には,清代の唱本からとして,

 剔燈棍兒打燈臺,
 爺爺兒娶了個後奶奶,
 脚又大,嘴又歪,
 氣的個爺爺兒光發獃;
 奶奶奶奶你先去,
 爺爺兒好了你再來。
 …(4行同様)…
 ばあちゃん ばあちゃん さき去ねな
 またきな爺様の機嫌みて

と,本書やヴィターレのものより,2句ほど長い版がとられているが,この型も同様に広く唱えられている。こちらの爺様はどれも「發獃(ケム吹いて怒っている)」が,もうひとつ,同じ系統のうたには――

 撥燈棍,打燈花。
 爺爺尋個十七八兒,
 又搽粉,又帶花,
 樂的爺爺抓脚丫兒。
 あかりたてたて 照らし見て
 じいさんもろた 若い嫁
 おしろいつけて 花さして
 じいさんよろこびアンヨ掻く
  (『北平歌謡集』平184-099)

と,嫁さんの心裏は別として,爺様のまんざらでもない姿を描いたものもある。この「抓脚丫兒(zhua1jiao3ya'r)」(足の裏を掻く)というのは,嬉しいときにするボディ・ランゲージである。
――――――――――――――――――――――――


シンタータ ちャーふー  りャんたんたん
新打的茶壺亮堂堂
シンマイタ シィアオチュ  プーちーかん
新買的小猪不吃糠
シンちゥタ シーフー  プー ちー ファん
新娶的媳婦不吃飯
イェンれイワんワん シィアンターニャン
眼涙汪汪想他娘

〈THE BRIDE〉
AA
NEWLY made kettle is
  bright,

A newly bought pig is a bother,
A new married wife will not eat,
But cries and thinks of her mother.


さらの急須は ぴかぴかひかる
買うた子豚は エサ食わぬ
もらった嫁さん ゴハンも召さず
しくしく泣いて 母さんしたう

 初期の研究書,また中国の女性の地位に就いて触れたエッセイや論文には,必ずと言って良いほど引かれている有名な唄の一つである。
 「茶壺(cha2hu2)」は急須・土瓶の類。日本の常滑焼きの急須なんかでもそうなのだが,新品のときは安っぽい変な光沢があって,み目よろしくないが,使えば使うほど地に締まりが出てきて,色合いもしっとりと良くなる。だからここには,今はまっさら馴染まぬけれど,いずれ茶渋に染まろうかとの起意もあろう。
 採集例は多いが変異の幅はさほど大きくない。先行するヴィターレの例(V043-065)のように,歌い出しを「新打一把茶壺亮堂堂…」とするもののほかには,『北平歌謡集』(平041-019)などに見える,この4句の後に――

 …人家都説公婆好,
  好死了公婆不如爹娘。
 …ひとは皆言う姑ァ良い人
  けれど実母(かあ)さんにゃかなわない。

という2句の付いているものがあるくらいである。
 ただし『童謡大観』(DG101-092)や『各省童謡集』(各029-015)には,この四句がより長い別の民謡の起句としてとりこまれている例が見られる。また,ヴィターレの収集にある「茉莉花兒丈夫,茉莉花兒的郎…」(V113-153)などのように,これの部分部分が順不同ながら,あちこちに埋め込まれているような場合もある。末句の「眼涙汪汪想親娘」という句自体は,嫁が実母を思う類の民謡に数多く見られるものである。なかば常套句ではあるが,もしこれがこの唄から出たものならば,あんがい根の深く,古い歌謡なのかもしれない。
 『徐州民間文学集成』(下巻 1991 p.371)には,これから派生したと思われるが,お嫁さんはどこへやら,すっかり「子豚ちゃん」の唄になってしまった,こんなわらべ唄が収録されている――

 月姥娘,亮堂堂,
 買個小猪不吃糠,
 問你吃糠不吃糠,

 月姥娘,亮堂堂,
 買個小猪不吃糠,
 眼涙汪汪想它娘。
 お月さんぴかぴか
 買ったぶーちゃんエサ食べぬ
 なんで食べぬと 問うたらば

 お月さんぴかぴか
 買ったぶーちゃんエサ食べぬ
 なみだえんえん 母さん恋し

――――――――――――――――――――――――


Cmg054.jpg
ニーチョ はイツ  アイ たオちィ
你這孩子愛陶氣
ソんニー ナンワァ  ちィウ かン クワティ
送你南窪去看瓜地
トゥオツァオ かンタ  クワシュウら
多早看的瓜熟了
チィアオニー つァイほイちィウ
叫你才囘去

〈A BAD BOY〉
TT
HERE was a little fellow,
 Who was mischievous,
   they say,
They sent him to the melon-patch
 To watch it all the day.
They told him he must stay there
 Till the melons all were white,
And not come home to mama,
 Not even in the night.
あんたみたいな
いたづらさん
畑にやって 瓜の番
ずうっと瓜の熟れるまで
帰っていいよと呼ぶ日まで

 「陶氣(tao2qi4)」。今はふつう「淘氣」と書く。「氣」があふれてほとばしっているわけだ。ヘッドランドはこの語を「中国の子どもたちの特質」として,こう解説している――

 中国の子どもは,他国のふつうの子どもたちと同じ性質をもって生まれてきたとしても――おそらくは,ではあるが――親や乳母やのしつけや,遺伝的なものにかかわりなく,その性格は変化し,やがてある独特な性質が子どもたちのなかに芽生えることだろう。
 それが「タオチー」(t'ao ch'i)である。
 これは「いたずらな」とか「厄介な」(あえて言うなら「小さなタルタル人」といったみたいな)というような意味あいのコトバであるが,正確にはやはり「タオチー」というしかない。( "…Boy and Girl" p.35~36)

 「南窪(nan2wa1)」は直訳すると「南のくぼ地」だが,わらべ唄では,「そこら」とか「あそこ」とか,不特定の土地を指す。
 あやし唄だと思うが,あるいは子どもがいたづらしすぎた時に唱える脅し文句か。
 採集例が他にほとんどみられない。本書のみの唄例の一つである。
――――――――――――――――――――――――


FOR ENTRANCE
前の頁
次の頁